1971年オランダグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オランダ 1971年オランダグランプリ
レース詳細
1971年F1世界選手権全11戦の第4戦
ザントフォールト・サーキット (1948-1971)
日程 1971年6月20日
正式名称 XIX Grote Prijs van Nederland
開催地 ザントフォールト・サーキット
オランダの旗 オランダ ザントフォールト英語版
コース 恒久的レース施設
コース長 4.193 km (2.605 mi)
レース距離 70周 293.51 km (182.35 mi)
決勝日天候 雨(ウエット)[1]
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 1:17.42
ファステストラップ
ドライバー ベルギーの旗 ジャッキー・イクス フェラーリ
タイム 1:34.95 (49[1]周目)
決勝順位
優勝 フェラーリ
2位 BRM
3位 フェラーリ

1971年オランダグランプリ (1971 Dutch Grand Prix) は、1971年のF1世界選手権第4戦として、1971年6月20日ザントフォールト・サーキットで開催された。

大雨のためコースは非常に滑りやすく、ウエットレースに強かったジャッキー・イクスペドロ・ロドリゲスに大きな利点をもたらした。

本レースは安全対策が施されていないサーキットでの最後のF1レースであった。このため、翌年のオランダグランプリは開催されなかったが、レイアウトが変更された1973年に復活した。

レース前[編集]

本レースの前にスパ・フランコルシャンで開催される予定であったベルギーGPは必要な安全対策を施さなかったためキャンセルされ、前戦モナコGPから1ヶ月空くことになった。この間、ほとんどのチームは6月13日ホッケンハイムリンクで行われた非選手権レースのヨッヘン・リント・メモリアルレース英語版に参加したが、ドライバーの中にはル・マン24時間レースCan-Amで忙しい者もいた[2][注 1]。レースはフェラーリ・312Bを駆るジャッキー・イクスが優勝した[3]

エントリー[編集]

ロータスエマーソン・フィッティパルディは6月初旬にフランスで交通事故を起こし、肋骨を骨折したため欠場を余儀なくされた[4]。フィッティパルディに代わって南アフリカ出身のデイヴ・チャールトンが起用され[2]レイネ・ウィセルとともに72Dを走らせるが、これに加えて新人デイヴ・ウォーカー英語版がF1世界選手権では初登場となる[注 2]プラット・アンド・ホイットニーガスタービンエンジンを搭載する四輪駆動車の56Bを走らせる。前週に行われたル・マン24時間レースで優勝した地元出身のジィズ・ヴァン・レネップは、スティヒティング・オートレーセズ・ネーデルラントからサーティース・TS7でスポット参戦する[5]

ティレルはエンジン上部にエアインテークを装着してエンジンへの空気の供給を促した[6]マトラはノーズの幅を広げる改造を行った[7]

エントリーリスト[編集]

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
イタリアの旗 スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 2 ベルギーの旗 ジャッキー・イクス フェラーリ 312B2 フェラーリ 001/1 3.0L F12 F
3 スイスの旗 クレイ・レガツォーニ
4 アメリカ合衆国の旗 マリオ・アンドレッティ 312B 1 フェラーリ 001 3.0L F12 1
イギリスの旗 エルフ・チーム・ティレル 5 イギリスの旗 ジャッキー・スチュワート ティレル 003 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
6 フランスの旗 フランソワ・セベール 002
イギリスの旗 ヤードレー・チーム・BRM 8 メキシコの旗 ペドロ・ロドリゲス BRM P160 BRM P142 3.0L V12 F
9 スイスの旗 ジョー・シフェール
10 ニュージーランドの旗 ハウデン・ガンレイ P153
イギリスの旗 ゴールドリーフ・チーム・ロータス 12 南アフリカの旗 デイヴ・チャールトン ロータス 72D フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
14 スウェーデンの旗 レイネ・ウィセル
15 オーストラリアの旗 デイヴ・ウォーカー 56B プラット&ホイットニー STN76 ガスタービン
イギリスの旗 STP・マーチ・レーシングチーム 16 スウェーデンの旗 ロニー・ピーターソン マーチ 711 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
19 スペインの旗 アレックス・ソラー=ロイグ
18 イタリアの旗 ナンニ・ギャリ アルファロメオ T33 3.0L V8
フランスの旗 エキップ・マトラ・スポール 20 ニュージーランドの旗 クリス・エイモン マトラ MS120B マトラ MS71 3.0L V12 G
21 フランスの旗 ジャン=ピエール・ベルトワーズ
アメリカ合衆国の旗 ジーン・メイソン・レーシング 22 アメリカ合衆国の旗 スキップ・バーバー マーチ 711 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
イギリスの旗 ブルックボンド・オクソ・チーム・サーティース 23 イギリスの旗 ジョン・サーティース サーティース TS9 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
イギリスの旗 アウト・モトール・ウント・シュポルト・チーム・サーティース 29 西ドイツの旗 ロルフ・シュトメレン
イギリスの旗 モーターレーシング・ディベロップメンツ・リミテッド 24 イギリスの旗 グラハム・ヒル ブラバム BT34 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
25 オーストラリアの旗 ティム・シェンケン BT33
イギリスの旗 ブルース・マクラーレン・モーターレーシング 26 ニュージーランドの旗 デニス・ハルム マクラーレン M19A フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
28 イギリスの旗 ピーター・ゲシン
オランダの旗 スティヒティング・オートレーセズ・ネーデルラント 30 オランダの旗 ジィズ・ヴァン・レネップ サーティース TS7 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
イギリスの旗 フランク・ウィリアムズ・レーシングカーズ 31 フランスの旗 アンリ・ペスカロロ マーチ 711 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
ソース:[8]
追記
  • ^1 - アンドレッティは当初312B2で走る予定だったが、練習走行でのクラッシュで312B2を大破させたため、312Bを使用した[3]

