ホンダ・レーシング・ディベロップメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ホンダ・レーシング・ディベロップメント(Honda Racing Development、HRD)は、本田技研工業が設立したレーシングチーム運営会社である。

概要[編集]

創設は1999年、本拠地はイギリス。業務はB・A・Rの流れをくむホンダ・レーシング・F1チームの運営を主としていたが、当初はホンダ独自のF1チーム(当時はテストチーム)として設立され、2005年まではB・A・Rやジョーダン・グランプリといったチームへのエンジン供給を担当。2006年から2008年にかけては、スーパーアグリF1チームに対するエンジン供給を同社から行った。ホンダの2008年シーズン限りでのF1撤退に伴い、ホンダF1と共に、当時ホンダF1のチームマネージャーだったロス・ブラウンに売却された[1]

当時ホンダF1に所属する日本人スタッフのほとんどは、ホンダからHRDに出向した者が派遣される形態となっていた。

通称はHRD。同じホンダの北米におけるレース部門であるホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント(HPD)、2輪レース部門のホンダ・レーシング(HRC)とは名称は似ているが、それぞれ別の組織である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連ページ[編集]