興和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
興和株式会社
Kowa Company, Limited
Kowa headquarters 110215.jpg
本社が入っている興和紡(旧興和紡績)
本社ビル・サウスハウス
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 コーワ、Kowa
本社所在地 日本の旗 日本
460-8625
名古屋市中区錦三丁目6番29号
設立 1939年昭和14年)11月15日
(株式会社カネカ服部商店)
業種 卸売業
法人番号 1180001035811 ウィキデータを編集
事業内容 繊維、機械、建材、木材、化成品、生活関連物資などの輸出入、三国間貿易および国内販売
一般用・医療用医薬品の研究開発・製造・医療用医薬品の販売および医用・放送・レーザー応用など各種電機光学製品の研究開発・製造販売、輸出入
代表者 代表取締役社長 三輪芳弘
代表取締役副社長執行役員 木村茂
代表取締役専務執行役員 井上順司
代表取締役専務執行役員 野々村明輝
資本金 38億4,000万円[1]
発行済株式総数 3,777万株[1]
売上高 連結 4,365億22百万円
単体 1,784億57百万円
(2019年3月期)[1]
純資産 連結 1,219億21百万円
単体 854億80百万円
(2019年3月期)[1]
総資産 連結 5,034億68百万円
単体 3,187億71百万円
(2019年3月期)[1]
従業員数 連結 6,735名
単体 1,890名
(2019年3月期)[1]
決算期 3月31日
会計監査人 有限責任あずさ監査法人[1]
主要株主 興和紡 24.12%
三菱UFJ銀行 4.89%
みずほ銀行 4.53%
名糖産業 3.78%
大栄産興 3.52%
(2019年3月31日現在)
主要子会社 株式会社丸栄 100%
株式会社名古屋観光ホテル 100%
外部リンク http://www.kowa.co.jp/
テンプレートを表示

興和株式会社(こうわ、英称:Kowa Company, Limited)とは、日本専門商社である。本社は愛知県名古屋市に所在する。

概説[編集]

繊維医薬品などのヘルスケア商品、光学関連の商品を製造、販売している。前身の「服部兼三郎商店」時代に豊田佐吉自動織機開発を支援していた名門企業。興和グループの統括会社。グループ内には、兄弟会社として、興和紡株式会社、直結子会社として、興和新薬株式会社、興和創薬株式会社等がある。

医薬事業では、「コルゲンコーワ」や「キャベジンコーワ」などの商品を製造、販売しており、医薬品のテレビCMは、全国の民放テレビ局(一部の局除く)でスポット主体で放映されており、他社と比べ放映回数も多いことから、同社の認知度向上に一役買っている。なお番組提供に関しては、ごく最近まではテレビ、ラジオのレギュラー番組で、スポンサー契約を行ったものが数本存在し、年末年始などの特番で番組提供を行う程度となっていたが、2012年4月からは一社提供番組のスポンサーに入るようになる(提供番組の節を参照)。

光学機器メーカーとしては「PROMINAR」ブランドのカメラ用レンズや、観光地用の望遠鏡などが主力製品。あわせて放送映像機器の製造、販売も行っており、全国のNHK民放テレビ、ラジオ局で使われている。

沿革[編集]

前身会社[編集]

  • 1894年明治27年) - 繊維問屋である服部兼三郎商店として名古屋市に創業する。
  • 1912年大正元年) - 株式会社服部商店を設立し、法人に改組される。
  • 1919年(大正8年) - 紡績業を開始
  • 1920年(大正9年) - 服部兼三郎、相場での破綻がもとで自決。享年51。

現法人[編集]

  • 1939年昭和14年) - 商工分離の国策により、株式会社服部商店(現在の興和紡株式会社)に紡績部門を残し、商事部門が分離し、株式会社カネカ服部商店として設立される。
  • 1940年(昭和15年) - 商号を株式会社服部商店に変更する。
  • 1943年(昭和18年) - 商号を興服産業株式会社に変更する。
  • 1945年(昭和20年) - 非繊維分野に進出
  • 1946年(昭和21年) - 解散した日本軍より技師を招き、光学機器分野に進出
  • 1947年(昭和22年) - 解散した日本軍より技師を招き、医薬品分野に進出
  • 1954年(昭和29年) - 興和新薬株式会社設立
  • 1960年(昭和35年) - 商号を興和株式会社に変更する。
  • 2003年平成15年) - 日研化学株式会社(現・興和創薬株式会社)を子会社化する。
  • 2005年(平成17年)6月 - 大日本製薬(現在の大日本住友製薬)から一般用医薬品大衆薬)・ヘルスケア事業を譲受。
  • 2006年(平成18年)
    • 10月 - 医療用医薬品の営業部門を日研化学株式会社へ移管(事業統合)。同時に、日研化学株式会社は興和創薬株式会社と社名変更。
    • 12月5日 - 眼内レンズの営業をメニコンから譲受。眼内レンズの開発・製造を行う株式会社アイコンをメニコンと合弁で設立。
  • 2007年(平成19年)7月1日 - 興和創薬株式会社の医薬品の製造販売業に係わる事業、製造業及び研究開発事業を興和株式会社が承継。
  • 2008年(平成20年)
  • 2009年(平成21年)
    • 4月1日 - 子会社である興和ファイナンス株式会社を吸収合併
    • 4月1日 - アポプラスステーション株式会社との合弁会社「キャリア&リープス株式会社」を設立。
    • 12月23日 - アメリカのブリガム・アンド・ウィメンズ病院との共同研究施設である心臓血管科学研究所をボストンのロングウッド・メディカル・エリアに設立[3]
  • 2010年(平成22年)
    • 2月 - 韓国液晶部品メーカーD.ID Corporationと資本・業務提携。
    • 4月 - 日東電工株式会社とドネペジル塩酸塩の経皮吸収型テープ製剤(アルツハイマー型認知症治療薬)に関する共同開発契約を締結。
    • 7月23日 - 韓国のLED照明関連製品メーカーTechsign Lightpanelと資本・業務提携。
    • 8月1日 - 6月に設立した子会社の株式会社インコントロが民事再生法の適用を申請した株式会社オリゾンティの海外ファッションブランド事業を譲受。
    • 8月2日 - 株式会社丸栄第三者割当増資を引受け、子会社化。
    • 10月1日 - 吸収分割により興和紡績株式会社のヘルスケアー事業、精密機器事業および不動産事業の一部を継承[4]
  • 2011年(平成23年)
    • 1月28日 - インド財閥のアダニグループと包括的事業提携で基本合意[5]
    • 9月26日 - 興和・テバの合弁事業を解消すると発表。興和テバはテバ100%出資会社となる(その後、2012年(平成24年)4月1日に同じテバ傘下の大洋薬品工業と合併してテバ製薬となり、2016年(平成28年)4月1日に武田薬品工業が株式交付の形でテバ製薬に資本参加してテバとの合弁に移行。同年10月1日付で武田テバファーマに再度商号変更した)。
  • 2012年(平成24年)
    • 3月1日 - 株式会社名古屋観光ホテルを完全子会社化。
    • 3月14日 - 風力発電装置メーカーのエネルギープロダクト株式会社と資本・業務提携。第三者割当増資の引受けにより同社株式の46%を取得[6]
    • 6月 - 富士山の銘水株式会社と資本・業務提携し、ウォーターサーバー事業に参入[7]
    • 10月17日 - ファッションブランド「Franche lippée」(フランシュリッペ)を展開する株式会社クリエイションと資本・業務提携[8]
    • 10月30日 - 通信販売サイト「KOWA Happiness Direct」を開設し、サプリメントの通信販売事業に参入[9]
  • 2013年(平成25年)
  • 2014年(平成26年)
    • 1月 - コアホールディング株式会社の株式を取得し子会社化[1]
    • 1月15日 - 株式会社白元(現在の白元アース株式会社)から日本国内における使い捨てカイロ事業を譲受することを発表し、製造部門は同日、株式会社白元との合弁会社として興和白元古河ファクトリー株式会社(現・興和古河ファクトリー株式会社)を設立。販売に関しては同年4月から開始した[13]
    • 4月8日 - 缶コーヒー「コーワパワードコーヒー」を発売し、飲料事業に進出。
    • 8月 - 興和白元古河ファクトリー株式会社の株式を追加取得し完全子会社化。同時に興和古河ファクトリー株式会社に商号を変更[1]
    • 9月17日 - 株式会社白元から譲受した「ホッカイロ」シリーズを刷新し、「ホッカイロぬくぬく当番」をはじめとする「ホッカイロ」シリーズの本格発売を開始。
  • 2016年(平成28年)3月 - Kowa South East Asia Pte, Ltd.を株式の追加取得により完全子会社化[1]
  • 2017年(平成29年)
    • 4月1日 - 江守商事株式会社および同社のグループ会社である北陸化成⼯業株式会社、北陸カラー株式会社、江守物流株式会社を子会社化[14][15]
    • 7月1日 - 子会社の江守商事株式会社が興和の子会社となっていた北陸化成⼯業株式会社、北陸カラー株式会社、江守物流株式会社の全株式を取得し子会社化[16]
    • 7月11日 - 丸栄を完全子会社化[17][18]
  • 2019年(平成31年)4月1日 - 子会社の興和新薬株式会社および興和創薬株式会社(初代)を吸収合併[19]