予選[編集]

デイヴ・ウォーカー英語版がドライブするロータス・56Bは、四輪駆動かつガスタービンエンジンを搭載するユニークなF1マシンであった。

北海沿岸は天候が乱れていて、金曜日は乾燥して涼しく、土曜日は雨だった。デイヴ・ウォーカー英語版は金曜日にロータス・72Dをクラッシュさせてしまい修理不能となったため、デイヴ・チャールトンは出場できなくなり、ウォーカーは56Bに専念することになった[2]マリオ・アンドレッティフェラーリ・312B2を走らせた際に、試験的に装着していたファイアストンの新型の幅が広いリアタイヤが外れ、激しくクラッシュしてしまう。アンドレッティは古い312Bを走らせることになったが[3]、ファイアストンタイヤとの相性の悪さに起因する後輪の振動に悩まされた312B2[9]より312Bの方がはるかにシャシーの具合が良かったため、さほどの抵抗を感じなかった[3]

ジャッキー・イクスペドロ・ロドリゲスに0.04秒差でポールポジションを獲得し[5]ジャッキー・スチュワートが彼らに続く3番手と、スチュワート対12気筒勢の構図は続いた。この3人がフロントローに並び[注 3]クレイ・レガツォーニクリス・エイモンが2列目、レイネ・ウィセルジョン・サーティースジョー・シフェールが3列目を占めた[2]

予選結果[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 2 ベルギーの旗 ジャッキー・イクス フェラーリ 1:17.42 - 1
2 8 メキシコの旗 ペドロ・ロドリゲス BRM 1:17.46 +0.04 2
3 5 イギリスの旗 ジャッキー・スチュワート ティレル-フォード 1:17.64 +0.22 3
4 3 スイスの旗 クレイ・レガツォーニ フェラーリ 1:17.98 +0.54 4
5 20 ニュージーランドの旗 クリス・エイモン マトラ 1:18.46 +1.04 5
6 14 スウェーデンの旗 レイネ・ウィセル ロータス-フォード 1:18.70 +1.28 6
7 23 イギリスの旗 ジョン・サーティース サーティース-フォード 1:18.71 +1.29 7
8 9 スイスの旗 ジョー・シフェール BRM 1:18.91 +1.49 8
9 10 ニュージーランドの旗 ハウデン・ガンレイ BRM 1:19.09 +1.67 9
10 29 西ドイツの旗 ロルフ・シュトメレン サーティース-フォード 1:19.11 +1.69 10
11 21 フランスの旗 ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ 1:19.16 +1.74 11
12 6 フランスの旗 フランソワ・セベール ティレル-フォード 1:19.54 +2.12 12
13 16 スウェーデンの旗 ロニー・ピーターソン マーチ-アルファロメオ 1 1:19.73 +2.31 13
14 26 ニュージーランドの旗 デニス・ハルム マクラーレン-フォード 1:19.74 +2.32 14
15 31 フランスの旗 アンリ・ペスカロロ マーチ-フォード 1:20.01 +2.59 15
16 24 イギリスの旗 グラハム・ヒル ブラバム-フォード 1:20.07 +2.65 16
17 19 スペインの旗 アレックス・ソラー=ロイグ マーチ-フォード 1:20.26 +2.84 17
18 4 アメリカ合衆国の旗 マリオ・アンドレッティ フェラーリ 1:20.32 +2.90 18
19 25 オーストラリアの旗 ティム・シェンケン ブラバム-フォード 1:20.35 +2.93 19
20 18 イタリアの旗 ナンニ・ギャリ マーチ-アルファロメオ 1:20.61 +3.19 20
21 30 オランダの旗 ジィズ・ヴァン・レネップ サーティース-フォード 1:20.79 +3.37 21
22 15 オーストラリアの旗 デイヴ・ウォーカー ロータス-プラット&ホイットニー 1:21.83 +4.41 22
23 28 イギリスの旗 ピーター・ゲシン マクラーレン-フォード 1:22.07 +4.65 23
24 22 アメリカ合衆国の旗 スキップ・バーバー マーチ-フォード 1:22.19 +4.77 24
ソース:[10][11][12]
追記

