アレックス・ヒッチンガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

アレックス・ヒッチンガーAlex Hitzinger, 1971年10月23日 - )は、ドイツ出身のレースエンジニアである。現職はレッドブル・テクノロジー所属で、F1に参戦しているレッドブルレッドブル・レーシングスクーデリア・トロ・ロッソ)のF1プロジェクト全体の先端技術チーフ(Head of Advanced Technologies)を務める。トロ・ロッソチームのテクニカルディレクター(技術監督)を兼任していた経験を持つ。

2006年半ばにガブルエル・トレドッツィから引き継ぐ形でトロ・ロッソのテクニカルディレクターに就任し、2007年3月にジョルジオ・アスカネッリにその座を譲るまでその職を務めたが、レッドブル加入以前には、コスワースにおいて、2000年から2002年にかけ世界ラリー選手権(WRC)部門のプロジェクトマネージャーとして、2003年はWRC参戦についての統括責任者としてフォード・フォーカスの開発にあたっていたことがあり、2004年からはコスワースのF1部門のプロジェクトマネージャーを務めたという経歴を持っている。

フォード以前に、1997年から2000年にかけてはトヨタにおいて、WRCの参戦、次いでF1参戦計画において、開発エンジニアとして関わった前歴を持ってもいる。

大学では機械工学を学び、専門分野はエンジンである。