ブレンドン・ハートレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブレンドン・ハートレイ
Brendon Hartley Wiki.jpg
ブレンドン・ハートレイ (2015年)
基本情報
略称表記 HAR
国籍  ニュージーランド
出身地 同・パーマストン・ノース
生年月日 (1989-11-10) 1989年11月10日(28歳)
F1での経歴
活動時期 2017
所属チーム トロ・ロッソ '17
車番 28
出走回数 3
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 2017年アメリカGP
(記録は2017年第19戦ブラジルGP終了時)
テンプレートを表示

ブレンドン・ハートレイBrendon Hartley, 1989年11月10日 - )はニュージーランドパーマストンノース出身のレーシングドライバー

プロフィール[編集]

フォーミュラレース[編集]

2008年イギリスF3選手権に参戦したハートレイ

ハートレイは6歳でカートレースを始め、その6年後には本格的な国内選手権に参戦してシーズン7位。翌2004年には13歳という若さでニュージーランドのフォーミュラ・フォード・フィスティバルを制し、キャリア初優勝を果たした。

2005年10月、エストリルで行われたレッドブルのドライバー・サーチ・プログラムに参加し、ハイメ・アルグエルスアリら他3名と共に合格。翌2006年から2010年7月までレッドブル・ジュニアチームの育成ドライバーとしてヨーロッパ各地のカテゴリーに参戦した。

2008年4月にはトロ・ロッソの2008年型マシンであるSTR3シェイクダウン・テストを担当。2009年はレッドブルのテスト及びリザーブドライバーに指名されたが、「自身のレースに集中するため」シーズン途中で辞退して、ジュニアチームの同僚であるアルグエルスアリにその座を譲った[1]

2010年はテック1レーシングよりワールドシリーズ・バイ・ルノーに参戦。しかし、同じくレッドブルとトロ・ロッソのリザーブドライバーを務める僚友ダニエル・リチャルドと比べて成績が見劣りすることなどもあり、同年7月、シーズン途中でレッドブル・ジュニアチームから解雇された[2]。その後新たなスポンサーの協力を得てGP2コローニのシートを獲得し、シリーズの最後の2戦に出場した。

2011年は引き続きワールドシリーズ・バイ・ルノーにフル参戦する一方で、GP2シリーズの終盤2戦(4レース)に出戦。前者は最高位3位(3回)でシリーズランキング7位に、後者は入賞1回でシリーズ19位となった。

2012年はレギュラーシートを得ることはできず、実戦としてはGP2に数戦、FIA 世界耐久選手権(WEC)にLMP2クラスで数戦参戦したのみ。テストドライバーとして9月13日にマニクール・サーキットで実施されたF1ヤングドライバーテストにメルセデスより参加した。

2017年、トロロッソのピエール・ガスリースーパーフォーミュラ最終戦に出場するためアメリカGPを欠場し、その代役としてWEC参戦中のハートレイがオファーを受け、アメリカGPでF1デビューすることになった[3]。ニュージーランド出身のF1ドライバーは1984年マイク・サックウェル以来33年ぶりとなる[4]。当初は1戦限りの契約だったが、ダニール・クビアトが解雇されたため、翌戦以降も出走が決定。2018年のトロ・ロッソはガスリーとハートレイのコンビで出走することが複数のメディアから確実視されており、チームもそれを即日認めた。

スポーツカーレース[編集]

2015年ル・マン24時間レースの2位表彰台

2013年はメルセデスのテストドライバーを継続しながら、アメリカのロレックス・スポーツカー・シリーズ(Grand-AM)に参戦。第9戦ロード・アメリカで初優勝する。WECのLMP2クラスでは2年続けてル・マン24時間レースに出場した。

2014年は、耐久レースに復帰したポルシェのワークスドライバーの一員に起用され、マーク・ウェバーティモ・ベルンハルトポルシェ・919ハイブリッド20号車をドライブする。2015年もウェバー、ベルンハルトとのトリオを継続し、ル・マンで総合2位。続くニュルブルクリンク6時間でWEC初優勝するとさらに3連勝し、ウェバー・ベルンハルトと共にドライバーズチャンピオンを獲得した。

エピソード[編集]

  • 父のブライアンは数多くのモータースポーツ、特にフォーミュラ・アトランティックで活躍した経歴を持つ。また、兄のネルソンもニュージーランドの国内レースで活躍する現役のレーシングドライバーである。
  • レッドブル・ジュニアチーム時代はブロンドの髪を肩口まで伸ばし、レーサーというよりもストリートミュージシャンのような風貌をしていた。ポルシェワークス入りしてからはロングヘアを切り、以前よりも落ち着いた髪型にしている。

