マーチ・741

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マーチ・741
March 741 at Barber 01.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター マーチ
デザイナー ロビン・ハード
先代 マーチ・731
後継 マーチ・751
主要諸元
シャシー アルミニウムモノコック
エンジン フォード-コスワース DFV 3.0 V8 NA
トランスミッション ヒューランド FG400, 5速 + 反転1速 MT,
燃料 シェル
サソル
タイヤ グッドイヤー
主要成績
ドライバー ハンス=ヨアヒム・スタック
ハウデン・ガンレイ
ヴィットリオ・ブランビラ
レイネ・ウィセル
レラ・ロンバルディ
出走時期 1974年-1975年
初戦 1974年アルゼンチングランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
18 0 0 0
テンプレートを表示

マーチ・741 (March 741) は、マーチ・エンジニアリングが開発したフォーミュラ1カー1974年から1975年F1世界選手権に投入された[1]

概要[編集]

741はロビン・ハードが設計し、成功したフォーミュラ2マシンのマーチ・742にコスワースDFVエンジンを組み合わせた物であった[2]。メインスポンサーのSTPは前年限りで離れたため、マシンのカラーリングはブリティッシュグリーン1色となった。ドライバーはハンス=ヨアヒム・スタックハウデン・ガンレイが起用されたが、第3戦南アフリカからガンレイに代わってヴィットリオ・ブランビラが起用された。ブランビラは個人スポンサーとして工具メーカーのベータを持ち込んだため、彼のマシンはオレンジ色に塗装された。第7戦スウェーデングランプリではスタックに代わって地元ドライバーのレイネ・ウィセルがドライブした。

1975年シーズンは開幕2戦でブランビラが使用、第3戦南アフリカでレラ・ロンバルディが使用したが、その後はマーチ・751が使用された[3]


F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ポイント 順位
1974年 マーチ・エンジニアリング フォード ARG
アルゼンチンの旗
BRA
ブラジルの旗
RSA
南アフリカの旗
ESP
スペインの旗
BEL
ベルギーの旗
MON
モナコの旗
SWE
スウェーデンの旗
NED
オランダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
ITA
イタリアの旗
CAN
カナダの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
6 9
ドイツの旗 ハンス=ヨアヒム・スタック Ret Ret 5 4 Ret Ret - Ret DNQ Ret 7 11 Ret Ret DNQ
スウェーデンの旗 レイネ・ウィセル - - - - - - Ret - - - - - - - -
ニュージーランドの旗 ハウデン・ガンレイ 8 Ret - - - - - - - - - - - - -
イタリアの旗 ヴィットリオ・ブランビラ - - 10 9 Ret 10 10 11 Ret 13 6 Ret DNQ Ret
ARG
アルゼンチンの旗
BRA
ブラジルの旗
RSA
南アフリカの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
BEL
ベルギーの旗
SWE
スウェーデンの旗
NED
オランダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
ITA
イタリアの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
0 (7,5) 8
1975年 ベータ・チーム・マーチ フォード イタリアの旗 ヴィットリオ・ブランビラ 9 Ret - - - - - - - - - - - -
マーチ・エンジニアリング イタリアの旗 レラ・ロンバルディ - - Ret - - - - - - - - - - -

参照[編集]

  1. ^ March 741”. chicanef1.com. 2012年7月4日閲覧。
  2. ^ 1974 March 741”. conceptcarz.com. 2012年7月4日閲覧。
  3. ^ March 741”. statsf1.com. 2012年7月4日閲覧。

外部リンク[編集]