レッドブル・ジュニアチーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

レッドブル・ジュニアチーム (Red Bull Junior Team) は、オーストリアエナジードリンクメーカー、レッドブルが運営するレーシングドライバー育成プログラムである。オーストリア出身の元F1ドライバー、ヘルムート・マルコが責任者を務める。

概要[編集]

レッドブルは1995年よりF1ザウバーへの支援を開始。1999年よりヘルムート・マルコのチーム(RMSマルコ)と提携し、国際F3000選手権に「Red Bull Junior Team」として参戦。2001年に「未来のF1チャンピオンを探す」という目的でジュニアチームが発足した[1]。これと並行して、2002年から2005年までアメリカ人F1ドライバーの卵を発掘するレッドブル・ドライバーサーチ(Red Bull Driver Serch)も行われた。

ジュニアチームに選ばれた若手ドライバーはレッドブルが提携するレーシングチームに所属し、ヨーロッパ各国(各地域)で行われているジュニアフォーミュラシリーズに参戦する。初期はオーストリアやアメリカの出身者が多く選ばれたが、その後はヨーロッパに限らず南米・オセアニア・アジアにも対象を広げている。日本人では黒田吉隆(2006年)と角田裕毅(2019年)が選ばれている。

レッドブルは2005年にジャガー、2006年にミナルディを買収し、レッドブル・レーシングスクーデリア・トロ・ロッソという2つのF1チームを保有している。ジュニアチーム所属者はこれらのチームのリザーブドライバーやテストドライバーを経験してから、先ず中堅チームのトロ・ロッソでF1デビューを果たし、実力と運があればトップチームのレッドブル・レーシングへ昇格するチャンスを得る。カート時代の1998年よりレッドブルの支援を受け、2010年から2013年まで4年連続F1ドライバーズチャンピオンに輝いたセバスチャン・ベッテル[2]は、このプログラムの最大の成功例といえる。

年齢やキャリアにこだわらないのも特徴的で、2017年現在のF1最年少出走記録の上位3名(マックス・フェルスタッペン、ダニール・クビアト、ハイメ・アルグエルスアリ)はいずれもジュニアチームからトロ・ロッソ経由で10代でF1デビューしている。フェルスタッペンの場合はジュニアチーム入りと同時にF1参戦が内定し、17歳という異例の若さでF1デビューを果たした歴史も持つ。

評価[編集]

ベッテルやフェルスタッペンという成功例がある一方で、期待されたパフォーマンスを示せない者への評価は厳しく、ジュニアチーム所属者のうち1〜2年で支援を打ち切られたものも少なくない。むしろF1昇格に成功したドライバーのほうが厳しい面もある。 ジュニア所属で言えば、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ[3][4]ダニエル・ティクトゥム[5]のように、マカオGPを制覇して次期F1ドライバーの候補にもなったが、ダ・コスタはフォーミュラ・ルノー3.5でタイトルを逃したこと、ティクタムはスーパーフォーミュラでの成績が芳しくなかったことを理由に放出された例もある。 F1昇格組ではアルグエルスアリは当時史上最年少(19歳125日)でF1デビューし、2011年シーズンには当時のトロ・ロッソの歴史においてベッテルに次ぐ成績を記録したにもかかわらずシートを喪失[6]し、2015年には25歳でレーサーを引退[7]ジャン=エリック・ベルニュは入賞数やポイントでチームメイトを上回ったシーズンがあったにもかかわらず、ダニエル・リチャルドおよびクビアト昇格が優先されたことや後輩に押し出される形でF1のシートを喪失した。

しかし、ジュニアチーム(およびレッドブル傘下)から放出されたのち、キャリアを再構築して、別カテゴリーで成功を収めたドライバーもいる。ニール・ジャニは支援を受けた年に結果を残せなかったため放出。以降は自力でキャリアを重ね2012年からFIA 世界耐久選手権 (WEC)に専念。2014年からポルシェのワークスドライバーとして活躍し、ル・マン24時間レース制覇やWECドライバーズチャンピオン獲得を経験した。ベルニュは放出直後、当時新シリーズとして発足したフォーミュラEへ転向。同カテゴリーのトップドライバーの地位を確立しタイトル獲得を果たした。また、セバスチャン・ブエミはトロ・ロッソから放出された後も開発能力を買われてレッドブルの開発ドライバーを務めながら、WECではトヨタフォーミュラEではe.damsルノー日産)の主力ドライバーとして活動し、両カテゴリーでのタイトル獲得も達成している。他にもレッドブル傘下でF1に参戦していたドライバーで言えば、カルロス・サインツJr.とリチャルドも該当するが、両者2018年を以てレッドブルとの関係が終了したものの、別のF1チームで活躍している。