経歴[編集]

略歴[編集]

シリーズ チーム レース 勝利 PP FL 表彰台 ポイント 順位
2002-03 フォーミュラ・ファースト ニュージーランド - 6 0  ?  ? 0 335 8位
2003-04 フォーミュラ・フォード ニュージーランド - 18 6 6 3 9 239 2位
2005 トヨタ・レーシング・シリーズ GVI 15 3 1 2 7 807 3位
2005-06 ヴィクトリー・モータースポーツ 12 1 0 0 8 711 8位
2006 フォーミュラ・ルノー2.0 NEC モータースポーツ・アリーナ 14 0 0 1 1 151 10位
ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0 14 0 0 0 0 21 13位
2006-07 トヨタ・レーシング・シリーズ マーク・ペッチ・モータースポーツ 1 0 0 0 0 0 NC
2007 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0 イプシロン・レッドブル・チーム 14 4 6 4 8 134 1位
フォーミュラ・ルノー2.0 イタリア 14 1 1 5 5 236 3位
マスターズ・オブ・フォーミュラ3 ASL・ミュッケ・モータースポーツ 1 0 0 0 0 N/A 4位
マカオグランプリ カーリン・モータースポーツ 1 0 0 0 0 N/A 12位
2008 イギリス・フォーミュラ3選手権 22 5 5 4 11 208 3位
フォーミュラ3・ユーロシリーズ 6 0 0 0 0 0 NC
RC・モータースポーツ 2 0 0 0 0
マスターズ・オブ・フォーミュラ3 カーリン・モータースポーツ 1 0 0 0 0 N/A 5位
マカオグランプリ 1 0 0 1 1 N/A 3位
フォーミュラ1 スクーデリア・トロ・ロッソ テストドライバー
2009 フォーミュラ3・ユーロシリーズ カーリン・モータースポーツ 16 1 0 0 1 15 11位
フォーミュラ・ルノー3.5 シリーズ テック1・レーシング 13 0 1 3 1 26 15位
フォーミュラ1 スクーデリア・トロ・ロッソ テスト&リザーブドライバー
レッドブル・レーシング
マカオグランプリ カーリン 1 0 0 0 0 N/A NC
2010 フォーミュラ1 スクーデリア・トロ・ロッソ テスト&リザーブドライバー
レッドブル・レーシング
フォーミュラ・ルノー3.5 シリーズ テック1・レーシング 11 0 0 2 1 50 10位
P1・モータースポーツ 2 0 0 0 0
GP2シリーズ スクーデリア・コローニ 4 0 0 0 0 1 27位
2011 フォーミュラ・ルノー3.5 シリーズ グラヴィティ=チャロウズ・レーシング 16 0 0 2 3 95 7位
GP2シリーズ オーシャン・レーシング・テクノロジー 4 0 0 0 0 4 19位
2012 ル・マン24時間レース - LMP マーフィー・プロトタイプズ 1 0 0 0 0 N/A DNF
GP2シリーズ オーシャン・レーシング・テクノロジー 4 0 0 0 0 1 25位
フォーミュラ1 メルセデスAMG・ペトロナスF1チーム テストドライバー
2013 ル・マン24時間レース - LMP マーフィー・プロトタイプズ 1 0 0 0 0 N/A 6位
ロレックス・スポーツカー・シリーズ スターワークス・モータースポーツ 11 1 1 2 2 252 12位
フォーミュラ1 メルセデスAMG・ペトロナスF1チーム テストドライバー
2014 FIA 世界耐久選手権 ポルシェ・チーム 8 0 1 0 3 64.5 9位
ル・マン24時間レース 1 0 0 0 0 N/A NC
ユナイテッド・スポーツカー選手権 スターワークス・モータースポーツ 1 0 0 0 0 15 55位
2015 FIA 世界耐久選手権 ポルシェ・チーム 8 4 5 0 6 166 1位
ル・マン24時間レース 1 0 0 0 0 N/A 2位
ユナイテッド・スポーツカー選手権 スターワークス・モータースポーツ 1 0 0 0 0 23 30位
2016 FIA 世界耐久選手権 ポルシェ・チーム 9 4 2 0 3 134.5 4位
ル・マン24時間レース 1 0 0 0 0 N/A 13位
ウェザーテック・スポーツカー選手権 フォード・チップ・ガナッシ・レーシング 1 0 0 0 0 27 27位
2017 FIA 世界耐久選手権 ポルシェ・LMPチーム 8 4 2 0 7 190 1位*
ル・マン24時間レース 1 1 0 0 1 N/A 1位
ウェザーテック・スポーツカー選手権 テキーラ・パトロンESM 3 1 0 0 1 80 19位
フォーミュラ1 スクーデリア・トロ・ロッソ 3 0 0 0 0 0* 23位*
  • * : 今シーズンの順位。(現時点)

