コンドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コンドン
Condom blason.jpg

Condom.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オクシタニー地域圏
(département) ジェール県
(arrondissement) 郡庁舎所在地
小郡 (canton) 小郡庁舎所在地
INSEEコード 32107
郵便番号 32100
市長任期 Bernard Gallardo
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) Communauté de communes de la Ténarèze
人口動態
人口 7 251人
1999年
人口密度 人/km2
地理
座標 北緯43度57分30秒 東経0度22分25秒 / 北緯43.9583333333度 東経0.373611111111度 / 43.9583333333; 0.373611111111座標: 北緯43度57分30秒 東経0度22分25秒 / 北緯43.9583333333度 東経0.373611111111度 / 43.9583333333; 0.373611111111
標高 平均:82 m
最低:62 m
最高:190 m
面積 97.37km2 (9 737ha)
コンドンの位置(フランス内)
コンドン
コンドン
テンプレートを表示

コンドン (Condom) は、フランスオクシタニー地域圏ジェール県にある、人口7千人あまりのコミューン(町)である。コンドムコンドームとも表記されるが、鼻母音で「コ」と「ド」を鼻に抜いて発音する。

地理[編集]

ジェール県北部にあり、県内では県庁所在地オーシュに次ぎ、人口の多いコミューンである。

歴史[編集]

この町はかつて、スペイン北西部にあるサンティアゴ・デ・コンポステーラへむかう巡礼路にあり、交通の要衝として栄えていた。

産業[編集]

ジェール県はフランスでも人口密度がかなり低い県で、産業の主体は農業である。特産品にコニャックと並ぶ高品質のブランデーとして知られているアルマニャックがあり、コンドンがその生産の拠点になっている。

中世から交通の要衝、宿場町として栄えており、観光も重要な産業の一つである。県北部の文化・経済の中心都市で、農産物の集散地であるとともに、商業も盛んである。

名所[編集]

13世紀の建築とされるモトとプイパルダンの2つの城をはじめ、フランス文化省が指定した19の文化財がある。コンドンの大聖堂は、特に有名である。

その他[編集]

避妊具のコンドームは、医師コンドームが発明したとするのが一般的であるが、この町に起源を持つとする説もある。