片岡龍也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

片岡 龍也(かたおか たつや、1979年5月1日 - )は、愛知県出身のレーシングドライバー

プロフィール[編集]

経歴[編集]

初期の経歴[編集]

1992年に12歳でカートレースデビュー。その後、全日本カート選手権で実績を上げ、1999年と2000年にFSAクラスで2年連続でチャンピオンに輝いた。

2000年にはフォーミュラトヨタレーシングスクール(FTRS)を受講し、初代スカラシップ生に選ばれた。翌年からフォーミュラ・トヨタに参戦しシリーズ2位。2002年からは、FTRSサポートドライバーとして全日本F3選手権にステップアップ、2003年はシリーズ3位を獲得。またこの年はマカオグランプリにも出走した(結果はリタイヤ)。

フォーミュラ・ニッポン[編集]

2004年には全日本選手権フォーミュラ・ニッポンにデビューし、第3戦もてぎで表彰台(3位)に上った。2005年にはトヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム(TDP)契約ドライバーとしてTeam LeMansに移籍し、第7戦富士では自己最上位の2位を記録し、シリーズ11位となった。2006年は第5戦オートポリスと第8戦もてぎ及び第9戦鈴鹿で3位を獲得してシリーズ7位となった。その後2007年はTDPから卒業し、前年と同じ体制で臨んだがシリーズ14位となり、2008年のシートを失った。

全日本GT選手権・SUPER GT[編集]

全日本GT選手権及びSUPER GTでは、2003年の第6戦もてぎラウンド・第7戦オートポリスにGT300クラスのセリカで初参戦し、スポット参戦した2戦共に優勝を飾った。

2004年はGT500クラスにステップアップし、TOYOTA TEAM TOM'Sの37号車のステアリングを握った(パートナーはジェームス・コートニー)。この年は、土屋武士マルコ・アピチェラ組の36号車よりポイントランキングが上位であった。

2005年も、TOYOTA TEAM TOM'Sから山本左近と共に37号車で参戦。第4戦菅生ラウンドで初優勝を飾った。

2006年はフォーミュラ・ニッポン同様Team LeMansに移籍し、飯田章とのコンビとなったがシリーズ12位に終わった。

2007年はビヨン・ビルドハイムとのコンビに変わり、2度表彰台に上がりシリーズ9位となった。

2008年はKRAFTに移籍しピーター・ダンブレックとコンビを組み、シリーズ9位となった。

2009年からはGT300クラスのWedsSport Racing Team with BANDOHに移籍し、織戸学とのコンビでシリーズチャンピオンを獲得した。

2010年も同様の体制で臨み、シリーズ8位となった。

2011年2月21日に、チームのGT500クラスへのステップアップに伴って、LEXUS Team WedsSport BANDOHのドライバーとしてGT500クラスへと復帰することが発表された[1]

2012年はTeam BANDOHを離れ、GT300クラスの前年度チャンピオンチームであるGSR & Studie with TeamUKYOの0号車を谷口信輝と共にBMW・Z4をドライブ[2]。1勝するも性能調整に苦しむかたちでシーズン5位に終わる。

2013年も同様の体制で望むが、ポイント圏外や鈴鹿1,000kmでのレース後の車両検車で失格になるも、終盤で2勝しシーズン3位に終わった。

2014年はスタディが離れたGSR & TeamUKYOから参戦、開幕2連勝を果たし、ウェイトハンデに苦しみながらも終盤でポイントを重ね、自身としては5年ぶりとなる2度目のシリーズチャンピオンを獲得した。

2015年は、ディフェンディングチャンピオンとして、また車種をメルセデスベンツSLSに変更して参戦する。しかしレギュレーションの影響もあってか全体的に苦戦が続き、最終戦で2位表彰台を獲得するも、結局、表彰台に乗ったレースは1年を通してこれのみというに終わった。

2016年では、前年と変わらず谷口信輝とのコンビで参戦。車種がSLSからAMGに変更となる。シーズンでは、開幕戦を2位と好調な滑り出しを見せたものの、ストレートスピードが極端に遅いという問題をかかえ苦戦が続く。それでも安定した成績を残し、また車も後半になるにつれて調子を上げていった結果、最終戦のもてぎでは3位表彰台を飾り、シーズン5位で終わる。またこの年はTOYOTA GAZOO Racingからニュルブルクリンク24時間レースにデビュー。レクサスRC-FでSP PROクラス優勝を飾った[3]

