ダニエル・ティクトゥム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダニエル・ティクトゥム
Dan Ticktum em Macau 2018.jpg
2018年マカオGPにて
基本情報
生年月日 (1999-06-08) 1999年6月8日(20歳)
出身地 イギリスの旗 イギリスイングランドの旗 イングランド
同・ロンドン
スーパーフォーミュラでの経歴
デビュー 2018
所属 TEAM 無限
車番 15
出走回数 5
過去参加シリーズ
2015
2015,17
2015,17

2016,18

2016

2017
2018
MSA・フォーミュラ
フォーミュラ・ルノー2.0 NEC
ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0
FIA フォーミュラ3・ヨーロピアン選手権
イギリス・フォーミュラ3・オータム・トロフィー
GP3シリーズ
FIA フォーミュラ2選手権
受賞
2017

2018
マクラーレン・オートスポーツ・BRDC・アワード
オートスポーツ・ナショナル・ドライバー・オブ・ザ・イヤー

ダニエル・"ダン"・ティクトゥムDaniel "Dan" Ticktum, 1999年6月8日 - )は、イギリスロンドン出身のレーシングドライバー[1]

マカオ市街地で開催されるFIA F3ワールドカップ(マカオグランプリ)の2017年、2018年優勝者。

レースキャリア[編集]

カート[編集]

カートWSKマスターズに参戦(2014年)

2008年からカート競技のカデットクラスに出場し、2011年にはイギリス国内4タイトルを制覇(British MSA Formula Kart Stars,National ABkC Super One,Brithish Open (ABkC O Plate),British Grand Prix(GP Plate))。

2012年は国際シリーズに参戦し、WSKユーロシリーズとWSKマスターズシリーズのKF3クラスでルーキー最上位を獲得。2013年はCIK FIAヨーロッパ選手権とイギリス国内選手権のKFJクラスで2位、Andrea Margutti Trophyで優勝した。2014年はWSKマスターズで2位、WSKチャンピオンズカップで3位。この年限りでカートを卒業し、フォーミュラカーへステップアップした。

ジュニアフォーミュラ[編集]

2015年[編集]

2015年はMSAフォーミュラ(イギリスF4)にフォーテック・モータースポーツより参戦。シルバーストンラウンドにて、ライバルのリッキー・コラードとオープニングラップに絡んで後退すると、セーフティカー導入中に10台を抜き、コラードに報復行為とみられる接触を仕掛け、2年間のレース出場禁止(2年目は執行猶予)というペナルティを受けた[2][3]

2016年[編集]

1年間の出場停止を終え、ヨーロッパF3最終戦ホッケンハイムカーリン・モータースポーツより出場。また、マカオ市街地で毎年行われるF3ワールドカップ(マカオGP)に初挑戦し、土曜日の予選レースで8位、決勝レースはリタイア。

2017年[編集]

2017年1月、レッドブルの若手育成プログラム「レッドブル・ジュニアチーム」入りが発表された。この年はユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0シリーズにアーデン・インターナショナルより参戦し、年間ランキング7位(1勝)。GP3シリーズの終盤3ラウンドにDAMSより参戦した。

2年目のマカオGPは8番グリッドからスタートし、マキシミリアン・ギュンターランド・ノリスを抜いて3位までポジションを上げ、その順位でフィニッシュすると思われた。が、優勝を争っていたセルジオ・セッテ・カマラフェルディナンド・ハプスブルグが最終ラップの最終コーナーで競り合った末2台ともバリアに衝突し、ティクトゥムに土壇場で勝利が転がり込んだ[4]。年末にはイギリスの優れた若手ドライバーに贈られる「マクラーレン・オートスポーツBRDCアワード」を受賞した[5]

2018年[編集]

2018年ヨーロッパF3ノリスリンクにて

2018年はヨーロッパF3選手権モトパーク・アカデミーより参戦。中盤戦までに4勝してポイント首位に立ち、シリーズチャンピオンを獲りスーパーライセンス取得に必要なライセンスポイントを確保できれば、2019年はトロ・ロッソからF1デビューするのではないかといわれた[6][7]。しかし、シーズン後半戦に調子を上げたミック・シューマッハに逆転され、ランキング2位に終わった。

シューマッハとの対決が注目されたマカオGPでは予選1回目・2回目、予選レースとも1位で通過し、決勝レースもポール・トゥ・ウィンという完全優勝を達成した。マカオGPがF3規格で行われるようになってから連覇したドライバーは、エドアルド・モルタラ(2009年・2010年)、フェリックス・ローゼンクビスト(2014年・2015年)に続く3人目となる[8]。年末にはオートスポーツ・アワードの「ナショナル・ドライバー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた[9]

また、FIA F2選手権スーパーフォーミュラ (SF) へダブルエントリーした福住仁嶺の代役として、ティクトゥムはチーム無限よりSF2戦にスポット参戦し、第3戦菅生はリタイア、第4戦富士は11位でフィニッシュした。また、ヨーロッパF3シーズン終了後、FIA F2最終戦アブダビにスポット参戦した。

