レッドブル・ザルツブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レッドブル・ザルツブルク
原語表記 FC Red Bull Salzburg
愛称 Die Roten Bullen
クラブカラー 紫・白
創設年 1933年
所属リーグ オーストリア・ブンデスリーガ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン ザルツブルク
ホームスタジアム レッドブル・アレーナ
収容人数 30.188
代表者 オーストリアの旗 ルドルフ・タイアル
監督 アメリカ合衆国の旗 ジェシー・マーシュ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

FCレッドブル・ザルツブルクドイツ語: FC Red Bull Salzburg)は、オーストリアザルツブルクを本拠地とするサッカークラブである。オーストリア・ブンデスリーガに加盟し、SKラピード・ウィーンFKアウストリア・ウィーンと共にリーグを代表する強豪である。

2017年に国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)が発表したクラブ世界ランキングで10位にランクされた国を代表するクラブである[1]

歴史[編集]

1930年代 [編集]

1930年代まで存在していたFCラピード・ザルツブルクとFCヘルタ・ザルツブルクの合併により1933年9月13日SVアウストリア・ザルツブルク(SV Austria Salzburg)として創設された。同じくザルツブルクを本拠地とするSAK 1914ザルツブルクの陰に長年隠れていたが、第二次世界大戦後に徐々に頭角を現すようになり[要出典]1953年に1部リーグにあたるオーストリア・ブンデスリーガ(当時のリーグ名は「Staatsliga」)に昇格した。

1960年代-1980年代[編集]

1971年にはオーストリア・ブンデスリーガ(以下「リーグ戦」と表記)とミトローパ・カップで準優勝した。一方で、1950年代には1度、1960年代には3度、1970年代と1980年代に1度ずつ2部リーグへの降格も経験し、特に1960年代はオーストリアを代表するエレベーターチームの1つであった。[要出典] 財政的な理由から1985年には同じくザルツブルクを本拠地とし、当時はSVアウストリア・ザルツブルクよりも好成績を収めていたライバルのSAK 1914ザルツブルクとの合併を自ら希望するものの、先方に断られるなどクラブの将来性が見えず、クラブの存続自体が長年に渡り危ぶまれていた。[要出典]

FKアウストリア・ウィーンラピード・ウィーン、そしてFCヴァッカー・インスブルックの強豪クラブがリーグ優勝やカップ優勝を重ねる中、SVアウストリア・ザルツブルクはオーストリア・ブンデスリーガの弱小クラブの一つであった。[要出典]

ちなみに1973年よりスポンサー名がクラブ名に付くようになり、クラブ名は"SV Gerngroß A. Salzburg"(1973-1976)、"SV Sparkasse Austria Salzburg"(1976-1978)、"SV Casino Austria Salzburg"(1978-1997)、"SV Wüstenrot Salzburg"(1997-2005)と変更された。

1990年代[編集]

長年スポンサーであったオーストリア・カジノ社が積極的に投資するようになり、ヴォルフガング・ファイアージンガートーマス・ヴィンクルホーファーハイモ・プファイフェンベルガーヘリベルト・ヴェーバーオットー・コンラードなど数多くのオーストリア代表選手が所属するようになる。また、オリバー・ビアホフ(後にサッカードイツ代表に選出)が1991年に入団してリーグ得点王になった。1992年および1993年にはオーストリア・ブンデスリーガで準優勝、1994年にオットー・バリッチ監督の下、リーグ優勝を果たした。

UEFAカップ1993-94では決勝に進出し、イタリアのインテルナツィオナーレ・ミラノに敗れたが、準優勝の成績を残した。

1994-1995年のシーズンで2年連続のリーグ優勝。UEFAチャンピオンズリーグ 1994-95にも出場し、グループリーグでオランダのアヤックスにホームとアウェーで引き分け、ギリシャのAEKアテネには勝利するが、イタリアのACミランに敗れて、同勝ち点ながら得失点差でグループリーグで敗退した。

1995-1996年のシーズンはクラブ内の権力争いもありチームがなかなかまとまらずリーグ戦で8位に終わった。

1996年の夏には数多くの主力選手を放出、中心選手であったヴォルフガング・ファイアージンガーがボルシア・ドルトムントへ、ハイモ・プファイフェンベルガーがヴェルダー・ブレーメンへ、そしてオットー・コンラートがレアル・サラゴサへ移籍したが、レネー・アウフハウザーロベルト・イベルツベルガーゲルノット・プラスネッガーなど若手も育ち、リーグ戦で3度目の優勝を果たした。