また、解雇されたドライバーでも他カテゴリーでの実績が評価され、F1へ起用されたケースも出ている。 ブレンドン・ハートレイは2010年を以て放出され、2012年からは耐久レースにシフトしていき、ジャニと同じタイミングでポルシェのワークスドライバーとして加入。ポルシェ時代にはジャニを上回る表彰台入賞し、WECのドライバーズタイトルを2度獲得する活躍を見せた。2017年を以てWECのポルシェ撤退に伴いレッドブルと接触したところ、そのまま2018年のトロ・ロッソのシートを得た経歴を持つ[8]。ただ、2018年の成績不振に伴い解雇されたものの、2019年のフェラーリの開発ドライバーをに起用され、2020年からはトヨタからWEC、ドラゴンレーシングからフォーミュラEに参戦することが決定している。 アレクサンダー・アルボンも2012年の成績不振から放出されたものの、自力でキャリアを重ね2018年のFIA フォーミュラ2選手権で総合3位獲得まで上り詰めた。このことが認められ、2019年のトロ・ロッソのシートを獲得しF1デビューを果たした[9]

そのうち、特殊なのはクビアトであり、2013年にGP3のタイトル獲得後、2014年からトロ・ロッソでF1へ参戦し、2015年にはレッドブルへ昇格。だが、2016年シーズン序盤にフェルスタッペンと交代でトロ・ロッソへ降格させられ、2017年シーズン終盤にはトロ・ロッソからも放出された[10]が、2018年のフェラーリの開発ドライバーを経て、2019年に再びトロ・ロッソのシートを得たという経歴を持つ。

それでも、2018年のピエール・ガスリー以降、スーパーライセンスの条件を満たせるドライバーがいない状況となり、それを表すかのように前述の解雇組の再起用が一時的に増えた。他にも2018年のジュニアチームに13-14歳のカート選手4人を選んだ[11]ことや2019年からはF1の2チームともホンダ製PUを搭載することから、日本人F1ドライバーの育成にも関心を示している[12]スーパーフォーミュラに参戦するチーム無限B-MAXとタッグを組み、育成ドライバーを送り込むなど、ヨーロッパにも拘らない姿勢を見せ、傘下の若手不足の解消を急ぐ動きがあったことから、レッドブルのジュニアプログラムが不調になっていると称されることもある。 ただし、フェルスタッペンの事例を予防するため、スーパーライセンスの発給条件が厳しくなった[13]ため、若手ステップアップのハードルがある意味上がったことから、ドライバー不足が起きるのも避けられなかった面もある。だからといって、他F1チームのジュニアプログラムがこれにうまく対応し、順調に育成できているかと言われればそうでもない。

元々、F1チームのジュニアプログラムは基本は青田買いで、ルイス・ハミルトンがカート時代からマクラーレンの支援を受け同チームでデビューし「マクラーレンの秘蔵っ子」と称されたのがいい例である。そのうち、レッドブルがトロ・ロッソの存在もあり、一歩先に行っていたが、2010年代になるとフェラーリメルセデス、マクラーレンといった他のF1チームのジュニアプログラムがキャリアを重ねてきた若手ドライバーを傘下に収める青田刈り的な方針に変更。レッドブルも青田刈りをするようになった結果、タレントの囲い込み競争が激しくなり、若手によっては毎年所属するジュニアプログラムが違う経験をしたこともある者もいる。

その時期に各F1チームのジュニアプログラムに加入したドライバーの状況だが、マクラーレンは育成枠のストフェル・バンドーンは2013年に加入し、2017年からフル参戦を果たしたが、チーム側の事情に翻弄されたことによる苦戦やランド・ノリスとの契約条件の影響もあり、2018年でチームから放出された。 フェラーリは、2011年にセルジオ・ペレス、2016年にシャルル・ルクレールが傘下に加入し、それぞれF1ドライバーとして成功を収めた反面、ジュリアーノ・アレジなどをF2で育成しているものの、ライセンス発給条件を満たしている若手ドライバーはおらず、その下で活動しているドライバーの勧誘も消極的なため、ある意味レッドブルより層が薄い面がある。 メルセデスはパスカル・ウェーレインエステバン・オコンなど、スーパーライセンスの条件を満たせるドライバーを複数育てることには成功した反面、ワークスチームのドライバー交代を見送り続けた影響で待機組が発生する事態となった。実際、前述の二人はF1に参戦できたものの、所属先のチーム事情によりシートを喪失。そのため、二人ともメルセデスのリザーブドライバーとして傘下に留まり、チャンスを待ったが、ウェーレインはシートが用意できなかったこともあり、2018年で関係を終了し別カテゴリーへ転向。オコンも別チームで復帰する形となり2019年を以て傘下から一旦離れることとなった。特にオコンについては、ワークスチームへの起用を見送りつつも他チームのシートを交渉する姿勢については反論[14][15]されたこともあり、結果的に育成ドライバーらを放出する形となった。

