1972年イタリアグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イタリア 1972年イタリアグランプリ
レース詳細
1972年F1世界選手権全12戦の第10戦
モンツァ・サーキット (1972-1973)
日程 1972年9月10日
正式名称 43o Gran Premio d'Italia[1]
開催地 モンツァ・サーキット
イタリアの旗 イタリア ロンバルディア州 モンツァ
コース 恒久的レース施設
コース長 5.775 km (3.588 mi)
レース距離 55周 317.625 km (197.363 mi)
決勝日天候 晴一時曇(ドライ)[2]
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 1:35.65
ファステストラップ
ドライバー ベルギーの旗 ジャッキー・イクス フェラーリ
タイム 1:36.3 (44[2]周目)
決勝順位
優勝 ロータス-フォード
2位 サーティース-フォード
3位 マクラーレン-フォード

1972年イタリアグランプリ (: 1972 Italian Grand Prix) は、1972年のF1世界選手権第10戦として、1972年9月10日モンツァ・サーキットで開催された。

レースは55周で行われ、6番手からスタートしたロータスエマーソン・フィッティパルディが5勝目をマークして、初のドライバーズチャンピオンを獲得し、同時にチーム・ロータスにコンストラクターズチャンピオンをもたらした。フィッティパルディはこの時25歳273日で、F1史上最年少チャンピオンに輝いた[注 1]サーティースマイク・ヘイルウッドが2位、マクラーレンデニス・ハルムが3位となった。

このレースはアメリカのタイヤメーカーであるファイアストンのF1世界選手権における最後の勝利でもあり、1964年のドライバーズチャンピオンであるジョン・サーティースの最後のレースでもあった。

背景[編集]

モンツァ・サーキットグランプリ・ドライバーズ・アソシエーション(GPDA)から安全性の向上を要求されたため、クルヴァ・グランデの前にバリアンテ・レティフィーロ(第1シケイン)を、旧クルヴァ・ヴィアローネの跡地にバリアンテ・アスカリ(アスカリ・シケイン)[注 2]を追加した。ただし、第1シケインについてはスタート直後の多重事故を避けるため、2周目から使用する[3]。このレイアウト変更により、サーキットの性格は大幅に変更された[4]

ドライバーズランキング首位のエマーソン・フィッティパルディは前戦オーストリアGPまでの9戦で52点を獲得し、デニス・ハルムジャッキー・スチュワートに25点差を付けている。本レースでE.フィッティパルディが4位以上の場合、ハルムとスチュワートの結果に関係なく初のドライバーズチャンピオンを決められる[注 3]。E.フィッティパルディが所属するロータスも5位以上の場合、2年ぶり5回目のコンストラクターズチャンピオンが決定する[3][注 4]

エントリー[編集]

本レースでダブルタイトル獲得の可能性があるチーム・ロータスだったが、予期せぬ事態に見舞われた。レースウィークの火曜日(9月5日)にモンツァへロータス・72Dを搬送中に事故に遭い、エマーソン・フィッティパルディの72Dが深刻な損傷を受けてしまった。E.フィッティパルディはチームメイトのデビッド・ウォーカー英語版の72Dを使用することになったため、ウォーカーは参加できなくなった[3]。しかも、2年前ヨッヘン・リントの事故死によりイタリア当局から依然厳しい目で見られていたため、前年同様「ワールドワイド・レーシング」のチーム名で参加した[4]

ホームグランプリを迎えるフェラーリは、アメリカのレースを優先していたマリオ・アンドレッティが復帰して3台体制を敷いた[4]。同じくホームグランプリのテクノは初めて2台体制で参加し、デレック・ベルは従来のPA123/3を使用し、ナンニ・ギャリはPA123/3からホイールベースが延長された改良型のPA123/4を走らせる。サーティースは新車TS14を投入し、この年はチーム運営に集中していたオーナーのジョン・サーティース自らドライブする。レギュラーの3人は従来通りTS9Bを使用する。BRMは4台体制に増やし、エースのジャン=ピエール・ベルトワーズは新しいサスペンションと拡大されたリアトラックを備えた改良版P180を走らせ、他の3人はP160Cを使用する。ウィリアムズスポーツカードライバーのジャンカルロ・ガリアルディ英語版をオリジナルマシンのポリトイ・FX3に乗せるつもりであったが、アンリ・ペスカロロがFX3をイギリスGPでクラッシュさせたため実現しなかった[3]

