富士24時間レース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

富士24時間レース(ふじにじゅうよじかんれーす)とは、富士スピードウェイにて自動車で行われる日本の耐久レース。

概要[編集]

1967年4月にOCCとFISCOクラブの運営の元、日本初の24時間耐久レースとして開催された。また世界的に見てもル・マンスパ・フランコルシャンデイトナに次ぐ4番目の24時間レースであった[1]。スタートはマシンにドライバーがダッシュして乗り込む「ル・マン式」が採用された。レースは濃霧に見舞われ、完走台数は33台中20台であった。また同年12月には富士12時間レースも開催されている。

しかしその後の24時間レースは翌1968年3月の一度きりで、富士の耐久はインターTECのようなセミ耐久やSUPER GTの500kmレース、WEC(FIA 世界耐久選手権)の6時間レースに留まっていた。

最後の開催から50年が経過した2017年、富士スピードウェイは消音器の使用などを条件に近隣住民の理解を取り付け、2018年にスーパー耐久の一戦として富士SUPER TEC24時間の名でこのレースを復活させた。日本の24時間レースとしては、十勝24時間レース以来10年ぶりの開催となる[2]。また「SUPER TEC」の名称は、かつて富士で行われていたインターTECの名称を引き継いだものである。

決勝の様子はJ SPORTSYouTubeのスーパー耐久公式アカウントでライブ配信される。

富士スピードウェイはメインスタンド以外に座席が無いことや、パドックエリア以外に火気使用の制限が無いことから、テントを持ち込みバーベキューに興じる観客が非常に多い。また一部の駐車場は車とキャンプスペースをセットとして予約販売される。

レギュレーション[編集]

基本的にはスーパー耐久のレギュレーションに基づくが、ドライバーはE/Fの2名が追加され、最大6人での走行が可能。ただしE/Fドライバーに関してはナイトセッションでの走行が出来ない。ST-X、Z、TCRのジェントルマンドライバーの最低周回規定、プラチナドライバーの最高周回規定もそのまま適応される。

騒音対策のため、排気音を規制値以下に抑える必要がある。また夜間走行に備えて光るカーナンバーパネルを装着する他、最も速いST-Xクラスは黄色のヘッドライトの装着が認められ、最も遅いST-5クラスはリアにLEDの装着が義務付けられている。メインストレートでは遅い方の車が左をキープ、速い方の車は右から抜く事が推奨されている。

決勝レース中は「メンテナンスタイム」と呼ばれる、レーススタートから20時間後までに1回、10分間以上のピット作業を行うことが義務付けられている。

その他ほとんどはスーパー耐久の規則に準ずる。例えばウェイトハンデは適用されており、ポイントは通常の2倍獲得できる[3]

2021年にスーパー耐久にST-Qクラスが新設され、それに伴いトヨタ・カローラスポーツ水素燃料エンジン搭載車両が参戦することから、ピット棟のストレートエンド側の駐車スペースに水素運搬トラックから水素を補給するための臨時水素ステーションが設けられた。

総合優勝者[編集]

チーム ドライバー 車種 クラス 周回数
1967年 細谷四方洋/大坪善男 トヨタ・2000GT S2 537周
1968年 板谷亨/寺西孝利 日産・フェアレディ2000 GT2 512周
2018年 GTNET MOTOR SPORTS 浜野彰彦/星野一樹/藤波清斗/安田裕信/スン・ジェン 日産・GT-R NISMO GT3 ST-X 759周
2019年 GTNET MOTOR SPORTS 浜野彰彦/星野一樹/藤波清斗/平峰一貴 日産・GT-R NISMO GT3 ST-X 801周
2020年 Mercedes-AMG Team HIRIX Racing 山脇大輔/高木真一/ショウン・トン/根本悠生 メルセデスAMG・GT3 ST-X 528周
2021年 TEAM DAISHIN 大八木信行/青木孝行/藤波清斗/坂口夏月 日産・GT-R NISMO GT3 ST-X 763周
2022年 HELM MOTORSPORTS 鳥羽豊/平木湧也/平木玲次/ショウン・トン 日産・GT-R NISMO GT3 ST-X 760周
  • 1967・1968年の周回数は当時のコースレイアウト上の数字。

脚注[編集]

関連項目[編集]