1972年フランスグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランス 1972年フランスグランプリ
レース詳細
1972年F1世界選手権全12戦の第6戦
シャレード・サーキット (1958-1988)
日程 1972年7月2日
正式名称 LVIII Grand Prix de France[1]
開催地 シャレード・サーキット
フランスの旗 フランス オーヴェルニュ地域圏 クレルモン=フェラン
コース 恒久的レース施設
コース長 8.055 km (5.005 mi)
レース距離 38周 306.09 km (190.19 mi)
ポールポジション
ドライバー マトラ
タイム 2:53.4
ファステストラップ
ドライバー ニュージーランドの旗 クリス・エイモン マトラ
タイム 2:53.9 (32周目)
決勝順位
優勝 ティレル-フォード
2位 ロータス-フォード
3位 マトラ

1972年フランスグランプリ (: 1972 French Grand Prix) は、1972年のF1世界選手権第6戦として、1972年7月2日シャレード・サーキットで開催された。

背景[編集]

2年ぶりの開催となるシャレード・サーキットは新しい安全基準を満たすように改修されたが[2]、死火山の麓に位置するため、コースの両側に落ちてくる暗い火山性の岩石が安全上の懸念材料となっていた[3][4]

レース前[編集]

オランダGPザントフォールト・サーキットが安全性向上のための改修中だったためキャンセルされ、前戦ベルギーGPから約1ヶ月間空いた[2]

その間の6月10日から11日にかけて行われたル・マン24時間レースマトラ・MS670を駆るグラハム・ヒルアンリ・ペスカロロが優勝した[1]。ヒルはこの勝利により、史上初(2019年終了時点でも唯一)の世界三大レース制覇を成し遂げた[5][注 1]。一方、元GPDAの会長であったヨアキム・ボニエがこのレースでの事故で亡くなっている[6]

その翌週の6月18日にローマ郊外のヴァレルンガ・サーキット英語版イタリア共和国GPが開催されたがフェラーリは参加せず、決勝をスタートしたのはわずか7台に過ぎなかった。レースはロータスエマーソン・フィッティパルディが制し、サーティースアンドレア・デ・アダミッチが2位、テクノナンニ・ギャリが3位となった[2]

エントリー[編集]

ティレルは新車005を投入した。胃潰瘍により前戦ベルギーGPを欠場したジャッキー・スチュワートは005をテストできず、003に満足していたこともあり、フランソワ・セベールが005を使用する。レギュラーの2人に加え、タイトルスポンサーのエルフが推す地元出身の新人パトリック・デパイユ004を与えた[1]

フェラーリクレイ・レガツォーニサッカーで遊んでいた際に手首を痛めてしまい、本来テクノナンニ・ギャリが代走を務め、デレック・ベルがテクノを走らせる[2]

マリオ・アンドレッティピーター・レブソンはアメリカのレースに出場するため参加せず、マクラーレンモナコGP同様ブライアン・レッドマンが代走を務める[1]

マーチは失敗作の721Xを諦め、プライベートチームのマイク・ボイトラーが先行使用していた721Gを使用することにした。721GはF2用の722をベースとしたものである[7][1]

ル・マン24時間レースを制した一方、F1ではこの年わずか2点と不振のマトラは、ホームグランプリを迎えるにあたりMS120Cの改良型MS120Dを投入した[1]

南アフリカ共和国スクリバンテ・ラッキーストライク・レーシング英語版ロータス・72Dで、同国出身のデイヴ・チャールトンとともにヨーロッパに進出した[1]

エントリーリスト[編集]

