イソ-マールボロ・IR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イソ-マールボロ・IR
ジィズ・ヴァン・レネップ出場のオランダGP(1973年7月)
ジィズ・ヴァン・レネップ出場のオランダGP(1973年7月)
カテゴリー F1
コンストラクター イギリスの旗フランク・ウィリアムズ・レーシングカーズ
デザイナー ジョン・クラーク
先代 イソ-マールボロ・FX3B
後継 ウィリアムズ・FW
主要諸元
エンジン フォード コスワースDFV 2,993 cc (182.6 cu in) 90° V8, NA, ミッドエンジン
トランスミッション ヒューランド DG 400 5速 MT
重量 578 kg
燃料 フィナ
タイヤ ファイアストン
主要成績
ドライバー ニュージーランドの旗ハウデン・ガンレイ
イタリアの旗ナンニ・ギャリ
デンマークの旗トム・ベルソ
フランスの旗アンリ・ペスカロロ
ニュージーランドの旗グラハム・マクレー
オランダの旗ジィズ・ヴァン・レネップ
オーストラリアの旗ティム・シェンケン
ベルギーの旗ジャッキー・イクス
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
初戦 1973年スペイングランプリ
最終戦 1973年アメリカグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
12 0 0 0
テンプレートを表示

イソ-マールボロ・IR (Iso-Marlboro IR) は、フランク・ウィリアムズ・レーシングカーズ1973年F1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー1974年にはイソ-マールボロ・FWと改名された。IRは1年半で8名のドライバーがドライブした。

背景[編集]

現在のウィリアムズF1の前身であるフランク・ウィリアムズ・レーシングカーズは、1968年に元レーサーでありレースカーのディーラーを営んでいたフランク・ウィリアムズが設立した。F1参戦当初、ウィリアムズは純粋なカスタマーチームであり、中古のブラバム・BT23Cを購入してシーズンを戦った。1970年はデ・トマソ製のマシンを使用し、1971年はマーチのマシン(701および711)を使用した。1972年にウィリアムズはイタリアの玩具メーカーであるポリトイから資金提供を受け、最初の自社製マシンとなるポリトイ・FX3を開発した。FX3は1972年シーズン2回しか使用されなかった。

1973年シーズンが始まると、イタリアのスポーツカーメーカーのイソがメインスポンサーとなった。イソはマシンの命名権を持ったが、より広範な技術的コミットメントは存在しなかった。具体的には、イソはマシンの設計や製作に関与しなかった。

1973年シーズン序盤の3戦でフランク・ウィリアムズ・レーシングカーズは前年に使用したポリトイ・FX3に小改良を加え、新スポンサーの名前を冠したイソ-マールボロ・FX3Bを使用した。1973年シーズン、ヨーロッパのF1レースはいくつかの技術的ルールの変更が強制された。それは主に車両の衝突安全性に関連し、横方向の衝突の際にとりわけドライバーと燃料タンクを保護するように変更された[1][2]。いくつかのチームは新ルールに既存の車両を適応させた。しかしながら1971年設計のFX3では妥当なコストで適応させることは不可能であり、フランク・ウィリアムズは新車の開発を選択した[3]。その後2台のイソ-マールボロ・IRが完成し第4戦スペイングランプリで投入、3台目は第12戦オーストリアグランプリで投入された。

IR1 / FW01は1974年夏に放棄された。新造されたFW03の登場後、FW01はFW02を使用していたレギュラードライバーのアルトゥーロ・メルツァリオに与えられた。セカンドドライバーはその後FW02を使用することになった。

命名法則[編集]

1973年はイソとマールボロがスポンサーとなったことから、イソ-マールボロの名称が使われた。IRはイソ・リヴォルタの頭文字である。1974年になるとイソは資金提供が滞りがちになり、ウィリアムズはマシンの名称をイソ-マールボロ・FW(FWはフランク・ウィリアムズの頭文字)に変更した。IR1はウィリアムズのFWファミリーの始祖といえるが、ウィリアムズ・FW01とは呼ばれなかった。

アルファベットの後に付く数字(1または01、2または02、03)は、初期のティレルのマシン同様個々のシャシーを区別するためのもので、現在のように形式を意味するものでは無かった。IR1はIRの最初のシャシーであった。1975年に製作されたFW04からウィリアムズは数字が形式を表す命名法を採用した。

開発[編集]

フランク・ウィリアムズは、イソ-マールボロ・IRの製作をジョン・クラークを依頼した[4]。車体はシンプルなデザインであり、そのラインは角張っていた[5][2]。モノコックはアルミニウム製で、側面は衝撃吸収構造のためサイドポントゥーンが大型化された[6]。エンジンはコスワースDFVを搭載し、ギアボックスはヒューランドDG400が採用された。IRはオイル供給に問題点があり、それは効果が無いことが判明し、3つの損傷を引き起こすこととなった[3]