エントリーリスト[編集]

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
イギリスの旗 エルフ・チーム・ティレル 1 イギリスの旗 ジャッキー・スチュワート ティレル 005 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
2 フランスの旗 フランソワ・セベール 002
イタリアの旗 スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 3 アメリカ合衆国の旗 マリオ・アンドレッティ フェラーリ 312B2 フェラーリ 001/1 3.0L F12 F
4 ベルギーの旗 ジャッキー・イクス
5 スイスの旗 クレイ・レガツォーニ
イギリスの旗 ワールドワイド・レーシング 6 ブラジルの旗 エマーソン・フィッティパルディ ロータス 72D フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
イギリスの旗 チーム・サーティース 7 イギリスの旗 ジョン・サーティース サーティース TS14 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
8 オーストラリアの旗 ティム・シェンケン TS9B
イギリスの旗 チェラミカ・パニョッシン・チーム・サーティース 9 イタリアの旗 アンドレア・デ・アダミッチ
イギリスの旗 ブルックボンド・オクソ・チーム・サーティース 10 イギリスの旗 マイク・ヘイルウッド
イタリアの旗 マルティーニ・レーシングチーム 11 イタリアの旗 ナンニ・ギャリ テクノ PA123/4 テクノ シリーズP 3.0L F12 F
12 イギリスの旗 デレック・ベル PA123/3
イギリスの旗 ヤードレー・チーム・マクラーレン 14 ニュージーランドの旗 デニス・ハルム マクラーレン M19C フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
15 アメリカ合衆国の旗 ピーター・レブソン
イギリスの旗 クラーク=モーダウント=ガスリー・レーシング 16 イギリスの旗 マイク・ボイトラー マーチ 721G フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
イギリスの旗 STP・マーチ・レーシングチーム 18 オーストリアの旗 ニキ・ラウダ マーチ 721G フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
19 スウェーデンの旗 ロニー・ピーターソン
フランスの旗 エキップ・マトラ・スポール 20 ニュージーランドの旗 クリス・エイモン マトラ MS120D マトラ MS72 3.0L V12 G
イギリスの旗 マールボロ・BRM 21 フランスの旗 ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM P180 BRM P142 3.0L V12 F
22 ニュージーランドの旗 ハウデン・ガンレイ P160C
23 イギリスの旗 ピーター・ゲシン
24 スウェーデンの旗 レイネ・ウィセル
イギリスの旗 チーム・ウィリアムズ・モチュール 25 フランスの旗 アンリ・ペスカロロ マーチ 721 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
26 ブラジルの旗 カルロス・パーチェ 711
27 イタリアの旗 ジャンカルロ・ガリアルディ 1 ポリトイ FX3
イギリスの旗 モーターレーシング・ディベロップメンツ・リミテッド 28 イギリスの旗 グラハム・ヒル ブラバム BT37 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
30 アルゼンチンの旗 カルロス・ロイテマン
29 ブラジルの旗 ウィルソン・フィッティパルディ BT34
ソース:[5]

追記
  • ^1 - ガリアルディはマシンが準備できず欠場[6]

予選[編集]

