セルジオ・セッテ・カマラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セルジオ・セッテ・カマラ
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1998-05-23) 1998年5月23日(20歳)
出身地 セルジオ・セッテ・カマラ・フィーリョ
Sérgio Sette Câmara Filho
ブラジルの旗 ブラジル
ミナスジェライス州ベロオリゾンテ
過去参加シリーズ
2014
2015
2014-16
ブラジル・フォーミュラ3
トヨタ・レーシング・シリーズ
FIA ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権

セルジオ・セッテ・カマラ・フィーリョSérgio Sette Câmara Filho, 1998年5月23日 - )は、ブラジル出身のレーシングドライバー。現在は、レッドブル・ジュニアチームに所属している[1]

経歴[編集]

フォーミュラ3[編集]

2014年[編集]

16歳を迎えたセルジオは、「ブラジル・フォーミュラ3選手権」(Brazilian Formula Three Championship)のクラスAから参戦が決まる。セサリオ・F3チームから第4戦(インテルラゴス・サーキット)よりデビューを果たす。チームメイトのペドロ・ピケ英語版は同年のタイトルを獲得し速さで後れを取ったが、最終的に総合7位と健闘した。

10月には、「ヨーロッパ・F3」へユーロインターナショナル英語版からスポット参戦する。第10戦(イモラ・サーキット)の3レースに出場した。

2015年[編集]

昨年スポット参戦した「ヨーロッパ・F3」へ、フルシーズン挑むことが発表される。チームは、モトパークからの出走に決まった。前半戦は入賞圏外でのフィニッシュが多かったが、第5戦(スパ・フランコルシャン)レース2で初の表彰台3位を獲得した。後半戦には入賞を決めるレースも増え始め、第8戦(レッドブル・リンク)レース3で再び3位表彰台に立った。57.5ポイントを獲得し、総合14位でシーズンを終えた[2]

マスターズ・オブ・フォーミュラ3[編集]

9月にザントフォールトで開催される「マスターズ・オブ・F3」に出場した。モトパークのメンバーとして走り、予選では1分31秒281をマークし、ポールポジションを獲得した。その後の予選レース・決勝レースでは共に3位に入ったが、優勝を飾ることは出来なかった[3]

マカオグランプリ[編集]

セッテ・カマラは11月、F3カテゴリーである「マカオグランプリ」に参戦する。予選Q1のタイムは全体の22番目と苦戦したが、Q2では立て直し全体の7番手タイムをマークした。続く予選レースでは1つポジションを上げて6位でフィニッシュし、決勝6番グリッドを確保した。決勝レースは、アクシデントに遭い順位を大きく落とし22位でチェッカーを受けた[4]。残念な展開とはなったが、従来のラップレコードを塗り替える走りを見せた。

2016年[編集]

モトパークから2年目の「ヨーロッパ・F3」へ参戦した。前半戦は比較的コンスタントにポイントを獲得したが、中盤戦以降は入賞圏外で終えるレースが多くなりブレーキとなってしまう。最高位は第3戦(パウ・サーキット)(Pau Circuit)レース2で記録した2位。総合11位に入り、昨年の順位を上回った[5]

マスターズ・オブ・フォーミュラ3[編集]

再び「マスターズ・オブ・F3」へ出場し昨年のリベンジを狙った。1分30秒098を記録し予選7番手タイムをマークする。予選レースではポジションを2つ上げ5位で終え、決勝5番手のポジションを確保した。迎えた決勝レースでも2つ順位を上げ3位でチェッカーを受けた。2年連続の3位となったが、同年も優勝には届かなかった[6]

マカオグランプリ[編集]

2016年は「ヨーロッパ・F3」「マスターズ・オブ・F3」とモトパークから参戦を続けてきたが、今回の「マカオグランプリ」ではチームを離れカーリンCarlin)からの出走となった。予選は、トップと0.616秒差の4位につける。続く予選レースでは、グリッドを1つ上げての3位で終えた。決勝レースは3番グリッドからスタートし、ポジションをキープしたままチェッカーを受け3位表彰台を獲得した[7]

トヨタ・レーシング・シリーズ[編集]

2015年1月、ニュージーランドで開催される「トヨタ・レーシング・シリーズ英語版」へ第4戦(タウポ・モータースポーツ・パーク)から参戦した。チームは、ジャイルズ・モータースポーツ英語版からの出走となる。199ポイントを獲得して、総合20位となった[8]

F1[編集]

2015年12月、2016年からレッドブル・ジュニアチームに加入することが発表された[1]

2016年4月には、スペインモーターランド・アラゴンで初のデモランをする[9]2012年型である、レッドブル・レーシングシャシーRB8」をドライブした。第10戦イギリスGP終了時に開催されたインシーズンテストには、スクーデリア・トロ・ロッソのドライバーとして参加した[10]

レース戦績[編集]

略歴[編集]

シリーズ チーム レース 勝利 PP FL 表彰台 ポイント 順位
2014 フォーミュラ3 ブラジル セサリオ・F3 10 0 1 2 3 45 7位
FIA ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権 ユーロインターナショナル 3 0 0 0 0 0 NC
2015 モトパーク 33 0 0 0 2 57.5 14位
マスターズ・オブ・フォーミュラ3 1 0 0 0 1 N/A 3位
マカオグランプリ 1 0 0 1 0 N/A 22位
トヨタ・レーシング・シリーズ ジャイルズ・モータースポーツ 7 0 0 0 0 199 20位
2016 FIA ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権 モトパーク 30 0 0 1 2 117 11位
マスターズ・オブ・フォーミュラ3 1 0 0 0 1 N/A 3位
マカオグランプリ カーリン 1 0 0 0 1 N/A 3位
フォーミュラ1 スクーデリア・トロ・ロッソ テスト・開発ドライバー
2017 FIA フォーミュラ2選手権 MP・モータースポーツ 22 1 0 0 2 47 12位
マカオグランプリ モトパーク 1 0 0 0 0 N/A 13位
2018 FIA フォーミュラ2選手権 カーリン 22 0 1 1 8 164 6位
  •  : ゲストドライバーとしての出走であるため、ポイントは加算されない。