主な商品[編集]

繊維・ファッション[編集]

  • PGA(ライセンスブランド)
  • PENTY'S(オリジナルブランド)
  • SNIP SNAP(オリジナルブランド)
  • リズム&バランス(オリジナルブランド) - 2010年1月女子プロゴルファー宅島美香とウエア契約を締結。

ほか

機能性材料として、クモの糸よりも強度の高いミノムシの糸に着目。実用化に向けて農業・食品産業技術総合研究機構と共同研究を行っている[20]

健康関連[編集]

OTC医薬品(医薬部外品を含む)[編集]

OTC医薬品・医薬部外品などは旧・大日本製薬より譲受けた製品、「エバステルAL」を除き、すべての製品名に「コーワ」がつくが「キューピーコーワ」だけは一連のブランド名となる。

なお、旧・大日本製薬より譲り受けた製品はアイテムの整理により、2020年6月現在も発売されている製品は数少ない。

☆:医薬部外品
★:指定医薬部外品
△:化粧品
◇:大日本製薬(現・大日本住友製薬)より譲受けた製品

キャベジンコーワ
キャベツから抽出した成分(ビタミンU:MMSC…メチルメチオニンスルホニウムクロライド)を主原料とした胃腸薬。
  • キャベジンコーワα【第2類医薬品】 - 2014年11月発売。従来発売されていた「新キャベジンコーワS(2008年7月発売)」の処方をベースに、ソウジュツ乾燥エキスに替わり、健胃生薬のソヨウ乾燥エキスを配合した錠剤タイプ。2016年10月には、18錠入りを従来の分包タイプから「キューピーコーワα-プラス」の30錠入りや「新キューピーコーワi」の27錠入りと同じ小型プラスチックボトル(ブリスターパック包装)に変更してリニューアルした。
  • キャベジンコーワα顆粒【第2類医薬品】 - 2016年11月発売。従来発売されていた「キャベジンコーワ細粒」に替わって発売されたもので、制酸成分は水酸化アルミニウム炭酸水素ナトリウム共沈物を炭酸水素ナトリウム単体に、酸化マグネシウム炭酸マグネシウムにそれぞれ差し替え、沈降炭酸カルシウムを加えて4種類に、健胃生薬は刷新してソヨウ乾燥エキスとセンブリ末の2種類に、消化酵素はビオヂアスターゼ2000の含有量を減らす(30mg/3包→24mg/3包)代わりに、リパーゼAP12を加えて2種類となり、シソ風味の顆粒剤となった。また、包装体系を見直し、希望小売価格を値下げした(本体価格 20包/1,070円、32包/1,550円→12包/650円、28包/1,400円)。
  • キャベジンコーワ健胃錠★
キャベ2コーワ
1991年から発売が開始された、食前に服用する胃腸薬。
  • 新キャベ2コーワ【第2類医薬品】 - 2008年10月発売。従来の処方に、胃粘膜保護成分をプラスした顆粒タイプ。
液キャベコーワ
液体タイプの胃腸薬。医薬品については中外医薬生産が製造販売元だったが、2015年より自社製造となる。
  • 液キャベコーワ【第2類医薬品】 - 7種類の健胃生薬と制酸剤(合成ヒドロタルサイト)を配合。2012年10月にパッケージリニューアルを行い、これまでの紙箱を廃止してシュリンク包装となり、希望小売価格を値下げした(本体価格 485円→400円)。
  • 液キャベコーワG【第2類医薬品】 - 2012年10月発売。ニンニク抽出成分のオキソアミヂンを「液キャベコーワ」に比べて高配合するとともに、ウコンも配合。また、ウコンとヒハツは粉末生薬をまるごと配合している。
  • 液キャベコーワL【第2類医薬品】 - 2012年10月発売。モッコウチョウジなど6種類の健胃生薬と制酸剤(合成ヒドロタルサイト)を配合し、グレープフルーツ味としたもの。
  • 液キャベコーワA★ - 2010年9月発売。コンビニエンスストア向け製品。2017年にパッケージデザインが変更された(製造販売元:滋賀県製薬)。
イイラック
  • イイラック漢方胃腸薬細粒◇【第2類医薬品】(製造販売元:ダイト
トメダインコーワ
ロペラミド塩酸塩を配合した下痢止め薬。
  • トメダインコーワフィルム【指定第2類医薬品】 - 2010年6月発売。下痢止め薬としては日本初となるフィルムタイプ。
  • トメダインコーワ錠【指定第2類医薬品】 - 2010年9月発売。
ザ・ガードコーワ
  • ザ・ガードコーワ整腸錠α3+(アルファスリープラス)【第3類医薬品】 - 元々は「ザ・ガードコーワ整腸錠」として発売されていたが、2010年4月にパントテン酸カルシウムを配合するリニューアルを行い、「ザ・ガードコーワ整腸錠PC」に改名。2017年4月にビフィズス菌を加えて制酸剤の組み合わせを変更し、容器も瓶から乾燥剤練り込みのプラスチックボトルに変更してリニューアルし、再改名した(製造販売元:日東薬品工業)。
キューピーコーワ
  • キューピーコーワゴールドα【第3類医薬品】 - ビタミン含有保健薬。
  • キューピーコーワゴールドαプラス【第3類医薬品】 - 「キューピーコーワゴールドα」の処方をベースにトウキを配合したビタミン含有保健薬。2015年6月に大容量の260錠入りを追加発売。
  • キューピーコーワゴールドA★ - 「キューピーコーワゴールド」の基礎製品。180錠入りの他に、「ワンデーパッケージ」仕様の2錠入りも設定されている。
  • キューピーコーワiプラス【第3類医薬品】 - ビタミンB1主薬製剤。オキソアミヂン末やシアノコバラミンビタミンB12)などを配合し、眼精疲労や肩こりの緩和に重点を置いたもの。元々2000年に「キューピーコーワi」として発売され、2009年12月にL-アスパラギン酸マグネシウム・カリウムを加え、オキソアミヂン末を増量するリニューアル行い、「新キューピーコーワi」に改名。2015年4月にリボフラビンビタミンB2)とピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)を省く代わりに、ヘプロニカートを配合するリニューアルを行い、再改名した。
  • キューピーコーワコシテクター【第2類医薬品】 - 2016年10月発売。ビタミンB1主薬製剤。ATP(アデノシン三リン酸二ナトリウム水和物)・オキソアミヂン末・ビタミンE(トコフェロールコハク酸エステルカルシウム)などを配合し、腰痛の緩和に重点を置いたもの。
  • キューピーコーワコンドロイザー【第2類医薬品】 - 2014年10月発売。ビタミンB1主薬製剤。コンドロイチン硫酸エステルナトリウムや生薬ボウイ乾燥エキスなどを配合し、関節痛の緩和に重点を置いたもの。
  • キューピーコーワαドリンク★ - 2017年4月発売。ドリンク剤。
  • キューピーコーワαゼロドリンク★ - 2020年4月発売。「キューピーコーワαドリンク」を糖類ゼロ化・低カロリー化したドリンク剤。
  • キューピーコーワゴールドドリンク★ - 2019年4月発売。ミニドリンク剤。
  • キューピーコーワiドリンク★ - 2018年4月発売。ドリンク剤。
  • キューピーコーワゴールドα錠★
  • キューピーコーワアミノV★ - 2010年3月発売
  • キューピーコーワヒーリング★ - 2010年3月発売
パニオンコーワ
  • パニオンコーワ錠【第2類医薬品】 - ATP(アデノシン三リン酸二ナトリウム)を配合したエネルギー代謝改善薬。2011年1月にリスク区分を変更。
ミオDコーワ
ニンニク抽出成分オキソアミヂンを配合したミニドリンク剤(製造販売元:滋賀県製薬)。
  • 新ミオDコーワ100★ - オキソアミヂン100mgにニンジン乾燥エキスと4種類のビタミンなどを配合。
  • ミオDコーワ70α【第3類医薬品】 - オキソアミヂン40mgに、ロクジョウチンキ、4種類のビタミンなどを配合。
  • ミオDコーワ100α【第3類医薬品】 - オキソアミヂン100mgに、ニンジン乾燥エキス、ロクジョウチンキ、4種類のビタミンなどを配合。
  • ミオDコーワ200【第2類医薬品】 - オキソアミヂン200mgにイカリ草エキス、ニンジン乾燥エキス、ローヤルゼリー、3種類のビタミンなどを配合。
ビタックス
  • ビタックスGO◇【第2類医薬品】- ミニドリンクタイプのビタミン含有保健薬(製造販売元:大昭製薬)。
マイトラベル
  • マイトラベル錠◇【第2類医薬品】 - 錠剤タイプの乗り物酔い止め薬(製造販売元:パナケイア製薬)。
レディガードコーワ
