レッドブル・ザルツブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レッドブル・ザルツブルク
原語表記 FC Red Bull Salzburg
愛称 Die Roten Bullen
クラブカラー 紫・白
創設年 1933年
所属リーグ オーストリア・ブンデスリーガ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン ザルツブルク
ホームスタジアム レッドブル・アレーナ
収容人数 30.188
代表者 オーストリアの旗 ルドルフ・タイアル
監督 スペインの旗 オスカル・ガルシア
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

FCレッドブル・ザルツブルクドイツ語: FC Red Bull Salzburg)は、オーストリアザルツブルクを本拠地とするサッカークラブである。オーストリア・ブンデスリーガに加盟し、SKラピード・ウィーンFKアウストリア・ウィーンと共にリーグを代表する強豪である。

歴史[編集]

1930年代 [編集]

1930年代まで存在していたFCラピード・ザルツブルクとFCヘルタ・ザルツブルクの合併により1933年9月13日SVアウストリア・ザルツブルク(SV Austria Salzburg)として創設された。同じくザルツブルクを本拠地とするSAK 1914ザルツブルクの陰に長年隠れていたが、第二次世界大戦後に徐々に頭角を現すようになり[要出典]1953年に1部リーグにあたるオーストリア・ブンデスリーガ(当時のリーグ名は「Staatsliga」)に昇格した。

1960年代-1980年代[編集]

1971年にはオーストリア・ブンデスリーガ(以下「リーグ戦」と表記)とミトローパ・カップで準優勝した。一方で、1950年代には1度、1960年代には3度、1970年代と1980年代に1度ずつ2部リーグへの降格も経験し、特に1960年代はオーストリアを代表するエレベーターチームの1つであった。[要出典] 財政的な理由から1985年には同じくザルツブルクを本拠地とし、当時はSVアウストリア・ザルツブルクよりも好成績を収めていたライバルのSAK 1914ザルツブルクとの合併を自ら希望するものの、先方に断られるなどクラブの将来性が見えず、クラブの存続自体が長年に渡り危ぶまれていた。[要出典]

FKアウストリア・ウィーンラピード・ウィーン、そしてFCヴァッカー・インスブルックの強豪クラブがリーグ優勝やカップ優勝を重ねる中、SVアウストリア・ザルツブルクはオーストリア・ブンデスリーガの弱小クラブの一つであった。[要出典]

ちなみに1973年よりスポンサー名がクラブ名に付くようになり、クラブ名は"SV Gerngroß A. Salzburg"(1973-1976)、"SV Sparkasse Austria Salzburg"(1976-1978)、"SV Casino Austria Salzburg"(1978-1997)、"SV Wüstenrot Salzburg"(1997-2005)と変更された。

1990年代[編集]

長年スポンサーであったオーストリア・カジノ社が積極的に投資するようになり、ヴォルフガング・ファイアージンガートーマス・ヴィンクルホーファーハイモ・プファイフェンベルガーヘリベルト・ヴェーバーオットー・コンラードなど数多くのオーストリア代表選手が所属するようになる。また、オリバー・ビアホフ(後にサッカードイツ代表に選出)が1991年に入団してリーグ得点王になった。1992年および1993年にはオーストリア・ブンデスリーガで準優勝、1994年にオットー・バリッチ監督の下、リーグ優勝を果たした。

UEFAカップ1993-94では決勝に進出し、イタリアのインテルナツィオナーレ・ミラノに敗れたが、準優勝の成績を残した。

1994-1995年のシーズンで2年連続のリーグ優勝。UEFAチャンピオンズリーグ 1994-95にも出場し、グループリーグでオランダのアヤックスにホームとアウェーで引き分け、ギリシャのAEKアテネには勝利するが、イタリアのACミランに敗れて、同勝ち点ながら得失点差でグループリーグで敗退した。

1995-1996年のシーズンはクラブ内の権力争いもありチームがなかなかまとまらずリーグ戦で8位に終わった。

1996年の夏には数多くの主力選手を放出、中心選手であったヴォルフガング・ファイアージンガーがボルシア・ドルトムントへ、ハイモ・プファイフェンベルガーがヴェルダー・ブレーメンへ、そしてオットー・コンラートがレアル・サラゴサへ移籍したが、レネー・アウフハウザーロベルト・イベルツベルガーゲルノット・プラスネッガーなど若手も育ち、リーグ戦で3度目の優勝を果たした。