FIA ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権[編集]

エントラント エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 DC ポイント
2014年 ユーロインターナショナル メルセデス SIL
1
SIL
2
SIL
3
HOC
1
HOC
2
HOC
3
PAU
1
PAU
2
PAU
3
HUN
1
HUN
2
HUN
3
SPA
1
SPA
2
SPA
3
NOR
1
NOR
2
NOR
3
MSC
1
MSC
2
MSC
3
RBR
1
RBR
2
RBR
3
NÜR
1
NÜR
2
NÜR
3
IMO
1

14
IMO
2

20
IMO
3

21
HOC
1
HOC
2
HOC
3
NC 0
2015年 モトパーク フォルクスワーゲン SIL
1

17
SIL
2

Ret
SIL
3

20
HOC
1

17
HOC
2

25
HOC
3

27
PAU
1

14
PAU
2

20
PAU
3

11
MNZ
1

Ret
MNZ
2

11
MNZ
3

22
SPA
1

16
SPA
2

3
SPA
3

22
NOR
1

15
NOR
2

23
NOR
3

19
ZAN
1

Ret
ZAN
2

6
ZAN
3

7
RBR
1

9
RBR
2

19
RBR
3

3
ALG
1

11
ALG
2

13
ALG
3

5
NÜR
1

11
NÜR
2

21
NÜR
3

9
HOC
1

11
HOC
2

7
HOC
3

11
14位 57.5
2016年 LEC
1

16
LEC
2

5
LEC
3

19
HUN
1

7
HUN
2

5
HUN
3

5
PAU
1

8
PAU
2

2
PAU
3

Ret
RBR
1

12
RBR
2

8
RBR
3

4
NOR
1

Ret
NOR
2

Ret
NOR
3

3
ZAN
1

11
ZAN
2

17
ZAN
3

15
SPA
1

15
SPA
2

Ret
SPA
3

15
NÜR
1

11
NÜR
2

8
NÜR
3

8
IMO
1

Ret
IMO
2

15
IMO
3

11
HOC
1

5
HOC
2

14
HOC
3

6
11位 117

FIA フォーミュラ2選手権[編集]

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 DC ポイント
2017年 MPモータースポーツ BHR
FEA

13
BHR
SPR

18
CAT
FEA

14
CAT
SPR

15
MON
FEA

Ret
MON
SPR

14
AZE
FEA

13
AZE
SPR

10
RBR
FEA

16
RBR
SPR

10
SIL
FEA

13
SIL
SPR

15
HUN
FEA

16
HUN
SPR

13
SPA
FEA

6
SPA
SPR

1
MNZ
FEA

6
MNZ
SPR

2
JER
FEA

10
JER
SPR

14
YMC
FEA

9
YMC
SPR

8
12位 47
2018年 カーリン BHR
FEA

2
BHR
SPR

3
BAK
FEA

4
BAK
SPR

DSQ
CAT
FEA

7
CAT
SPR

Ret
MON
FEA

DNS
MON
SPR

DNS
LEC
FEA

2
LEC
SPR

6
RBR
FEA

6
RBR
SPR

3
SIL
FEA

Ret
SIL
SPR

17
HUN
FEA

7
HUN
SPR

3
SPA
FEA

2
SPA
SPR

9
MNZ
FEA

7
MNZ
SPR

3
SOC
FEA

5
SOC
SPR

2
YMC
FEA

16
YMC
SPR

10
6位 164

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b レッドブル、ジュニアチームに3名の若手を追加”. F1-Gate.com (2015年12月12日). 2016年11月24日閲覧。
  2. ^ CHAMPIONSHIP STANDINGS 2015”. F3 FIA EUROPEAN CHAMPIONSHIP. 2016年11月24日閲覧。
  3. ^ Race results - Masters of Formula 3: Circuit Park Zandvoort 2015”. GP UPDATE.NET. 2016年11月24日閲覧。
  4. ^ F3マカオGP:決勝結果”. AUTO SPORT web (2015年11月22日). 2016年11月24日閲覧。
  5. ^ CHAMPIONSHIP STANDINGS 2016”. F3 FIA EUROPEAN CHAMPIONSHIP. 2016年11月24日閲覧。
  6. ^ マスターズF3:エリクソンが優勝、モトパークが表彰台独占を達成”. AUTO SPORT web (2016年8月22日). 2016年11月24日閲覧。
  7. ^ 【順位結果】第63回マカオグランプリ F3ワールドカップ決勝レース”. AUTO SPORT web (2016年11月20日). 2016年11月24日閲覧。
  8. ^ Points”. 2015 Toyota Racing Series. 2016年11月24日閲覧。
  9. ^ レッドブル・ジュニアプログラム参加の17歳ドライバー、デモ走行でF1マシン初体験”. AUTO SPORT web (2016年4月18日). 2016年11月24日閲覧。
  10. ^ 18歳のレッドブルジュニア、F1テストデビューが決定”. AUTO SPORT web (2016年6月28日). 2016年11月24日閲覧。