2017年では、前年と同体制で参戦。開幕戦の岡山の予選にて2番手につける。決勝では、ポールでスタートをしたLEON AMGを交わし、3年ぶりに優勝を飾る。また、初音ミクGTプロジェクト10周年を迎えるにあたり、谷口信輝・小林可夢偉と共にスパ・フランコルシャン24時間レースに挑戦した。予選のクラッシュにより車両は全損、AMGの協力の下、初音ミクが描かれた左ドア以外を交換し決勝に臨むも、残り13時間20分というところでクラッシュに巻き込まれ、リタイアに終わった。

チーム監督[編集]

フォーミュラトヨタレーシングスクール(FTRS)の講師として宮田莉朋らを育成してきており、2017年にはレーシングチーム『T's concept』を立ち上げてさらに育成に力を入れる。初年度はトヨタ・86スーパー耐久のST-4クラスに参戦した[4]

また2017年は同時にチームルマンスーパーフォーミュラ活動の監督にも就任している。

レース戦績[編集]

  • 1993年 - SLカートシリーズ中部地方選手権スポット
  • 1994年 - 中部地方選手権シリーズ
  • 1995年 - 全日本カート選手権・FAクラス
  • 1996年 - 全日本カート選手権・FAクラス
  • 1997年 - 全日本カート選手権・FAクラス
  • 1998年 - 全日本カート選手権・FSAクラス
  • 1999年 - 全日本カート選手権・FSAクラス(シリーズチャンピオン)
  • 2000年
    • 全日本カート選手権・FSAクラス(シリーズチャンピオン)
    • ALL JAPAN FUJI GT・ヴィッツレース(#35 ヴィッツ/SCP10)(決勝27位)
    • フォーミュラトヨタレーシングスクール受講(スカラシップ獲得)
  • 2001年 - フォーミュラトヨタシリーズ(TOM'S SPIRIT #7 ウルトラフロースカラシップFT/FT20)(シリーズ2位・2勝)
  • 2002年
    • 全日本F3選手権(TOM'S #36 TOM'S F302/ダラーラF302 3S-GE)(シリーズ6位・1勝)
    • F3マールボロ・マスターズ(26位)
    • F3マカオGP(リタイヤ)
    • F3コリア・スーパープリ(スイス・レーシング #33 ダラーラF302・オペル)(24位)
    • 第9回十勝24時間レース(#59 FTRS ALTEZZA)(総合21位)
  • 2003年 
    • 全日本F3選手権(TOM'S #36 ZENT TOM'S F302/ダラーラF302 3S-GE)(シリーズ3位・1勝)
    • 全日本GT選手権・GT300クラス<Rd.6&7 スポット参戦>(シグマテックレーシングチーム #71 シグマDUNLOPセリカ/CELICA ZZT231 3S-GTE)(シリーズ9位・2勝)
    • スーパー耐久シリーズ・グループN+<Rd.1&6欠場>(ARTA with KRAFT #55 ARTA FOS アルテッツァ)(シリーズ2位)
    • 第32回インターナショナルPokka1000km・GT300クラス(シグマテックレーシングチーム #71 シグマDUNLOPセリカ/CELICA ZZT231 3S-GTE)(総合5位・クラス優勝
  • 2004年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(LeMans Spirit #25/ローラB351 MF308)(シリーズ8位)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(TEAM TOYOTA TOM'S #37 DYNACITYトムススープラ/SUPRA JZA80 3UZ-FE)(シリーズ6位)
    • スーパー耐久シリーズ・グループN+<Rd.6&7 スポット参戦>(AUTOBACS RACING TEAM AGURI #55 ARTA FOS アルテッツァ)
  • 2005年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(Forum Engineering Team LeMans #7/ローラB351 MF308)(シリーズ11位)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(TEAM TOYOTA TOM'S #37 OPEN INTERFACE TOM'S SUPRA/SUPRA JZA80 3UZ-FE)(シリーズ7位)
  • 2006年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(Team LeMans #7/ローラB06/51 RJ8V)(シリーズ7位)
    • SUPER GT・GT500クラス(Mobil 1 TOYOTA Team LeMans #6 Mobil 1 SC/SC430 UZZ40 3UZ-FE)(シリーズ12位)
    • 全日本スポーツカー耐久選手権・GT1クラス(HITOTSUYAMA RACING #20 DUNLOP Ferrari 550 GT1)(シリーズチャンピオン・2勝)