1998年以降はリーグ戦、オーストリア・カップ、そしてヨーロッパカップでも結果を残す事が出来ず、オーストリア・ブンデスリーガでは優勝争いに絡むどころか、2部降格の危機もあった。

2000年代[編集]

2000年以降もオーストリア・ブンデスリーガで6位、6位、3位、7位、9位と目立った結果を残す事が出来ず、オーストリア・カップでも当時オーストリア2部に属していたFCケルンテンザンクト・ペルテンに敗北するなど1990年代の黄金時代を知るザルツブルク・サポーターの期待を裏切り続けた。また財政上も非常に厳しい時期が続き、クラブは破産寸前の状態となり、プロサッカーの維持のみならず、クラブの存続自体が危ぶまれていた。

2005年レッドブルなどを取り扱うオーストリアの飲料メーカーのレッドブル (企業)英語版(以下「レッドブル社」)がクラブを買収。名称が「レッドブル・ザルツブルク」に変更された。

2005-2006年シーズンはFCヴァッカー・インスブルックハンブルガーSV1.FCカイザースラウテルンなどの監督を務めたクルト・ヤーラが監督に就任。

バイエルン・ミュンヘンから元ドイツ代表のトーマス・リンケアレクサンダー・ツィックラーボーフムからスロベニア代表のアレクサンデル・クナウス英語版、チェコ代表のヴラティスラフ・ロクヴェンツなどが加入、リーグ戦で準優勝を果たす。しかしシーズン終了後、選手の移籍金問題でフロントと対立したためクルト・ヤーラは監督を解雇される。

2006年の夏に元イタリア代表監督のジョバンニ・トラパットーニと元ドイツ代表主将のローター・マテウスがそれぞれ監督とヘッドコーチに就任。また、ニコ・コヴァチ(元バイヤー・レバークーゼンハンブルガーSV、バイエルン・ミュンヘン、ヘルタ・ベルリン)、ヨハン・フォンランテン(元PSVアイントホーフェンNACブレダブレシア)、ティモ・オクス(元1860ミュンヘン)、レモ・マイヤー(元FCルツェルン、1860ミュンヘン)、ホルヘ・ヴァルガス(元レッジーナエンポリリヴォルノ)、クリスティアン・ティファート(元VfBシュトゥットガルト)、マークス・シュタインヘーファー(元バイエルン・ミュンヘン・サテライト)などを獲得。2006年12月ガンバ大阪宮本恒靖浦和レッズ三都主アレサンドロを獲得。オーストリア・カップでは準決勝に進出し、リーグ戦は10年ぶりとなる4度目のリーグ優勝を果たした。

UEFAチャンピオンズリーグ 2006-07は予選3回戦でスペインバレンシアCFに敗れた。

2007-08年度はリーグ戦で準優勝の成績を残した。

Red Bull Salzburg 23-10-2005.jpg

UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08は予選3回戦でウクライナシャフタール・ドネツクに敗れた。

2007年6月12日、様々な見解の違いから(公式ホームページ日本語版)[要出典]、ヘッドコーチのローター・マテウスを解任した。

2008-09年シーズンよりアヤックス・アムステルダムFCポルトAZアルクマールなどで指揮を執ったオランダ出身のコー・アドリアーンセが監督に就任した。

バイエルン・ミュンヘンとの提携関係[編集]

2005年より2012年までドイツ・ブンデスリーガFCバイエルン・ミュンヘンと提携関係を結んでいた関係から多くの元FCバイエルン・ミュンヘンの選手・スタッフがレッドブル・ザルツブルクに所属し深い関係を築いていた。当時のクラブスポンサーもFCバイエルン・ミュンヘンと同じアディダスアウディであった。 また、「皇帝」として知られるフランツ・ベッケンバウアーのネットワークもあり、数多くの元2006 FIFAワールドカップの実行委員会のメンバーがクラブマネジメントに携わっていた。

