2019年のスーパーフォーミュラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2019年のスーパーフォーミュラ
前年: 2018 翌年: 2020

2019年のスーパーフォーミュラは、2019年4月20日 - 21日鈴鹿サーキットで開幕し、同年10月26日 - 27日に鈴鹿サーキットで閉幕予定の全7戦のシリーズ。

前年からの主な変更点[編集]

マシン[編集]

  • 2014年から2018年まで使用されたダラーラ・SF14に代わり、新型車両ダラーラ・SF19が導入され、ドライバー保護を目的としたヘイローが装着される[1]
  • これまでエンジンは連続して4大会使用しなければならない(実質シリーズ2基)とされていたが、2019年より使用できるエンジンは年間を通じ1基に変更[2]
  • トヨタの供給するエンジンが、前年までのRI4AからTRDが開発した「Biz-01F」に変更される。

レースフォーマット[編集]

  • 全戦が250km(時間制限:90分)の1レース[1]
  • 予選は従来通りQ1からQ3のノックアウト方式だが、Q2の出走台数が14台から12台に変更[1]
  • オーバーテイクシステムが、従来の20秒×5回から上限100秒の時間制に変更。使用回数に制限はなく、1度に使い切ることも複数回使用することも可能。残り時間がコックピット上のランプ(残り100秒〜20秒は緑、20秒以下は赤)で識別でき、使用時にはリヤコーションランプも連動して点滅。1度作動したら100秒間は再度使用できず、ランプがスロー点滅する[1]

レース日程[編集]

エントラント[編集]

その他[編集]

エントリーリスト[編集]

Car-No. ドライバー チーム カーネーム エンジン
1 日本の旗 山本尚貴 DOCOMO TEAM DANDELION RACING DOCOMO DANDELION M1S SF19 HONDA/M-TEC HR-417E
5 日本の旗 福住仁嶺 DOCOMO DANDELION M5Y SF19
3 日本の旗 山下健太 KONDO RACING ORIENTALBIO KONDO SF19 TOYOTA/TRD Biz-01F
4 日本の旗 国本雄資 ORIENTALBIO KONDO SF19
7 ロシアの旗 アルテム・マルケロフ(Rd.1-5)
日本の旗 中山雄一(Rd.6-7)
UOMO SUNOCO TEAM LEMANS UOMO SUNOCO SF19 TOYOTA/TRD Biz-01F
8 日本の旗 大嶋和也 UOMO SUNOCO SF19
15 イギリスの旗 ダニエル・ティクトゥム(Rd.1-3)
メキシコの旗 パトリシオ・オワード英語版(Rd.4-6)
エストニアの旗 ユーリ・ヴィップス英語版(Rd.7)
TEAM MUGEN TEAM MUGEN SF19 HONDA/M-TEC HR-417E
16 日本の旗 野尻智紀 TEAM MUGEN SF19
17 フランスの旗 トリスタン・シャルパンティエ(Rd.1)
日本の旗 塚越広大(Rd.2-7)
REAL RACING REAL SF19 HONDA/M-TEC HR-417E
18 日本の旗 小林可夢偉 carrozzeria Team KCMG KCMG Elyse SF19 TOYOTA/TRD Biz-01F
19 日本の旗 関口雄飛 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19 TOYOTA/TRD Biz-01F
20 日本の旗 平川亮 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19
36 日本の旗 中嶋一貴 VANTELIN TEAM TOM'S VANTELIN KOWA TOM'S SF19 TOYOTA/TRD Biz-01F
37 ニュージーランドの旗 ニック・キャシディ VANTELIN KOWA TOM'S SF19
38 日本の旗 石浦宏明 JMS P.MU/CERUMOINGING JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19 TOYOTA/TRD Biz-01F
39 日本の旗 坪井翔 JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19
50 オーストリアの旗 ルーカス・アウアー B-MAX Racing team with Motopark Red Bull SF19 HONDA/M-TEC HR-417E
51 イギリスの旗 ハリソン・ニューウェイ GOLDEX TAIROKU Racing SF19
64 スペインの旗 アレックス・パロウ TCS NAKAJIMA RACING TCS NAKAJIMA RACING SF19 HONDA/M-TEC HR-417E
65 日本の旗 牧野任祐 TCS NAKAJIMA RACING SF19