  • 2007年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(Forum Engineering Team LeMans #7/ローラB06/51 RJ8V)(シリーズ14位)
    • SUPER GT・GT500クラス(Forum Eng.TOYOTA Team LeMans #6 Forum Eng.SC430/SC430 UZZ40 3UZ-FE)(シリーズ9位)
  • 2008年
    • SUPER GT・GT500クラス(TOYOTA TEAM KRAFT #35 宝山 KRAFT SC430/SC430 UZZ40 3UZ-FE)(シリーズ9位)
    • スーパー耐久シリーズ・ST-class1(PETRONAS SYNTIUM TEAM #28 PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE)(シリーズチャンピオン・4勝)
  • 2009年
    • SUPER GT・GT300クラス(RACING PROJECT BANDOH #19 ウェッズスポーツIS350/ISC350 GSE21 RV8J)(シリーズチャンピオン・1勝)
    • スーパー耐久シリーズ・ST-1クラス(PETRONAS SYNTIUM TEAM #28 PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE)(シリーズ3位)
  • 2010年
    • SUPER GT・GT300クラス(RACING PROJECT BANDOH #19 ウェッズスポーツIS350/ISC350 GSE21 RV8J)(シリーズ8位)
    • D1ストリートリーガル(Team UP GARAGE with BANDOH/AE86トレノ)
    • スーパー耐久シリーズ・ST-1クラス(PETRONAS SYNTIUM TEAM #28 PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPE)(シリーズ2位)
  • 2011年
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM WedsSport BANDOH #19 WedsSport ADVAN SC430/LEXUS SC430 UZZ40 RV8KG)(シリーズ13位)
    • D1グランプリ(Team UP GARAGE with BANDOH/AE86トレノ)(シリーズ40位)
  • 2012年
    • SUPER GT・GT300クラス(GSR & Studie with TeamUKYO #0 GSR 初音ミク BMW/BMW Z4 GT3)(シリーズ5位・1勝)
    • D1グランプリ(Team UP GARAGE with BANDOH/A80型スープラ
  • 2013年
    • SUPER GT・GT300クラス(GSR & Studie with TeamUKYO #4 GSR 初音ミク BMW/BMW Z4 GT3)(シリーズ3位・2勝)
  • 2014年
    • SUPER GT・GT300クラス(GOODSMILE RACING & TeamUKYO #4 グッドスマイル 初音ミク Z4/BMW Z4 GT3)(シリーズチャンピオン・2勝)
  • 2015年
    • SUPER GT・GT300クラス(GOODSMILE RACING & TeamUKYO #0 グッドスマイル 初音ミク SLS/Mercedes-Benz SLS AMG GT3)(シリーズ12位)
    • スーパー耐久シリーズ・ST-X+クラス(フィールドモータースポーツ #16 REAF REAL ESTATE KiiVA BMW/BMW Z4 GT3)(シリーズ2位)
  • 2016年
    • SUPER GT・GT300クラス(GOODSMILE RACING & TeamUKYO #4 グッドスマイル 初音ミク AMG/Mercedes-AMG GT3)(シリーズ7位)
    • スーパー耐久シリーズ・ST-Xクラス(フィールドモータースポーツ #16 REAF REAL ESTATE KiiVA BMW/BMW Z4 GT3)(シリーズ7位)
    • ニュルブルクリンク24時間レース・SP-PROクラス(TOYOTA GAZOO Racing with TOM'S #36 LEXUS RC F)(総合24位・クラス優勝
  • 2017年
    • SUPER GT・GT300クラス(GOODSMILE RACING & TeamUKYO #4 グッドスマイル 初音ミク AMG/Mercedes-AMG GT3)(シリーズチャンピオン・1勝)
    • スパ・フランコルシャン24時間レース・PROクラス(GOODSMILE RACING & TeamUKYO #00/Mercedes-AMG GT3)(決勝:リタイア)