元FCバイエルン・ミュンヘンのクラブ関係者

2006 FIFAワールドカップ実行委員会のクラブ関係者

さらにトーマス・リンケアレクサンダー・ツィックラーニコ・コバチマークス・シュタインヘーファーと往年のバイエルン・ミュンヘンの選手がレッドブル・ザルツブルクに所属していた。

2006-2007年シーズンには元バイエルン・ミュンヘンの名選手ローター・マテウスがヘッドコーチを務めていたが、2007年6月12日に解任された。後任のトルステン・フィンクも元バイエルン・ミュンヘンの選手であった。

また、日本人選手獲得の原動力となったスポーツディレクターオリヴァー・クロイツァーも元バイエルン・ミュンヘンのDFとしてドイツ・ブンデスリーガ優勝やUEFAカップ優勝などの実績を残している。

レッドブル社のサッカークラブへの投資[編集]

レッドブル社は以前から、モータースポーツやエクストリームスポーツに対して資本提供する事が多かったが、FCレッドブル・ザルツブルクの前身となったSVアウストリア・ザルツブルクの経営権を取得した以外にも、2006年メジャーリーグサッカーのメトロスターズを買収、ニューヨーク・レッドブルズとして現在でも運営している。

その他にもレッドブル・グループではドイツ・ブンデスリーガRBライプツィヒオーストリア2部FCリーフェリング、そしてレッドブル・ブラジルを経営している。

また、2007年10月からガーナレッドブル・ガーナを経営していたが、2013年に経営権を別の運営会社に譲った。しかし新たに命名された「West African Football Academy」とは提携関係を結んでいる。

RBライプツィヒとの関係[編集]

2016-17シーズンにレッドブル・ザルツブルクはオーストリア・ブンデスリーガを優勝、RBライプツィヒはドイツ・ブンデスリーガを2位になり、共に2017-18シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。しかし、チャンピオンズリーグを主催するUEFAの規約で「同一の出資者または個人が運営する2つのクラブは同時に出場することができない。」とされているため、RBライプツィヒがCLに出場できない可能性があると報じられた[2]。しかし、UEFAは両クラブのCL出場は規約に抵触しないとして出場を認めた[3]

ラルフ・ラングニックは両クラブのスポーツディレクターを務めていたが、2015年にRBライプツィヒのSD職に専念することになったほか、レッドブルグループのサッカークラブを統括する役職にRBライプツィヒのCEOが就いていたが、2017年からRBライプツィヒに専念することになるなど、両クラブの独立性を高めるための分離が図られた[4]

レッドブル・ザルツブルクに所属する選手がライプツィヒにグループ内移籍するケースが多くみられる[5]。2016年夏にはナビ・ケイタベルナルドらがRBライプツィヒに移籍した。2019年から過去7年間で18名の選手がレッドブル・ザルツブルクからRBライプツィヒに移籍している[6]

2018-19シーズンのUEFAヨーロッパリーグでは、両クラブがグループリーグ同組となり直接対決が実現した。2018年9月20日、RBライプツィヒのホームで行われた試合は3-2でアウェーのレッドブル・ザルツブルクが勝利し[7]、11月29日のレッドブル・ザルツブルクのホームでの試合も1-0でレッドブル・ザルツブルクが勝利した[8]

レッドブル社と一部のサポーターの対立[編集]

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

オーストリア・ブンデスリーガ1部

  • 優勝 13回 1994, 1995, 1997, 2007, 2009, 2010, 2012, 2014, 2015, 2016, 2017, 2018, 2019
  • 準優勝 7回 1971, 1992, 1993, 2006, 2008, 2011, 2013

オーストリア・カップ

  • 優勝 5回 2012, 2014, 2015, 2016, 2017
  • 準優勝 5回 1974, 1980, 1981, 2000, 2018

オーストリア・スーパーカップ

  • 優勝 3回 1994, 1995, 1997

エアステリーガ(オーストリア2部リーグ)

  • 優勝 2回 1978, 1989

オーストリア・室内サッカーカップ

  • 優勝 1回 1999

国際タイトル[編集]

近年の成績[編集]