  • レディガードコーワ【指定第2類医薬品】 - 2008年8月発売。フラボキサート塩酸塩を日本で初めて配合した、女性専用の頻尿・残尿感改善薬。2012年8月にリスク区分を変更。
ジェントスルーコーワ
  • ジェントスルーコーワ細粒【指定第2類医薬品】 - 2009年9月発売。八味地黄丸五味子麦門冬を加えた「八味地黄丸加五味子麦門冬」が主成分の漢方製剤。2012年4月にリスク区分が変更された(製造元:日東薬品工業)。
エルペインコーワ
  • エルペインコーワ【指定第2類医薬品】 - 2011年12月発売。イブプロフェンブチルスコポラミン臭化物を同時配合した日本初の生理痛専用の鎮痛薬。2015年12月にリスク区分を変更。
コルゲンコーワ
かぜ関連の総合ブランド。
  • コルゲンコーワIB錠TXα【指定第2類医薬品】 - 2017年10月発売。錠剤タイプの総合かぜ薬。従来発売されていた「コルゲンコーワIB錠TX(2011年7月発売)」の後継製品で、イブプロフェンを増量(450mg/9錠 → 600mg/9錠)し、グアイフェネシンに替わってアンブロキソール塩酸塩が配合された。
  • コルゲンコーワIB透明カプセルα【指定第2類医薬品】 - 2014年7月発売。液状カプセルタイプの総合かぜ薬。従来発売されていた「コルゲンコーワIB透明カプセル」の処方をベースに、グアイフェネシンアンブロキソール塩酸塩に差し替えた。
  • コルゲンコーワIB透明カプセルαプラス【指定第2類医薬品】 - 2019年11月発売。「コルゲンコーワIB透明カプセルα」の処方をベースに、イブプロフェンを増量(450mg/6カプセル → 600mg/6カプセル)した液状カプセルタイプの総合かぜ薬。
  • コルゲンコーワIB2【指定第2類医薬品】 - 2014年7月発売。1日2回服用・カプセルタイプの総合かぜ薬。従来発売されていた『コルゲンコーワIB 「1日2回」Tカプセル』の後継製品で、包装体系・価格・有効成分は従来の『IB「1日2回」Tカプセル』と同じである。
  • コルゲンコーワ解熱鎮痛LXα【第1類医薬品】 - 2015年7月発売。解熱鎮痛薬(ロキソプロフェンナトリウム・トラネキサム酸配合)。なお、興和が解熱鎮痛薬を発売するのは旧大日本製薬から譲り受けて発売された「シペラEV」以来の製品で、かつて発売されていた「コルゲンコーワ熱と痛み」以来となる「コルゲンコーワ」ブランドで新たに発売された。
  • コルゲンコーワ液体かぜ薬【第2類医薬品】 - 麻黄湯が主成分の液剤。
  • コルゲンコーワ顆粒かぜ薬【第2類医薬品】 - 麻黄湯が主成分の顆粒剤。満量処方・1日2回服用型。
  • 新コルゲンコーワ咳止め透明カプセル【指定第2類医薬品】 - 2009年7月発売。液状カプセルタイプの鎮咳去痰薬。従来発売されていた「コルゲンコーワ咳止め透明カプセル」の後継製品で、ジヒドロコデインリン酸塩、dl-メチルエフェドリン塩酸塩、安息香酸ナトリウムカフェインを配合。
  • 新コルゲンコーワうがい薬★ -
  • コルゲンコーワトローチ★
  • コルゲンコーワ殺菌・消毒せっけん☆ - 2011年7月発売。かぜ薬ブランドで初の泡で出てくるタイプのハンドソープ。
  • コルゲンコーワ手とゆびの消毒ジェル★ - 速乾ジェルタイプの消毒剤。
  • コルゲンコーワ鼻炎フィルムクール【第2類医薬品】 - 2014年11月発売。フィルムタイプの鼻炎用内服薬。従来発売されていた「コルゲンコーワ鼻炎フィルム」に比べて添加物のl-メントールを増量した。
  • コルゲンコーワ鼻炎ジェルカプセル【第2類医薬品】 - ソフトカプセルタイプの鼻炎用内服薬。2013年12月にパッケージリニューアル。
  • コルゲンコーワ鼻炎持続カプセル【指定第2類医薬品】 - 1日2回服用の持続性型鼻炎用内服薬。2013年12月にパッケージリニューアル(製造販売元:大昭製薬)。
  • コルゲンコーワ鼻炎ソフトミニカプセル【第2類医薬品】 - ソフトカプセルタイプの鼻炎用内服薬。
  • コルゲンコーワ鼻炎ジェット【第2類医薬品】 - 点鼻薬(製造販売元:日東薬品工業)。
マピロン
譲受当初は「コルゲンコーワ」と併用でかぜ薬や鎮咳去痰薬などを扱ってきたが、ほとんどが「コルゲンコーワ」と重複する為、現在は錠剤タイプの鎮咳去痰薬である「マピロンせき止め錠」のみ発売。
  • マピロンせき止め錠◇【指定第2類医薬品】(製造販売元:大昭製薬)
フィニッシュコーワ
  • フィニッシュコーワ【第3類医薬品】
  • フィニッシュコーワA【第3類医薬品】 - ミント風味
  • フィニッシュコーワF【第3類医薬品】 - マスカット風味
タウロミン
  • 小粒タウロミン◇【第2類医薬品】 - アレルギー用薬。2017年9月にリニューアルされ、内容量が変更となった(240錠→200錠、700錠→630錠、1600錠→1400錠、3000錠→2700錠)(製造販売元:福井製薬)。
エバステル
  • エバステルAL【第1類医薬品】 - 2014年1月発売。日本で初めてエバスチンをスイッチOTC化したアレルギー専用鼻炎薬(日本薬局方 エバスチン錠)。
アイフリーコーワ
  • アイフリーコーワAL【第2類医薬品】 - 2012年11月発売。日本で初めてアシタザノラスト水和物をスイッチOTC化したアレルギー専用点眼薬。2016年11月にリスク区分を変更。
ウナコーワ
ウナコーワの「ウナ」とはウナ電(至急電報)の「ウナ」であり、即効性をイメージしたものである。
  • 新ウナコーワクール【第2類医薬品】 - 液体タイプ(ノンステロイド)。
  • ウナコーワクールパンチ【第2類医薬品】 - 2015年4月発売。従来発売されていた『新ウナコーワクール「もろこしヘッド」』の後継製品。リドカインを2倍に増量(5mg→10mg)したほか、l-メントールも増量(30mg→40mg)した液体タイプ。特殊なブラシ形状の「もろこしヘッド」を採用。
  • ウナコーワクールα【指定第2類医薬品】 - 2020年4月発売。液体タイプ(デキサメタゾン酢酸エステル配合)。以前発売されていた「ウナコーワα」の後継製品で、処方は「ウナコーワα」と同一であるが、容量が30mlに加えて55mlを追加した2容量となる。
  • ウナコーワエース【指定第2類医薬品】 - 2014年2月発売。アンテドラッグステロイド(プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル)配合。液体タイプの「ウナコーワエースL」とゲルタイプの「ウナコーワエースG」がある。2020年4月にパッケージデザインを刷新してリニューアルされ、メーカー希望小売価格を設定しないオープン価格に移行した。
  • プチウナコーワ【第2類医薬品】 - 「新ウナコーワクール」の処方をベースにしたスリムボトルのかゆみどめ。携帯電話等に取り付ける別売の専用ストラップが追加された。
  • ウナコーワジェル【指定第2類医薬品】 - 2010年4月発売。ジェルタイプ(デキサメタゾン酢酸エステル配合)。以前発売されていた「ウナコーワA」の後継製品。
リビメックスコーワ
  • リビメックスコーワ【指定第2類医薬品】 - アンテドラッグステロイド製剤。軟膏・クリーム・ローションの3タイプがある。2011年春にパッケージデザインを変更。
レスタミンコーワ
外皮用薬・内服抗アレルギー薬・薬用石鹸(せっけん)を扱う。
  • 新レスタミンコーワ軟膏【第3類医薬品】
  • レスタミンUコーワ錠【第2類医薬品】
  • レスタミンコーワ糖衣錠【第2類医薬品】
  • レスタミンコーワパウダークリーム【第3類医薬品】 - 2010年4月発売。パウダー状クリームタイプ。従来発売されていた「レスタミンコーワクリーム」の後継製品。2020年春にパッケージデザインが変更された。
  • 透明レスタミン石鹸☆(製造:カネヨ石鹸
ケラチナミンコーワ
  • ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリーム【第3類医薬品】 - 尿素を20%配合したクリームタイプの乾燥性皮膚用薬。