全日本GT選手権,SUPER GT[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2003年 シグマテックレーシングチーム トヨタ・セリカ GT300 TAI FSW SUG FSW FSW TRM
1
AUT
1
SUZ 9位 44
2004年 TOYOTA TEAM TOM'S トヨタ・スープラ GT500 TAI
11
SUG
3
SEP
5
TOK
5
TRM
4
AUT
6
SUZ
6
6位 44
2005年 GT500 OKA
6
FSW
6
SEP
13
SUG
1
TRM
8
FSW
7
AUT
Ret
SUZ
7
7位 43
2006年 Mobil 1 TOYOTA Team LeMans レクサス・SC430 GT500 SUZ
6
OKA
11
FSW
2
SEP
14
SUG
9
SUZ
Ret
TRM
4
AUT
13
FSW
5
12位 41
2007年 Forum Eng TOYOTA Team LeMans GT500 SUZ
4
OKA
14
FSW
3
SEP
9
SUG
DNS
SUZ
9
TRM
3
AUT
8
FSW
16
9位 38
2008年 TOYOTA TEAM KRAFT GT500 SUZ
6
OKA
6
FSW
5
SEP
10
SUG
2
SUZ
10
TRM
6
AUT
15
FSW
6
9位 45
2009年 RACING PROJECT BANDOH レクサス・IS350 GT300 OKA
1
SUZ
8
FSW
5
SEP
2
SUG
5
SUZ
6
FSW
4
AUT
3
TRM
3
1位 85
2010年 GT300 SUZ
3
OKA
14
FSW
4
SEP
9
SUG
Ret
SUZ
4
FSW
C
TRM
7
8位 33
2011年 LEXUS TEAM WedsSport BANDOH レクサス・SC430 GT500 OKA
15
FSW
3
SEP
11
SUG
8
SUZ
11
FSW
13
AUT
7
TRM
11
13位 18
2012年 GSR&Studie with TeamUKYO BMW・Z4 GT3 GT300 OKA
3
FSW
1
SEP
12
SUG
7
SUZ
Ret
FSW
8
AUT
5
TRM
4
5位 52
2013年 GT300 OKA
2
FSW
9
SEP
6
SUG
15
SUZ
DSQ
FSW
1
AUT
1
TRM
4
3位 70
2014年 GOODSMILE RACING & TeamUKYO GT300 OKA
1
FSW
1
AUT
16
SUG
15
FSW
4
SUZ
5
CHA
3
TRM
3
1位 78
2015年 メルセデス・ベンツ・SLS AMG GT3 GT300 OKA
5
FSW
5
CHA
13
FSW
18
SUZ
8
SUG
16
AUT
7
TRM
2
12位 35
2016年 メルセデスAMG・GT3 GT300 OKA
2
FSW
18
SUG
7
FSW
5
SUZ
5
CHA
8
TRM
18
TRM
3
7位 47
2017年 GT300 OKA
1
FSW
11
AUT
5
SUG
4
FSW
2
SUZ
19
CHA
2
TRM
3
1位 77

フォーミュラ・ニッポン[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2004年 LeMans Spirit SUZ
10
SUG
11
TRM
3
SUZ
13
SUG
Ret
MIN
4
SEP
5
TRM
4
SUZ
12
8位 12
2005年 Forum Engineering Team LeMans TRM
7
SUZ
8
SUG
8
FSW
Ret
SUZ
Ret
MIN
7
FSW
2
TRM
6
SUZ
7
11位 7
2006年 Team LeMans FSW
13
SUZ
7
TRM
Ret
SUZ
6
AUT
3
FSW
Ret
SUG
9
TRM
3
SUZ
3
7位 13
2007年 Forum Engineering Team LeMans FSW
7
SUZ
Ret
TRM
Ret
OKA
9
SUZ
Ret
FSW
Ret
SUG
Ret
TRM
10
SUZ
7
14位 4

CM出演[編集]

2004年に、レース中ピット作業時にハンバーガーを食べてしまうというマクドナルドのCMが放送されていたが、ドライブは本人によるもの。

エピソード[編集]

  • 2003〜2005年に鈴鹿サーキットクイーンを勤めた片岡舞衣(真移)は実妹である。
  • ドリフトも嗜んでおり、ドリフト専用車としてA80スープラを所有している。時々トヨタのモータースポーツイベントでは定常円旋回や8の字を披露することもある。さらにD-DOGシリーズの企画でブレーキングドリフトや3速進入をマスターするなど、ドリフトテクニックの基礎能力は高い。また、2010年にはD1ストリートリーガルに、2011年にはD1グランプリに参戦、2012年は初のフル参戦中。5月の鈴鹿大会では、スーパーGTでチームメイトである谷口信輝選手との追走に挑んだが敗退。2013年はマシン自体はスープラだが、2012年に使用した車両ではなく織戸学が2010、2011年に使用していた車両を使用して参戦している。

脚注[編集]

  1. ^ 2011年 SUPER GT参戦体制概要
  2. ^ 2012年チーム体制
  3. ^ TOYOTA C-HR Racing、LEXUS RC Fが完走 人とクルマを鍛える挑戦は続く
  4. ^ 片岡龍也が新チーム『T’s CONCEPT』立ち上げ。スーパー耐久ST-4に参戦へ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]