山本雅史 (モータースポーツ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
やまもと まさし
山本 雅史
生誕 (1964-03-15) 1964年3月15日(58歳)
東京都
国籍日本の旗 日本
職業モータースポーツ・コンサルタント
同・マネージングディレクター
同・プロジェクトマネージャー
活動期間1982年 - 現在
雇用者本田技研工業(1982年 - 2022年)
団体MASAコンサルティング・コミュニケーションズ株式会社
活動拠点レッドブル・パワートレインズなど
肩書き元ホンダ・モータースポーツ部長
元ホンダF1マネージングディレクター など

山本 雅史(やまもと まさし、1964年3月15日[1] - )は、日本のモータースポーツコンサルタント、企業マネージャー、モータースポーツ解説者、元カートドライバー。MASAコンサルティング・コミュニケーションズ代表。

1982年本田技研工業に入社し、デザイン開発部署を経て広報や管理職を歴任。後年は、モータースポーツ部長やホンダF1のマネージングディレクターを務めた[2]

略歴[編集]

本田技研(ホンダ)時代[編集]

少年時代の頃より、ホンダ製車両のユニークな仕様に興味を抱いていた[3]1982年に工業高校機械科を卒業後、本田技研工業(ホンダ)に入社[4]。主に本田技術研究所の関連部署に勤務し、和光研究所で試作ブロックやデザイン開発などに携わる。

この間、1980年代から1990年代初頭にかけてレーシングカートのドライバーとしても鳴らし、当時は全日本カート選手権のトップランカーの一人だった[5][2]。さらに開発企画の一環として参加したオーストラリア大陸縦断ソーラーカーレース「ワールド・ソーラー・チャレンジ」では、カートの経験を活かしメインドライバーも務め優勝を果たした[6][7]

その後、管理職業務に異動。2011年に栃木研究所に移り、四輪R&Dセンターの技術広報室長などを務める[8][9]。モータースポーツ世界最速を目指す米国の伝統的イベント「ボンネビル・スピードウィーク」に参戦する企画を主導。2016年に同二輪部門P-P650クラスで、ホンダ・CBR600RRが世界記録を樹立した[10]

同年、モータースポーツ部門で結果を出したマネージメントの手腕を買われ、ホンダ本社のモータースポーツ部長に就任。フォーミュラ1(F1)やロードレース世界選手権(MotoGP)、スーパーフォーミュラSUPER GTなどホンダが関わるモータースポーツ関連全般を統括する立場となった[11]

2019年、ホンダにおけるF1活動の重要性が増してきたことなどから、同4月に新設されたF1担当マネージングディレクターに就任し、社長直属の形でF1関連の活動に専念することになった[12]

その後、提携したレッドブル系F1チーム「レッドブル・レーシング」「スクーデリア・アルファタウリ(旧名スクーデリア・トロ・ロッソ)」の交渉窓口に携わり、2020年シーズンにアルファタウリが12年ぶりの優勝[13]。翌2021年シーズンにはレッドブルがドライバーズタイトルを獲得し、エンジンサプライヤーとして30年ぶりの偉業に貢献した[14]

コンサルティング会社を設立[編集]

2022年1月末で40年勤めた本田技研(ホンダ)を退社[9]。独立直後に起業し、コンサルティング会社「MASAコンサルティング・コミュニケーションズ」を設立。主に、レッドブル・レーシングの子会社「レッドブル・パワートレインズ」のコンサルティング業務を請け負う[15]。ほか、国内レースの支援や講演活動を行う意向も明らかにしている[16]

同2月にスーパーフォーミュラの「Team Goh」とレッドブル提携の流れを受け[17]、26日に同チームの監督に就任した[18]

