福山英朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福山英朗
生誕 (1955-08-13) 1955年8月13日(66歳)
日本の旗 日本 三重県尾鷲市出身
職業レーシングドライバー
モータースポーツ解説者
純資産あり
配偶者あり
公式サイトhttp://www.hideo-fukuyama.com
補足
全日本ツーリングカー選手権・クラス1チャンピオン(1992年
全日本GT選手権GT300クラスチャンピオン(1997年2000年

福山英朗(ふくやま ひでお、1955年8月13日 - )は、日本レーシングドライバー

血液型はRH+A型。GTやツーリングカーレースにおいて数々のチャンピオンを獲得していることから、いわゆる「ハコ使い」系ドライバーとして有名である。

略歴[編集]

デビュー[編集]

三重県尾鷲市出身。1977年に地元である鈴鹿サーキットで開かれた鈴鹿シルバーカップ・FL500でデビューした。その後は鈴鹿サーキットを中心に活躍し、1979年には鈴鹿シルバーカップ・FL500のチャンピオンとなった。

全日本F3選手権と全日本F3000選手権[編集]

1982年には全日本F3選手権にステップアップし、1988年にかけてシリーズ参戦して優勝1回、ポールポジションを2回獲得するなど活躍した。また1992年にもスポット参戦している。1990年には全日本F3000選手権にステップアップしTEAM NOJIからスポット参戦し、翌1991年にはシーズン参戦し1992年まで参戦した。

ル・マン24時間レース[編集]

1988年にはル・マン24時間レースに初参戦した。1990年にはスパ・フランコルシャン24時間レースに日産自動車のワークスドライバーとして日産・スカイラインGT-Rで参戦し、クラス2位を獲得した。ル・マン24時間レースにはその後もワークスドライバーとして参戦を続け、クラス優勝を含む上位入賞を複数回獲得している(後述)。

全日本ツーリングカー選手権チャンピオン[編集]

全日本F3000への参戦をしつつ1992年から全日本ツーリングカー選手権に参戦し、参戦初年度の1992年には長谷見昌弘とのコンビで全日本ツーリングカー選手権・クラス1のチャンピオンに輝いた。全日本ツーリングカー選手権の最終開催年となった1993年は、チャンピオンに届かなかったが複数の優勝を果たしている。

全日本GT選手権チャンピオン[編集]

1994年より全日本GT選手権に参戦(1994年・1995年はスポット参戦のため、本格参戦は1996年より)し同年行われた十勝24時間レース第1回大会で優勝を果たした。また1998年から2001年にかけて、鈴鹿1000kmにおいてGTクラス4連覇を達成している。

1997年には織戸学とのコンビで全日本GT選手権のGT300クラスチャンピオンを獲得した(日産・シルビア)。さらに2000年にも松田秀士とのコンビで全日本GT選手権GT300クラスチャンピオンを獲得した(シェルタイサンアドバンGT3R、ポルシェ・911 GT3R)。また2000年と2001年には再びル・マン24時間レースに参戦し、2000年にはLM-GTクラスでクラス優勝を果たした。

スーパーN1耐久チャンピオン[編集]

1996年には砂子智彦とのコンビでスーパーN-1耐久シリーズ(現スーパー耐久)のチャンピオンを獲得した(日産・スカイラインGT-R)。その後もスーパー耐久に継続的に参戦し、近年も2011年と2012年に続き、2013年も参戦を行っている。

NASCAR[編集]

1998年と1999年には日本で開催されたNASCARコカ・コーラ500に出場した。2002年にはアメリカに渡り、NASCARの最高峰クラスである「ウインストンカップ(現・スプリントカップシリーズ)」にスポット参戦した。

2003年にはウインストンカップにキッコーマンからのスポンサーを得てシリーズ参戦し(トラビス・カーター/ フォード・トーラス)、日本人として、またアジア人として初めて同カップの決勝に進出したドライバー、かつシーズン参戦したドライバーとなった[1]

現在[編集]

2013年にはスーパー耐久に、桧井保孝大文字賢浩とともに「museo cinquecento racing team」のアバルト・695アセットコルセで参戦するなど[2]レーシングドライバーとして活躍する一方で、同チームの監督も務める。

また日テレG+で放送されるNASCARや、J SPORTSで放送されるSUPER GT、スーパー耐久などの中継で解説なども行っている。またアバルトのドライビングスクールの講師を務めるほか、アバルトやフェラーリなどのイベントにもゲストドライバーとして参加するなど、その経験と知名度を生かして幅広い活動を行っている。2021年現在は、スーパー耐久に新規参戦するドライバーに受講義務がある「スーパー耐久安全ミーティング」の講師役も務めている[3]

レース戦績[編集]

全日本F3000選手権[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1990年 TEAM NOJI SUZ FSW MIN SUZ SUG FSW FSW SUZ FSW SUZ
Ret
NC 0
1991年 SUZ
13
AUT
DNQ
FSW
23
MIN
13
SUZ
DNQ
SUG
DNQ
FSW
DNQ
SUZ
17
FSW
C
SUZ
Ret
FSW
Ret
NC 0
1992年 SUZ
14
FSW
Ret
MIN
Ret
SUZ AUT SUG FSW FSW SUZ FSW
20
SUZ NC 0

全日本フォーミュラ3選手権[編集]