1998年以降はリーグ戦、オーストリア・カップ、そしてヨーロッパカップでも結果を残す事が出来ず、オーストリア・ブンデスリーガでは優勝争いに絡むどころか、2部降格の危機もあった。

2000年代[編集]

2000年以降もオーストリア・ブンデスリーガで6位、6位、3位、7位、9位と目立った結果を残す事が出来ず、オーストリア・カップでも当時オーストリア2部に属していたFCケルンテンザンクト・ペルテンに敗北するなど1990年代の黄金時代を知るザルツブルク・サポーターの期待を裏切り続けた。また財政上も非常に厳しい時期が続き、クラブは破産寸前の状態となり、プロサッカーの維持のみならず、クラブの存続自体が危ぶまれていた。

2005年レッドブルなどを取り扱うオーストリアの飲料メーカーのレッドブル (企業)英語版(以下「レッドブル社」)がクラブを買収。名称が「レッドブル・ザルツブルク」に変更された。

2005-2006年シーズンはFCヴァッカー・インスブルックハンブルガーSV1.FCカイザースラウテルンなどの監督を務めたクルト・ヤーラが監督に就任。

バイエルン・ミュンヘンから元ドイツ代表のトーマス・リンケアレクサンダー・ツィックラーボーフムからスロベニア代表のアレクサンデル・クナウス英語版、チェコ代表のヴラティスラフ・ロクヴェンツなどが加入、リーグ戦で準優勝を果たす。しかしシーズン終了後、選手の移籍金問題でフロントと対立したためクルト・ヤーラは監督を解雇される。

2006年の夏に元イタリア代表監督のジョバンニ・トラパットーニと元ドイツ代表主将のローター・マテウスがそれぞれ監督とヘッドコーチに就任。また、ニコ・コヴァチ(元バイヤー・レバークーゼンハンブルガーSV、バイエルン・ミュンヘン、ヘルタ・ベルリン)、ヨハン・フォンランテン(元PSVアイントホーフェンNACブレダブレシア)、ティモ・オクス(元1860ミュンヘン)、レモ・マイヤー(元FCルツェルン、1860ミュンヘン)、ホルヘ・ヴァルガス(元レッジーナエンポリリヴォルノ)、クリスティアン・ティファート(元VfBシュトゥットガルト)、マークス・シュタインヘーファー(元バイエルン・ミュンヘン・サテライト)などを獲得。2006年12月ガンバ大阪宮本恒靖浦和レッズ三都主アレサンドロを獲得。オーストリア・カップでは準決勝に進出し、リーグ戦は10年ぶりとなる4度目のリーグ優勝を果たした。

UEFAチャンピオンズリーグ 2006-07は予選3回戦でスペインバレンシアCFに敗れた。

2007-08年度はリーグ戦で準優勝の成績を残した。

Red Bull Salzburg 23-10-2005.jpg

UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08は予選3回戦でウクライナシャフタール・ドネツクに敗れた。

2007年6月12日、様々な見解の違いから(公式ホームページ日本語版)[要出典]、ヘッドコーチのローター・マテウスを解任した。

2008-09年シーズンよりアヤックス・アムステルダムFCポルトAZアルクマールなどで指揮を執ったオランダ出身のコー・アドリアーンセが監督に就任した。

バイエルン・ミュンヘンとの提携関係[編集]

2005年よりドイツ・ブンデスリーガの名門FCバイエルン・ミュンヘンと提携関係を結んでいる。多くの元FCバイエルン・ミュンヘンの選手・スタッフがレッドブル・ザルツブルクに所属しており、いかに関係が深いものであるかを伺わせる。また、当時のクラブスポンサーもFCバイエルン・ミュンヘンと同じアディダスアウディである。 また、「皇帝」として知られるフランツ・ベッケンバウアーのネットワークもあり、数多くの元2006 FIFAワールドカップの実行委員会のメンバーがクラブマネジメントに携わっている。