そのため、アルグエルスアリのレースキャリアを終わらせる一因となったことやF1のテストにも参加させていたティクトゥムの放出、一定の成績を記録したベルニュの解任など、成績を問わず容赦なく解任する姿勢から「大虐殺[16]だ」という意見もある。その一方で、早期に放出することが結果的にキャリアの再スタートを成功させる一因となっており、F1の方を見ても、トロ・ロッソの存在を利用して常時若手のF1デビューの場を確保し、成績不振のドライバーでも場合によってはそこで最後のチャンスを与えており、非情とは語弊な面もある[17]

所属ドライバー[編集]

  • レッドブル・ジュニアチーム公式サイトのドライバー一覧[18]を参照。
  • 太字は現在のジュニアチーム所属者。氏名欄の(*)はウィキペディア他言語版記事へのリンク。
  • フォーミュラ・ルノー2.0各シリーズの略称表記は、EC=ユーロカップ、NEC=ノーザンヨーロピアンカップ、WEC=ウエストヨーロピアンカップ。
  • F1所属チームはグランプリ決勝に出走した場合のみとし、テストドライバーやリザーブドライバー、フリープラクティス走行は含まない。
ドライバー レッドブル・ジュニアチームでの成績 F1所属チーム
所属年度 参戦カテゴリ 獲得タイトル
メキシコの旗 パトリシオ・オワード () 2019 インディカー
FIA F2
スーパーフォーミュラ
ニュージーランドの旗 リアム・ローソン () 2019 FIA F3
ユーロフォーミュラ・オープン
日本の旗 角田裕毅 () 2019 FIA F3
ユーロフォーミュラ・オープン
オーストリアの旗 ルーカス・アウアー () 2019 スーパーフォーミュラ
エストニアの旗 ユリ・ヴィプス () 2018 - FIA F3
オーストラリアの旗 ジャック・ドゥーハン () 2018 - イギリスF4
F3アジア
ユーロフォーミュラ・オープン
ノルウェーの旗 デニス・ホーガー () 2018 - イギリスF4
ドイツF4
イタリアF4
イギリスの旗 ジョニー・エドガー () 2018 - カート
イタリアF4
ドイツF4
イギリスの旗 ハリー・トンプソン () 2018 - カート
イギリスの旗 ダニエル・ティクトゥム[19] () 2017 - 2019 フォーミュラ・ルノー2.0
GP3
ヨーロッパF3
スーパーフォーミュラ
アメリカ合衆国の旗 ニール・ヴァーヘイゲン[19] () 2017 - 2018 フォーミュラ・ルノー2.0
オランダの旗 リチャード・フェルショー[19] () 2016 - 2017 トヨタ・レーシングシリーズ
フォーミュラ・ルノー2.0
SMP F4 (2016)
スペインF4 (2016)
フィンランドの旗 ニコ・カリ () 2016 - 2017 ヨーロッパF3
GP3
SMP F4(2015)
ブラジルの旗 セルジオ・セッテ・カマラ () 2016 ヨーロッパF3
オーストラリアの旗 ルイス・リーズ () 2016 MSAフォーミュラ
イギリスの旗 ディーン・ストーンマン () 2015 フォーミュラ・ルノー3.5
イギリスの旗 カラム・イロット () 2015 ヨーロッパF3
フランスの旗 ピエール・ガスリー () 2014 - 2017 フォーミュラ・ルノー3.5
GP2
スーパーフォーミュラ
GP2(2016) トロ・ロッソ(2017 - 2018、2019)
レッドブル(2019 -)
イギリスの旗 アレックス・リン () 2014 GP3 GP3(2014)
オランダの旗 マックス・フェルスタッペン () 2014 ヨーロッパF3 トロ・ロッソ(2015 - 2016)
レッドブル(2016 - )
オランダの旗 ベイツケ・フィッサー () 2013 フォーメル・マスターズ
イギリスの旗 トム・ブロンクビスト () 2013 ヨーロッパF3
南アフリカ共和国の旗 カラン・オキーフ () 2012 - 2013 フォーミュラ・BMW
フォーメル・マスターズ
ポルトガルの旗 アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ () 2012 - 2013 GP3
フォーミュラ・ルノー3.5
イギリスの旗 ルイス・ウィリアムソン () 2012 フォーミュラ・ルノー3.5
ドイツの旗 ステファン・ワッカーバウアー () 2012 フォーミュラ・ルノー2.0