  • ケラチナミンコーワ乳状液20【第3類医薬品】 - 尿素とグリチルレチン酸、さらにかゆみ止め成分ジフェンヒドラミン塩酸塩も配合した乳液タイプの乾燥性皮膚用薬。2010年9月に「ケラチナミンコーワW乳状液」のリニューアルに伴って一旦廃止となっていたが、2011年9月にパッケージリニューアルに伴って復活。サイズラインナップは「ケラチナミンコーワW乳状液」を継承し、100gボトルと200gポンプの2サイズとしている。
  • ケラチナミンコーワ乳状液10【第3類医薬品】 - 尿素を10%配合した乳液タイプの乾燥性皮膚用薬。
  • ケラチナミンコーワヒビエイド【第3類医薬品】 - 2014年9月発売。2種類の修復成分(アラントインパンテノール)、ビタミンE(トコフェロール酢酸エステル)、グリチルレチン酸、グリセリンを配合したクリームタイプのひび・あかぎれ用薬。
  • ケラチナミンコーワアロマハンドクリーム★ - 2013年9月に「ケラチナミンコーワアロマモイストクリーム」として発売。尿素10%とグリチルレチン酸を配合した保湿クリーム。2017年8月に外箱包装に変更するとともに、「グレース・ローズ」を「ローズの香り」に、「リラクシング・ラベンダー」を「ラベンダーの香り」に、「ホワイト・フローラル・ブーケ」を「ジャスミンの香り」にそれぞれか改名してリニューアルし、製品名も変更された。
アノンコーワ
  • アノンコーワクリーム☆
  • アノンコーワFF乳液☆
デスパコーワ
  • 新デスパコーワ【第3類医薬品】
コーン
  • コーンプラスターワンタッチ◇【第2類医薬品】 - 絆創膏タイプのうおのめ・たこ用薬。3サイズある(製造販売元:阿蘇製薬)。
バンテリンコーワ
1985年に日本で初めてインドメタシンをスイッチOTC化した外用鎮痛消炎薬。2015年7月に「バンテリンコーワEX」シリーズの発売を機に"V"をシンボライズしたマークと2行で「VANTELIN KOWA」のロゴで構成されたブランドロゴが制定され、「エアロゲルEX」を除く製品の外箱上面に記されるようになり、2017年春には「新ミニパット」と「パップS」も「EX」シリーズに準じたパッケージデザイン変更に伴って正面右上にブランドロゴが記されるようになった。
  • バンテリンコーワゲルLT【第2類医薬品】 - 発売当初からあるゲルタイプ(「バンテリンコーワゲル」として発売)。1996年にインドメタシン濃度を1.0%に増量して「バンテリンコーワ1.0%ゲル」に改名、2008年6月にラミネートチューブを新たに採用して「バンテリンコーワ1.0%ゲルLT」に改名。2010年にパッケージリニューアルし現在の製品名となった。
  • バンテリンコーワゲルEX【第2類医薬品】 - 2015年7月発売。「バンテリンコーワゲルLT」に比べてl-メントールを3%から6%に増量し、メーカー希望小売価格を値下げした(本体価格 1,650円 → 1,550円)。
  • バンテリンコーワゲルα【第2類医薬品】 - 2020年4月発売。「バンテリンコーワゲルEX」の処方をベースに、アルニカチンキを追加配合。メーカー希望小売価格を設定しないオープン価格へ移行した。
  • バンテリンコーワ液S【第2類医薬品】 - 1986年に発売された液剤タイプ(「バンテリンコーワ液」として発売)。1996年にインドメタシン濃度を1.0%に増量して「バンテリンコーワ1.0%液」に改名、2010年にパッケージリニューアルし、「バンテリンコーワ液W」(現在は「バンテリンコーワ液EX W」へ継承)と区別するために製品名が変更された。
  • バンテリンコーワ液EX S【第2類医薬品】 - 2015年7月発売。「バンテリンコーワ液S」に比べてl-メントールを3%から6%に増量し、メーカー希望小売価格を値下げした(本体価格 1,600円 → 1,500円)。
  • バンテリンコーワ液EX W【第2類医薬品】 - 2010年7月に発売されたワイドスポンジとロング&傾斜ボトルを採用した液剤の大容量サイズ(「バンテリンコーワ液W」として発売)。2015年7月にl-メントールを3%から6%に増量してリニューアルし、現在の製品名となった。
  • バンテリンコーワ液α【第2類医薬品】 - 2020年4月発売。「バンテリンコーワ液EX S/W」の処方をベースに、アルニカチンキを追加配合。「液EX」では容量ごとに分かれていた製品名が統一され、「液EX S」相当の45gと「液EX W」相当の90gの2容量となり、オープン価格へ移行した。
  • バンテリンコーワクリームEX【第2類医薬品】 - 1987年に発売されたアルコール不使用のクリームタイプ(「バンテリンコーワクリーム」として発売)。1996年にインドメタシン濃度を1.0%に増量して「バンテリンコーワ1.0%クリーム」に改名、2008年6月にラミネートチューブを新たに採用して「バンテリンコーワ1.0%クリームLT」に改名。2010年(平成22年)にパッケージリニューアルし「バンテリンコーワクリームLT」に改名した。2015年7月に血流促進成分のトコフェロール酢酸エステルを配合、メーカー希望小売価格を値下げ(本体価格 1,650円 → 1,550円)してリニューアルし、現在の製品名となった。
  • バンテリンコーワクリームα【第2類医薬品】 - 2020年4月発売。「バンテリンコーワクリームEX」の処方をベースに、アルニカチンキを追加配合。メーカー希望小売価格をオープン価格に移行した。
  • バンテリンコーワクリーミィーゲルEX【第2類医薬品】 - 2004年6月に発売された高浸透ゲルタイプ(「バンテリンコーワ1.0%クリーミィーゲル」として発売)。2008年6月にラミネートチューブを新たに採用して「バンテリンコーワ1.0%クリーミィーゲルLT」に改名。2010年にパッケージリニューアルし「バンテリンコーワクリーミィーゲルLT」に改名した。2015年7月に血流促進成分のトコフェロール酢酸エステルを配合、メーカー希望小売価格を値下げ(本体価格 1,650円 → 1,550円)して現在の製品名となった。
  • バンテリンコーワクリーミィーゲルα【第2類医薬品】 - 2020年4月発売。「バンテリンコーワクリーミィーゲルEX」の処方をベースに、アルニカチンキを追加配合。容量は「バンテリンコーワクリーミィーゲルEX」に設定されている大容量の300gが未設定となり、プリスターパック包装の5g×2本は外箱包装の10gに変更。メーカー希望小売価格をオープン価格に移行した。
  • バンテリンコーワエアロゲルEX【第2類医薬品】 - 2005年9月に発売されたゲル化剤を配合した薬剤を噴射するエアゾールタイプ(発売当初は「バンテリンコーワ1.0%エアロゲル」として発売)。2010年にパッケージリニューアルして「バンテリンコーワエアロゲル」に改名。2015年7月に有効成分のl-メントールを3%から6%に増量、内容量も90mlから120mlに増量してリニューアルし、現在の製品名となった。
  • バンテリンコーワパットEX【第2類医薬品】 - 2002年に発売された7cm×10cmの小型サイズの貼付剤(発売当初は『バンテリンコーワ「ミニパット」』として発売)。2009年に膏体の改良を行い「バンテリンコーワ新ミニパット」に改名(なお、発売当初は前田薬品工業が製造販売元だったが、後に自社製造となる)。2019年4月にアルニカチンキとl-メントールを追加配合するとともに、独自開発の薄型含水貼付剤「TIAAS製剤」を採用。容量は28枚入りを21枚入りに減容する以外は「新ミニパット」から7枚入り・14枚入り・35枚入り・56枚入りを引き継ぎ、2枚分の面積(10cm×14cm)とした大判サイズ(7枚入り・14枚入り)を新たに設定。メーカー希望小売価格をオープン価格に移行した。
  • バンテリンコーワパップS【第2類医薬品】 - 1997年に発売された冷感パップタイプ(「バンテリンコーワパップ」として発売)。2005年4月にパッドの伸縮性・粘着性を向上するとともに、インドメタシン濃度を0.5%に増量してリニューアルし、現在の製品名となった(製造販売元:テイカ製薬)。
  • バンテリンコーワパップホット【第2類医薬品】 - 2014年10月発売。添加物としてトウガラシエキスを配合した温感タイプのシップ剤(製造販売元:テイカ製薬)。
リザレックコーワ
  • リザレックコーワ【第1類医薬品】 - 2019年4月発売。壮年性脱毛症における発毛剤。なお、通常品は緑のパッケージだが、WINグループ(ココカラファインなど)向け仕様品では紺のパッケージとなる(製造販売元:リョートーファイン)。