フォーミュラ3・ユーロシリーズ[編集]

エントラント シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 DC ポイント
2008年 R.C.モータースポーツ・パワード・バイ・フォルクスワーゲン ダラーラ F308/077 フォルクスワーゲン HOC1
1
HOC1
2
MUG
1
MUG
2
PAU
1
PAU
2
NOR
1
NOR
2
ZAN
1
ZAN
2
NÜR
1

Ret
NÜR
2

14
BRH
1
BRH
2
NC 0
カーリン・モータースポーツ ダラーラ F308/055 メルセデス CAT
1

14
CAT
2

6
BUG
1

8
BUG
2

22
HOC
1

Ret
HOC
2

14
2009年 ダラーラ F308/074 フォルクスワーゲン HOC
1

19
HOC
2

Ret
LAU
1

4
LAU
2

4
NOR
1

Ret
NOR
2

11
ZAN
1

10
ZAN
2

8
OSC
1

21
OSC
2

21
NÜR
1

22
NÜR
2

17
BRH
1

8
BRH
2

1
CAT
1
CAT
2
DIJ
1

Ret
DIJ
2

11
HOC
1
HOC
2
11位 15

(key)

  •  : ゲストドライバーとしての出走であるため、ポイントは加算されない。

フォーミュラ・ルノー3.5 シリーズ[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 順位 ポイント
2009年 テック1・レーシング CAT
SPR

12
CAT
FEA

9
SPA
SPR

11
SPA
FEA

10
MON
FEA

17
HUN
SPR

17
HUN
FEA

12
SIL
SPR

5
SIL
FEA

13
BUG
SPR
BUG
FEA
ALG
SPR
ALG
FEA
NÜR
SPR

13
NÜR
FEA

2
ALC
SPR

15
ALC
FEA

16
15位 26
2010年 ALC
1

6
ALC
2

6
SPA
1

Ret
SPA
2

6
MON
1

4
BRN
1

2
BRN
2

6
MAG
1

Ret
MAG
2

Ret
HUN
1

4
HUN
2

9
HOC
1
HOC
2
10位 50
P1・モータースポーツ SIL
1

Ret
SIL
2

15
CAT
1
CAT
2
2011年 グラヴィティ=チャロウズ・レーシング ALC
1

21
ALC
2

Ret
SPA
1

4
SPA
2

8
MNZ
1

5
MNZ
2

Ret
MON
1

3
NÜR
1

15
NÜR
2

7
HUN
1

8
HUN
2

5
SIL
1

21
SIL
2

7
LEC
1

3
LEC
2

20
CAT
1

DNS
CAT
2

3
7位 95

GP2シリーズ[編集]

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 DC ポイント
2010年 スクーデリア・コローニ CAT
FEA
CAT
SPR
MON
FEA
MON
SPR
IST
FEA
IST
SPR
VAL
FEA
VAL
SPR
SIL
FEA
SIL
SPR
HOC
FEA
HOC
SPR
HUN
FEA
HUN
SPR
SPA
FEA
SPA
SPR
MNZ
FEA

Ret
MNZ
SPR

Ret
YMC
FEA

9
YMC
SPR

6
27位 1
2011年 オーシャン・レーシング・テクノロジー IST
FEA
IST
SPR
CAT
FEA
CAT
SPR
MON
FEA
MON
SPR
VAL
FEA
VAL
SPR
SIL
FEA
SIL
SPR
NÜR
FEA
NÜR
SPR
HUN
FEA
HUN
SPR
SPA
FEA

5
SPA
SPR

9
MNZ
FEA

22
MNZ
SPR

20
19位 4
2012年 SEP
FEA
SEP
SPR
BHR1
FEA

10
BHR1
SPR

Ret
BHR2
FEA

13
BHR2
SPR

16
CAT
FEA
CAT
SPR
MON
FEA
MON
SPR
VAL
FEA
VAL
SPR
SIL
FEA
SIL
SPR
HOC
FEA
HOC
SPR
HUN
FEA
HUN
SPR
SPA
FEA
SPA
SPR
MNZ
FEA
MNZ
SPR
MRN
FEA
MRN
SPR
25位 1

