アトランティック・チャンピオンシップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アトランティック・チャンピオンシップ(Atlantic Championship)は、かつてアメリカ合衆国を中心に北米大陸を転戦して行われていた、フォーミュラカー(オープンホイール)によるレースシリーズ。

概要[編集]

1965年に「フォーミュラ・アトランティック」としてシリーズが発足。1980年代から2000年代にかけてチャンプカー・ワールド・シリーズのステップアップカテゴリーとして機能した。1989年からトヨタ自動車がこのクラスのタイトルスポンサーとなり、当時は「トヨタ・フォーミュラ・アトランティックシリーズ」と呼ばれていた。当時のエンジンはTRD(トヨタ・レーシング・ディベロプメント)が供給する4A-GEエンジン(240馬力、4シリンダー、1.6リッター、フューエルインジェクション、ツインカム)が使われた。

2006年よりタイトルスポンサーがマツダ、エンジン供給をコスワースが担当することとなり、シリーズ名称も「ヨコハマ・プレゼンツ・チャンプカー・アトランティック・パワード・バイ・マツダ」に変更された。その後2008年に上位カテゴリーであるチャンプカーが消滅したため、シリーズ名称を現在の「アトランティック・チャンピオンシップ」としている。タイヤ2006年2007年横浜ゴムが供給していたが、2008年よりクーパーが供給していた。

しかしリーマン・ショック以降の景気低迷の影響を受け、主催者は2010年3月に同年のシリーズを開催しないことを発表。その後もシリーズ再開の動きはなく、シリーズは事実上2009年シーズンを最後に消滅した形となっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]