F2 / スーパーフォーミュラ[編集]

2019年[編集]

F1参戦に必要なスーパーライセンスの発給条件となる「過去3年間のライセンスポイント40点」に対して、ティクトゥムは2018年終了時点で5点足りておらず[10]、2019年1-2月に開催されるアジアF3ウィンターリーグに参戦した(チャンピオンにはライセンスポイント10点が与えられる[11])。

2019年はFIA F2を選択せず、スーパーフォーミュラにチーム無限よりレギュラー参戦[12]。レッドブル・ジュニアチームの先輩ピエール・ガスリーと同じく、SFで経験を積み、F1昇格を目指す[13]。F1のインシーズンテストにも2度参加し、レッドブル・RB15をドライブした。しかし、SF序盤3戦で1ポイントしか獲得できず、パフォーマンス不足を理由にSFのシート喪失とジュニアチームからの放出を宣告された[14] [15]

エピソード[編集]

  • MSAフォーミュラで出場停止処分を受けた際、レッドブルの育成プログラムの責任者ヘルムート・マルコに電話でこの件を伝えると、「ライセンスが戻って来たらまた電話しておいで」と言われたが、レースは諦めなければならないと思い、勉強に専念。しかし、心にはレースへの情熱が沸いてきた。テストは禁じられておらず、父と相談し活動を再開出来たらF3に参戦しようと計画し、小さなサーキットで練習を重ねた[16]
  • 2018年のヨーロッパF3では、中盤戦から連勝し始めたミック・シューマッハに50ポイント以上の差を縮められ、第9戦でポイントリーダーの座を奪われた。そのレース後、ティクトゥムは自身のInstagramで「彼らの速さを言い表すなら“興味深い”という言葉を選ぶ。F3の大勢の関係者がそれに同意するに違いない」「残念だけど、僕は勝ち目のない勝負をしている。僕の名字がシューマッハーではないからだ」などと発言し、批判を受けてその後削除した[17]

レース戦績[編集]

略歴[編集]

シリーズ チーム レース 勝利 PP FL 表彰台 ポイント 順位
2015 MSA・フォーミュラ・チャンピオンシップ フォーテック・モータースポーツ 27 3 3 5 10 242 6位
ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0 コイラネンGP 2 0 0 0 0 0 NC
フォーミュラ・ルノー2.0 NEC 4 0 0 0 0 41 23位
2016 FIA フォーミュラ3・ヨーロピアン選手権 カーリン 3 0 0 0 0 0 NC
BRDC・イギリス・フォーミュラ3・オータム・トロフィー ダブル・R・レーシング 3 1 0 1 2 59 4位
マカオグランプリ 1 0 0 0 0 N/A DNF
2016-17 MRF・チャレンジ・フォーミュラ2000 MRF・レーシング 4 0 0 0 1 41 11位
2017 フォーミュラ・ルノー・ユーロカップ アーデン・インターナショナル 23 1 1 2 3 134 7位
フォーミュラ・ルノー NEC 5 0 0 0 1 0 NC
GP3シリーズ DAMS 5 0 0 1 1 34 11位
マカオグランプリ モトパーク 1 1 0 0 1 N/A 1位
2018 FIA フォーミュラ3・ヨーロピアン選手権 30 4 5 1 8 308 2位
マカオグランプリ 1 1 1 1 1 N/A 1位
スーパーフォーミュラ Team Mugen 2 0 0 0 0 0 19位
FIA フォーミュラ2選手権 BWT・アーデン 2 0 0 0 0 0 23位
2019 F3・アジア選手権・ウィンター・シリーズ ドラゴン・ハイテックGP 6 0 2 0 1 38 9位
スーパーフォーミュラ Team Mugen - - - - - - -
  •  : ゲストドライバーとしての出走であるため、ポイントは加算されない。

FIA フォーミュラ3・ヨーロピアン選手権[編集]

エントラント エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 DC ポイント
2016年 カーリン フォルクスワーゲン LEC
1
LEC
2
LEC
3
HUN
1
HUN
2
HUN
3
PAU
1
PAU
2
PAU
3
RBR
1
RBR
2
RBR
3
NOR
1
NOR
2
NOR
3
ZAN
1
ZAN
2
ZAN
3
SPA
1
SPA
2
SPA
3
NÜR
1
NÜR
2
NÜR
3
IMO
1
IMO
2
IMO
3
HOC
1

13
HOC
2

20
HOC
3

14
NC 0
2018年 モトパーク PAU
1

3
PAU
2

Ret
PAU
3

5
HUN
1

1
HUN
2

Ret
HUN
3

2
NOR
1

4
NOR
2

Ret
NOR
3

1
ZAN
1

5
ZAN
2

6
ZAN
3

Ret
SPA
1

13
SPA
2

1
SPA
3

5
SIL
1

1
SIL
2

8
SIL
3

6
MIS
1

6
MIS
2

4
MIS
3

4
NÜR
1

3
NÜR
2

3
NÜR
3

4
RBR
1

8
RBR
2

17††
RBR
3

4
HOC
1

5
HOC
2

7
HOC
3

4
2位 308
  • 太字ポールポジション斜字ファステストラップ。(key)
  •  : ゲストドライバーとしての出走であるため、ポイントは加算されない。
  •  : ハーフポイント。レース周回数が75%未満で終了したため、得点が半分となる。
  • †† : リタイアだが、90%以上の距離を走行したため規定により完走扱い。