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
イギリスの旗 ジョン・プレイヤー・チーム・ロータス 1 ブラジルの旗 エマーソン・フィッティパルディ ロータス 72D フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
6 オーストラリアの旗 デビッド・ウォーカー
イギリスの旗 ヤードレー・チーム・マクラーレン 2 ニュージーランドの旗 デニス・ハルム マクラーレン M19C フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
11 イギリスの旗 ブライアン・レッドマン M19A
イタリアの旗 スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 3 ベルギーの旗 ジャッキー・イクス フェラーリ 312B2 フェラーリ 001/1 3.0L F12 F
30 イタリアの旗 ナンニ・ギャリ
イギリスの旗 エルフ・チーム・ティレル 4 イギリスの旗 ジャッキー・スチュワート ティレル 003 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
7 フランスの旗 フランソワ・セベール 002 1
8 フランスの旗 パトリック・デパイユ 004
イギリスの旗 マールボロ・BRM 5 フランスの旗 ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM P160B BRM P142 3.0L V12 F
22 イギリスの旗 ピーター・ゲシン
23 ニュージーランドの旗 ハウデン・ガンレイ
24 スウェーデンの旗 レイネ・ウィセル
イギリスの旗 オーストリア・マールボロ・BRM 25 オーストリアの旗 ヘルムート・マルコ
フランスの旗 エキップ・マトラ・スポール 9 ニュージーランドの旗 クリス・エイモン マトラ MS120D マトラ MS72 3.0L V12 G
西ドイツの旗 チーム・アイフェラント・キャラバンズ 10 西ドイツの旗 ロルフ・シュトメレン アイフェラント E21 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
イギリスの旗 STP・マーチ・レーシングチーム 12 スウェーデンの旗 ロニー・ピーターソン マーチ 721G フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
14 オーストリアの旗 ニキ・ラウダ
イギリスの旗 クラーク=モーダウント=ガスリー・レーシング 15 イギリスの旗 マイク・ボイトラー マーチ 721G フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
イギリスの旗 チーム・ウィリアムズ・モチュール 16 フランスの旗 アンリ・ペスカロロ マーチ 721 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
17 ブラジルの旗 カルロス・パーチェ 711
イギリスの旗 モーターレーシング・ディベロップメンツ・リミテッド 18 イギリスの旗 グラハム・ヒル ブラバム BT37 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
20 アルゼンチンの旗 カルロス・ロイテマン
19 ブラジルの旗 ウィルソン・フィッティパルディ BT34
イタリアの旗 マルティーニ・レーシングチーム 21 イギリスの旗 デレック・ベル テクノ PA123/3 テクノ シリーズP 3.0L F12 F
イギリスの旗 ブルックボンド・オクソ・チーム・サーティース 26 イギリスの旗 マイク・ヘイルウッド サーティース TS9B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
イギリスの旗 フレームアウト・チーム・サーティース 27 オーストラリアの旗 ティム・シェンケン
イギリスの旗 チェラミカ・パニョッシン・チーム・サーティース 28 イタリアの旗 アンドレア・デ・アダミッチ
南アフリカの旗 スクリバンテ・ラッキーストライク・レーシング 29 南アフリカの旗 デイヴ・チャールトン ロータス 72D フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
ソース:[8]

追記
  • ^1 - セベールは当初ティレル・005を使用していたが、予選で005をクラッシュさせたため、以後のセッションは002を使用した[1]

予選[編集]

フランソワ・セベールは新しいティレル・005で2分55秒4の好タイムを出したが[9]早い段階でクラッシュしてしまい[2]手首を負傷した。このクラッシュで005は使用できなくなり、セベールは旧型の002に乗り換えざるを得なかった[1]

クリス・エイモンシャレード・サーキットで前回開催された1970年ポールポジションジャッキー・イクス)タイムより5秒速い2分53秒4で、キャリア5回目にして最後のポールポジションを獲得した。デニス・ハルムはエイモンに0.8秒差で2番手とフロントローに並び[1]ジャッキー・スチュワートとイクスが2列目に並んだ。3列目はティム・シェンケンサーティース)とヘルムート・マルコBRM)という意外な組み合わせで、セベールとエマーソン・フィッティパルディを4列目に退けた[2]

ジャン=ピエール・ベルトワーズは日曜の朝に自身のBRM・P160Bを壊したため、ハウデン・ガンレイのP160Bで最後尾グリッドから決勝に出走し、ガンレイは決勝に出走できなくなった[2]。チームメイトのピーター・ゲシンも土曜日にP160Bを壊し、決勝に出走できなくなった。ウィリアムズアンリ・ペスカロロマーチ・721を壊し、テクノデレック・ベルもあまりにも多くのメカニカルトラブルに見舞われたため、いずれも決勝への出走を見合わせた。これにより、予選落ちはデイヴ・チャールトン1台のみとなった[1]

