エマニュエル・ナスペッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エマニュエル・ナスペッティ
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身地 同・アンコナ
生年月日 (1968-02-24) 1968年2月24日(49歳)
F1での経歴
活動時期 1992-1993
所属チーム '92 マーチ
'93 ジョーダン
出走回数 6
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1993年ポルトガルGP
テンプレートを表示

エマニュエル・ナスペッティEmmanuele Naspetti, 1968年2月24日-)は、イタリアアンコナ出身のレーシングドライバーである。名はエマニュエーレエマヌエルエマニエル等とも表記される。1988年イタリアF3チャンピオン。

略歴[編集]

1991年以前[編集]

1987年より、フォルティからイタリアF3に参戦。2年目の1988年には、3勝でチャンピオンを獲得する。

翌1989年より、国際F3000にステップアップ。2年間は表彰台にも手が届かなかったが、フォルティに舞い戻り参戦した1991年には、チャンピオンに輝いたクリスチャン・フィッティパルディの2勝を上回る4勝を挙げ、シリーズ3位となった。1PP・2FLも記録している。

1992年[編集]

1992年も引き続き国際F3000に参戦し、1勝・1PP・2FLをマーク。中盤において、シリーズ4位につけていた。しかし、ポール・ベルモンド解雇に伴いマーチから誘いが掛かり、小口スポンサー持ち込みながらF1シートを獲得。これによりF3000の参戦を切り上げた為、最終的にシリーズ7位となった。

F1には、第12戦ベルギーGPにてデビューし12位で完走。以後も最終戦オーストラリアGPまで、計5戦に参戦した。しかしチームは資金難から離散寸前の状態であり、そのマシン戦闘力は低いものであった為、存在をアピールする機会は無かった。ナスペッティは予選落ちこそ無かったものの、最高位は第14戦ポルトガルGPの11位に留まっている。

チームメイトとの予選成績は、カール・ヴェンドリンガーに3戦全敗、ヤン・ラマースに1勝1敗だった。

1993年[編集]

1993年は、童夢から全日本F3000に参戦、前年度のF1ドライバーとして一定の注目を浴びていた。しかしシーズンが始まってみると、チームメイトのマルコ・アピチェラが活躍する一方で、予選・決勝共に下位に沈み、結局第4戦の鈴鹿をもって離脱。

F1では、国際F3000時代に在籍したジョーダンのテストドライバーを務め、第14戦ポルトガルGPではスポット参戦。しかし結果はリタイヤであり、これ以後F1に参戦することは無かった。

1994年~1999年[編集]

1994年以降は、イタリアツーリングカー選手権に参戦。6年間で計27勝を挙げ、このうち1997年には10勝でチャンピオンに輝いている。翌1998年・1999年にはシリーズ2位と、安定した成績を残している。

2000年以後[編集]

2000年以降はETCCFIA-GTALMSWTCCなどに参戦。ハコレースでの活動を続けた。

カーナンバー(F1)[編集]

  • 17(1992年)
  • 15(1993年)

関連項目[編集]