シーズン ディビジョン オーストリア・カップ
リーグ 順位
1993-94 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 36 21 9 6 56 18 51 ベスト16
1994-95 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 36 15 17 4 48 24 47 ベスト4
1995-96 オーストリア・ブンデスリーガ 8位 36 10 14 12 53 51 44 ベスト16
1996-97 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 36 19 12 5 54 25 69 ベスト4
1997-98 オーストリア・ブンデスリーガ 4位 36 16 8 12 48 33 56 ベスト8
1998-99 オーストリア・ブンデスリーガ 4位 36 15 12 9 55 40 57 ベスト8
1999-00 オーストリア・ブンデスリーガ 6位 36 12 10 14 39 45 46 準優勝
2000-01 オーストリア・ブンデスリーガ 6位 36 13 10 13 49 45 49 ベスト16
2001-02 オーストリア・ブンデスリーガ 6位 36 13 10 13 42 40 49 ベスト4
2002-03 オーストリア・ブンデスリーガ 3位 36 15 11 10 51 46 56 ベスト4
2003-04 オーストリア・ブンデスリーガ 7位 36 11 5 20 44 48 38 ベスト16
2004-05 オーストリア・ブンデスリーガ 9位 36 9 9 18 37 51 36 ベスト16
2005-06 オーストリア・ブンデスリーガ 2位 36 20 3 13 62 42 63 2回戦敗退
2006-07 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 36 22 9 5 70 23 75 ベスト4
2007-08 オーストリア・ブンデスリーガ 2位 36 18 9 9 63 42 63
2008-09 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 36 23 5 8 86 50 74 ベスト16
2009-10 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 36 22 10 4 68 27 76 ベスト16
2010-11 オーストリア・ブンデスリーガ 2位 36 17 12 7 53 31 63 2回戦敗退
2011-12 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 36 19 11 6 60 30 68 優勝
2012-13 オーストリア・ブンデスリーガ 2位 36 22 11 3 91 39 77 ベスト4
2013-14 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 36 25 5 6 110 35 80 優勝
2014-15 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 36 22 7 7 99 42 73 優勝
2015-16 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 36 21 11 4 71 33 74 優勝
2016-17 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 36 25 6 5 74 24 81 優勝
2017-18 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 36 25 8 3 81 29 83 準優勝
2018-19 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 32 25 5 2 79 27 52 優勝
2019-20 オーストリア・ブンデスリーガ

欧州の成績[編集]

現所属メンバー[編集]

2018-19シーズンフォーメーション

Soccer Field Transparant.svg


2019年9月8日現在[9]
No. Pos. 選手名
1 オーストリアの旗 GK シカン・スタンコヴィッチ
3 スイスの旗 DF ヤスパー・ファン・デル・ヴェルフ
4 ガーナの旗 MF マジード・アシメル
5 オーストリアの旗 DF アルベルト・ヴァルチ
6 カメルーンの旗 DF ジェローム・オンギュネ
7 マリ共和国の旗 FW セク・コイタ
9 大韓民国の旗 FW 黄喜燦
11 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 FW スマイル・プレヴリャク
14 ハンガリーの旗 MF ソボスライ・ドミニク
15 ブラジルの旗 DF アンドレ・ラマーリョ
16 オーストリアの旗 MF ズラトコ・ユヌゾヴィッチ
17 オーストリアの旗 DF アンドレアス・ウルマー
18 日本の旗 FW 南野拓実
19 マリ共和国の旗 MF モハメド・カマラ
No. Pos. 選手名
20 ザンビアの旗 FW パトソン・ダカ
23 スイスの旗 GK フィリップ・ケーン
25 オーストリアの旗 DF パトリック・ファルカス
28 フランスの旗 MF アントワーヌ・ベルネード
29 ドイツの旗 FW キリアン・ルートヴィヒ
30 ノルウェーの旗 FW エルリング・ホランド
31 ブラジルの旗 GK カルロス・ミゲウ・コロネウ
33 ドイツの旗 GK アレクサンダー・ヴァルケ
34 クロアチアの旗 DF マリン・ポングラチッチ
37 日本の旗 MF 奥川雅也
39 オーストリアの旗 DF マクシミリアン・ウーバー
43 デンマークの旗 DF ラスマス・クリステンセン
44 マリ共和国の旗 MF ユーバ・ディアラ
45 ザンビアの旗 MF エノック・ムウェプ
監督