予選結果[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 9 ニュージーランドの旗 クリス・エイモン マトラ 2:53.4 - 1
2 2 ニュージーランドの旗 デニス・ハルム マクラーレン-フォード 2:54.2 +0.8 2
3 4 イギリスの旗 ジャッキー・スチュワート ティレル-フォード 2:55.0 +1.6 3
4 3 ベルギーの旗 ジャッキー・イクス フェラーリ 2:55.1 +1.7 4
5 27 オーストラリアの旗 ティム・シェンケン サーティース-フォード 2:57.2 +3.8 5
6 25 オーストリアの旗 ヘルムート・マルコ BRM 2:57.3 +3.9 6
7 7 フランスの旗 フランソワ・セベール ティレル-フォード 2:58.1 1 +4.7 7
8 1 ブラジルの旗 エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード 2:58.1 2 +4.7 8
9 12 スウェーデンの旗 ロニー・ピーターソン マーチ-フォード 2:58.2 +4.8 9
10 26 イギリスの旗 マイク・ヘイルウッド サーティース-フォード 2:58.3 +4.9 10
11 17 ブラジルの旗 カルロス・パーチェ マーチ-フォード 2:58.6 +5.2 11
12 16 フランスの旗 アンリ・ペスカロロ マーチ-フォード 2:59.0 +5.6 DNS 3
13 28 イタリアの旗 アンドレア・デ・アダミッチ サーティース-フォード 2:59.1 +5.7 12
14 11 イギリスの旗 ブライアン・レッドマン マクラーレン-フォード 2:59.4 +6.0 13
15 19 ブラジルの旗 ウィルソン・フィッティパルディ ブラバム-フォード 2:59.5 +6.1 14
16 10 西ドイツの旗 ロルフ・シュトメレン アイフェラント-フォード 2:59.6 +6.2 15
17 8 フランスの旗 パトリック・デパイユ ティレル-フォード 2:59.6 +6.2 16
18 20 アルゼンチンの旗 カルロス・ロイテマン ブラバム-フォード 3:00.7 +7.3 17
19 24 スウェーデンの旗 レイネ・ウィセル BRM 3:00.7 +7.3 18
20 30 イタリアの旗 ナンニ・ギャリ フェラーリ 3:00.7 +7.3 19
21 23 ニュージーランドの旗 ハウデン・ガンレイ BRM 3:02.0 +8.6 DNS 4
22 22 イギリスの旗 ピーター・ゲシン BRM 3:02.8 +9.4 DNS 3
23 18 イギリスの旗 グラハム・ヒル ブラバム-フォード 3:03.0 +9.6 20
24 14 オーストリアの旗 ニキ・ラウダ マーチ-フォード 3:03.1 +9.7 21
25 6 オーストラリアの旗 デビッド・ウォーカー ロータス-フォード 3:04.7 +11.3 22
26 15 イギリスの旗 マイク・ボイトラー マーチ-フォード 3:05.9 +12.5 23
27 21 イギリスの旗 デレック・ベル テクノ 3:06.9 +13.5 DNS 5
28 29 南アフリカの旗 デイヴ・チャールトン ロータス-フォード 3:11.6 +18.2 DNQ
29 5 フランスの旗 ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM タイム無効 4 - 24 4
ソース:[10][11]

追記
  • 決勝のスターティンググリッドは24台に制限
  • ^1 - セベールはティレル・005で2:55.4を記録したが、決勝はティレル・002で出走するためタイムが無効となった[9]
  • ^2 - E.フィッティパルディは2:58.0を記録したが、決勝は別のロータス・72Dで出走するためタイムが無効となった[9]
  • ^3 - ペスカロロとゲシンはアクシデントにより決勝への出走を見合わせた[12]
  • ^4 - ベルトワーズは2:59.2を記録したがセッション中に自身のBRM・P160Bを壊し、決勝はガンレイの同型車で出走するためタイムが無効となり、自動的に決勝への出走が保証されていたため最後尾グリッドからスタートする。これによりガンレイは決勝への出走を見合わせた[9][1]
  • ^5 - ベルはメカニカルトラブルにより決勝への出走を見合わせた[1]

決勝[編集]

晴れ渡った太陽の下、地元出身の優勝経験者であるフランソワ・セベールジャン=ピエール・ベルトワーズを応援するために5万人を超える観客が集まった[1]