譲受後に販売を終了した大日本製薬の製品[編集]

  • マピロンEV(総合かぜ薬) - 処方は異なるが、1日2回服用型の「コルゲンコーワIB2」が代替製品となる。(製造販売元:大昭製薬)
  • マピロン顆粒(かぜ薬)
  • マピロンせき止め顆粒(鎮咳去痰薬)
  • 親アイロウ目薬
  • アイロウAL
  • アイロウAG
  • 抗菌アイロウS
  • 新マルピー水虫薬(ジェット噴射)
  • 新マルピー水虫薬C(クリーム)
  • 新マルピー水虫薬G(ゲル)
  • 新マルピー水虫薬S(液)
  • ビタフルBX(ビタミンB1・B6・B12主薬製剤) (製造販売元:ダイト)
  • ビタフルEC(ビタミンEC主薬製剤)
  • ビタフルEアルファ(ビタミンE主薬製剤)
  • ヘルタスシリーズ(ドリンク剤)
  • ヘルタスS(ドリンク剤)
  • シペラEV(解熱鎮痛薬) - 処方は異なるが、「コルゲンコーワ解熱鎮痛LXα」が代替製品となる。
  • マイトラベル【第1類医薬品】(乗り物酔い止め薬) - 液タイプ(テオフィリン配合)。
  • コーンソルベント【第2類医薬品】(うおのめ・たこ用薬)(製造販売元:フヂミ製薬所

ライフサポート品[編集]

三次元マスク
ダブルΩ加工を採用した使いきりマスク。元々は「クリーンラインコーワ」の派生ブランドである「クリーンラインコーワ 三次元マスク」として発売されたが、ラインナップの拡大により「クリーンラインコーワ」から独立したブランドに移行した。
  • 三次元マスク - 2018年9月にリニューアル。耳ひもを幅広の「やわらか耳ひも」に改良。また、サイズラインナップを「ふつうMサイズ」、「すこし小さめM~Sサイズ(2016年発売)」、「小さめSサイズ」、「こども用サイズ」の4サイズとなった。「小さめSサイズ」はベビーピンクとホワイトの2色展開(「小さめSサイズ」以外のサイズはホワイトのみ)。入数は「ふつうMサイズ」「すこし小さめM~Sサイズ」「小さめSサイズ」は7枚入(袋)を基本とし、「小さめSサイズ ホワイト」以外のサイズは30枚入(箱)と50枚入(箱)が設定され、「ふつうMサイズ」と「小さめSサイズ ベビーピンク」には15枚入(箱)とコンビニエンスストア専売の5枚入(袋)も設定される。「こども用サイズ」は5枚入(袋)のみとなる。
  • 三次元シャイニングマスク - 2018年9月発売。口元に「口元さらさらシート」を採用。最外層に特殊素材の不織布を用いており、顔の回りに合わせてラウンドカットを施した。サイズは「ふつうMサイズ」と「小さめSサイズ」の2サイズで、入数は5枚入(袋)のみとなる。
  • 三次元マスク ミントの香り - 2017年9月発売。「三次元マスク」にミントの香りを閉じこめたマイクロカプセルを含ませたもの。カラーはミントグリーンとホワイトの2色で、それぞれにふつうMサイズと小さめSサイズの2サイズが設定される。


  • 三次元高密着マスク ナノ - 2017年9月発売。従来発売されていた「三次元高密着マスク(2014年1月発売)」の後継製品で、フィルターに「ナノ繊維フィルター」と「帯電フィルター」を採用。
  • 三次元のどに潤いマスク - 2012年9月発売。保湿タイプ。発売当初はマスクに保水体を内蔵し、付属の専用保水液をマスクの外側から直接かけて使用するものであった。ふつうサイズとすこし小さめ女性用サイズの2サイズ。2017年9月にリニューアルされ、マスク本体に「ウェットバックメッシュシート」が採用され、耳ひもをソフトタイプに改良。保湿液を含んだ「高加湿パッド」をマスクの内側に装着して使用する方式に変更された。サイズバリエーションも「ふつうサイズ」を「ふつうMサイズ」に、「すこし小さめ女性用サイズ」を「すこし小さめM~Sサイズ」にそれぞれ名称変更し、メーカー希望小売価格を設定しないオープン価格に移行された。


  • 三次元マスクディズニーデザインコレクション - 2015年12月発売。「三次元マスク」をベースに、キャラクターのシルエットやアイコンをモチーフにデザインしたもの。ふつうサイズは「ミッキーマウス」、すこし小さめサイズは「ミニーマウス」、子ども用サイズは「ミッキー&フレンズ」とキャラクター・パッケージカラー・マスクの基調カラーがそれぞれ異なる。いずれも5枚(袋)のみの設定。
  • 三次元高密着マスク - 2014年1月発売。「新型4方向プロテクト構造」と「ハイスペックフィルター」を採用。ふつうサイズ・すこし小さめ女性用サイズ・こども用サイズの3サイズ。
  • クリーンラインコーワ三次元マスク レインボーシリーズ - ベビーピンク、ピュアオレンジ、ソフトアイボリー、レモンイエロー、ライトグリーン、スカイブルー、クールパープルの7色展開。2010年には7色全て入った35枚入りの「レインボーパック」が加わった。
  • 三次元花粉ダブルブロックマスク - 2011年2月発売。静電気防止加工とミクロ繊維フィルターを採用した花粉用マスク。ふつうサイズとすこし小さめ女性用サイズの2サイズ。
  • 三次元こども用マスク - 大人用と同じ構造を用い、ソフトタイプの耳ひもを採用したこども用。元々は「さわやかホワイト」と「かわいいピンク」の2種類を展開していたが、2013年10月に香りつきのいちごの香り(ピンク)、みかんの香り(オレンジ)、メロンの香り(グリーン)の3種類が発売され、後に「さわやかホワイト」と「かわいいピンク」が「無香タイプ ホワイト」と「無香タイプ ピンク」としてリニューアルし、ラインナップを統合した。
  • 三次元快適マスク - 2012年9月発売。綿100%ガーゼ(内側)、ノーズフィッター、くもりブロッククッション、幅広のソフトタイプ耳ひもを採用した使い切りタイプ。ふつうサイズとすこし小さめ女性用サイズの2サイズ。