1973年の秋にジャンパオロ・ダラーラがサスペンションジオメトリーを見直した[4]

レース戦績[編集]

FX3Bは1973シーズンの序盤3戦で使用され、ハウデン・ガンレイナンニ・ギャリがドライブした。南アフリカグランプリではギャリが負傷で欠場したため、ジャッキー・プレトリウスがドライブしている。IRは第4戦のスペイングランプリで初登場した。予選は最後方に2台並び、決勝ではギャリが11位、ガンレイは燃料切れでリタイアした[7]。続くベルギー、モナコと連続して両名ともリタイアしている。ベルギーではギャリがエンジントラブル、ガンレイはスロットルがスタックしてクラッシュした[8]。モナコはガンレイが予選10番手となったが、両名ともハーフシャフトのトラブルでリタイアとなった[9]。ギャリはこのレースを最後にF1から引退した[10]

スウェーデングランプリではレースの前に新型の冷却システムが装着された[11]。ドライバーはギャリに代わってトム・ベルソが起用されたが、スポンサーマネーでシートを得、プラクティスでは最下位であった。ガンレイはウォームアップでクラッシュしたためベルソの車を使用し、11位で完走した。ベルソは出走できなかった[12]。フランスグランプリではアンリ・ペスカロロがチームに復帰したが、オーバーヒートのためリタイアした。ガンレイは14位で完走した[13]。イギリスグランプリではグラハム・マクレーが起用されたが、予選最下位となり決勝は1周目にスロットルの問題でリタイアした。ガンレイは予選18位、決勝は9位となっている[14]

ウィリアムズは引き続いてセカンドドライバーにペイドライバーを起用し、オランダグランプリではジィズ・ヴァン・レネップがシートを得た。決勝はロジャー・ウィリアムソンが事故死し影を落とすことになったが、ヴァン・レネップは2周遅れではあるが6位に入り、ガンレイは9位で完走した。このレースはイソ-マールボロがポイントを獲得した初のレースとなった[15]。ドイツグランプリでは再びペスカロロがステアリングを握った。ペスカロロは予選12位で決勝10位となるが、ガンレイはプラクティスでブレーキトラブルのため大きくクラッシュ、決勝は出走しなかった[16]。交換部品はすぐに製作され、同じシャシー番号「02」を与えられた。オーストリアグランプリでは再びヴァン・レネップが起用され、決勝を9位で完走した。しかしガンレイは10周遅れで非完走扱いとなった[17]。イタリアグランプリではガンレイは11周遅れで再び非完走扱いとなり、ヴァン・レネップはオーバーヒートでリタイアした[18]

カナダグランプリではヴァン・レネップに代わってティム・シェンケンが起用された。レースは非常にウェットな状態で開始され、後に多くの事故が発生し、フォーミュラ1の歴史上初めてセーフティカーが導入された[19]。F1で公式にセーフティーカーが導入されたのは1993年であるが、このレースで使用されたのはポルシェ・914で、ドライバーは元F1プライベーターであったエーピー・ウィーツェスであった[20]。ウィーツェスは先頭車両を確認するのを失敗し、誤ってガンレイの前に留まり、最終的に勝利したピーター・レブソンを含む何名かのドライバーは周回数を稼ぐことができた[21]。その後の混乱で、何名かはガンレイがリーダーだと考えたし、チーム・ロータスのマネージャーのコーリン・チャップマンを含む何名かはエマーソン・フィッティパルディがリーダーだと考えた。順位は混乱していたが、セーフティーカーが撤収したときにはガンレイのIRがレースをリードしていた。ガンレイはその後「彼らは私が先頭にいると思ったので、おそらくもっと試してそこに留まることにした。」と言い、そのままフィッティパルディとジャッキー・スチュワートを従えて8ラップ走行した[22]。両者に抜かれた後、ガンレイはスチュワート、マイク・ヘイルウッド、レブソン、ジェームス・ハントと最後までバトルを続けた。フィッティパルディがゴールラインを越えたが、チェッカーフラッグは振られなかった。フラッグはレブソンに振られ、ガンレイは6位に入賞、今シーズン彼にとって初であり、チームにとっては2度目のポイント獲得となった。シェンケンは5周遅れの14位であった[23]。ラップチャートはそれぞれ異なっていたが、ガンレイのガールフレンドが管理していたチームのチャートを含むいくつかはガンレイが勝利していたことを示唆していた。彼は後に「私は優勝か3位で終えるべきだと思った。」と語っている[24]

最終戦のアメリカグランプリではシェンケンに代わってジャッキー・イクスが起用され、イクスは7位、ガンレイは12位で完走した[25]。これはIRに取って最後のレースで、結局シーズンで2ポイントを獲得、ウィリアムズはコンストラクターズランキング10位となった。