ポールポジションからスタートするクリス・エイモンデニス・ハルムジャッキー・スチュワートを抑えてトップに立ち、ジャッキー・イクスヘルムート・マルコがそれを追う。オープニングラップではエマーソン・フィッティパルディマイク・ヘイルウッドティム・シェンケン、マルコをかわして5位に順位を上げた[2]

コースの端を避けたドライバーはしばしば岩石をコースの真ん中に飛ばしてライバルの進路を塞いでいき[3][4]、9周目にマルコがこの犠牲者となってしまった。前を走るE.フィッティパルディのロータス・72Dから跳ねられた石がヘルメットのバイザーを貫通して左目を直撃し、失明寸前に追い込まれてしまった。このアクシデントによりマルコはドライバーを引退しなければならなかった[3][4][6][注 2]。20周目には首位を走行するエイモンも落石によってタイヤがパンクする不運に見舞われてピットインを余儀なくされ、労せずしてスチュワートがトップに躍り出た[1]。イクスはタイヤの摩耗に苦しみピットインを余儀なくされたハルムに代わって2位を走行していたが[2]、29周目にイクスも落石によってパンクしてしまい、E.フィッティパルディが2位に浮上した[1]。このようにコース上に落ちた石でレース中に10台のタイヤをパンクさせたことは、このサーキットでの常習的な危険性を意味していた[3][4]

胃潰瘍により前戦ベルギーGPを欠場したスチュワートは復帰戦を勝利で飾った。地元フランスのエルフをタイトルスポンサーとするティレルにとっても大きな勝利であった[13]。2位のE.フィッティパルディはドライバーズチャンピオン争いの首位をキープした。エイモンはタイヤを交換した後、ファステストラップを連発して猛然と追い上げを見せ、3位まで順位を戻して表彰台獲得にこぎつけたが、地元ファンはエイモンの不運に大きく失望し、マトラはF1からの撤退を真剣に検討するようになった。地元出身のフランソワ・セベールは手首を負傷しながらも4位、ロニー・ピーターソンが5位、ヘイルウッドが6位に入賞した[1]

落石によるタイヤのパンクが相次いだことから、シャレード・サーキットでのF1開催はこの年で最後となり、翌1973年フランスGPポール・リカール・サーキットに移された[3][4]

レース結果[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 4 イギリスの旗 ジャッキー・スチュワート ティレル-フォード 38 1:52:22.5 3 9
2 1 ブラジルの旗 エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード 38 +27.7 8 6
3 9 ニュージーランドの旗 クリス・エイモン マトラ 38 +31.9 1 4
4 7 フランスの旗 フランソワ・セベール ティレル-フォード 38 +49.3 7 3
5 12 スウェーデンの旗 ロニー・ピーターソン マーチ-フォード 38 +56.8 9 2
6 26 イギリスの旗 マイク・ヘイルウッド サーティース-フォード 38 +1:36.1 10 1
7 2 ニュージーランドの旗 デニス・ハルム マクラーレン-フォード 38 +1:48.1 2
8 19 ブラジルの旗 ウィルソン・フィッティパルディ ブラバム-フォード 38 +2:25.1 14
9 11 イギリスの旗 ブライアン・レッドマン マクラーレン-フォード 38 +2:55.5 13
10 18 イギリスの旗 グラハム・ヒル ブラバム-フォード 38 +2:59.5 20
11 3 ベルギーの旗 ジャッキー・イクス フェラーリ 37 +1 Lap 4
12 20 アルゼンチンの旗 カルロス・ロイテマン ブラバム-フォード 37 +1 Lap 17
13 30 イタリアの旗 ナンニ・ギャリ フェラーリ 37 +1 Lap 19
14 28 イタリアの旗 アンドレア・デ・アダミッチ サーティース-フォード 37 +1 Lap 12
15 5 フランスの旗 ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM 37 +1 Lap 24
16 10 西ドイツの旗 ロルフ・シュトメレン アイフェラント-フォード 37 +1 Lap 15
17 27 オーストラリアの旗 ティム・シェンケン サーティース-フォード 36 +2 Laps 5
18 6 オーストラリアの旗 デビッド・ウォーカー ロータス-フォード 34 ハーフシャフト 22
19 15 イギリスの旗 マイク・ボイトラー マーチ-フォード 33 燃料切れ 23
NC 8 フランスの旗 パトリック・デパイユ ティレル-フォード 33 規定周回数不足 16
Ret 24 スウェーデンの旗 レイネ・ウィセル BRM 25 ギアボックス 18
Ret 17 ブラジルの旗 カルロス・パーチェ マーチ-フォード 18 エンジン 11
Ret 25 オーストリアの旗 ヘルムート・マルコ BRM 8 ドライバー負傷 6
Ret 14 オーストリアの旗 ニキ・ラウダ マーチ-フォード 4 ハーフシャフト 21
DNS 16 フランスの旗 アンリ・ペスカロロ マーチ-フォード アクシデント
DNS 21 イギリスの旗 デレック・ベル テクノ トランスミッション
DNS 22 イギリスの旗 ピーター・ゲシン BRM アクシデント
DNS 23 ニュージーランドの旗 ハウデン・ガンレイ BRM マシンをベルトワーズに譲る[14]
DNQ 29 南アフリカの旗 デイヴ・チャールトン ロータス-フォード 予選不通過
ソース:[15]
優勝者ジャッキー・スチュワートの平均速度[12]
163.454 km/h (101.566 mph)
ファステストラップ[16]
ラップリーダー[17]
太字は最多ラップリーダー
達成された主な記録[1]

