大嶋和也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大嶋 和也
Oshima Kazuya
Kazuya Oshima 2010 Formula Nippon Motegi (May).jpg
2010年
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1987-04-30) 1987年4月30日(31歳)
出身地 群馬県
SUPER GTおよびスーパーフォーミュラでの経歴
デビュー 2006(SUPER GT)
2015(スーパーフォーミュラ)
所属 LEXUS TEAM LEMANS WAKO'S(SUPER GT)
UOMO SUNOCO TEAM LEMANS(スーパーフォーミュラ)
車番 6(SUPER GT)
8(スーパーフォーミュラ)
出走回数 97(SUPER GT)
13(スーパーフォーミュラ)
優勝回数 6(SUPER GT)
ポールポジション 8(SUPER GT)
過去参加シリーズ
2004-2005
2006-2007
2008
2009-2012
フォーミュラ・トヨタ
全日本F3選手権
フォーミュラ3・ユーロシリーズ
フォーミュラ・ニッポン
選手権タイトル
2005
2007
2007
フォーミュラ・トヨタ
全日本F3選手権
SUPER GT(GT300クラス)

大嶋 和也(おおしま かずや、1987年4月30日 - )は日本のレーシングドライバー群馬県出身。

プロフィール・人物[編集]

略歴[編集]

福岡県生まれ。父親が全日本ラリー選手権のドライバーであった影響もあってか、8歳(小学校2年生)の時にカートを始める。1997年にカートレースにデビューを果たす。その後、GKT榛名シリーズSクラス及びFRクラス・全日本ジュニアカート選手権でシリーズチャンピオンを獲得するなど、カートレースに於いて実績を積み重ねた。

2003年にはカートレースに参戦を継続する一方で、フォーミュラトヨタレーシングスクール(FTRS)を受講し、スカラシップを獲得した。2004年にはエッソ・フォーミュラ・トヨタシリーズに参戦し、シリーズランキング2位となった。2005年からはトヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム(TDP)契約ドライバーとして、引き続きフォーミュラ・トヨタシリーズに参戦しシリーズチャンピオンに輝いた。この年にはマカオGPフォーミュラ・ルノーレースに出場し、2位表彰台を獲得した。

2006年は全日本F3選手権にステップアップ。当年度は優勝者が6名も誕生するという近年ではまれに見るシリーズであったが、シリーズランキング2位(優勝3回)と好成績を収めた。特筆すべきは、彼の速さを強烈に印象付けたことであり、ポールポジション4回・ファステストラップ5回を獲得し、この記録はシリーズチャンピオンのエイドリアン・スーティルF1MF1・テストドライバー、翌年スパイカーよりF1デビュー)よりも上回っている。また、F3マカオGPにも出場し、決勝レースでは7位(この年の日本人最高位)となった。なお、この年はSUPER GT・GT300クラス(梁山泊 apr MR-S)に田中実とコンビを組んでデビューした(シリーズランキング15位)。また、このシーズン最終戦でGT300クラスでの最年少ポールポジション記録を更新した(19歳)。

2007年は引き続き全日本F3選手権及びSUPER GT・GT300クラスに参戦しており、全日本F3選手権では、最終戦(もてぎ)において逆転でシリーズチャンピオンを獲得した(総合ポイントではロベルト・ストレイトが上回ったが、有効ポイントで大嶋が上位となった。)。日本人としては、小暮卓史以来5年ぶりのチャンピオンであり、FTRS出身及びTDP参加ドライバーとして、初めて全日本F3選手権を獲得した。SUPER GTでは第2戦(岡山)にてGT300クラスでの初優勝し(チームメイトは石浦宏明)、第4戦(セパン)でも優勝し、史上最年少でGT300クラスのドライバーズチャンピオン(2位高橋一穂加藤寛規組とは同ポイントであったが、優勝回数の差でチャンピオンになった)に輝いた。また、F3マカオGPにも参戦し3位に入賞した。

2008年はマノー・モータースポーツ(現在のヴァージン・レーシング)よりユーロF3シリーズにフル参戦し、第8戦(カタロニア)レース2で初優勝したが、シーズン全体としては成績は低調。初優勝以外では8位入賞が一回のみで、ランキング19位(7ポイント)に終わった。