※全チームともシャシーはSF19タイヤは横浜ゴム

スケジュール及び勝者[編集]

開催日 開催サーキット 距離 ポールポジション ファステストラップ 優勝者 備考
Rd1 4月19〜21日 鈴鹿サーキット 250km 日本の旗 牧野任祐 スペインの旗 アレックス・パロウ ニュージーランドの旗 ニック・キャシディ
Rd2 5月17〜19日 オートポリス 250km 日本の旗 国本雄資 日本の旗 関口雄飛 日本の旗 関口雄飛 悪天候により予選が19日午前に延期[14]
Rd3 6月21〜23日 スポーツランドSUGO 250km 日本の旗 山本尚貴 オーストリアの旗 ルーカス・アウアー 日本の旗 山本尚貴
Rd4 7月12〜14日 富士スピードウェイ 250km スペインの旗 アレックス・パロウ スペインの旗 アレックス・パロウ スペインの旗 アレックス・パロウ 悪天候により95分制限を超えたため53周でレース終了[15]
Rd5 8月16〜18日 ツインリンクもてぎ 250km スペインの旗 アレックス・パロウ ロシアの旗 アルテム・マルケロフ 日本の旗 平川亮 スタート前の赤旗提示(複数車両のエンジンストール)により周回数が51周に減算[16]
Rd6 9月27〜29日 岡山国際サーキット 250km 日本の旗 平川亮 日本の旗 小林可夢偉 日本の旗 山下健太 序盤のセーフティーカー導入により90分制限を超えたため66周でレース終了[17]
Rd7 10月25〜27日 鈴鹿サーキット 250km

シリーズポイントランキング[編集]

ドライバー部門[編集]

ポイントシステム
ラウンド 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 PP
1-6 10 8 6 5 4 3 2 1 1
7 13 8 6 5 4 3 2 1 1
順位 ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 ポイント
1 日本の旗 山本尚貴 2 2 1 11 9 7 29
2 ニュージーランドの旗 ニック・キャシディ 1 8 4 3 3 10 28
3 スペインの旗 アレックス・パロウ Ret 6 13 1 4 4 25
4 日本の旗 山下健太 3 7 6 17 13 1 21
5 日本の旗 小林可夢偉 9 10 2 6 2 18 19
6 オーストリアの旗 ルーカス・アウアー 7 11 3 Ret 7 5 14
7 日本の旗 中嶋一貴 Ret 13 12 5 16 2 12
8 日本の旗 坪井翔 5 12 Ret 2 17 11 12
9 日本の旗 福住仁嶺 11 5 5 9 5 Ret 12
10 日本の旗 平川亮 Ret 14 11 12 1 12 11
11 日本の旗 関口雄飛 Ret 1 10 8 15 13 11
12 日本の旗 野尻智紀 4 18 Ret 4 8 9 11
13 日本の旗 大嶋和也 12 3 17 13 11 8 7
14 日本の旗 石浦宏明 Ret 9 7 7 6 Ret 7
15 イギリスの旗 ハリソン・ニューウェイ Ret 17 Ret 16 19 3 6
16 日本の旗 牧野任祐 Ret 4 14 10 Ret 17 6
17 日本の旗 国本雄資 6 16 8 15 10 16 5
18 メキシコの旗 パトリシオ・オワード WD WD WD 14 14 6 3
19 イギリスの旗 ダニエル・ティクトゥム 8 Ret 15 WD WD WD 1
日本の旗 塚越広大 WD 15 9 18 18 14
ロシアの旗 アルテム・マルケロフ 10 Ret 16 19 12 WD
日本の旗 中山雄一 WD WD WD WD WD 15
フランスの旗 トリスタン・シャルパンティエ Ret WD WD WD WD WD
順位 ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

太字 - ポールポジション
斜体 - ファステストラップ

ルーキー・オブ・ザ・イヤー[編集]

順位 ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 ポイント
1 スペインの旗 アレックス・パロウ Ret 6 13 1 4 4 25
2 オーストリアの旗 ルーカス・アウアー 7 11 3 Ret 7 5 14
3 日本の旗 坪井翔 5 12 Ret 2 17 11 12
4 イギリスの旗 ハリソン・ニューウェイ Ret 17 Ret 16 19 3 6
5 日本の旗 牧野任祐 Ret 4 14 10 Ret 17 6
6 メキシコの旗 パトリシオ・オワード WD WD WD 14 14 6 3
ロシアの旗 アルテム・マルケロフ 10 Ret 16 19 12 WD
フランスの旗 トリスタン・シャルパンティエ Ret WD WD WD WD WD
順位 ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 ポイント

