消音器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

消音器(しょうおんき)、サイレンサー(silencer)は、発生したを減らす装置のことである。様々な機器に対応したものが作られている。

原動機における消音器[編集]

楽器における消音器[編集]

練習時などに楽器の出すを小さくするためのもの。類似のものに弱音器(ミュート)がある。

また、エレクトリック・ギターノイズをシャットする機器の名称。

トイレにおける消音器[編集]

排泄時のを他人に聞かれないように、スピーカーから水流音などを流してその音を聞きにくくする装置。主に女性用トイレに設置されている。日本特有であると言われる[1]トイレ用擬音装置を参照。

銃器における消音器[編集]

銃声を小さくするための装置。発砲を隠蔽する他、突入作戦などで人質の聴覚を保護するためにも用いられる。サプレッサーを参照。

出典[編集]

  1. ^ 男も「音姫」 江戸の殿様にも遡る、日本の音消し文化NIKKEI WOMAN SMART 2016年10月22日

関連項目[編集]