ブライアン・レッドマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブライアン・レッドマン
Brian Redman 1969 kl.JPG
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
(イングランドの旗 イングランド)
出身地 同・ランカシャー州コルネ
生年月日 1937年3月9日(79歳)
F1での経歴
活動時期 1968,1970-1974
所属チーム '68 クーパー
'70 ロータス
'70 デ・トマソ
'71 サーティース
'72 マクラーレン
'72 BRM
'73,'74 シャドウ
出走回数 15 (12スタート)
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 1
通算獲得ポイント 8
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1968年南アフリカGP
最終戦 1974年モナコGP
テンプレートを表示
ニュルブルクリンクでアルファロメオ Tipo 33 TT 12 をドライブするレッドマン(1974年)

ブライアン・ハーマン・トーマス・レッドマン (Brian Herman Thomas Redman[1], 1937年3月9日 - ) はイギリス人の元レーシングドライバーで、イングランドランカシャー州ペンドルディストリクトのコルネ出身[2]である。

レッドマンはスポーツカー世界選手権を含めたスポーツカーレースで大きな成功を収め、1970年にはポルシェ・908をドライブしてタルガ・フローリオを、1975年と1978年にはそれぞれBMW・3.0CSポルシェ・935をドライブしてセブリング12時間レースを制した。レッドマンは長年にわたり、同郷ランカシャー州出身のデレック・ベネットが興したシェブロンと関係を持った。

レッドマンはシャドウをドライブしてCan-AmF1に参戦した。またマクラーレンクーパーアルファロメオからも参戦した。レッドマンは1968年1月1日に開催された1968年南アフリカGPでF1にデビューし、15戦のF1世界選手権レースに参戦した。通算で1度の表彰台と8ポイントを獲得した。

レッドマンは1970年代にはスポーツカーレースで主に活動した。

1989年、レッドマンは既に50歳を超えていたが、スポーツカー世界選手権に復活したアストンマーティンのプロジェクトに参加した。レッドマンはAMR1のドライバーとしてこのシーズンにフル参戦し、ブランズハッチでは4位に入賞した(ただし開幕戦はチームとともに欠場)。

受賞[編集]

  • ロードアメリカは年次のヴィンテージカーのイベント、ブライアン・レッドマンインターナショナルチャレンジを開催している。
  • 2002年、レッドマンはスポーツカーカテゴリーでアメリカモータースポーツ殿堂入りを果たした。

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 WDC ポイント
1968年 クーパー T81B RSA
Ret
19位 4
T86B ESP
3
MON BEL
Ret
NED FRA GBR GER ITA CAN USA MEX
1970年 ロータスロブ・ウォーカー 49C RSA
DNS
ESP MON BEL NED FRA NC
(40位)
0
デ・トマソウィリアムズ 505 GBR
DNS
GER
DNQ
AUT ITA CAN USA MEX
1971年 サーティース TS7 RSA
7
ESP MON NED FRA GBR GER AUT ITA CAN USA NC
(24位)
0
1972年 マクラーレン M19A ARG RSA ESP MON
5
BEL FRA
9
GBR GER
5
AUT ITA CAN 14位 4
BRM P180 USA
Ret
1973年 シャドウ DN1 ARG BRA RSA ESP BEL MON SWE FRA GBR NED GER AUT ITA CAN USA
DSQ
NC
(41位)
0
1974年 DN3 ARG BRA RSA ESP
7
BEL
18
MON
Ret
SWE NED FRA GBR GER AUT ITA CAN USA NC
(24位)
0

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ FIA Year Book of Automobile Sport 1975. Patrick Stephens Ltd.. white p. 41. ISBN 0850591853. 
  2. ^ Jenkins, Richard. “The World Championship drivers - Where are they now?”. OldRacingCars.com. 2007年7月29日閲覧。