元FCバイエルン・ミュンヘンのクラブ関係者

2006 FIFAワールドカップ実行委員会のクラブ関係者

さらにトーマス・リンケアレクサンダー・ツィックラーニコ・コバチマークス・シュタインヘーファーと往年のバイエルン・ミュンヘンの選手がレッドブル・ザルツブルクに所属していた。またトップチームで活躍しているルイス・ヌワト・マホップはバイエルン・ミュンヘンのサテライトチームから移籍してきた選手である。

2006-2007年シーズンには元バイエルン・ミュンヘンの名選手ローター・マテウスがヘッドコーチを務めていたが、2007年6月12日に解任された。後任のトルステン・フィンクも元バイエルン・ミュンヘンの選手であった。

また、日本人選手獲得の原動力となり、2007年9月12日に解任されたスポーツディレクターオリヴァー・クロイツァーも元バイエルン・ミュンヘンのDFとしてドイツ・ブンデスリーガ優勝やUEFAカップ優勝などの実績を残している。

レッドブル社のサッカークラブへの投資[編集]

レッドブル社は以前から、モータースポーツやエクストリームスポーツに対して資本提供する事が多かったが、SVアウストリア・ザルツブルクを買収した以外にも、2006年メジャーリーグサッカーのメトロスターズを買収、クラブ名をレッドブル・ニューヨークに変更している。

また、2007年10月にはガーナレッドブル・サッカー・アカデミーが設立され、現在ではブラジルに新たなサッカー・アカデミーを建設中である。[要出典]

レッドブル社と一部のサポーターの対立[編集]

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

過去の成績[編集]

シーズン リーグ 順位
1993-94 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 21 9 6 56 18 51
1994-95 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 15 17 4 48 24 47
1995-96 オーストリア・ブンデスリーガ 8位 10 14 12 53 51 44
1996-97 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 19 12 5 54 25 69
1997-98 オーストリア・ブンデスリーガ 4位 16 8 12 48 33 56
1998-99 オーストリア・ブンデスリーガ 4位 15 12 9 55 40 57
1999-00 オーストリア・ブンデスリーガ 6位 12 10 14 39 45 46
2000-01 オーストリア・ブンデスリーガ 6位 13 10 13 49 45 49
2001-02 オーストリア・ブンデスリーガ 6位 13 10 13 42 40 49
2002-03 オーストリア・ブンデスリーガ 3位 15 11 10 51 46 56
2003-04 オーストリア・ブンデスリーガ 7位 11 5 20 44 48 38
2004-05 オーストリア・ブンデスリーガ 9位 9 9 18 37 51 36
2005-06 オーストリア・ブンデスリーガ 2位 20 3 13 62 42 63
2006-07 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 22 9 5 70 23 75
2007-08 オーストリア・ブンデスリーガ 2位 18 9 9 63 42 63
2008-09 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 23 5 8 86 50 74
2009-10 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 22 10 4 68 27 76
2010-11 オーストリア・ブンデスリーガ 2位 17 12 7 53 31 63
2011-12 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 19 11 6 60 30 68
2012-13 オーストリア・ブンデスリーガ 2位 22 11 3 91 39 77
2013-14 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 25 5 6 110 35 80
2014-15 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 22 7 7 99 42 73
2015-16 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 21 11 4 71 33 74
2016-17 オーストリア・ブンデスリーガ 1位 25 6 5 74 24 81
2017-18 オーストリア・ブンデスリーガ

欧州での成績[編集]

現所属メンバー[編集]