第6戦終了時点のランキング[編集]

  • : トップ5のみ表示。前半6戦のうちベスト5戦及び後半6戦のうちベスト5戦がカウントされる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ヒルはこれまでモナコGPで5回(1963,1964,1965,1968,1969年)、インディ500で1回(1966年)優勝していた。
  2. ^ 引退後に地元オーストリア出身の後輩ドライバーであるゲルハルト・ベルガーカール・ヴェンドリンガーを発掘した後、地元オーストリアのF1チーム「レッドブル・レーシング」のコンサルタントを務めている。 ヘルムート・マルコ / ドライバー”. ESPN F1. 2020年4月26日閲覧。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r France 1972”. STATS F1. 2020年4月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i French GP, 1972”. grandprix.com. 2020年4月21日閲覧。
  3. ^ a b c d e Charade”. racingcircuits.info. 2017年4月10日閲覧。
  4. ^ a b c d e The Volcanic Rush of Clermont Ferrand”. speedhunters.com. 2017年4月10日閲覧。
  5. ^ 達成したのはたった1人!モータースポーツ最高の栄誉「トリプルクラウン」”. Sportie.com (2018年11月27日). 2020年4月21日閲覧。
  6. ^ a b (林信次 1993, p. 43)
  7. ^ (林信次 1993, p. 47)
  8. ^ France 1972 - Race entrants”. STATS F1. 2020年4月25日閲覧。
  9. ^ a b c d (林信次 1993, p. 119)
  10. ^ France 1972 - Qualifications”. STATS F1. 2020年4月26日閲覧。
  11. ^ France 1972 - Starting grid”. STATS F1. 2020年4月26日閲覧。
  12. ^ a b France 1972 - Result”. STATS F1. 2020年4月26日閲覧。
  13. ^ (林信次 1993, p. 36-37)
  14. ^ French GP, 1972”. www.grandprix.com. 2019年5月24日閲覧。
  15. ^ 1972 French Grand Prix”. formula1.com. 2014年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月22日閲覧。
  16. ^ France 1972 - Best laps”. STATS F1. 2020年4月26日閲覧。
  17. ^ France 1972 - Laps led”. STATS F1. 2020年4月26日閲覧。
  18. ^ 戦績:H.マルコ”. F1 DataWeb. 2020年4月26日閲覧。
  19. ^ 戦績:D.ウォーカー”. F1 DataWeb. 2020年4月26日閲覧。
  20. ^ a b France 1972 - Championship”. STATS F1. 2019年3月15日閲覧。

参照文献[編集]

  • Wikipedia英語版 - en:1972 French Grand Prix(2020年3月26日 5:55:27(UTC))
  • 林信次『F1全史 1971-1975 [名手スチュワートの退場/若手精鋭たちの新時代]』ニューズ出版、1993年。ISBN 4-938495-05-8

外部リンク[編集]

前戦
1972年ベルギーグランプリ
FIA F1世界選手権
1972年シーズン
次戦
1972年イギリスグランプリ
前回開催
1971年フランスグランプリ
フランスの旗 フランスグランプリ次回開催
1973年フランスグランプリ