ヴァーン・シュパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴァーン・シュパン
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 (1943-03-19) 1943年3月19日(74歳)
F1での経歴
活動時期 1972, 1974 - 1975, 1977
所属チーム BRM, エンサイン, ヒル, サーティース
出走回数 13 (9 starts)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1972年ベルギーGP
最終戦 1977年オランダGP
テンプレートを表示
1983年のル・マン24時間レースで優勝した際の車両

ヴァーン・シュパンVern Schppan1943年3月19日 - )はオーストラリア出身[1]レーシングドライバーである。1983年のル・マン24時間レース優勝者。バーン・シュパンと表記することもある。

略歴[編集]

カートからイギリスのフォーミュラ・フォードでレースデビュー[1]1971年イギリス フォーミュラ・アトランティックチャンピオンを獲得[1]した。1972年以降フォーミュラ1に9戦出場[1]1981年マクラーレン・M24インディ500に出場し3位を獲得した[1]

1981年のインディ500[1]でペンスキーのリック・メアーズ[1]が給油中の火災で火傷を負い、1981年のル・マン24時間レースに出場できなくなり、その代役としてヨッヘン・マス[1]/ハーレイ・ヘイウッド[1]との組でジュールズがスポンサード[1]するポルシェワークス[1]ポルシェ・936[1]で出場した。ただこの時はトラブルが多く、まず点火プラグが不調、次にトランスミッションが不調となり、どちらもすぐに2番手まで回復したがシュパンが運転中に燃料噴射装置が故障、応急処置を施し1時間程掛かったもののピットに戻り、12位で完走した。

1981年の実績から[1]レース部門責任者だったヘルムート・ボット[1]が1982年のWECル・マン24時間レースへの出場を打診、1982年のル・マン24時間レースにはヨッヘン・マス[1]との組でポルシェ・956[1]を運転し2位入賞した[1]

1983年のル・マン24時間レースではアル・ホルバートとの組[1]ポルシェ・956[1]に乗った。残り2時間で左側ドアが吹き飛び[1]冷却不足になりエンジンが過熱[1]、アル・ホルバートがエンジンから白煙を吐かせながらも[1]だましだましゴールまで走らせて優勝した[1]

1983年からポルシェ・956で全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権に参戦[1]、後に自分のチームを作ってポルシェ・962Cを走らせ[1]シュパン・962CRを企画[1]した。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 『Racing On』466号 pp.54-57。

参考文献[編集]

タイトル
先代:
ジャッキー・イクス
デレック・ベル
ル・マン24時間勝者
1983 with:
アル・ホルバート
ハーレイ・ヘイウッド
次代:
クラウス・ルドヴィク
アンリ・ペスカロロ