フェラーリのエースであるジャッキー・イクスポールポジションを獲得し、ティフォシ達を喜ばせた。マトラクリス・エイモンが0.04秒差でフロントローに並び、シケインが2ヶ所設置されても予選においては12気筒勢が優位であることに変わりなかった。ジャッキー・スチュワートクレイ・レガツォーニとともに2列目、デニス・ハルムエマーソン・フィッティパルディが3列目に並ぶ。スチュワートのチームメイトであるフランソワ・セベールは14番手、ジャン=ピエール・ベルトワーズは16番手、練習走行中にクラッシュしたロニー・ピーターソンは24番手に沈んだ[3]

予選結果[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 4 ベルギーの旗 ジャッキー・イクス フェラーリ 1:35.65 - 1
2 20 ニュージーランドの旗 クリス・エイモン マトラ 1:35.69 +0.04 2
3 1 イギリスの旗 ジャッキー・スチュワート ティレル-フォード 1:35.79 +0.14 3
4 5 スイスの旗 クレイ・レガツォーニ フェラーリ 1:35.83 +0.18 4
5 14 ニュージーランドの旗 デニス・ハルム マクラーレン-フォード 1:35.97 +0.32 5
6 6 ブラジルの旗 エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード 1:36.29 +0.64 6
7 3 アメリカ合衆国の旗 マリオ・アンドレッティ フェラーリ 1:36.32 +0.67 7
8 15 アメリカ合衆国の旗 ピーター・レブソン マクラーレン-フォード 1:36.42 +0.77 8
9 10 イギリスの旗 マイク・ヘイルウッド サーティース-フォード 1:36.50 +0.85 9
10 24 スウェーデンの旗 レイネ・ウィセル BRM 1:36.68 +1.03 10
11 30 アルゼンチンの旗 カルロス・ロイテマン ブラバム-フォード 1:37.12 +1.47 11
12 23 イギリスの旗 ピーター・ゲシン BRM 1:37.21 +1.56 12
13 28 イギリスの旗 グラハム・ヒル ブラバム-フォード 1:37.61 +1.96 13
14 2 フランスの旗 フランソワ・セベール ティレル-フォード 1:37.79 +2.14 14
15 29 ブラジルの旗 ウィルソン・フィッティパルディ ブラバム-フォード 1:37.82 +2.17 15
16 21 フランスの旗 ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM 1:37.86 +2.21 16
17 22 ニュージーランドの旗 ハウデン・ガンレイ BRM 1:37.91 +2.26 17
18 26 ブラジルの旗 カルロス・パーチェ マーチ-フォード 1:37.98 +2.33 18
19 7 イギリスの旗 ジョン・サーティース サーティース-フォード 1:38.31 +2.66 19
20 18 オーストリアの旗 ニキ・ラウダ マーチ-フォード 1:38.52 +2.87 20
21 9 イタリアの旗 アンドレア・デ・アダミッチ サーティース-フォード 1:38.60 +2.95 21
22 8 オーストラリアの旗 ティム・シェンケン サーティース-フォード 1:38.61 +2.96 22
23 11 イタリアの旗 ナンニ・ギャリ テクノ 1:38.64 +2.99 23
24 19 スウェーデンの旗 ロニー・ピーターソン マーチ-フォード 1:38.70 +3.05 24
25 16 イギリスの旗 マイク・ボイトラー マーチ-フォード 1:39.73 +4.08 25
26 25 フランスの旗 アンリ・ペスカロロ マーチ-フォード 1:40.21 +4.56 DNQ
27 12 イギリスの旗 デレック・ベル テクノ 1:42.07 +6.42 DNQ
ソース:[7][8]

追記
  • スターティンググリッドは25台に制限

決勝[編集]