GP3シリーズ[編集]

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 DC ポイント
2017年 DAMS CAT
FEA
CAT
SPR
RBR
FEA
RBR
SPR
SIL
FEA
SIL
SPR
HUN
FEA
HUN
SPR
SPA
FEA
SPA
SPR
MNZ
FEA

13
MNZ
SPR

C
JER
FEA

4
JER
SPR

Ret
YMC
FEA

4
YMC
SPR

3
11位 34

スーパーフォーミュラ[編集]

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 DC ポイント
2018年 TEAM MUGEN SUZ AUT SUG
Ret
FSW
11
TRM OKA SUZ 19位 0
2019年 SUZ
8
AUT
Ret
SUG
15
FSW
TRM
OKA
SUZ
16位* 1

FIA フォーミュラ2選手権[編集]

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 DC ポイント
2018年 BWT・アーデン BHR
FEA
BHR
SPR
BAK
FEA
BAK
SPR
CAT
FEA
CAT
SPR
MON
FEA
MON
SPR
LEC
FEA
LEC
SPR
RBR
FEA
RBR
SPR
SIL
FEA
SIL
SPR
HUN
FEA
HUN
SPR
SPA
FEA
SPA
SPR
MNZ
FEA
MNZ
SPR
SOC
FEA
SOC
SPR
YMC
FEA

11
YMC
SPR

Ret
23位 0

脚注[編集]

  1. ^ Dan Ticktum 'sometimes engages mouth before brain' - Christian Horner”. www.autosport.com (2018年9月28日). 2018年12月2日閲覧。
  2. ^ Daniel Ticktum gets two-year ban for 'disturbing' MSA Formula clash”. AUTOSPORT (2015年11月24日). 2019年1月日閲覧。
  3. ^ 2017年注目の若手ドライバー 5名”. RedBull.com (2017年2月22日). 2019年1月日閲覧。
  4. ^ マカオFIA F3ワールドカップ:最終周の最終コーナーでドラマ! ティクトゥムが優勝飾る”. オートスポーツWeb (2017年11月19日). 2019年1月19日閲覧。
  5. ^ レッドブルの若手がマクラーレン・オートスポーツ賞に”. ESPN F1 (2017年12月5日). 2019年1月19日閲覧。
  6. ^ トロロッソ・ホンダの候補ティクトゥム「F1で戦う準備はできている」”. オートスポーツWeb (2018年8月22日). 2019年1月19日閲覧。
  7. ^ 【トロロッソ・ホンダ】2019年のドライバーラインアップ確定が遅れる理由は?”. Topnews (2018年9月20日). 2019年1月19日閲覧。
  8. ^ マカオFIA F3ワールドカップ:赤旗中断の荒れたレースを制しダニエル・ティクトゥムが連覇を飾る”. オートスポーツWeb (2018年11月18日). 2019年1月19日閲覧。
  9. ^ Autosport Awards 2018: Dan Ticktum wins National Driver of the Year”. AUTOSPORT (2018年12月2日). 2019年1月21日閲覧。
  10. ^ スーパーライセンスポイント獲得を目指すティクトゥム。来季SF参戦か?”. jp.motorsport.com (2018年11月16日). 2018年12月2日閲覧。
  11. ^ ティクトゥム、アジアF3ウィンターシリーズに参戦”. motorsport.com (2019年1月10日). 2019年1月21日閲覧。
  12. ^ 山本尚貴がダンディライアンへ移籍、ホンダが2019SF体制を発表”. motorsport.com (2019年1月11日). 2019年1月21日閲覧。
  13. ^ 日本はF1への新登竜門。レッドブルが育成ドライバー2名を送り込む”. web Sportiva (2018年12月31日). 2019年1月21日閲覧。
  14. ^ Patricio O’Ward takes on Super Formula duties in Japan”. Red Bull Junior Team (2019年6月28日). 2019年7月5日閲覧。
  15. ^ レッドブルF1代表、ティクトゥム解雇の理由を語る「結果がすべて。スーパーフォーミュラでの不振から、次期F1候補として不適切と判断」”. AUTOSPORT web (2019年7月5日). 2019年7月5日閲覧。
  16. ^ SUPER FORMULA STAGE 2019 Vol.1 TEAM MUGENドライバー ダニエル・ティクトゥム 日本レースプロモーション 2019年6月25日閲覧
  17. ^ レッドブルジュニアのティクトゥムが物議を醸す発言。ミック・シューマッハーの突然の台頭は不可解と主張”. オートスポーツWeb (2018年9月25日). 2019年1月21日閲覧。

外部リンク[編集]