チャリアオ・ユーウィッタヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Chaleo Yoovidhya
生誕 (1923-08-17) 1923年8月17日
タイ王国ピチット県
死没2012年3月17日(2012-03-17)(88歳)
バンコク
国籍タイ
職業実業家投資家
著名な実績クラティンデーンレッドブルの共同創業者
純資産50億米ドル(2009年)[1]
配偶者Noklek Sodsri (離婚)
Bhavana Langdhara
子供チャルーム, Saravoot, Jiravat, Suthirat, Prannada, Nucharee, Saipin Phaholyothin, Supreeya, Pavana Langthara, Sakchai, Thavis Pengsa[要出典]
Seng Saelee, Thongyoo Saelee
エネジードリンクのクラティンデーンTheoplex-L(タイ)

チャリアオ・ユーウィッタヤーเฉลียว อยู่วิทยา発音 [t͡ɕʰā.lǐa̯w jùː.wít.tʰā.jāː]rtgsChaliao Yuwitayaa、Chaleo Yoovidhya; 1923年8月17日 - 2012年3月17日[2]は、タイ実業家投資家であった。中国語名は許書標拼音: Xǔ Shūbiāo)。クラティンデーンの起案者、エナジードリンクレッドブルブランドの共同設立者である。2012年に88歳で死去した当時は、タイで3番目に裕福な人物であり、推定純資産は50億米ドルであった[3][4]

背景[編集]

様々な新しい情報源は、チャリアオが1922年から1932年の間のある時点にタイ中部で生まれたことを示唆している[5]ニューヨーク・タイムズは異なる情報源によって3つの生年月日が提唱されていると指摘している: 『タイの新聞「The Nation」は90歳と報じ、タイの他のいくつかのニュースメディアは88歳と報じた。フォーブスは最近、彼の年齢を80歳としている。』。BBCニュースは「チャレオ氏は北部のピチット県で貧しい中国系移民の両親から生まれ、1932年に生まれたと地元メディアは報じている」としている[6]オーストラリアンタイムは89歳としている[7][8]テレグラフインデペンデントは1923年にピチット県でアヒルを飼い、果物を商う貧しいタイ・中国系の家庭に生まれたとしている[2][9]。父親は海南からの移民だった[10]

ほとんど教育を受けていない彼は、両親のもとで働き、その後バンコクに移り住んだ。抗生物質のセールスマンになった後、1960年代初頭に小さな製薬会社TCファーマシューティカルズを設立した[11][2][9]。その後、「神のひらめき」と称して、エネルギーを高める飲料を開発し、1976年に初めて発売した。ロゴマークには、2頭の大きな赤い雄牛が突進している様子が描かれている。この雄牛はウシではなく、東南アジアに生息する野生のガウルで、タイ語では「クラティン(กระทิง)」と呼ばれている。

ドイツ企業のオーストリア人セールスマンだったディートリッヒ・マテシッツは、この飲料で時差ぼけが治ったことに気付き[2][9]、1984年にチャリアオとパートナーシップを結んだ[2]。1987年、2人は「レッドブル(Red Bull)」と銘打った輸出版を発売したが、チャリアオはオリジナルの配合(マテシッツの指導のもと欧米人向けにアレンジされたもの[12])を提供し、マテシッツはマーケティングを担当した。それぞれが50万米ドルを出資して、レッドブル・エナジードリンクのフランチャイズの49%を取得し、残りの2%をチャリアオの息子であるチャルーム英語版が所有した[9]。チャリアオは、タイで他のエナジードリンクを製造するTCファーマシューティカルズのオーナーであり、また、タイの私立病院であるピヤベート病院の共同オーナーであり、イタリアの高級スポーツカーであるフェラーリのタイへの唯一の正規輸入代理店の共同オーナーでもある。

死去[編集]

チャリアオは2012年3月18日にバンコクで死去した[2]

出典[編集]

  1. ^ #1 Chaleo Yoovidhya”. Forbes.com. 2012年3月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f “Chaleo Yoovidhya” (Obituary). The Telegraph. (2012年3月19日). https://www.telegraph.co.uk/news/obituaries/9153867/Chaleo-Yoovidhya.html 2018年1月9日閲覧。 
  3. ^ Chaleo Yuwitthaya dies at 90”. Bangkok Post. 2012年3月17日閲覧。
  4. ^ Chaleo Yoovidhya dies”. Forbes (2012年3月). 2012年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月17日閲覧。 “Net Worth $5B As of March 2012 #205 Forbes Billionaires, #3 in Thailand”
  5. ^ Segal, David (2012年3月18日). “Chaleo Yoovidhya, Who Created Red Bull Beverage, Is Dead” (Obituary). The New York Times. https://www.nytimes.com/2012/03/19/business/chaleo-yoovidhya-dies-created-red-bull-energy-drink.html 2018年1月9日閲覧。 
  6. ^ “Red Bull creator and Thai tycoon Chaleo Yoovidhya dead”. BBC News. (2012年3月17日). https://www.bbc.com/news/business-17416385 2018年1月9日閲覧。 
  7. ^ “Thai billionaire inventor of Red Bull Chaleo Yoovidhya dies aged 89” (Obituary). The Australian. (2012年3月19日). http://www.theaustralian.com.au/news/world/thai-billionaire-inventor-of-red-bull-chaleo-yoovidhya-dies-aged-89/news-story/8cbdc736278663f6f07439c15730891d 2018年1月9日閲覧。 
  8. ^ Horn, Robert (2012年3月18日). “Duck Farmer to Billionaire: Red Bull Co-Founder Dies” (Obituary). Time. https://content.time.com/time/world/article/0,8599,2109386,00.html 2018年1月9日閲覧。 
  9. ^ a b c d Childs, Martin (2012年3月21日). “Chaleo Yoovidhya: Recluse who created the Red Bull energy drink” (Obituary). The Independent. https://www.independent.co.uk/news/obituaries/chaleo-yoovidhya-recluse-who-created-the-red-bull-energy-drink-7579362.html 2018年1月9日閲覧。 
  10. ^ Hong Nui China
  11. ^ History”. T.C. Pharma (TCP). 2018年1月9日閲覧。
  12. ^ Roll, Martin (17 October 2005). Asian Brand Strategy: How Asia Builds Strong Brands. Springer. p. 199. ISBN 9780230513068. https://books.google.com/books?id=VrO3O0h6I0wC 2012年9月24日閲覧。 

関連項目[編集]