レーススタート
クレイ・レガツォーニはアスカリシケインでのアクシデントでリタイアした。

スタートでジャッキー・イクスクレイ・レガツォーニフェラーリによる1-2体制が出来上がる。ジャッキー・スチュワートはスタート直後にクラッチが壊れてリタイアし、ドライバーズタイトル防衛の可能性は早々と潰えた[3]クリス・エイモンはスタートに失敗し、レガツォーニ、エマーソン・フィッティパルディマリオ・アンドレッティに抜かれた。シケインの設置により複数台によるスリップストリーム合戦は過去のものとなって順位の変動が安定する中、エイモンがアンドレッティを抜き返して順位の回復を開始した。14周目にイクスがアウトに膨らみ、レガツォーニがトップに立った。しかし、レガツォーニはその3周後のアスカリシケインでスピンしていたカルロス・パーチェマーチ・711と接触し、リアサスペンションにダメージを与えてしまった。これでイクスが首位に返り咲くが、E.フィッティパルディはイクスの背後に迫り、エイモンとアンドレッティを抜いたマイク・ヘイルウッドがその後方につけていた[4]

ヘイルウッドはすぐにインダクションポッドが脱落して先頭集団から脱落し、エイモンもブレーキが発火してリタイアに終わったため、イクスとE.フィッティパルディの一騎打ちとなった。残り9周でイクスのエンジンが壊れ、E.フィッティパルディがトップに立った[4]

E.フィッティパルディは今シーズン5勝目を挙げ、2戦を残して25歳273日の史上最年少チャンピオンが誕生した[3][9][注 1]。また、このタイトルを獲得した初のブラジル人ドライバーとなった。そして、ロータスの2年ぶり5回目となるコンストラクターズチャンピオンも決まった。ヘイルウッドは2位となり、自身及びサーティースに初の表彰台をもたらした。デニス・ハルムピーター・レブソンマクラーレン勢が3-4位に入り、グラハム・ヒルが5位、前年の勝者ピーター・ゲシンは6位で今シーズン初ポイントを獲得した[3]。アンドレッティはひどいハンドリングに悩まされ7位に終わり[10]、イクスが首位を走行中にリタイアしたことでティフォシ達は大きく落胆した[3]

レース結果[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 6 ブラジルの旗 エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード 55 1:29:58.4 6 9
2 10 イギリスの旗 マイク・ヘイルウッド サーティース-フォード 55 +14.5 9 6
3 14 ニュージーランドの旗 デニス・ハルム マクラーレン-フォード 55 +23.8 5 4
4 15 アメリカ合衆国の旗 ピーター・レブソン マクラーレン-フォード 55 +35.7 8 3
5 28 イギリスの旗 グラハム・ヒル ブラバム-フォード 55 +1:05.6 13 2
6 23 イギリスの旗 ピーター・ゲシン BRM 55 +1:21.9 12 1
7 3 アメリカ合衆国の旗 マリオ・アンドレッティ フェラーリ 54 +1 Lap 7
8 21 フランスの旗 ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM 54 +1 Lap 16
9 19 スウェーデンの旗 ロニー・ピーターソン マーチ-フォード 54 +1 Lap 24
10 16 イギリスの旗 マイク・ボイトラー マーチ-フォード 54 +1 Lap 25
11 22 ニュージーランドの旗 ハウデン・ガンレイ BRM 52 +3 Laps 17
12 24 スウェーデンの旗 レイネ・ウィセル BRM 51 +4 Laps 10
13 18 オーストリアの旗 ニキ・ラウダ マーチ-フォード 50 +5 Laps 20
Ret 4 ベルギーの旗 ジャッキー・イクス フェラーリ 46 電気系統 1
Ret 20 ニュージーランドの旗 クリス・エイモン マトラ 38 ブレーキ 2
Ret 9 イタリアの旗 アンドレア・デ・アダミッチ サーティース-フォード 33 ブレーキ 21
Ret 29 ブラジルの旗 ウィルソン・フィッティパルディ ブラバム-フォード 20 サスペンション 19
Ret 7 イギリスの旗 ジョン・サーティース サーティース-フォード 20 燃料システム 22
Ret 8 オーストラリアの旗 ティム・シェンケン サーティース-フォード 20 スピンオフ 15
Ret 5 スイスの旗 クレイ・レガツォーニ フェラーリ 16 接触 4
Ret 26 ブラジルの旗 カルロス・パーチェ マーチ-フォード 15 接触 18
Ret 30 アルゼンチンの旗 カルロス・ロイテマン ブラバム-フォード 14 サスペンション 11
Ret 2 フランスの旗 フランソワ・セベール ティレル-フォード 14 エンジン 14
Ret 11 イタリアの旗 ナンニ・ギャリ テクノ 6 エンジン 23
Ret 1 イギリスの旗 ジャッキー・スチュワート ティレル-フォード 0 クラッチ 3
DNQ 25 フランスの旗 アンリ・ペスカロロ マーチ-フォード 予選不通過
DNQ 12 イギリスの旗 デレック・ベル テクノ 予選不通過
ソース:[11]
優勝者エマーソン・フィッティパルディの平均速度[6]
211.813 km/h (131.614 mph)
ファステストラップ[12]
ラップリーダー[13]
太字は最多ラップリーダー
達成された主な記録[3]

