セバスチャン・ブエミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
セバスチャン・ブエミ
Sébastien Buemi.JPG
セバスチャン・ブエミ (2012年)
基本情報
フルネーム セバスチャン・オリビエ・ブエミ
国籍 スイスの旗 スイス
出身地 同・ヴォー州エーグル
生年月日 (1988-10-31) 1988年10月31日(28歳)
F1での経歴
活動時期 2009-2011
過去の所属チーム '09-'11 トロ・ロッソ
出走回数 55
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 29
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 2009年オーストラリアGP
最終戦 2011年ブラジルGP
テンプレートを表示

セバスチャン・オリビエ・ブエミSébastien Olivier Buemi, 1988年10月31日 - )アラブ系スイス人のレーシングドライバー。

経歴[編集]

フォーミュラ・BMW

カートを卒業した後に、ブエミは2004年と2005年をドイツフォーミュラ・BMWに出場した。2005年シーズン終了時は総合1位であったが、シーズン終了後にレース中のブレーキテストについてペナルティを課されたためにチャンピオンを失った。

順位
2004年 3位
2005年 2位
フォーミュラ・F3

2005年にスペイン・フォーミュラ3に参戦。翌年2006年にはフォーミュラ3・ユーロシリーズに参戦しランキング12位であった。2007年も同シリーズに継続参戦した。また、マカオグランプリマスターズF3にも出場した。

A1グランプリ

2006-2007A1グランプリニール・ジャニマルセル・フェスラーと共にA1チーム・スイスより参戦し、チームランキング総合8位の成績を残した。

GP2(2008年)
GP2

2007年のGP2ARTグランプリのレッドブルサポート枠で参戦していたミハエル・アメルミューラーが開幕戦で負傷したため、第2戦から代役として出場した(ユーロF3とのダブルエントリー)。

2008年はアーデン・インターナショナルからGP2シリーズ及びGP2アジアシリーズに参戦した[1]

カテゴリ チーム名 カーナンバー レース数 ポール 勝利数 ポイント 総合順位
2007年 GP2 ARTグランプリ 01 11 0 0 6 21位
2008年 GP2アジア アーデン・インターナショナル 12 10 0 1 37 2位
2008年 GP2 アーデン・インターナショナル 14 20 0 2 50 6位
F1

2007年はレッドブルのリザーブ&テストドライバーであったミハエル・アメルミューラーが負傷したため、GP2のシートを引き継ぐとともにF1の仕事でも代役を努めることとなった。

2008年も引き続き、レッドブルのリザーブ&テストドライバーとして起用された[2]

2009年トロ・ロッソのレギュラーシートを得てF1にデビューした。スイス国籍のF1ドライバー1994年および1995年にスポット参戦したジャン=ドゥニ・ドゥレトラーズ以来14年ぶりの誕生となる。

デビュー戦となった開幕戦のオーストラリアGPでは荒れたレース展開の中で7位入賞を果たし幸先の良いスタートを切った。第3戦の中国GPでは予選で初のQ3進出(10位)を果たすと、雨のレースとなった決勝ではチャンピオン経験者でもあるキミ・ライコネンを追い回すなどのパフォーマンスを見せた。セーフティーカー出動中にレッドブルのセバスチャン・ベッテルに追突しフロントウイングを破損する場面もあったが、速さを見せ8位入賞を果たした。その後はなかなか入賞できなかったものの、第16戦のブラジルGPでは予選で自己ベストの6位につけ、決勝でも7位に入賞した。最終戦のアブダビGPでも8位に入賞し、ドライバーズランキング16位でシーズンを終えた。

2010年もトロロッソからF1に参戦。カナダGPでは自身初のラップリードを記録した。この年からポイントシステムの変更で10位までが入賞になったこともあり4回の入賞を記録し、前年と同じランキング16位でシーズンを終えた。

2011年も過去2年に引き続きトロ・ロッソからF1に参戦。開幕戦のオーストラリアGPでは、予選で2009年アブダビGP以来のQ3進出を果たすと、決勝でも10位でフィニッシュし、更に前でゴールしたザウバーの2台がリアウィングの車両規定違反で失格になったことで8位に繰り上がった。シーズン終盤にはマシントラブルによるリタイアが増えてしまった事も影響してか、この年はチームメイトのハイメ・アルグエルスアリにドライバーズ選手権順位で上回られてしまった。また、シーズン終了後にはレッドブルの決定により、トロ・ロッソのシートを失うことになった。