  • メイクがおちにくいマスク - プロテクトコートとマウスバーを採用した使いきりマスク(製品名に「三次元」は入らないが、パッケージには「三次元」ロゴが表記される)。2017年9月にプロテクトコートの範囲をファンデーションが特につきやすい部分に限定し、カラーをピンク系のベビーピンクのみに集約。入数を4枚に増量し、オープン価格に移行してリニューアルされた。
  • ほんのりハーブが香るマスク - 2011年10月発売。「メイクが落ちにくいマスク」の姉妹商品で、マスクを叩くことで香りがはじけるマイクロカプセルを付けたもの(製品名に「三次元」は入らないが、パッケージには「三次元」ロゴが表記される)。2017年9月にプロテクトコートを改良し、マスク表面に花柄のアクセントを追加。既存のラインナップをローズの香り(シュガーピンク)とラベンダーの香り(ピュアパープル、2012年9月発売)の2種類に集約し、新フレーバーとなるグレープフルーツの香り(フレッシュホワイト)を追加した3種類となり、入数を4枚に増量、オープン価格に移行してリニューアルされた。
  • クリーンラインコーワ三次元 spec N95 - NIOSH(米国労働安全衛生研究所)認定のN95規格適応。頭かけタイプのゴムを採用。ふつうサイズとすこし小さめサイズの2サイズ。
キュートステップ
インソール。過去にはジェルパッドやデオドラントスプレーが発売されていた。
  • ブーツ用インソール
  • 香りのインソール
  • パンプス用インソール つま先タイプ
ビューティアン
サンダルミュール用インソール。
  • 足裏フィット
  • 足裏スリムフィット
  • アーチフィット
  • かかとフィット
  • つま先フィット
バンテリンコーワ
  • バンテリンコーワアイシングスプレー - 2010年4月発売。コールドスプレー(メントール配合)。
  • バンテリンコーワサポーター - 2010年4月発売。テーピング機能付サポーター。当初は手くび専用・ひじ専用・ひざ専用・足くび専用・ソックスタイプの5種類を設定していたが、同年10月に腰用を、2011年4月にふくらはぎアシスト、2019年3月に親ゆび専用、同年9月に腰用の強力固定タイプとなる腰椎コルセットが順次発売され、9種類がラインナップされている。また、手くび専用・ひじ専用・ひざ専用・腰用・腰椎コルセットにはカラーバリエーションがあり、手くび専用・ひじ専用・ひざ専用はブラック、シルバーグレー、ライトピンクの3色展開、腰用はブラックとシャイニンググレーの2色展開、腰椎コルセットはブラック、ブルーグレー、パステルピンクの3色展開である。2017年3月には腰用のリニューアルを行い、カラーバリエーションはホワイトに替わり、シャイニンググレーを設定した。なお、2017年より順次パッケージ正面右上に"V"のシンボルと「VANTELIN KOWA」ロゴで構成されたブランドロゴ入りのパッケージに変更されている。また、親ゆび専用の発売に伴い、手くび専用・ひじ専用・ひざ専用・足くび専用・ふくらはぎアシストもパッケージデザインやカラーバリエーションを変更するリニューアルが行われた。
  • バンテリンコーワしっかり加圧タイプ - 2012年4月発売。テーピングを交差させることで固定力を高めたタイプ。当初は「特殊形状背部ハードパネル」とクロステーピングの構造とした腰用のみの設定だったが、2014年9月にハードパネルをワイド化、テーピング構造をダブルに強化した3Lサイズの腰用ワイドサイズを、2015年10月に面ファスナー式の「パワーテーピングベルト」と「反発ボーン」の構造としたひざ専用を、2016年9月に「パワーテーピングベルト」とソフトメッシュインナーの一体化構造とした手くび専用と足くび専用を追加発売し、5タイプが発売されている。また、ひざ専用にはカラーバリエーションがあり、ブラックとホワイトの2色が設定されている。なお、ひざ専用からは、パッケージ正面右上に"V"のシンボルと「VANTELIN KOWA」ロゴで構成されたブランドロゴが入るようになり、腰用・腰用ワイドサイズも2017年よりブランドロゴ入りのパッケージに変更されている。
  • バンテリンコーワ保温サポーター - 2011年10月発売。吸湿発熱繊維「セルフヒートファイバー」を採用して保温機能を付加したもの。発売当初はひざ専用のみだったが、2018年9月にひじ専用と手くび専用が追加発売され、ひざ専用もパッケージデザインを変更するリニューアルが行われた。
  • バンテリンコーワ高通気サポーター - 2018年3月発売。一部にドライメッシュ編みを施して通気性を高めたタイプ。ひじ専用・手くび専用・ひざ専用・足くび専用の4種類があり、それぞれにライトブルーとライトピンクの2色が設定される。
  • バンテリンコーワテーピングテープ - 2013年10月発売。テーピングテープ。カラーラインナップは一般的なテーピングテープで用いられるベージュの他に、ブラック・ライトブルー・ライトピンクを加えた4色展開。また、幅は25mm(2本入り)・37.5mm・50mmの3タイプを設定している。
ウナコーワ
  • ウナコーワ虫よけ当番 - 2011年4月発売。メトフルトリンを配合したプレートタイプの虫よけ剤。ウナコーワのキャラクターである「小フーフー」・「小スースー」をそのままデザイン化したもので、目シールを同梱。カラーは発売当初、ブルーのみの設定だったが、2012年2月にピンクを、2013年2月にブラウンを追加し3色展開となる。また、持続日数については発売当初63日間タイプのみだったが、2012年2月に133日間タイプの「長持ち1シーズン」を追加、2014年3月には「もっと長持ちスーパーロング260日間」を追加した(63日間タイプは2015年で終売)。2016年3月に「もっと長持ちスーパーロング260日間」の有効成分量を1.5倍に増量し、「ワイド260日間」に改名してリニューアル。2018年3月には「ワイド260日間」をベースにシンプルデザインとした「スリムタイプ」と「コンパクトタイプ」を追加発売。これらの製品では、オフホワイトとモスグリーンの2色展開となる。なお、「長もち1シーズン」が終売となった為、持続日数は260日間に統一された。
ホッカイロ
白元(現・白元アース)から製造・販売を引き継ぎ、2014年9月に本格的に発売を開始した使い捨てカイロ。「ホッカイロ ぬくぬく日和」・「ホッカイロ」・「ホッカイロ 新ぬくぬく当番」は貼るタイプ・貼らないタイプがあり、それぞれにレギュラーとミニの2サイズを設定し、10個入りと30個入りをラインナップしている。
  • ホッカイロ ぬくぬく日和 - 「ホッカイロぬくぬく日和 貼るタイプ」は大容量60個入りも設定している。
  • ホッカイロ - 白元で発売されていた「ホッカイロ」・「はるホッカイロ」を継承した製品。「ホッカイロ 貼るタイプ」は大容量の60個入りも設定している。
  • ホッカイロ くつ用 - くつの中のつま先部分に貼るタイプ。すべり止めつき。5足分と15足分を設定。
  • ホッカイロ くつ下用 - くつ下のつま先部分に貼るタイプ。5足分と15足分を設定。
  • ホッカイロ つま先用 - くつ下をくるむようにサンドイッチして使用する。
  • ホッカイロ 新ぬくぬく当番 - 2017年9月に「ホッカイロ ぬくぬく当番」の貼るタイプ・貼らないタイプを改良。配合処方が変更されたほか、パッケージデザインは貼るタイプに赤・貼らないタイプに緑の差し色を付けて製品が区別された。
  • ホッカイロ ぬくぬく当番 - 2016年9月にくつ用とくつ下用を発売。活性炭を特殊製法ヤシガラ活性炭に変更するなど処方変更を行い、外観を「ホッカイロ くつ用・くつ下用」の白から黒に変更した。
ヒートチャージャー
2015年9月発売。高温タイプ・屋外用の貼らないカイロ。
ウイルス当番
2014年11月発売。「ウナコーワ虫よけ当番」「ホッカイロぬくぬく当番」に次ぐ“当番シリーズ”の雑貨品。二酸化塩素を主成分としたマスコット形の空間除菌製品(家庭用二酸化塩素ガス製品)。当初はレッドの容器の「およそ1ヵ月用」のみだったが、2015年9月にブルーの容器の「およそ2ヵ月用」とイエローの容器の「およそ3ヵ月用」を追加発売して3種類となった。2017年9月にはシンプルデザインの「ウイルス当番 クリアポット」を追加発売。「ウイルス当番」同様、本体色によって仕様が異なり、オフホワイトが「およそ1ヵ月用」、ミルキーピンクが「およそ2ヵ月用」、パウダーブルーが「およそ3ヵ月用」となる。