2017年3月25日現在[1]
No. Pos. 選手名
1 オーストリアの旗 GK シカン・スタンコヴィッチ
3 ブラジルの旗 DF パウロ・ミランダ
5 クロアチアの旗 DF ドゥイェ・チャレタ=ツァル
6 スイスの旗 DF クリスティアン・シュヴェクラー
8 マリ共和国の旗 MF ディアディエ・サマセク
11 ドイツの旗 MF マルク・ルザトコフスキ
13 オーストリアの旗 FW ハンネス・ヴォルフ
14 ノルウェーの旗 MF ヴァロン・ベリシャ
17 オーストリアの旗 DF アンドレアス・ウルマー
18 日本の旗 FW 南野拓実
19 大韓民国の旗 FW ファン・ヒチャン
20 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 FW スマイル・プレヴリャク
No. Pos. 選手名
22 オーストリアの旗 DF シュテファン・ライナー
23 オーストリアの旗 DF シュテファン・シュタングル
24 オーストリアの旗 MF クリストフ・ライトゲープ
25 クロアチアの旗 MF ヨシプ・ラドシェヴィッチ
28 デンマークの旗 DF アスガー・セーレンセン
29 ガーナの旗 FW サミュエル・テッテー
31 ブラジルの旗 GK カルロス・ミゲル・コロネル
33 ドイツの旗 GK アレクサンダー・ヴァルケ
34 ガーナの旗 GK ローレンス・アティ
37 コソボの旗 FW メルギム・ベリシャ
42 オーストリアの旗 MF クサーヴァー・シュラーガー
77 スイスの旗 FW ディミトリ・オベルリン
監督

ローン移籍[編集]

in
No. Pos. 選手名
out
No. Pos. 選手名
-- ブラジルの旗 GK アイルトン (レッドブル・ブラジル)
-- マリ共和国の旗 MF アマドゥ・ハイダラ (FC Liefering)
-- クロアチアの旗 MF アンテ・ログリッチ (FCヴァッカー・インスブルック)
-- ガーナの旗 MF ダヴィド・アタンガ (SVマッテルスブルク)
-- ドイツの旗 MF ラインホルト・ヤボ (アルミニア・ビーレフェルト)
No. Pos. 選手名
-- オーストリアの旗 MF ヴァレンティーノ・ラザロ (ヘルタ・ベルリン)
-- ノルウェーの旗 FW フレデリク・グルブランドセン (ニューヨーク・レッドブルズ)
-- オーストリアの旗 FW マルコ・ジュリチン (フェレンツヴァーロシュTC)
-- イスラエルの旗 FW ムナス・ダブール (グラスホッパー・クラブ・チューリッヒ)

歴代監督[編集]

氏名 国籍 期間
オットー・バリッチ クロアチアの旗 クロアチア 1991 - 1995
ヘルマン・シュテッスル  オーストリア 1995 - 1996
ヘリベルト・ヴェーバー  オーストリア 1996 - 1998
ハンス・クランクル  オーストリア 1998 - 2000
ミロスラフ・ポラック  オーストリア 2000
ハンス・バッケ  スウェーデン 2000 - 2001
ラース・ゼンデガールド  デンマーク 2001 - 2003
ペーター・アスィオン ドイツの旗 ドイツ 2003
ヴァルター・ヘルマン  オーストリア 2004
ペーター・アスィオン ドイツの旗 ドイツ 2004-05
ニコラ・ジュルシェヴィッチ クロアチアの旗 クロアチア 2005
マンフレッド・リンツマイヤー  オーストリア 2005
クルト・ヤーラ  オーストリア 2005-06
ジョバンニ・トラパットーニ イタリアの旗 イタリア 2006/6/2 - 2008/5/31
コー・アドリアーンセ オランダの旗 オランダ 2008/6/1 - 2009
フーブ・ステフェンス オランダの旗 オランダ 2009 - 2011/4/8
リカルド・モニス オランダの旗 オランダ 2011/4/8 - 2012/6/12
ロガー・シュミット ドイツの旗 ドイツ 2012/7/24 - 2014/5/31
アドルフ・ヒュッター  オーストリア 2014/6/1 - 2015/6/15
ペーター・ツァイドラー  オーストリア 2015/6/22 - 2015/12/3
オスカル・ガルシア スペインの旗 スペイン 2015/12/28 -

歴代所属選手 (SVアウストリア・ザルツブルク時代)[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

歴代所属選手 (FCレッドブル・ザルツブルク時代)[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]


脚注[編集]

  1. ^ TEAM”. レッドブル・ザルツブルク公式サイト. 2017年2月13日閲覧。

外部リンク[編集]