(key)

スポーツカー/GT[編集]

ル・マン24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー 車両 クラス 周回数 順位 クラス順位
2012年 アイルランドの旗 マーフィー・プロトタイプズ イギリスの旗 ジョディ・ファース
イギリスの旗 ウォーレン・ヒューズ
オレカ・03-日産 LMP2 196 DNF DNF
2013年 インドの旗 カルン・チャンドック
アメリカ合衆国の旗 マーク・パターソン
319 12位 6位
2014年 ドイツの旗 ポルシェ・チーム ドイツの旗 ティモ・ベルンハルト
オーストラリアの旗 マーク・ウェバー
ポルシェ・919 Hybrid LMP1-H 346 NC NC
2015年 LMP1 394 2位 2位
2016年 346 13位 5位
2017年 ドイツの旗 ティモ・ベルンハルト
ニュージーランドの旗 アール・バンバー
367 1位 1位

FIA 世界耐久選手権[編集]

エントラント クラス シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ランク ポイント
2012年 マーフィー・プロトタイプズ LMP2 オレカ・03 日産 VK45DE 4.5L L V8 SEB SPA
3
LMS
Ret
SIL
9
SÃO BHR FUJ SHA NC 0
2013年 SIL SPA LMS
7
SÃO CTA FUJ SHA BHR NC 0
2014年 ポルシェ・チーム LMP1 ポルシェ・919 Hybrid ポルシェ 2.0L Turbo V4 (Hybrid) SIL
3
SPA
12
LMS
NC
COA
5
FUJ
3
SHA
6
BHR
3
SÃO
Ret
9位 64.5
2015年 SIL
Ret
SPA
3
LMS
2
NÜR
1
COA
1
FUJ
1
SHA
1
BHR
5
1位 166
2016年 SIL
Ret
SPA
26
LMS
10
NÜR
1
MEX
1
COA
1
FUJ
3
SHA
1
BHR
3
4位 134.5
2017年 ポルシェ・LMPチーム SIL
2
SPA
3
LMS
1
NÜR
1
MEX
1
COA
1
FUJ
4
SHA
2
BHR
1位* 190*

ロレックス・スポーツカー・シリーズ[編集]

チーム 開発 エンジン クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
2013年 スターワークス・モータースポーツ ライリー BMW DP DAY
14
TXS
13
BAR
12
ATL
10
DET
8
MDO
10
WGL
3
IMS
4
ELK
1
KAN
6
LGA
16
LRP 12位 252

ユナイテッド・スポーツカー選手権/ウェザーテック・スポーツカー選手権[編集]

エントラント クラス シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ランク ポイント
2014年 スターワークス・モータースポーツ P ライリー・Mk XXVI DP ディナン (BMW) 5.0 L V8 DAY
17
SEB LBH LGA DET WGL MOS IMS ELK COA PET 55位 15
2015年 DAY
9
SEB
WD1
LBH LGA DET WGL MOS ELK COA PET 30位 23
2016年 フォード・チップ・ガナッシ・レーシング フォード・エコブースト・ライリー DP フォード・エコブースト 3.5 L V6 Turbo DAY
5
SEB LBH LGA DET WAT MSP ELK COA PET 27位 27
2017年 テキーラ・パトロンESM 日産・オンローク DPi 日産 3.8 L Turbo V6 DAY
7
SEB
10
LBH LGA DET WAT MSP ELK LGA PET
1
19位 80

(key)

  • 1 : 練習走行の際、承認されていたドライバーがハートリーとスコット・メイヤーの2名のみであった。そのため以降の出走を辞退した。

F1[編集]

エントラント シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 WDC ポイント
2017年 トロ・ロッソ STR12 トロ・ロッソ 1.6 V6 t AUS CHN BHR RUS ESP MON CAN AZE AUT GBR HUN BEL ITA MAL SIN JPN USA
13
MEX
Ret
BRA
Ret
ABU
-
23位* 0*

(key)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

タイトル
先代:
ニール・ジャニ
ロマン・デュマ
マルク・リープ
ル・マン24時間優勝者
2017 with:
ティモ・ベルンハルト
アール・バンバー
次代:
-
-
-