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション斜体ファステストラップ

シャシー エンジン タイヤ ドライバー 車番 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 順位 ポイント
1973年 イソ-マールボロ・IR フォード コスワース・DFV 3.0 V8 F ARG
アルゼンチンの旗
BRA
ブラジルの旗
RSA
南アフリカの旗
ESP
スペインの旗
BEL
ベルギーの旗
MON
モナコの旗
SWE
スウェーデンの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
NED
オランダの旗
GER
ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
ITA
イタリアの旗
CAN
カナダの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
10位 2
ニュージーランドの旗 ハウデン・ガンレイ Ret Ret Ret 11 14 9 9 DNS NC NC 6 12
イタリアの旗 ナンニ・ギャリ 11 Ret Ret
デンマークの旗 トム・ベルソ DNS
フランスの旗 アンリ・ペスカロロ Ret 10
ニュージーランドの旗 グラハム・マクレー Ret
オランダの旗 ジィズ・ヴァン・レネップ 6 9 Ret
オーストラリアの旗 ティム・シェンケン 14
ベルギーの旗 ジャッキー・イクス 7

参照[編集]

  1. ^ Adriano Cimarosti: Das Jahrhundert des Rennsports. 1997, S. 253.
  2. ^ a b David Hodges: Rennwagen von A-Z nach 1945. 1994, S. 121.
  3. ^ a b Maurice Hamilton: Frank Williams. The inside story of the man behind Williams-Renault. 1998, S. 43.
  4. ^ a b Pierre Menard: La Grande Encyclopedie de la Formule 1. 2000, S. 558.
  5. ^ David Hodges: A-Z of Grand Prix Cars. 2001, S. 113.
  6. ^ Adriano Cimarosti: Das Jahrhundert des Rennsports. 1997, S. 255.
  7. ^ Grand Prix results, Spanish GP 1973”. grandprix.com. 2015年12月24日閲覧。
  8. ^ Grand Prix results, Belgian GP 1973”. grandprix.com. 2015年12月24日閲覧。
  9. ^ Grand Prix results, Monaco GP 1973”. grandprix.com. 2015年12月24日閲覧。
  10. ^ Small, Steve (1996). The Grand Prix Who's Who Volume Two. Enfield, Middx: Guinness. pp. 164. ISBN 0851126235. 
  11. ^ 1973 Swedish Grand Prix”. Motor Sport. 2015年12月30日閲覧。
  12. ^ Grand Prix results, Swedish GP 1973”. grandprix.com. 2015年12月24日閲覧。
  13. ^ Grand Prix results, French GP 1973”. grandprix.com. 2015年12月24日閲覧。
  14. ^ Grand Prix results, British GP 1973”. grandprix.com. 2015年12月24日閲覧。
  15. ^ Grand Prix results, Dutch GP 1973”. grandprix.com. 2015年12月24日閲覧。
  16. ^ Grand Prix results, German GP 1973”. grandprix.com. 2015年12月24日閲覧。
  17. ^ Grand Prix results, Austrian GP 1973”. grandprix.com. 2015年12月24日閲覧。
  18. ^ Grand Prix results, Italian GP 1973”. grandprix.com. 2015年12月24日閲覧。
  19. ^ Lang, Mike (1982). Grand Prix! Vol 2. Haynes Publishing Group. p. 244. ISBN 0-85429-321-3. 
  20. ^ Kathri, Tarun (2012年2月7日). “First ever Safety Car in Formula 1 : Rewind to 1973”. aaFormula1.com. 2015年4月3日閲覧。
  21. ^ Eppie Wietzes biography”. F1 Rejects. 2012年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月9日閲覧。
  22. ^ 1973 Canadian Grand Prix”. 8W - Forix/Autosport. 2015年12月30日閲覧。
  23. ^ Grand Prix results, Canadian GP 1973”. grandprix.com. 2015年12月21日閲覧。
  24. ^ Jones, Dewis. “The Great Grand Prix Robbery”. Velocity Magazine. 2015年5月4日閲覧。
  25. ^ Grand Prix results, United States GP 1973”. grandprix.com. 2015年12月21日閲覧。

参考文献[編集]

  • Adriano Cimarosti: Das Jahrhundert des Rennsports. Autos, Strecken und Piloten. Motorbuch-Verlag, Stuttgart 1997, ISBN 3-613-01848-9.(ドイツ語)
  • Maurice Hamilton: Frank Williams. The inside story of the man behind the Williams-Renault. Macmillan, London 1998, ISBN 0-333-71716-3.(ドイツ語)
  • David Hodges: Rennwagen von A-Z nach 1945. Motorbuch-Verlag, Stuttgart 1994, ISBN 3-613-01477-7.
  • David Hodges: A-Z of Grand Prix Cars. Crowood Press, Marlborough 2001, ISBN 1-86126-339-2.(英語)
  • Pierre Menard: La Grande Encyclopedie de la Formule 1. 2. Auflage. Chronosports, St. Sulpice 2000, ISBN 2-940125-45-7.(フランス語)

外部リンク[編集]