決勝[編集]

ジャッキー・イクスがレースを制した。
イクスが駆るフェラーリ・312B2

レース当日も午前中から雨で、レースが始まる時も霧雨が降っていた。マリオ・アンドレッティは燃料ポンプの故障でスタートに間に合わず、2周遅れでピットからスタートしたが[5]、まもなくリタイアした[2]

スタートでジャッキー・イクスペドロ・ロドリゲスジャッキー・スチュワートクリス・エイモンをリードした。ジョー・シフェールはスピンして大きく順位を落とした。2周目にエイモンがスピンアウトしてしまい、スチュワートも3周目に珍しくスピンを喫して8位に後退した。これにより、クレイ・レガツォーニが3位、ジョン・サーティースが4位に浮上し、レイネ・ウィセルが続く。ウィセルは後輪が緩んだためピットインしようとする際にピットレーンを逆走してしまい、失格となった。多くのドライバーが苦戦する中、9周目にロドリゲスがイクスを抜いて首位に立ちリードを広げていくが[2]、霧雨が止んで路面が乾き出すとイクスがロドリゲスとの差を縮め、30周目にロドリゲスを抜き返す。ロドリゲスは次の周に再びイクスを抜くが、32周目にイクスが首位に立ちロドリゲスとの差を広げていった[5]フェラーリBRMが使用するファイアストンタイヤはウエットレースで際立った強さを発揮し、イクスは華麗なドライビングテクニックを披露してフェラーリ・312B2を勝利に導いた[3]。最終的にイクスは2位のロドリゲスに8秒の差を付けた[2]。イクスと同じくフェラーリ・312B2を駆るレガツォーニ[3]が3位表彰台を獲得した[2]。一方、グッドイヤータイヤ勢は全く振るわず、イクスから5周遅れでフィニッシュしたジャン=ピエール・ベルトワーズの9位が最高順位であった[5]

レース結果[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 2 ベルギーの旗 ジャッキー・イクス フェラーリ 70 1:56:20.0 1 9
2 8 メキシコの旗 ペドロ・ロドリゲス BRM 70 +7.99 2 6
3 3 スイスの旗 クレイ・レガツォーニ フェラーリ 69 +1 Lap 4 4
4 16 スウェーデンの旗 ロニー・ピーターソン マーチ-フォード 68 +2 Laps 13 3
5 23 イギリスの旗 ジョン・サーティース サーティース-フォード 68 +2 Laps 7 2
6 9 スイスの旗 ジョー・シフェール BRM 68 +2 Laps 8 1
7 10 ニュージーランドの旗 ハウデン・ガンレイ BRM 66 +4 Laps 9
8 30 オランダの旗 ジィズ・ヴァン・レネップ サーティース-フォード 65 +5 Laps 21
9 21 フランスの旗 ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ 65 +5 Laps 11
10 24 イギリスの旗 グラハム・ヒル ブラバム-フォード 65 +5 Laps 16
11 5 イギリスの旗 ジャッキー・スチュワート ティレル-フォード 65 +5 Laps 3
12 26 ニュージーランドの旗 デニス・ハルム マクラーレン-フォード 63 +7 Laps 14
NC 31 フランスの旗 アンリ・ペスカロロ マーチ-フォード 62 規定周回数不足 15
NC 22 アメリカ合衆国の旗 スキップ・バーバー マーチ-フォード 60 規定周回数不足 24
NC 28 イギリスの旗 ピーター・ゲシン マクラーレン-フォード 60 規定周回数不足 23
Ret 19 スペインの旗 アレックス・ソラー=ロイグ マーチ-フォード 57 エンジン 17
Ret 25 オーストラリアの旗 ティム・シェンケン ブラバム-フォード 39 サスペンション 19
Ret 6 フランスの旗 フランソワ・セベール ティレル-フォード 29 アクシデント 12
DSQ 29 西ドイツの旗 ロルフ・シュトメレン サーティース-フォード 19 失格(押しがけ)[1] 1 18
DSQ 14 スウェーデンの旗 レイネ・ウィセル ロータス-フォード 17 失格(コース逆走)[1] 2 4
Ret 18 イタリアの旗 ナンニ・ギャリ マーチ-アルファロメオ 7 アクシデント 20
Ret 4 アメリカ合衆国の旗 マリオ・アンドレッティ フェラーリ 5 燃料ポンプ 16
Ret 15 オーストラリアの旗 デイヴ・ウォーカー ロータス-プラット&ホイットニー 5 アクシデント 22
Ret 20 ニュージーランドの旗 クリス・エイモン マトラ 2 スピンオフ 5
DNS 12 南アフリカの旗 デイヴ・チャールトン ロータス-フォード アクシデント[13][14][2] 3
ソース:[15]
優勝者ジャッキー・イクスの平均速度[16]
151.379 km/h (94.063 mph)
ファステストラップ[17]
ラップリーダー[18]
太字は最多ラップリーダー
追記
  • ^1 - シュトメレンはスピン後、マーシャルによって押しがけされたため失格
  • ^2 - ウィセルはピットレーンを逆走したため失格
  • ^3 - ウォーカーが金曜日にチャールトンのロータス・72をクラッシュさせて修理不能となったため、チャールトンは出場できなくなった[2]
達成された主な記録