タイ王国の旗 アレクサンダー・アルボン () 2012 フォーミュラ・ルノー2.0 トロ・ロッソ(2019)
レッドブル(2019)
スペインの旗 カルロス・サインツJr. () 2010 - 2014 フォーミュラ・BMW
フォーミュラ・ルノー2.0
ユーロF3
イギリスF3
GP3
フォーミュラ・ルノー3.5
フォーミュラ・ルノー2.0 NEC(2011)
フォーミュラ・ルノー3.5(2014)
トロ・ロッソ(2015 - 2017)
ルノー(2017 - 2018)
マクラーレン(2019 -)
ロシアの旗 ダニール・クビアト () 2010 - 2013 フォーミュラ・BMW
フォーミュラ・ルノー2.0
GP3
ヨーロッパF3
フォーミュラ・ルノー2.0アルプス(2012)
GP3(2013)
トロ・ロッソ(2014、2016 - 2017、2019)
レッドブル(2015 - 2016)
イタリアの旗 ミルコ・ボルトロッティ () 2009 F2
オーストラリアの旗 ダニエル・リチャルド () 2008 - 2011 フォーミュラ・ルノー2.0
イギリスF3
フォーミュラ・ルノー3.5
フォーミュラ・ルノー2.0 WEC(2008)
イギリスF3(2009)
HRT F1(2011)
トロ・ロッソ(2012 - 2013)
レッドブル(2014 - 2018)
ルノー(2019 -)
フランスの旗 ジャン=エリック・ベルニュ () 2008 - 2011 フォーミュラ・ルノー2.0
イギリスF3
GP3
フォーミュラ・ルノー3.5
イギリスF3(2010) トロ・ロッソ(2012 - 2014)
スペインの旗 ダニエル・フンカデラ () 2008 - 2009 フォーミュラ・BMW
インドの旗 カルン・チャンドック () 2008 GP2
GP2アジア
HRT F1(2010)
ロータス(2011)
フィンランドの旗 ミカ・マキ () 2007 - 2009 フォーミュラ・ルノー2.0
ユーロF3
フォーミュラ・ルノー2.0イタリア(2007)
フランスの旗 トム・ディルマン () 2007 - 2008 ユーロF3
フランスの旗 ジャン=カール・ヴェルネイ () 2007 - 2008 ユーロF3
ブラジルの旗 ペドロ・ビアンキーニ () 2007 フォーミュラ・BMW
ドイツの旗 ケビン・ミロハ () 2007 フォーミュラ・BMW
ニュージーランドの旗 ブレンドン・ハートレイ () 2006 - 2010 フォーミュラ・ルノー2.0
イギリスF3
ユーロF3
フォーミュラ・ルノー3.5
フォーミュラ・ルノー2.0EC(2007) トロ・ロッソ(2017 - 2018)
カナダの旗 ロバート・ウィケンズ () 2006 - 2009 アトランティック・チャンピオンシップ
フォーミュラ・ルノー3.5
ユーロF3
FIA-F2
スペインの旗 ハイメ・アルグエルスアリ () 2006 - 2009 フォーミュラ・ルノー2.0
イギリスF3
スペインF3
フォーミュラ・ルノー3.5
イギリスF3(2008) トロ・ロッソ(2009 - 2011)
イギリスの旗 オリバー・オークス () 2006 - 2007 フォーミュラ・ルノー2.0
イタリアの旗 エドアルド・ピスコポ () 2006 - 2007 フォーミュラ・ルノー2.0
ユーロF3
アイルランドの旗 ナイアル・クイン () 2006 フォーミュラ・BMW
日本の旗 黒田吉隆 () 2006 フォーミュラ・BMW
オーストラリアの旗 ネイサン・アントゥネス () 2006 フォーミュラ・ルノー2.0
ロシアの旗 セルゲイ・アファナシエフ () 2006 フォーミュラ・ルノー2.0
ロシアの旗 ミカイル・アレシン () 2005 - 2009 フォーミュラ・ルノー2.0
フォーミュラ・ルノー3.5
GP2
FIA-F2
モナコの旗 ステファノ・コレッティ () 2005 - 2008 フォーミュラ・BMW
フォーミュラ・ルノー2.0
ユーロF3
スイスの旗 セバスチャン・ブエミ () 2005 - 2008 フォーミュラBMW
ユーロF3
フォーミュラ・ルノー2.0
GP2
GP2アジア
トロ・ロッソ(2009 - 2011)
スイスの旗 ニール・ジャニ () 2005、2007 GP2
チャンプカー