チーム部門[編集]

順位 チーム No. Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 ポイント
1 DOCOMO TEAM DANDELION RACING 1 2 2 1 11 9 5 40
5 11 5 5 9 5 Ret
2 VANTELIN TEAM TOM'S 36 Ret 13 12 5 16 2 40
37 1 8 4 3 3 10
3 TCS NAKAJIMA RACING 64 Ret 6 13 1 4 4 28
65 Ret 4 14 10 Ret 17
4 KONDO RACING 3 3 7 6 17 13 1 25
4 6 16 8 15 10 16
5 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL 19 Ret 1 10 8 15 13 21
20 Ret 14 11 12 1 12
6 B-MAX Racing team with Motopark 50 7 11 3 Ret 7 5 20
51 Ret 17 Ret 16 19 3
7 JMS P.MU/CERUMO・INGING 38 Ret 9 7 7 6 Ret 19
39 5 12 Ret 2 17 11
8 carrozzeria Team KCMG 18 9 10 2 6 2 18 19
9 TEAM MUGEN 15 8 Ret 15 14 14 6 15
16 4 18 Ret 4 8 9
10 UOMO SUNOCO TEAM LEMANS 7 10 Ret 16 19 12 13 7
8 12 3 17 13 11 8
REAL RACING 17 Ret 15 9 18 18 14
順位 チーム No. Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

太字 - ポールポジション
斜体 - ファステストラップ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d スーパーフォーミュラ:オーバーテイクシステムは100秒の持ち時間制へ。2019年概要発表 - auto sport web・2019年3月2日
  2. ^ 全日本スーパーフォーミュラ選手権は2019年から使用可能エンジンが年間1基に - auto sport web・2019年1月18日
  3. ^ 2019年日本選手権カレンダー一覧(四輪) - JAF MOTORSPORTS・2018年11月9日
  4. ^ a b c d 全チームでドライバー変更の大シャッフル。ホンダが2019年スーパーフォーミュラのラインアップを発表 - auto sport web・2019年1月11日
  5. ^ a b c d スーパーフォーミュラのトヨタエンジン使用チームのラインアップ発表。F2上位のマルケロフ参戦 - auto sport web・2019年2月7日
  6. ^ スーパーフォーミュラ:中山雄一がTEAM LEMANSから第6戦岡山にスポット参戦。マルケロフはF2ソチへ - auto sport web・2019年9月24日
  7. ^ a b レッドブル・ジュニアチームが、ティクトゥムとアウアーの来季スーパーフォーミュラ参戦を発表。 - motorsport.com・2018年12月5日
  8. ^ レッドブル育成のパトリシオ・オワード、ティクトゥムに代わり第4戦富士よりスーパーフォーミュラ参戦へ - auto sport web・2019年7月1日
  9. ^ 無限が2019年モータースポーツ活動概要を発表。中野信治がスーパーGT、スーパーフォーミュラで監督に - auto sport web・2019年1月12日
  10. ^ スーパーフォーミュラ:松田次生がKCMGのチーム監督に就任。可夢偉とともに初優勝を目指す - auto sport web・2019年3月2日
  11. ^ REAL RACING、シャルパンティエに代わり塚越広大が第2戦から出走 - motorsports.com・2019年8月9日
  12. ^ B-MAXとモトパークがコラボを発表。2019年のスーパーフォーミュラに2台体制で参戦へ - autosport web・2018年11月14日
  13. ^ 2019 Race Calendar - TCR Japan Series
  14. ^ 荒天のため予選はキャンセル 日曜日に予選&決勝 - SUPER FPRMULA Official Website・2019年5月18日
  15. ^ Headline News アレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)が独走劇でルーキー初優勝 - SUPER FPRMULA Official Website・2019年7月14日
  16. ^ Headline News 平川 亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が初優勝を飾る - SUPER FPRMULA Official Website・2019年8月18日
  17. ^ Headline News 2019年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第6戦 山下健太が嬉しい初優勝!! - SUPER FPRMULA Official Website・2019年9月29日