第4戦終了時点のランキング[編集]

  • : トップ5のみ表示。前半6戦のうちベスト5戦及び後半5戦のうちベスト4戦がカウントされる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 同じ週末にル・マン24時間レースが開催されたためマトラは欠場、ジャッキー・スチュワートとデニス・ハルムはCan-Amに参加していた。
  2. ^ 既に非選手権レースのレース・オブ・チャンピオンズとレース・オブ・チャンピオンズで実戦に投入していた。
  3. ^ 本レースのスターティンググリッドは3-2-3。
  4. ^ フォード単体を除く。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e (林信次 1993, p. 114)
  2. ^ a b c d e f g h i j Dutch GP, 1971”. grandprix.com. 2020年1月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e f (アラン・ヘンリー 1989, p. 265)
  4. ^ (林信次 1993, p. 21)
  5. ^ a b c d e f g Netherlands 1971”. STATS F1. 2020年1月30日閲覧。
  6. ^ (林信次 1993, p. 15-16)
  7. ^ (林信次 1993, p. 28)
  8. ^ Netherlands 1971 - Race entrants”. STATS F1. 2020年1月30日閲覧。
  9. ^ (アラン・ヘンリー 1989, p. 263)
  10. ^ Pritchard, Anthony (1972). The Motor Racing Year No3. ISBN 0393085023 
  11. ^ Netherlands 1971 - Qualifications”. STATS F1. 2020年1月30日閲覧。
  12. ^ Netherlands 1971 - Starting grid”. STATS F1. 2020年1月30日閲覧。
  13. ^ Grand Prix Results, Dutch GP, 1971”. grandprix.com. 2015年12月28日閲覧。
  14. ^ Lang, Mike (1982). Grand Prix! Vol 2. Haynes Publishing Group. p. 152. ISBN 0-85429-321-3 
  15. ^ 1971 Dutch Grand Prix”. formula1.com. 2013年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月22日閲覧。
  16. ^ Netherlands 1971 - Result”. STATS F1. 2020年1月31日閲覧。
  17. ^ Netherlands 1971 - Best laps”. STATS F1. 2020年1月31日閲覧。
  18. ^ Netherlands 1971 - Laps led”. STATS F1. 2020年1月31日閲覧。
  19. ^ 戦績:D.ウォーカー”. F1 DataWeb. 2020年1月30日閲覧。
  20. ^ a b 戦績:G.ファン・レネップ”. F1 DataWeb. 2020年1月30日閲覧。
  21. ^ 戦績:N.ガッリ”. F1 DataWeb. 2020年1月30日閲覧。
  22. ^ 戦績:P.ロドリゲス”. F1 DataWeb. 2020年1月30日閲覧。
  23. ^ 戦績:プラット&ホィットニー”. F1 DataWeb. 2020年1月30日閲覧。
  24. ^ a b Netherlands 1971 - Championship”. STATS F1. 2019年3月15日閲覧。

参照文献[編集]

外部リンク[編集]

前戦
1971年モナコグランプリ
FIA F1世界選手権
1971年シーズン
次戦
1971年フランスグランプリ
前回開催
1970年オランダグランプリ
オランダの旗 オランダグランプリ次回開催
1973年オランダグランプリ