国本雄資

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国本 雄資
Yuji Kunimoto
Yuji Kunimoto 2010 Motorsport Japan.jpg
2010年
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1990-09-12) 1990年9月12日(27歳)
出身地 神奈川県横浜市
2017年SUPER GT
スーパーフォーミュラ
デビュー 2009年
2011年
所属 WedsSports BANDOH
P.MU/CERUMO・INGING
選手権タイトル
2010年全日本F3選手権
2016年スーパーフォーミュラ

国本 雄資(くにもと ゆうじ、1990年9月12日 - )は神奈川県横浜市出身のレーシングドライバー

なお、同じレーシングドライバーの国本京佑(くにもと けいすけ)は実兄である。

プロフィール[編集]

経歴[編集]

2017年ル・マンにて

神奈川県横浜市に生まれる。父は在日韓国人二世で元レーシングカートドライバーの李好広、母は日本人(現在は日本国籍を取得している)。 7歳(小学校2年生)の時にアルペンスキーを始め、アルペンスキー競技会に参戦する。2000年にはSAJ公認ジュニア技能検定1級を取得。その後、レーシング・カートに興味を持ち始め、2002年にカート競技を開始する。

2006年にはフォーミュラトヨタレーシングスクール(FTRS)を受講。2007年に限定A級ライセンス[1]の発給を日本自動車連盟(JAF)から受けた後、フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)に全戦参加、またエッソフォーミュラ・トヨタシリーズにスポット参戦をするという形で4輪レースデビューを果たした。FCJでは、シリーズランキングこそ4位にとどまったものの、第12戦の優勝を皮切りに3連勝記録・最年少優勝記録を達成する。

2008年はトヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム(TDP)のスカラシップ生としてFCJを戦い、全16戦中15回の表彰台、優勝8回、また4連勝と自らの去年の記録をさらに塗り替え、兄に続き見事第3代シリーズチャンピオンに輝いた。

2009年は全日本F3にステップアップし、全日本シリーズランキング3位でマカオグランプリに出場した。

2010年も同じく全日本F3に参戦し、前人未到の開幕10連勝を達成した。第11戦では2位、第12戦では4位となり連勝記録はストップしたものの、第11戦の段階で全日本F3チャンピオンを獲得した。

2011年はフォーミュラ・ニッポンにステップアップする。

2013年、カテゴリがスーパーフォーミュラと名を変えたこの年はランキング10位と振るわなかったが、ノンタイトルの富士スプリントカップで自身初のポールトゥーウィンを飾る。

2015年、このシーズンのスーパーフォーミュラはモノコックの不具合が響いたこともあり、チャンピオンを獲得したチームメイト石浦宏明の陰で9位と振るわず、悔しい1年を過ごすこととなった。

2016年スーパーフォーミュラではモノコックを交換する賭けが当たり、岡山で初優勝するなど2勝を挙げてドライバーズチャンピオンに輝き、さらにチームタイトルとの二冠も達成する大躍進の年となった。SUPER GTでは、第7戦タイで優勝し、ウェッズスポーツにGT500初優勝をもたらした。

2017年も引き続きSUPER GT、スーパーフォーミュラに参戦。それに加えて、FIA 世界耐久選手権の第2戦スパ、第3戦ル・マン24時間にトヨタ9号車のドライバーとして参戦。パートナーは、ステファン・サラザンニコラ・ラピエール。スパでは周回遅れの処理に苦戦した。ル・マン決勝では夜間の走行を担当し、まずまずのペースで走りきったが、ラピエールがクラッシュしてリタイアとなった。

エピソード[編集]

  • 趣味であるゴルフの腕前は相当な模様で同じくゴルフ好きの谷口信輝と双璧と言われる。
  • 土屋圭市からゴルフをしていると消えるよと言われた時にはかなり動揺をしていた。

レース戦績[編集]

  • 2007年
    • エッソ・フォーミュラ・トヨタシリーズスポット参戦
    • フォーミュラチャレンジジャパン(シリーズ4位)
  • 2008年
    • フォーミュラチャレンジジャパン(#8 TDPスカラシップFCJ)(シリーズチャンピオン・8勝)
    • マカオグランプリフォーミュラBMWクラス(5位)
  • 2009年
  • 2010年
    • 全日本F3選手権・Cクラス(PETRONAS TEAM TOM'S #1 PETRONAS TOM'S F308/ダラーラF308 1AZ-FE)(シリーズチャンピオン・10勝)
    • SUPER GT・GT300クラス(apr #74 COROLLA Axio apr GT/トヨタカローラアクシオ 2GR-FSE)(シリーズ5位・1勝)
  • 2011年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(Project μ/cerumo・INGING #33/スウィフト017.n RV8K)(シリーズ10位)
    • SUPER GT・GT300クラス(apr #74 COROLLA Axio apr GT/トヨタカローラアクシオ 2GR-FSE)(シリーズ7位)
  • 2012年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(Project μ/cerumo・INGING #39/スウィフト017.n RV8K)(シリーズ13位)
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM KeePer Kraft #35 KeePer Kraft SC430/SC430 UZZ40 RV8KG)(シリーズ13位)
  • 2013年
    • 全日本選手権スーパーフォーミュラ(Project μ/cerumo・INGING #39/スウィフト017.n RV8K)(シリーズ10位)
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM LeMans ENEOS #6 ENEOS SUSTINA SC430/SC430 UZZ40 RV8KG)(シリーズ5位・1勝)
  • 2014年
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM LeMans ENEOS #6 ENEOS SUSTINA RC F/LEXUS RC F USC10 RI4AG)(シリーズ7位)
    • 全日本選手権スーパーフォーミュラ(P.MU/CERUMO・INGING #39/ダラーラ・SF14 RI4A)(シリーズ7位)
  • 2015年
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM LeMans ENEOS #6 ENEOS SUSTINA RC F/LEXUS RC F USC10 RI4AG)(シリーズ9位)
    • 全日本選手権スーパーフォーミュラ(P.MU/CERUMO・INGING #39/ダラーラ・SF14 RI4A)(シリーズ9位)
  • 2016年
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM WedsSport BANDOH #19 WedsSport ADVAN RC F/LEXUS RC F USC10 RI4AG)
    • 全日本スーパーフォーミュラ選手権(P.MU/CERUMO・INGING #2/ダラーラ・SF14 RI4A)(シリーズチャンピオン・2勝)
  • 2017年
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM WedsSport BANDOH #19 WedsSport ADVAN LC500/LEXUS LC500 URZ100 RI4AG)
    • 全日本スーパーフォーミュラ選手権(P.MU/CERUMO・INGING #1/ダラーラ・SF14 RI4A)(シリーズ8位)
    • FIA 世界耐久選手権<Rd.2-3スポット参戦>(TOYOTA GAZOO RACING #9 トヨタ・TS050 HYBRID