人物[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ホンダとレッドブルの関係もハピネス!! - トーチュウF1 Express・2019年3月15日
  2. ^ a b カーターがF1プロジェクトリーダーへ - J SPORTS・2019年2月27日
  3. ^ 今年1月でホンダを退社、山本雅史が語る「ホンダ愛」”. motorsport.com (2022年2月13日). 2022年2月14日閲覧。
  4. ^ F1、Hondaのウラ話を、山本MDに直撃インタビュー”. Honda公式サイト (2019年). 2020年7月3日閲覧。
  5. ^ 日本人F1ドライバー誕生のため「シートを用意する」ホンダの本気度”. Sportiva (2017年2月28日). 2022年2月14日閲覧。
  6. ^ a b 「いまはやりきった気持ち」ホンダF1復活の立役者・山本雅史MD57歳の退職後の新たな挑戦とは<実は入社時はエンジニア>”. Number 文藝春秋 (2022年1月14日). 2022年2月17日閲覧。
  7. ^ Nakabe, Hiroshi, 1953-; 中部博, 1953- (1994). Hikari no kuni no guran puri : Wārudo Sōrā Charenji. Tōkyō: Shūeisha. ISBN 4-08-783083-7. OCLC 33237057. https://www.worldcat.org/oclc/33237057 
  8. ^ 【速報】ホンダがF1担当役員を設置、2016年のマクラーレン・ホンダに期待大! - WEB CARTOP・2016年2月23日
  9. ^ a b 30年ぶり栄冠の立役者、山本雅史MDがホンダを退社「全身全霊でやりきった。ホンダ人生に終止符を打ついいタイミング」 - オートスポーツ・2022年1月10日
  10. ^ CBR600RR ボンネビルスピードウィークでNew World Record”. ホンダレーシング. 2022年2月17日閲覧。
  11. ^ ホンダの技術開発トップが「F1担当」に!2016年シーズンのホンダF1はどう変わる? - MoTA・2016年2月23日
  12. ^ ホンダの新人事で山本雅史部長がF1専任に。「国内や二輪でやりきった感はありませんが、F1に集中できる環境はうれしい」 - オートスポーツ・2019年2月21日
  13. ^ トスト代表、ホンダに感謝「ベッテル優勝から12年後、今度はガスリーが歴史を再現してくれた」/F1イタリアGP”. TopNews (2020年9月7日). 2022年2月1日閲覧。
  14. ^ 30年ぶりのF1王座を獲得したホンダ「皆さんと一緒に獲ったタイトル。ホンダの意地を見せ技術力の高さを証明」と山本”. autosport web (2021年12月13日). 2022年2月1日閲覧。
  15. ^ 元ホンダの山本雅史氏が新会社を設立。レッドブル・パワートレインズとの契約も締結”. autosport web (2022年2月1日). 2022年2月1日閲覧。
  16. ^ オートスポーツ』(三栄)2022年1月28日号 pp.92 - 93
  17. ^ 山本雅史監督、TEAM GOH加入の経緯語る。レッドブル重鎮のマルコからも“承諾済み””. motorsport.com (2022年3月6日). 2022年3月7日閲覧。
  18. ^ 2022年全日本スーパーフォーミュラ選手権参戦体制のお知らせ - Team Goh・2022年2月26日
  19. ^ ホンダF1山本MD、アメリカGP表彰台からの景色に「感無量」”. Car Watch (2021年10月25日). 2022年2月1日閲覧。
  20. ^ セナも掲げたアキュラがF1復活!ホンダ、アメリカGPでワンオフ「1989年のプロストにあやかり優勝を」とレッドブル”. Formula1-Data (2021年10月21日). 2022年2月1日閲覧。
  21. ^ 【ブログ】マルコ博士のメルセデスPUよりホンダは10馬力落ち発言は本当?/第1回ホンダF1の山本MDに聞いてみよう - オートスポーツ・2019年4月10日
  22. ^ 【ブログ】「山本さんの愛車遍歴を教えてもらえませんか?」/第3回ホンダF1の山本MDに聞いてみよう - オートスポーツ・2019年5月14日