第10戦終了時点のランキング[編集]

  • : トップ5のみ表示。前半6戦のうちベスト5戦及び後半6戦のうちベスト5戦がカウントされる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b c 33年後の2005年フェルナンド・アロンソが24歳58日に更新した。2019年現在の最年少チャンピオンは、2010年セバスチャン・ベッテルの23歳134日。
  2. ^ 1955年にこの場所で事故死したアルベルト・アスカリに因んで名付けられた。
  3. ^ 当時のF1世界選手権ポイントシステムは1-6位までに9-6-4-3-2-1点が与えられていた。
  4. ^ ポイント配分はドライバーズと同様だが、各コンストラクターの最上位の成績のみがポイントの対象となる。

出典[編集]

  1. ^ Motor Racing Programme Covers: 1972”. The Programme Covers Project. 2017年11月13日閲覧。
  2. ^ a b 1972年第10戦イタリアグランプリの結果”. F1 DataWeb. 2020年5月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j Italy 1972”. STATS F1. 2020年5月20日閲覧。
  4. ^ a b c d e Italian GP, 1972”. grandprix.com. 2020年5月20日閲覧。
  5. ^ Italy 1972 - Race entrants”. STATS F1. 2020年5月13日閲覧。
  6. ^ a b Italy 1972 - Result”. STATS F1. 2020年5月20日閲覧。
  7. ^ Italy 1972 - Qualifications”. STATS F1. 2020年5月18日閲覧。
  8. ^ Italy 1972 - Starting grid”. STATS F1. 2020年5月18日閲覧。
  9. ^ (林信次 1993, p. 35)
  10. ^ (林信次 1993, p. 39)
  11. ^ 1972 Italian Grand Prix”. formula1.com. 2014年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月22日閲覧。
  12. ^ Italy 1972 - Best laps”. STATS F1. 2020年5月20日閲覧。
  13. ^ Italy 1972 - Laps led”. STATS F1. 2020年5月20日閲覧。
  14. ^ Statistics Drivers - World Champion titles - By age”. STATS F1. 2020年5月20日閲覧。
  15. ^ 戦績:P.ゲシン”. F1 DataWeb. 2020年5月20日閲覧。
  16. ^ Firestone - Wins”. STATS F1. 2020年5月20日閲覧。
  17. ^ a b Italy 1972 - Championship”. STATS F1. 2019年3月18日閲覧。

参照文献[編集]

  • Wikipedia英語版 - en:1972 Italian Grand Prix(2019年3月18日 16:29:49(UTC))
  • 林信次『F1全史 1971-1975 [名手スチュワートの退場/若手精鋭たちの新時代]』ニューズ出版、1993年。ISBN 4-938495-05-8

外部リンク[編集]

前戦
1972年オーストリアグランプリ
FIA F1世界選手権
1972年シーズン
次戦
1972年カナダグランプリ
前回開催
1971年イタリアグランプリ
イタリアの旗 イタリアグランプリ次回開催
1973年イタリアグランプリ