ポルトガルの旗 フィリペ・アルバカーキ () 2005 - 2007 フォーミュラ・ルノー2.0
GP2
アメリカ合衆国の旗 ジョン・エドワース () 2005 - 2007 フォーミュラ・ルノー2.0
アトランティック・チャンピオンシップ
オーストリアの旗 フィリップ・エング () 2005 - 2006 フォーミュラ・BMW
アルゼンチンの旗 マティアス・ミラ () 2005 フォーミュラ・ルノー2.0
香港の旗 ジム・カ・トー () 2005
フィンランドの旗 テーム・ニーマン () 2005 フォーミュラ・ルノー2.0
南アフリカ共和国の旗 エイドリアン・ザウグ () 2004 - 2007 フォーミュラ・BMW
フォーミュラ・ルノー2.0
フォーミュラ・ルノー3.5
ドイツの旗 ミハエル・アメルミューラー () 2004 - 2007 フォーミュラ・ルノー2.0
GP2
フォーミュラ・ルノー3.5
アメリカ合衆国の旗 コリン・フレミング () 2004 - 2006 フォーミュラ・ルノー2.0
フォーミュラ・ルノー3.5
メキシコの旗 メモ・ロハス () 2004 フォーミュラ・ルノーV6
フィンランドの旗 アッテ・ムストネン () 2004
インドの旗 ナレイン・カーティケヤン () 2004 ワールドシリーズ・バイ・ニッサン ジョーダン(2005)
HRT F1(2011 - 2012)
アメリカ合衆国の旗 マット・ジャスコル () 2004 フォーミュラ・BMW
フォーミュラ・ルノー2000
アメリカ合衆国の旗 ドミニケ・クレイセンス () 2004 フォーミュラ・ルノー2.0
アメリカ合衆国の旗 スコット・スピード () 2003 - 2005 イギリスF3
フォーミュラ・ルノー2000
GP2
フォーミュラ・ルノー2000 EC(2004)
フォーミュラ・ルノー2000 ドイツ(2004)
トロ・ロッソ(2006 - 2007)
オーストリアの旗 ノルベルト・シードラー () 2003 - 2004 ワールドシリーズ・バイ・ニッサン
ユーロ3000
オーストリアの旗 マティアス・ラウダ () 2003 - 2004 ワールドシリーズ・ライト
ユーロ3000
国際F3000
アメリカ合衆国の旗 ジョエル・ネルソン () 2003 イギリスF3
ユーロ3000
アメリカ合衆国の旗 グラント・マイマン () 2003 フォーミュラ・ルノー2.0
アメリカ合衆国の旗 ポール・エドワース () 2003 ワールドシリーズ・バイ・ニッサン
ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル () 2002 - 2007 フォーミュラ・BMW
ユーロF3
フォーミュラ・ルノー3.5
フォーミュラ・BMW ADAC(2004) BMWザウバー(2007)
トロ・ロッソ(2007 - 2008)
レッドブル(2009 - 2014)
フェラーリ(2015 - )
イタリアの旗 ヴィタントニオ・リウッツィ () 2002 - 2004 ドイツF3
国際F3000
ワールドシリーズ・バイ・ニッサン
国際F3000(2004) レッドブル(2005)
トロ・ロッソ(2006 - 2007)
フォース・インディア(2009 - 2010)
HRT F1(2011)
オーストリアの旗 マルティン・ラッギンガー () 2002 - 2006 フォーミュラ・BMW
オーストリアの旗 クリストファー・ワッサーマン () 2001 - 2004 フォーミュラ・BMW
オーストリアの旗 ラインハルト・コフラー () 2001 - 2004 フォーミュラ・BMW
フォーミュラ・ルノー2000
オーストリアの旗 ベルンハルド・アウインガー () 2001 - 2003 ドイツF3
ユーロF3
国際F3000
オーストリアの旗 パトリック・フリーザッハー () 2001 - 2003 国際F3000 ミナルディ(2005)
オーストリアの旗 クリスチャン・クリエン () 2001 - 2003 フォーミュラ・BMW
フォーミュラ・ルノー2.0
フォーミュラ・ルノー2.0ドイツ(2002) ジャガー(2004)
レッドブル(2005 - 2006)
HRT F1(2010)
ブラジルの旗 リカルド・マウリシオ () 2001 - 2002 国際F3000