2009年からは日本国内の最高峰カテゴリーであるフォーミュラ・ニッポントムス)及びSUPER GT・GT500クラス(チームルマン)に参戦。2010年のフォーミュラ・ニッポン第5戦(菅生)では、燃費的にリスクが高い無給油作戦を敢行し初優勝を飾った(同様の作戦を取ったジョアオ・パオロ・デ・オリベイラはトップに立つが最終ラップでガス欠となった)。

2011年はフォーミュラ・ニッポンでSUPER GTと同じチームルマンに移籍。フォーミュラ・ニッポンでは第2戦(オートポリス)で2位表彰台を獲得し、ランキング5位につけた。

2012年は第4戦(菅生)でGT500初優勝を挙げ、フォーミュラニッポンでも第4戦(富士)で表彰台に登った。

2013年はSUPER GTのパートナーが伊藤大輔から国本雄資へ交代。フォーミュラ・ニッポンのシートを失ったが、SUPER GT最終戦(もてぎ)で優勝を挙げた。

2014年はSUPER GTのパートナーが国本雄資からアンドレア・カルダレッリに交代。2016、2017年と最終戦までチャンピオン争いをしたが、その安定感の高さに反して優勝を挙げることはできなかった。2014年にはマザーシャシートヨタ・86をドライブしてタイのスーパーカーレースにスポット参戦、GT3勢を破って2レースで優勝を挙げている[3]

2016年にスーパーフォーミュラにトムスから代役スポット参戦した後に、2017年にチームルマンから5年ぶりにフル参戦。シーズン通してルーキーでありチームメイトのフェリックス・ローゼンクビストの後塵を拝したが、第5戦(オートポリス)では戦略が当たって3位表彰台に登った。

2018年はSUPER GTのパートナーがスーパーフォーミュラでもコンビを組んだローゼンクビストに変更された。

レース戦績[編集]