全日本フォーミュラ3選手権[編集]

チーム エンジン クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 順位 ポイント
2009年 PETRONAS TEAM TOM'S トヨタ FSW1
3
FSW2
2
OKA1
2
OKA2
8
SUZ1
3
SUZ2
1
FSW1
1
FSW2
3
SUZ1
1
SUZ2
4
TRM1
5
TRM2
2
AUT1
5
AUT2
7
SUG1
1
SUG2
3
3位 97
2010年 SUZ1
1
SUZ2
1
TRM1
1
TRM2
1
FSW1
1
FSW2
1
FSW1
1
FSW2
1
TRM1
1
TRM2
1
OKA1
2
OKA2
4
SUG1
3
SUG2
5
AUT1
4
AUT2
Ret
1位 139

フォーミュラ・ニッポン,スーパーフォーミュラ[編集]

所属チーム 1 2 3 4 5 6 7 順位 ポイント
2011年 Project μ/cerumoINGING SUZ
13
AUT
11
FSW
15
TRM
12
SUZ
C
SUG
5
TRM1
4
TRM2
DSQ
10位 6.5
2012年 SUZ
14
TRM
9
AUT
8
FSW
8
TRM
10
SUG
13
SUZ1
11
SUZ2
12
13位 2
2013年 P.MU/CERUMO·INGING SUZ
10
AUT
10
FSW
7
TRM
6
INJ
C
SUG
4
SUZ1
Ret
SUZ2
15
10位 10
2014年 SUZ
13
FSW1
5
FSW2
7
FSW
3
TRM
13
AUT
2
SUG
9
SUZ1
4
SUZ2
Ret
7位 19.5
2015年 SUZ
17
OKA
Ret
FSW
4
TRM
18
AUT
8
SUG
17
SUZ1
7
SUZ2
8
9位 7.5
2016年 SUZ
2
OKA
6
FSW
Ret
TRM
4
OKA1
2
OKA2
1
SUG
15
SUZ1
1
SUZ2
6
1位 33
2017年 SUZ
3
OKA1
10
OKA2
9
FSW
Ret
TRM
15
AUT
5
SUG
4
SUZ1
C
SUZ2
C
8位 16

SUPER GT[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2009年 apr トヨタ・カローラアクシオ GT300 OKA
5
SUZ
9
FSW
8
SEP
16
SUG
8
SUZ
4
FSW
12
AUT
7
TRM
5
10位 32
2010年 GT300 SUZ
8
OKA
9
FSW
1
SEP
3
SUG
Ret
SUZ
3
FSW
C
TRM
17
5位 47
2011年 GT300 OKA
6
FSW
7
SEP
6
SUG
2
SUZ
7
FSW
14
AUT
8
TRM
9
7位 38
2012年 LEXUS TEAM KRAFT レクサス・SC430 GT500 OKA
Ret
FSW
12
SEP
10
SUG
6
SUZ
2
FSW
7
AUT
13
TRM
Ret
13位 28
2013年 LEXUS TEAM LeMans ENEOS GT500 OKA
7
FSW
3
SEP
7
SUG
6
SUZ
Ret
FSW
4
AUT
11
TRM
1
5位 52
2014年 レクサス・RC F GT500 OKA
2
FSW
3
AUT
9
SUG
5
FSW
13
SUZ
5
CHA
9
TRM
11
7位 44
2015年 GT500 OKA
9
FSW
9
CHA
2
FSW
13
SUZ
Ret
SUG
4
AUT
8
TRM
9
9位 32
2016年 LEXUS TEAM WedsSport BANDOH GT500 OKA
9
FSW
8
SUG
5
FSW
10
SUZ
5
CHA
1
TRM
5
TRM
3
4位 58
2017年 レクサス・LC500 GT500 OKA
6
FSW
AUT
8
SUG
12
FSW
7
SUZ
4
CHA
12
TRM
15
14位 22

世界耐久選手権[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2017年 トヨタ・ガズー・レーシング トヨタ・TS050 HYBRID LMP1 SIL
SPA
5
LMN
Ret
NÜR
MEX
COA
FSW
SHA
BHR
18位* 10*

ル・マン24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー クラス 周回 総合順位 クラス順位
2017年 日本の旗 トヨタ・ガズー・レーシング アルゼンチンの旗 ホセ・マリア・ロペス
フランスの旗 ニコラ・ラピエール
トヨタ・TS050 HYBRID LMP1 160 DNF DNF

脚注[編集]

  1. ^ 限定A級ライセンスとは、JAFが発給している普通自動車運転免許が取得出来ない16~17歳を対象とした、一部の国内レースに限って出場が認められるライセンス。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]