チーム エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント
1981年 エクイップ トヨタ SUZ TSU FSW MIN SUG TSU
6
MIN
Ret
SUZ
6
SUZ
Ret
8
1982年 ギャロップホイール SUZ
DSQ
FSW MIN SUZ NC 0
三益レーシング SUG
Ret
MIN SUZ TSU SUZ
1984年 オスカーレーシング SUZ NIS FSW SUZ TSU SUZ
10
TSU
Ret
SUZ
7
20位 5
1986年 ナカチヨレーシング SUZ
DNS
FSW
Ret
SUZ
3
TSU
Ret
NIS
7
TSU
1
SEN SUZ
6
SUZ
9
44
1987年 PERSON'S 日産 SUZ
7
TSU
Ret
FSW
24
SUZ
12
SUG
22
SEN
14
NIS
5
TSU
Ret
SUZ
DSQ
SUZ 2
1990年 ICM ZYTEK トヨタ SUZ FSW
DNQ
SUZ
11
TSU
12
SEN
DNS
SUG
14
TSU
DNQ
SUZ
DNQ
NIS SUZ NC 0
1992年 NAVI CONNECTION RACING SUZ TSU FSW SUZ SEN TAI MIN SUG SUZ
14
SUZ
11
NC 0

全日本ツーリングカー選手権[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
1992年 ハセミモータースポーツ 日産・スカイラインGT-R JTC-1 TAI
1
AUT
7
SUG
5
SUZ
2
MIN
1
TSU
4
SEN
3
FSW
2
1位 110
1993年 JTC-1 MIN
2
AUT
4
SUG
4
SUZ
1
TAI
4
TSU
5
TOK
5
SEN
Ret
FSW
5
7位 89

全日本GT選手権/SUPER GT[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
1994年 BLITZ RACING TEAM トヨタ・スープラ GT1 FSW
Ret
SEN
7
FSW SUG MIN 20位 4
1995年 牧口エンジニアリング BMW・M3 GT2 SUZ
Ret
FSW SEN NC 0
Racing Team 中春 日産・スカイラインGT-R GT1 FSW
6
SUG
Ret
MIN 22位 6
1996年 NISMO GT500 SUZ
4
FSW
Ret
SEN
7
MIN
3
SUG
5
MIN
3
6位 42
1997年 RS-Rレーシングwith BANDOH 日産・シルビア GT300 SUZ
1
FSW
2
SEN
2
FSW
3
MIN
1
SUG
5
1位 90
1998年 TEAM DAISHIN GT300 SUZ
Ret
FSW
C
SEN
Ret
FSW
6
TRM
8
MIN
3
SUG
8
11位 24
1999年 GT300 SUZ
10
FSW
Ret
SUG
3
MIN
Ret
FSW
4
TAI
4
TRM
Ret
10位 33
2000年 TEAM TAISAN Jr. with ADVAN ポルシェ・911 GT300 TRM
1
FSW
1
SUG
9
FSW
7
TAI
7
MIN
1
SUZ
2
1位 85
2001年 TEAM TAISAN ADVAN GT300 TAI
4
FSW
17
SUG
7
FSW
13
TRM
2
SUZ
3
MIN
8
6位 44
2002年 GT300 TAI
2
FSW
Ret
SUG
16
SEP
5
FSW
1
TRM
7
MIN
Ret
SUZ
2
4位 65
2004年 TEAM GAIKOKUYA GT300 TAI SUG SEP
Ret
TOK
13
TRM
Ret
AUT
15
SUZ
21
NC 0
2005年 A&S RACING シボレー・コルベット GT300 OKA
DNS
FSW
Ret
SEP
DNQ
SUG
DNQ
TRM
22
FSW
Ret
AUT SUZ NC 0
2007年 DHG Racing フォード・GT GT300 SUZ OKA FSW SEP SUG SUZ
9
TRM AUT FSW 28位 2

ル・マン24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
1988年 イギリスの旗 ADA エンジニアリング イギリスの旗 イアン・ハローワー
日本の旗 米山二郎
ADA・03-フォード コスワース C2 318 18位 2位
1995年 日本の旗 NISMO 日本の旗 近藤真彦
日本の旗 粕谷俊二
日産 NISMO・GT-R LM GT1 271 10位 5位
2000年 日本の旗 チーム・タイサン・アドバン 日本の旗 余郷敦
ベルギーの旗 ブルーノ・ランバート
ポルシェ・911 GT3R GT 310 16位 1位
2001年 日本の旗 余郷敦
日本の旗 西澤和之
ポルシェ・911 GT3RS GT 273 11位 5位

NASCAR ウインストンカップ・シリーズ[編集]

NASCARウインストンカップ・シリーズ 戦績
チーム ナンバー 車種 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 WCC Pts Ref
2002 トラヴィス・カーター 66 フォード DAY CAR LVS ATL DAR BRI TEX MAR TAL CAL RCH CLT DOV POC MCH SON DAY CHI NHA POC IND GLN MCH BRI DAR RCH NHA DOV
39
KAN TAL CLT MAR
42
ATL CAR
DNQ
PHO HOM 72位 80 [4]
2003 DAY CAR LVS
33
ATL DAR BRI TEX TAL MAR CAL
DNQ
RCH
DNQ
CLT DOV POC MCH SON
43
DAY CHI NHA POC IND GLN MCH BRI DAR RCH NHA DOV TAL KAN CLT MAR ATL PHO CAR HOM 63位 98 [5]

出典[編集]

  1. ^ Yahoo!Sports date=2013年1月
  2. ^ フィアット クライスラー ジャパン date=2013年1月
  3. ^ 小林可夢偉、スーパー耐久富士24SUPER TEC 24時間レースで“初心者講習”を受ける - オートスポーツ・2021年5月21日
  4. ^ Hideo Fukuyama – 2002 NASCAR Winston Cup Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年5月15日閲覧。
  5. ^ Hideo Fukuyama – 2003 NASCAR Winston Cup Series Results”. Racing-Reference. USA Today Sports Media Group. 2017年5月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]