シャドウ・DN1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャドウ・DN1
Shadow DN1 at 2010 Canadian Grand Prix.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター シャドウ
デザイナー トニー・サウスゲート
後継 DN3
主要諸元[1]
シャシー アルミニウムモノコック
トレッド 前:1,473 mm (58.0 in)
後:1,524 mm (60.0 in)
ホイールベース 2,540 mm (100 in)
エンジン コスワースDFV 3.0リッター V型8気筒 NA
トランスミッション ヒューランド TL 200 5速 マニュアル
重量 575 kg (1,270 lb)
燃料 UOP
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム シャドウ・レーシング・カーズ
エンバシー・ヒル
ドライバー イギリスの旗 ジャッキー・オリバー
アメリカ合衆国の旗 ジョージ・フォルマー
イギリスの旗 ブライアン・レッドマン
イギリスの旗 グラハム・ヒル
フランスの旗 ジャン=ピエール・ジャリエ
初戦 1973年南アフリカグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
15 0 0 0
テンプレートを表示

シャドウ・DN1 (Shadow DN1) は、シャドウ・レーシング・カーズ1973年F1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。この車は、それまでCan-Amに参戦していたシャドウがF1に参戦するに当たって初めて製作したマシン。元BRMのエンジニアであったトニー・サウスゲートが設計した。DN1はまた、グラハム・ヒルのプライベートチーム、エンバシー・ヒルでも使用された。

開発[編集]

シャドウ・DN1は、ドン・ニコルズ1973年シーズンに参戦するため設立したチームの初めてのマシンであった。チームはそれまでCan-Amスポーツカー・シリーズに参戦しており、エンジニアのトニー・サウスゲートやマネージャーのアラン・リースなどイギリス人の経験豊富なスタッフを雇い入れ[2]、若干のレースに関する専門知識を有していた。サウスゲートが設計したDN1は、アルミニウム製モノコック、ダブルウィッシュボーン式サスペンションを装備し、エンジンはコスワースDFVを搭載した。DN1は剛性に問題を抱えていた。サウスゲートはそれまでV12エンジン搭載マシンしか手がけたことが無く、DFVの振動を補うのに十分な補強を行うことができなかった[疑問点]。マシンは黒一色のカラーリングで仕上げられ、UOPがスポンサーとなった[3]

レース戦績[編集]

シャドウ・DN1、バーバー・モータースポーツパークで

チームは開幕から2戦を欠場し、第3戦の南アフリカグランプリに2台をエントリーした。ファーストドライバーはBRMロータスでの経験を持つジャッキー・オリバーが務め、セカンドドライバーはF1ルーキーで、スポーツカーの経験が豊富なジョージ・フォルマーであった。フォルマーは緒戦の南アフリカで6位に入り、続くスペインでは3位に入賞した。オリバーは第14戦のカナダで3位に入賞した。チームは最終戦のアメリカでブライアン・レッドマンをサードカーに乗せたが、レッドマンは5周でリタイヤ、外部の手助けを受けたことで失格となった。シャドウはこの年9ポイントを得てコンストラクターズランキング8位となった[2]

1974年シーズン、チームはDN1に代えてDN3を投入したが、新人のジャン=ピエール・ジャリエは開幕2戦をDN1で戦わなければならず、いずれもリタイアとなった[2]

エンバシー・ヒル[編集]

グラハム・ヒルも自ら設立したエンバシー・レーシングでDN1を使用し、1973年シーズンを戦った。同チームはヒルの1台体制で、マシンのカラーリングは白を基調とした物であったが、ヒルはDN1でポイントを獲得することはできなかった。彼の最高位はベルギーグランプリの9位であった。エンバシー・ヒルは翌年、シャドウからローラへマシンをスイッチした[2]

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ポイント 順位
1973年 UOPシャドウ・レーシング・カーズ フォード V8 G ARG
アルゼンチンの旗
BRA
ブラジルの旗
RSA
南アフリカの旗
ESP
スペインの旗
BEL
ベルギーの旗
MON
モナコの旗
SWE
スウェーデンの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
NED
オランダの旗
GER
ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
ITA
イタリアの旗
CAN
カナダの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
9 8位
ジャッキー・オリバー Ret Ret Ret 10 Ret Ret Ret Ret 8 Ret 11 3 15
ジョージ・フォルマー 6 3 Ret DNS 14 Ret Ret 10 Ret Ret 10 17 14
ブライアン・レッドマン DSQ
エンバシー・レーシング グラハム・ヒル Ret 9 Ret Ret 10 Ret NC 13 Ret 14 16 13
1974年 UOPシャドウ・レーシング・カーズ フォード V8 G ARG
アルゼンチンの旗
BRA
ブラジルの旗
RSA
南アフリカの旗
ESP
スペインの旗
BEL
ベルギーの旗
MON
モナコの旗
SWE
スウェーデンの旗
NED
オランダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
ITA
イタリアの旗
CAN
カナダの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
7* 8位
ジャン=ピエール・ジャリエ Ret Ret

* 1974年シーズンのポイントは全てDN3によるもの

[編集]

  1. ^ Shadow DN1 @ StatsF1
  2. ^ a b c d Nye, 1986, p. 233
  3. ^ Hodges, 2001, p. 208

参照[編集]

  • Nye, Doug (1985). Autocourse History of the Grand Prix Car 1966 - 1985. Richmond, Surrey, United Kingdom: Hazelton Publishing. ISBN 0905138376. 
  • Hodges, David (2001). A - Z of Grand Prix Cars. Ramsbury, Marlborough, Wiltshire: Crowood Press. ISBN 1861263392. 

外部リンク[編集]