  • 1997年 - GKT榛名シリーズSクラス参戦
  • 1998年 - GKT榛名シリーズSクラス(シリーズチャンピオン)
  • 1999年
    • GKT榛名シリーズFRクラス(シリーズチャンピオン)
    • 全日本ジュニアカート選手権(シリーズチャンピオン)
  • 2000年 - 全日本カート競技選手権ICAクラス(シリーズ2位)
  • 2001年 - 全日本カート競技選手権FAクラス(シリーズチャンピオン)
  • 2002年 - 全日本カート競技選手権FSAクラス参戦
  • 2003年
    • 全日本カート競技選手権FSAクラス参戦
    • フォーミュラ・トヨタ・レーシング・スクール(FTRS)受講・(スカラシップ獲得)
  • 2004年 - エッソ・フォーミュラ・トヨタシリーズ(TOM'S SPIRIT #8 ウルトラフロースカラシップFT/FT30)(シリーズ2位・3勝)
  • 2005年
    • エッソ・フォーミュラ・トヨタシリーズ(TOM'S SPRIT #8 TDPスカラシップFT/FT30)(シリーズチャンピオン・3勝)
    • マカオGPフォーミュラ・ルノー参戦(2位)
  • 2006年
    • 全日本F3選手権(TOM'S #36 TDPトムスF305/ダラーラF305 3S-GE)(シリーズ2位・3勝)
    • SUPER GT・GT300クラス(apr #777 梁山泊apr MR-S/TOYOTA MR-S ZZW30 2GR-FE)(シリーズ15位)
    • F3マカオGP(TOM'S #8 ダラーラTOYOTA-TOM'S /ダラーラF305 3S-GE)(決勝レース7位)
  • 2007年
    • 全日本F3選手権(TOM'S #36 TDPトムスF307/ダラーラF307 1AZ-FE)(シリーズチャンピオン・6勝)
    • SUPER GT・GT300クラス(apr #101 TOY STORYapr MR-S/TOYOTA MR-S ZZW30 2GR-FE)(シリーズチャンピオン・2勝)
    • F3マカオGP(TOM'S #6 ダラーラTOYOTA-TOM'S/ダラーラF307 1AZ-FE)(決勝レース3位)
  • 2008年
    • F3ユーロシリーズ(Manor Motorsport #29 ダラーラF308 Mercedes)(シリーズ19位)
    • F3マカオGP(Manor Motorsport #22 ダラーラF308 Mercedes)(決勝レース16位)
  • 2009年
  • 2010年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(PETRONAS TEAM TOM'S #37/スウィフト017.n RV8K)(シリーズ6位)
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM KRAFT #35 MJ KRAFT SC430/LEXUS SC430 UZZ40 RV8KG)(シリーズ6位・1勝)
    • ニュルブルクリンク24時間レース ディビジョン2・SP8クラス(GAZOO Racing #50 レクサス・LFA1LR-GUE)(総合18位・クラス優勝
  • 2011年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(Team LeMans #7/スウィフト017.n RV8K)(シリーズ5位)
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM Le Mans ENEOS #6 ENEOS SUSTINA SC430/LEXUS SC430 UZZ40 RV8KG)(シリーズ11位)
  • 2012年
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM Le Mans ENEOS #6 ENEOS SUSTINA SC430/LEXUS SC430 UZZ40 RV8KG)(シリーズ10位・1勝)
    • ニュルブルクリンク24時間レース ディビジョン2・SP3クラス(GAZOO Racing #166 トヨタ・86FA20)(総合46位・クラス優勝
    • バンセン4時間耐久レース Division 1(GAZOO Racing #38 トヨタ・ヴィオス)(総合優勝)
  • 2013年
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM Le Mans ENEOS #6 ENEOS SUSTINA SC430/LEXUS SC430 UZZ40 RV8KG)(シリーズ5位・1勝)
    • ニュルブルクリンク24時間レース ディビジョン2・SP8クラス(GAZOO Racing #79 レクサス・LFA/1LR-GUE)(総合37位・クラス2位)
  • 2014年
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM Le Mans ENEOS #6 ENEOS SUSTINA RC F/LEXUS RC F RI4AG)
    • ニュルブルクリンク24時間レース ディビジョン2・SP8クラス(GAZOO Racing #48 レクサス・LFA/1LR-GUE)(総合15位・クラス優勝)
    • ニュルブルクリンク耐久レースシリーズ VLN2・SP8クラス(GAZOO Racing #48 レクサス・LFA/1LR-GUE)(総合18位・クラス優勝
  • 2015年
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM Le Mans ENEOS #6 ENEOS SUSTINA RC F/LEXUS RC F RI4AG)(シリーズ9位)
    • ニュルブルクリンク24時間耐久レース SP-PROクラス(GAZOO Racing #53 レクサス・LFA Code X/1LR-GUE)(総合14位・クラス優勝
    • 全日本選手権スーパーフォーミュラ<Rd.2スポット参戦(中嶋一貴の代役)>(PETRONAS TEAM TOM'S #1/ダラーラ・SF14 RI4A)
  • 2016年
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM LEMANS WAKO'S #6 WAKO'S 4CR RC F/LEXUS RC F RI4AG)(シリーズ2位)
    • ニュルブルクリンク24時間耐久レース SP-PROクラス(TOYOTA GAZOO Racing with TOM'S #36 レクサス・RC F/2UR-GSE)(総合24位・クラス優勝
  • 2017年
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM LEMANS WAKO'S #6 WAKO'S 4CR LC500/LEXUS LC500 RI4AG)(シリーズ3位)
    • 全日本スーパーフォーミュラ選手権(SUNOCO TEAM LEMANS #8/ダラーラ・SF14 RI4A)(シリーズ12位)
  • 2018年
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM LEMANS WAKO'S #6 WAKO'S 4CR LC500/LEXUS LC500 RI4AG)
    • 全日本スーパーフォーミュラ選手権(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS #8/ダラーラ・SF14 RI4A)

フォーミュラ[編集]

全日本フォーミュラ3選手権[編集]

チーム エンジン クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 順位 ポイント
2006年 TDP TEAM TOM'S トヨタ FSW1
3
FSW2
1
SUZ1
2
SUZ2
6
TRM1
5
TRM2
6
OKA1
8
OKA2
Ret
SUZ1
Ret
SUZ2
4
AUT1
1
AUT2
2
FSW1
1
FSW2
2
SUG1
2
SUG2
4
TRM1
Ret
TRM2
DSQ
2位 185
2007年 FSW1
3
FSW2
1
SUZ1
1
SUZ2
4
TRM1
6
TRM2
9
OKA1
7
OKA2
2
SUZ1
2
SUZ2
3
AUT1
3
AUT2
2
AUT3
1
FSW1
1
FSW2
1
SEN1
Ret
SEN2
3
SEN3
Ret
TRM1
2
TRM2
1
1位 262

