山本雅史 (モータースポーツ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山本 雅史
やまもと まさし
生誕 (1964-03-15) 1964年3月15日(55歳)
国籍 日本の旗 日本東京都
業績
専門分野 自動車マネジメントディレクター
所属機関 本田技研工業
勤務先 本田技術研究所
ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント(HPD)
ホンダ・レーシング・ディベロップメント(HRD)など
プロジェクト ホンダF1

山本 雅史(やまもと まさし、1964年3月15日[1] - )は、日本の元レーシングドライバーであり自動車関係者。[2][3]。 2019年現在は、ホンダF1のマネージングディレクターを務める。

略歴[編集]

1980年代から1990年代初頭にかけてレーシングカートのドライバーとして鳴らし、当時は全日本カート選手権のトップランカーの一人だった[4][5]

その後本田技研工業(ホンダ)に入社し、主に広報・宣伝畑を進み、本田技術研究所の四輪R&Dセンター技術広報室長なども務めた[6]2016年にホンダ本社のモータースポーツ部長に就任、フォーミュラ1(F1)やロードレース世界選手権(MotoGP)、スーパーフォーミュラSUPER GTなどホンダが関わるモータースポーツ関連全般を統括する立場となった[7]。 ただホンダにおけるF1活動の重要性が増してきたことなどから、2019年4月に新設されたF1担当マネージングディレクターに就任し、社長直属の形でF1関連の活動に専念することになった[8]

人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]