化粧品[編集]

ドクターネイル
  • ディープセラム - 2013年11月発売。水溶性製剤を採用したはけ付のネイルケア美容液。当初はネイルサロンを中心に販売していたが、2014年8月に、既存品(6.6ml)のハーフサイズとなる3.3ml入りを追加発売し、ドラッグストアにも販路を拡大した。

食品・飲料[編集]

カンゾコーワ
2018年10月発売。清涼飲料水に区分される「ドリンクタイプ」と栄養補助食品に区分され、シート包装とした「粒タイプ」の2種類がある。
コーワ パワードコーヒー
2014年4月発売。ローヤルゼリーエキス他4つのパワー成分に3つのビタミン(B1・B2・B6)を配合したエナジー系缶コーヒー。ブラック無糖、レギュラー、カフェ・オレの3種類。同年9月には既存のラインナップとは異なる赤のパッケージとした微糖を追加発売。2020年春にパッケージデザインが変更された。

医療用医薬品[編集]

光学機器[編集]

左:プロミナー観光用望遠鏡、右:てれぼーくん (秋田市のタワー「セリオン」にて) 左:プロミナー観光用望遠鏡、右:てれぼーくん (秋田市のタワー「セリオン」にて)
左:プロミナー観光用望遠鏡、右:てれぼーくん
秋田市のタワー「セリオン」にて)
  • コーワ「プロミナー」
    現行製品で「プロミナー」ブランドが使われているのはスポッティングスコープで、バードウォッチングの世界では人気のブランドだが、以前はカメラ用レンズ、映画上映用レンズなどにも使われており、これらも高性能レンズの代名詞として高い評価を得ていた。2014年2月にマイクロフォーサーズシステム規格に賛同し、同年9月に「プロミナー」ブランドのマイクロフォーサーズマウント対応単焦点レンズを発売。
  • カメラ
    かつては一般向けのカメラも製造しておりカロワイド、カロテレ、コーワSW、コーワSET-R、コーワシックスなどカメラ愛好家からは今日でも評価の高いカメラを製造していた。
  • てれぼーくん(観光用テレビ望遠鏡)ほか
  • 眼底カメラ、眼圧計など、眼科・メガネ店用光学機器
    トプコンカール・ツァイスニコンとともによく使われている。深視力検査機「ビジョンテスター」は運転免許センターでも使われている。
  • LED照明機器
    かつて製造していた製品
  • プラネタリウム
    興和の前身である興服産業株式会社興和光器製作所がかつて興和プラネタリウムとして製造していたことがある。1台は現在浜松科学館に展示されている。
  • 測距儀
    65式66cm測距儀として海上自衛隊の各艦艇に採用されていた。

放送機器・映像・IT関連[編集]

放送機器

ほか

業務用映像機器

IT・ソリューション

照明器具[編集]

  • LUPINUS(ルピナス) - LED照明スタンド
  • LUXELA(ルクセラ) - LED照明器具

カエルのマスコット[編集]

薬局の店頭に置いてある興和のマスコットの「カエル」(ケロちゃんコロちゃん)は「コルゲンコーワ」のマスコットキャラクターでお馴染みだが、1947年に発売された蕁麻疹の薬「レスタミンコーワ」の新聞広告(1949年5月掲載)で登場したのが最初で(当時は今のものより直線的なイラストだった)、その後1964年保積ぺぺ出演の「コルゲンコーワ」のテレビCM「おめえ、ヘソねえじゃねえか」で大ヒットする(後に明石家さんま出演によるリメイク版CMも放映された)。

1949年に薬の新聞広告の中で初登場したカエルだが、マスコット人形としての誕生は昭和33年(1958年)からである。薬局の軒先に設置されている「店頭カエル」は、昭和38年(1963年)10月に誕生した。その後昭和52年(1977年)10月にモデルチェンジし、新しいマスコット人形が登場する。店頭のカエルもこれにあわせて昭和53年(1978年)8月よりモデルチェンジした。薬局の店頭、病院や医院から消費者や患者へ手渡された分身であるマスコットはすでに1億匹を超えている 。 2008年4月より薬局の店頭にケロちゃんコロちゃんの2匹セットの店頭人形が登場している。

ちなみに興和のカエルのマスコットには「ケロちゃん(女の子)」「コロちゃん(男の子)」という愛称がついている(大きめのマスコットでは、ケロちゃんには女の子らしいまつ毛があるのが確認できる)。

薬局で店頭に置かれる他のマスコットとして大正製薬エスエス製薬ピョンちゃんうさぎをモチーフにしたキャラクター)、佐藤製薬サトちゃんをモチーフにしたキャラクター)が存在する。

不祥事[編集]

景品表示法違反(優良誤認)[編集]

2015年2月21日、「ウナコーワ虫よけ当番」などの商品が「虫を寄せ付けない」などと謳っているが根拠が不十分であるとして、景品表示法違反(優良誤認)で消費者庁から再発防止の措置命令を受けた[21]

テレビCM[編集]

一般用医薬品のCMでは2007年頃からナレーションで『OTC医薬品』と説明しているほか、CM内で商品の実物や商品名のブランドロゴ表示時には画面の右下に日本OTC医薬品協会が制定したOTC医薬品のロゴマークを小さく表示している。

主な出演者(現在)

  • 欅坂46コーワ三次元マスク)
  • 滝裕可里(コルゲンコーワ鼻炎ジェルカプセル、コルゲンコーワ鼻炎フィルム、かつてウナコーワジェルにも出演)
  • 河井青葉(ケラチナミンコーワアロマモイストクリーム)
  • 有村智恵(バンテリンコーワサポーター、バンテリンコーワ新ミニパッド、バンテリンコーワ液W)
  • タイガー・ウッズ(バンテリンコーワシリーズ、2011年7月 - )[22][23]
  • 松山英樹(バンテリンコーワシリーズ、2014年 - )[22]
  • 常盤貴子[24](新キャベジンコーワS、以前は液キャベコーワシリーズにも出演)
  • 藤本隆宏(新キャベジンコーワS、以前は液キャベコーワシリーズにも出演)
  • 米倉涼子(キューピーコーワゴールドα-プラス、キューピーコーワゴールドαドリンク。かつてバンテリンコーワパップSにも出演)
  • 斎藤工(キューピーコーワゴールドαドリンク)
  • 笛木優子(新キューピーコーワiプラス)
  • 野間口徹(コルゲンコーワIB錠TX)
  • 大谷澪(赤)、小林由来子(青)、中川杏奈(緑)(コルゲンコーワIB透明カプセル)
  • ひろみ、yumico、南真梨亜、未沙子、辻彩加、中村安理(ナチュラートコーワ
  • 桐山玲奈岡崎めぐみ、鈴木咲子(デュアタイムコーワ
  • Kis-My-Ft2(ウナコーワ虫よけ当番、ホッカイロぬくぬく当番)
    • 舞祭組[25](新キャベ2コーワ・液キャベコーワシリーズ)