フォーミュラ3・ユーロシリーズ[編集]

エントラント シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 DC ポイント
2008年 マノー・モータースポーツ ダラーラ F308/046 メルセデス HOC1
Ret
HOC2
20
MUG1
26
MUG2
18
PAU1
10
PAU2
10
NOR1
13
NOR2
7
ZAN1
14
ZAN2
8
NÜR1
11
NÜR2
20
BRH1
Ret
BRH2
21
CAT1
8
CAT2
1
LMS1
21
LMS2
12
HOC1
Ret
HOC2
19
19位 7

フォーミュラ・ニッポン/スーパーフォーミュラ[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
2009年 PETRONAS TEAM TOM'S FSW
7
SUZ
10
TRM
Ret
FSW
2
SUZ
10
TRM
11
AUT
9
SUG
6
9位 13
2010年 SUZ
12
TRM
8
FSW
4
TRM
5
SUG
1
AUT
Ret
SUZ1
5
SUZ2
7
6位 24
2011年 Team LeMans SUZ
5
AUT
2
FSW
12
TRM
8
SUZ
C
SUG
6
TRM1
Ret
TRM2
5
5位 19
2012年 SUZ
4
TRM
8
AUT
6
FSW
3
TRM
Ret
SUG
4
SUZ1
8
SUZ2
7
7位 21.5
2015年 PETRONAS TEAM TOM'S SUZ OKA
15
FSW TRM AUT SUG SUZ1 SUZ2 NC 0
2017年 SUNOCO TEAM LEMANS SUZ
Ret
OKA1
15
OKA2
12
FSW
12
TRM
10
AUT
3
SUG
15
SUZ1
C
SUZ2
DNQ
12位 6
2018年 UOMO SUNOCO TEAM LEMANS SUZ
15
AUT
C
SUG
15
FSW
7
TRM
5
OKA
16
SUZ
10位 6

SUPER GT[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2006年 apr トヨタ・MR-S GT300 SUZ
Ret
OKA
15
FSW
9
SEP
6
SUG
6
SUZ
14
TRM
9
AUT
5
FSW
4
15位 28
2007年 GT300 SUZ
3
OKA
1
FSW
3
SEP
1
SUG
15
SUZ
14
TRM
21
AUT
9
FSW
2
1位 89
2008年 GT300 SUZ OKA FSW SEP SUG SUZ
2
TRM AUT FSW 22位 17
2009年 LEXUS TEAM KRAFT レクサス・SC430 GT500 OKA
9
SUZ
7
FSW
5
SEP
9
SUG
12
SUZ
1
FSW
7
AUT
7
TRM
9
9位 44
2010年 GT500 SUZ
6
OKA
9
FSW
1
SEP
7
SUG
Ret
SUZ
5
FSW
C
TRM
8
6位 45
2011年 LEXUS TEAM LeMans ENEOS GT500 OKA
11
FSW
2
SEP
8
SUG
5
SUZ
8
FSW
10
AUT
13
TRM
15
11位 26
2012年 GT500 OKA
13
FSW
10
SEP
3
SUG
1
SUZ
Ret
FSW
10
AUT
12
TRM
12
10位 33
2013年 GT500 OKA
7
FSW
3
SEP
7
SUG
6
SUZ
Ret
FSW
4
AUT
11
TRM
1
5位 52
2014年 レクサス・RC F GT500 OKA
2
FSW
3
AUT
9
SUG
5
FSW
13
SUZ
5
CHA
9
TRM
11
7位 44
2015年 GT500 OKA
9
FSW
9
CHA
2
FSW
13
SUZ
Ret
SUG
4
AUT
8
TRM
9
9位 32
2016年 LEXUS TEAM LeMans WAKO'S GT500 OKA
4
FSW
5
SUG
4
FSW
9
SUZ
4
CHA
3
TRM
4
TRM
2
2位 69
2017年 レクサス・LC500 GT500 OKA
2
FSW
2
AUT
13
SUG
3
FSW
9
SUZ
7
CHA
2
TRM
13
3位 63
2018年 GT500 OKA
4
FSW
5
SUZ
12
CHA
2
FSW
7
SUG
11
AUT
TRM
9位 34

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]