佐藤蓮 (レーサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤蓮
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (2001-08-05) 2001年8月5日(20歳)
出身地 神奈川県
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権およびSUPER GTでの経歴
デビュー 2021(SFL)
2021(SUPER GT)
所属 TODA RACING(SFL)
ARTA(SUPER GT)
車番 2(SFL)
55(SUPER GT)
出走回数 17(SFL)
8(SUPER GT)
優勝回数 5(SFL)
ポールポジション 2(SFL)
ファステストラップ 6(SFL)
過去参加シリーズ
2018-19
2020
FIA-F4選手権(日本)
フランスF4選手権
選手権タイトル
2019 FIA-F4選手権(日本)

佐藤 蓮Ren Sato、2001年8月5日 - )は神奈川県出身のレーシングドライバー

2019年FIA-F4選手権(F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP)チャンピオン。

キャリア[編集]

FIA-F4[編集]

2018年、佐藤は日本のFIA-F4選手権Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクトでシングルシーターデビューを果たし、58ポイントを獲得し、チャンピオンシップで7位でフィニッシュした。翌年のシーズンで、佐藤は14勝中11勝を独占し、1レースを除くすべてのレースで表彰台を獲得。164ポイントでチャンピオンを獲得した。

フランスF4[編集]

岩佐歩夢とともにホンダからフランスF4の2019年シリーズ Rd6(マニクール)に送られ、ベストフィニッシュは11位という結果を残した。翌2020年はフルタイムで戦い、4勝を挙げシリーズランキング2位となった[1]

SUPER GT[編集]

2021年はSUPER GTのGT300クラスにARTAから参戦。マシンはホンダ・NSX GT3、チームメイトは高木真一。若さゆえのミスもあったものの、鈴鹿では6台抜きを見せる才能の片鱗を見せた。リザルトでも3度の表彰台を獲得し、ルーキーながら最終戦までタイトルの権利を有する活躍をした。

しかし、その最終戦(富士)にて、ランキング1位のスバル・BRZとの直接対決を展開中、第一コーナーのブレーキング勝負でオーバーランし、GT500クラス車両と接触。そのペナルティによりタイトルの勝負権を失い、ランキング4位でシリーズを終えた。


SUPER FORMULA

昨年度のスーパーフォーミュラにてRedBull MUGEN Team Gohとして参戦していたチーム郷より参戦する。もう1名のドライバー、ゼッケンは未定となっている。

レース記録[編集]

略歴[編集]

シーズン シリーズ チーム レース 優勝 P.P. F/Lap 表彰台 ポイント 順位
2018年 FIA-F4選手権(日本) Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト 14 0 0 2 0 58 7位
2019年 14 11 8 5 13 311 1位
フランスF4選手権 3 0 0 0 0 0 NC
2020年 オートスポーツアカデミー 21 4 2 6 12 257 2位
2021年 スーパーフォーミュラ・ライツ 戸田レーシング 17 5 2 6 9 92 3位
SUPER GT ARTA 8 0 0 0 3 45 4位

*シーズン進行中

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権[編集]

チーム エンジン クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 順位 ポイント
2021年 TODA RACING SPIESS FSW
1

2
FSW
2

1
FSW
3

9
SUZ
1

12
SUZ
2

2
SUZ
3

5
AUT
1

9
AUT
2

9
SUG
1

7
SUG
2

2
SUG
3

6
TRM
1

1
TRM
2

1
TRM
3

1
TRM
1

2
TRM
2

1
TRM
3

4
3位 92

SUPER GT[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
2021年 ARTA ホンダ・NSX GT3 GT300 OKA
26
FSW
3
SUZ
7
TRM
23
SUG
2
AUT
20
TRM
2
FSW
24
4位 45

参考文献[編集]

外部リンク[編集]