脚注[編集]

  1. ^ "About | Red Bull Junior Team". Red Bull Junior Team. 2016年2月13日閲覧。
  2. ^ ベッテルのF1デビューはBMWザウバー2007年アメリカGPスポット参戦)からで、同年ハンガリーGPよりトロ・ロッソのレギュラードライバーに起用された。
  3. ^ "クビアト、デビューは実力の証?". Topnews. (2013年10月25日) 2016年2月16日閲覧。
  4. ^ "アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ「F1の夢は消えた」". Topnews. (2014年9月16日) 2016年2月日閲覧。
  5. ^ レッドブルF1代表、ティクトゥム解雇の理由を語る「結果がすべて。スーパーフォーミュラでの不振から、次期F1候補として不適切と判断」”. AUTOSPORTweb (2019年7月5日). 2019年7月5日閲覧。
  6. ^ 2010年以降の10位入賞基準で限定すれば、2015年のフェルスタッペンに破られるまではチーム最高記録保持者でもあった。
  7. ^ "【引退】25歳でモータースポーツ引退を決めた元最年少F1ドライバー". Topnews. (2015年10月2日) 2016年2月13日閲覧。
  8. ^ “トロロッソ、アメリカGPでのハートレー起用を正式発表。ガスリーはSF王座賭け鈴鹿へ”. AUTOSPORTweb. (2017年10月14日). https://www.as-web.jp/f1/170579?all 2017年10月16日閲覧。 
  9. ^ “トロロッソ・ホンダ加入のアルボン、レッドブルからの2度目のチャンスを喜ぶ「一時はレースをやめることも考えた」”. AUTOSPORTweb. (2018年12月3日). https://www.as-web.jp/f1/435874?all 2019年6月30日閲覧。 
  10. ^ “レッドブル「クビアトにはガスリーやハートレーより才能があった」”. motorsport.com. (2017年12月16日). https://jp.motorsport.com/f1/news/%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%96%E3%83%AB-%E3%82%AF%E3%83%93%E3%82%A2%E3%83%88%E3%81%AB%E3%81%AF%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%84%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%88%E3%82%8A%E6%89%8D%E8%83%BD%E3%81%8C%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%9F-989027/ 2018年5月23日閲覧。 
  11. ^ “レッドブルの若手育成プログラムに4人の新人が加入。全員がカート参戦中の超若手”. AUTOSPORTweb. (2017年9月25日). https://www.as-web.jp/f1/163644?all 2018年8月22日閲覧。 
  12. ^ “レッドブルF1のヘルムート・マルコがもてぎを電撃訪問「2019年のスーパーフォーミュラのドライバーをチョイスしにきた」”. AUTOSPORTweb. (2018年8月19日). https://www.as-web.jp/f1/401695?all 2018年9月26日閲覧。 
  13. ^ スーパーライセンス資格のポイント方式を改訂 - ESPN F1(2015年7月11日)2018年8月22日閲覧。
  14. ^ トロロッソのオコン起用をレッドブル否定「メルセデスのドライバーに投資しない」 jp.motorsport.com (2018年9月7日)2019年8月22日閲覧
  15. ^ プロスト「F1では裕福な家庭の子弟が有利」。自身の経験を振り返りつつ、メルセデスのやり方にチクリ www.as-web.jp (2018年11月18日)2019年8月22日閲覧
  16. ^ レッドブルのドライバー人事、背後には多くの犠牲者?(2016年5月17日)
  17. ^ F1特集 | レッドブルの育成プログラムは冷酷と言えるのか? f1-gate.com (2019年8月21日)2019年8月22日閲覧
  18. ^ "Drivers". Red Bull Junior Team. 2016年2月16日閲覧。
  19. ^ a b c Red Bull Junior Team:2017年参戦プランが決定”. Redbull.com (2017年). 2017年4月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]