ローン移籍[編集]

in
No. Pos. 選手名
out
No. Pos. 選手名
-- オーストリアの旗 DF ルカ・マイスル (SKNザンクト・ペルテン)
-- ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 DF ダルコ・トドロヴィッチ (ホルシュタイン・キール)
-- マリ共和国の旗 MF ウスマン・ディアキテ (SCラインドルフ・アルタッハ)
-- ガーナの旗 FW サミュエル・テテ (LASKリンツ)
No. Pos. 選手名
-- ドイツの旗 FW カリム・アデイエミ (FCリーフェリング)
-- コソボの旗 FW メルギム・ベリシャ (SCラインドルフ・アルタッハ)
-- ガーナの旗 DF ギデオン・メンザー (SVズルテ・ワレヘム)
-- マリ共和国の旗 MF ユーバ・ディアラ (FCザンクトパウリ)

歴代監督[編集]

氏名 国籍 期間
オットー・バリッチ クロアチアの旗 クロアチア 1991 - 1995
ヘルマン・シュテッスル  オーストリア 1995 - 1996
ヘリベルト・ヴェーバー  オーストリア 1996 - 1998
ハンス・クランクル  オーストリア 1998 - 2000
ミロスラフ・ポラック  オーストリア 2000
ハンス・バッケ  スウェーデン 2000 - 2001
ラース・ゼンデガールド  デンマーク 2001 - 2003
ペーター・アスィオン ドイツの旗 ドイツ 2003
ヴァルター・ヘルマン  オーストリア 2004
ペーター・アスィオン ドイツの旗 ドイツ 2004-05
ニコラ・ジュルシェヴィッチ クロアチアの旗 クロアチア 2005
マンフレッド・リンツマイヤー  オーストリア 2005
クルト・ヤーラ  オーストリア 2005-06
ジョバンニ・トラパットーニ イタリアの旗 イタリア 2006/6/2 - 2008/5/31
コー・アドリアーンセ オランダの旗 オランダ 2008/6/1 - 2009
フーブ・ステフェンス オランダの旗 オランダ 2009 - 2011/4/8
リカルド・モニス オランダの旗 オランダ 2011/4/8 - 2012/6/12
ロガー・シュミット ドイツの旗 ドイツ 2012/7/24 - 2014/5/31
アドルフ・ヒュッター  オーストリア 2014/6/1 - 2015/6/15
ペーター・ツァイドラー  オーストリア 2015/6/22 - 2015/12/3
オスカル・ガルシア スペインの旗 スペイン 2015/12/28 - 2017/6/14
マルコ・ローゼ ドイツの旗 ドイツ 2017/7/1 - 2019/6/30
ジェシー・マーシュ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2019/7/1 -

歴代所属選手 (SVアウストリア・ザルツブルク時代)[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

歴代所属選手 (FCレッドブル・ザルツブルク時代)[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Club World Ranking - IFFHS(2018年1月1日16閲覧)
  2. ^ ザルツブルクとライプツィヒ、CL出場めぐる“RB問題”の顛末。“兄弟クラブ”に向けられた懸念”. フットボールチャンネル (2017年6月30日). 2019年9月18日閲覧。
  3. ^ ライプツィヒと南野のザルツブルク、両方CL出場可能へ…UEFAが発表”. Goal.com (2017年6月21日). 2019年9月18日閲覧。
  4. ^ 分離は「建前」。RBライプツィヒと レッドブル帝国の領土拡大は続く”. footballista (2019年5月9日). 2019年9月18日閲覧。
  5. ^ RBライプツィヒはなぜドイツで忌み嫌われ、でも強いのか?”. footballista (2016年12月20日). 2019年9月18日閲覧。
  6. ^ ライプツィヒ、ザルツブルクからヴォルフ獲得”. Kicker日本語版 (2019年1月23日). 2019年9月18日閲覧。 “RBザルツブルクから過去7年で通算18人目となる、”
  7. ^ ザルツブルク、敵地でライプツィヒとの“レッドブル対決”を制す…南野拓実は途中出場”. Goal.com (2018年9月21日). 2019年9月18日閲覧。
  8. ^ ザルツブルクがライプツィヒ下す! GS全勝で決勝Tへ…南野は途中出場”. サッカーキング (2018年11月30日). 2019年9月18日閲覧。
  9. ^ TEAM”. レッドブル・ザルツブルク公式サイト. 2019年9月8日閲覧。

外部リンク[編集]