過去の出演者

興和のスポンサー番組[編集]

ウナガール[編集]

ウナガールとは、ウナガールオーディションによって選ばれたウナコーワのCMヒロインである。

2011年よりウナコーワのCMヒロインを選ぶウナコーワオーディションを開始。ウナガールは特設サイトで行われる一般投票と一般投票で選ばれた上位3名で行う最終選考から選出される。

歴代ウナガール[編集]

  • 2011年ウナガール(初代) - 宗田淑
  • 2012年ウナガール - 尾中琴美
  • 2013年ウナガール - 筑井美佑輝

事業所[編集]

本店
名古屋市中区錦3-6-29
東京支社(医薬事業部本部。医薬品に記載されているのはこの住所)
東京都中央区日本橋本町3-4-14

主な関連会社[編集]

  • 興和紡 - 源流企業(同根企業)。かつての服部商店・興和紡績。服部商店の商社と製造部門の分離(興和と興和紡績の分離)の際の繊維紡績事業部門を担った企業。現在は、興和に繊維紡績事業を譲渡しているため不動産事業や印刷事業を担っている。
  • 興和創薬 - 旧興和創薬は2019年4月、興和に吸収合併。現興和創薬は新たに設立された2代目。医療用医薬品の販売。
  • コーワ・ファーマシューティカルズ・アメリカ - 2008年8月に買収したアメリカの医薬品販売会社。旧プロエチック・ファーマシューティカルズ。
  • 興和地所 - 分譲マンション「シュロス」、分譲戸建住宅「シュプロス」などを展開する不動産会社。
  • 丸栄 - 松坂屋と並ぶ戦前からの名古屋の老舗百貨店。百貨店業は2018年6月30日に閉店。
  • 名古屋観光ホテル - 松坂屋・伊藤家の呼びかけで創設された名古屋最古の名門ホテル。ヒルトン進出などによる経営悪化を受け、興和が90%以上の株式を買収し支援。2012年3月に完全子会社化。
  • ナゴヤキャッスル - ホテルナゴヤキャッスルキャッスルプラザを運営。かつては毎日新聞社が筆頭株主であった。
  • 興和光学 - 光学レンズや光学機器・医療機械の開発・製造・販売。観光用双眼鏡、テレビ望遠鏡「てれぼーくん」は、東京タワー、お台場、六本木ヒルズなどの展望台に設置されている。
  • インコントロ - 衣料品・ファッション製品の企画・製造・販売。
  • 江守商事 - 化学品や電子材料などを取り扱う専門商社。経営破綻した江守グループホールディングス(後のサスティナ)の子会社。
  • 興和生命科学振興財団 - 興和グループの医薬事業開始40周年記念事業として設立された公益財団法人

かつての関連会社[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j 有価証券報告書-第113期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)”. EDINET. 2020年2月16日閲覧。
  2. ^ 米国 医薬品販売会社 ProEthic Pharmaceuticals, Inc.の買収、並びに社名をKowa Pharmaceuticals America, Inc.に変更することについて (PDF) (2008年8月4日、興和株式会社・プレスリリース)
  3. ^ Brigham and Women’s Hospital(ブリガム・アンド・ウィメンズ病院)との共同研究施設、心臓血管科学研究所の開設について (PDF) (2009年12月24日、興和株式会社・プレスリリース)
  4. ^ 吸収分割公告 (PDF) (2010年8月20日、興和株式会社・ニュースリリース)
  5. ^ 興和株式会社とアダニグループとの包括的事業提携のお知らせ (PDF) (2011年1月28日、興和株式会社・プレスリリース)
  6. ^ 興和は風力発電事業に新規参入 (PDF) (2012年4月4日、興和株式会社・ニュースリリース)
  7. ^ 興和は、天然水の宅配販売事業に参入 (PDF) (2012年8月6日、興和株式会社・ニュースリリース)
  8. ^ 興和はレディースアパレルブランド「Franche lippée」の取り扱いをスタート! (PDF)”. 興和株式会社 (2012年10月29日). 2013年7月23日閲覧。
  9. ^ サプリメントの通信販売事業に新規参入! (PDF) (2012年10月30日、興和株式会社・プレスリリース)
  10. ^ 三輪隆康氏が死去 興和会長”. 日本経済新聞 (2013年1月21日). 2016年7月11日閲覧。
  11. ^ 東和オプティカルの業務承継、及び商号変更のお知らせ (PDF)”. 興和光学株式会社 (2013年3月). 2013年9月29日閲覧。
  12. ^ 興和、ナゴヤキャッスルを買収 毎日新聞社が譲渡”. J-CASTニュース (2013年9月24日). 2013年9月29日閲覧。
  13. ^ 興和による、日本国内の白元「使い捨てカイロ販売事業」の譲り受けについて (PDF)”. 興和株式会社 (2014年1月15日). 2014年1月16日閲覧。
  14. ^ 親会社の異動および役員変更に関するお知らせ (PDF)”. 江守商事株式会社. 2017年4月1日閲覧。
  15. ^ 興和、江守商事を⼦会社化 (PDF)”. 興和株式会社. 2017年4月8日閲覧。
  16. ^ グループ会社の子会社化について (PDF)”. 江守商事株式会社 (2013年3月). 2017年7月5日閲覧。
  17. ^ 興和、丸栄をTOBで完全子会社化 テナント業態に転換日本経済新聞 2017年4月13日
  18. ^ 興和株式会社による当社株式に係る株式売渡請求を行うことの決定、当該株式売渡請求に係る承認及び当社株式の上場廃止に関するお知らせ
  19. ^ 興和 医薬事業を再編 新薬は興和、長期品とAGは新会社で 人員削減せず”. ミクスOnline (2019年2月22日). 2019年2月22日閲覧。
  20. ^ ミノムシの糸から「最強」繊維 防弾着や車体に応用も”. 朝日新聞デジタル (2018年12月6日). 2019年1月4日閲覧。
  21. ^ 虫よけ表示、「根拠不十分」 消費者庁が4社に措置命令”. 日本経済新聞 (2015年2月21日). 2018年2月11日閲覧。
  22. ^ a b “興和・三輪社長「光栄」ウッズ&松山の“バンテリンコンビ”がワンツー!”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2019年10月29日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/10/29/kiji/20191028s00043000409000c.html 2019年10月29日閲覧。 
  23. ^ “ウッズ、8年サポートに感謝「バンテリンなかったら…」/米男子”. サンケイスポーツ. 産経デジタル. (2019年10月29日). https://www.sanspo.com/golf/news/20191029/pga19102905010007-n1.html 2019年10月31日閲覧。 
  24. ^ 夫の長塚圭史の父親である長塚京三は、競合商品の大正製薬「大正漢方胃腸薬」CMに起用されており、胃腸薬CMの“嫁舅対決”となっていたが、「大正漢方胃腸薬」については、2013年7月にCMキャラクターが小栗旬に交代となっている
  25. ^ Kis-My-Ft2の派生ユニット
  26. ^ 合併公告 (PDF)”. 興和創薬株式会社 (2015年1月23日). 2015年5月14日閲覧。
  27. ^ 興和 B.I.C 納入例 JFN系系列全局様 情報ネットP3による番組配信稼動中! (PDF) 2010年2月6日閲覧。
  28. ^ “一ノ瀬、小林会長が熊本復興祈念し植樹 14日開幕バンテリンL”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2017年4月14日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/04/14/kiji/20170413s00043000478000c.html 2020年6月16日閲覧。 
  29. ^ “渋野のホステス大会 第7戦「KKT杯バンテリンレディース」も中止決定”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2020年3月31日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/03/31/kiji/20200331s00043000173000c.html 2020年6月16日閲覧。 
  30. ^ “2020年 男子試合数は2増2減 ZOZOは賞金ランク加算ナシへ”. ALBA.net. (2019年12月25日). p. 2. https://www.alba.co.jp/tour/news/article/no=143603?cat=0&page=2 2019年12月25日閲覧。 
  31. ^ 全日本スーパーフォーミュラ選手権 「TEAM TOM’S」とのスポンサー契約について”. 興和株式会社 (2016年4月22日). 2019年4月26日閲覧。

外部リンク[編集]