2012年はトロ・ロッソのシートは失ったもののレッドブルとの関係は継続し、レッドブル・レーシングのリザーブ&テストドライバー、及びトロ・ロッソのリザーブドライバーに起用された。

フォーミュラE

2014年、新たに開催されたフォーミュラEにおいてe.dams・ルノー・フォーミュラEチームより参戦している[3]

レース戦績[編集]

フォーミュラ[編集]

GP2[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 DC ポイント
2007年 ARTグランプリ BHR
FEA

BHR
SPR

ESP
FEA

ESP
SPR

MON
FEA

7
FRA
FEA

FRA
SPR

GBR
FEA

GBR
SPR

EUR
FEA

Ret
EUR
SPR

20
HUN
FEA

15
HUN
SPR

17
TUR
FEA

Ret
TUR
SPR

13
ITA
FEA

7
ITA
SPR

14
BEL
FEA

10
BEL
SPR

Ret
VAL
FEA

VAL
SPR

21位 6
2008年 トラスト・チーム アーデン ESP
FEA

7
ESP
SPR

2
TUR
FEA

6
TUR
SPR

3
MON
FEA

Ret
MON
SPR

11
FRA
FEA

Ret
FRA
SPR

1
GBR
FEA

4
GBR
SPR

DNS
GER
FEA

Ret
GER
SPR

8
HUN
FEA

7
HUN
SPR

1
EUR
FEA

6
EUR
SPR

Ret
BEL
FEA

5
BEL
SPR

4
ITA
FEA

3
ITA
SPR

7
6位 50

F1[編集]

所属チーム 車番 ランキング 獲得ポイント 決勝最高位・回数 表彰台回数 予選最高位・回数 FL記録回数
2009年 トロ・ロッソ 12 16位 6 7位・2回 0回 6位・1回 0回
2010年 16 16位 8 8位・1回 0回 11位・1回 0回
2011年 18 15位 15 8位・2回 0回 9位・1回 0回
チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 WDC ポイント
2009年 トロ・ロッソ STR4 AUS
7
MAL
16
CHN
8
BHR
17
ESP
Ret
MON
Ret
TUR
15
GBR
18
GER
16
HUN
16
EUR
Ret
BEL
12
ITA
13
SIN
Ret
JPN
Ret
BRA
7
ABU
8
16位 6
2010年 STR5 BHR
16
AUS
Ret
MAL
11
CHN
Ret
ESP
Ret
MON
10
TUR
16
CAN
8
EUR
9
GBR
12
GER
Ret
HUN
12
BEL
12
ITA
11
SIN
14
JPN
10
KOR
Ret
ABU
13
BRA
15
16位 8
2011年 STR6 AUS
8
MAL
13
CHN
14
TUR
9
ESP
14
MON
10
CAN
10
EUR
13
GBR
Ret
GER
15
HUN
8
BEL
Ret
ITA
10
SIN
12
JPN
Ret
KOR
9
IND
Ret
ABU
Ret
BRA
12
15位 15

フォーミュラE[編集]

チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
2014年-2015年 e.DAMS・ルノー スパーク-ルノー・SRT 01E BEI
Ret
PUT
3
PDE
1
BNA
Ret
MIA
13
LBH
4
MON
1
BER
2+
MOS
9+
LON
1
LON
5+
2位 143
2015年-2016年 ルノー・e.DAMS スパーク-ルノー・Z.E 15 BEI
1
PUT
12
PDE
1
BNA
2
MEX
2
LBH
16
PAR
3+
BER
1+
LON
5+
LON
Ret
1位 155
2016年-2017年 ルノー・e.DAMS スパーク-ルノー・Z.E 16 HKG
1+
MAR
1+
BNA
MEX
MON
PAR
BER
BRU
NYC
NYC
MTL
MTL
1位* 50*
  • + : ファンブースト。
  • * : 今シーズンの順位。(現時点)

スポーツカー[編集]

世界耐久選手権[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2012年 トヨタ・レーシング トヨタ・TS030 HYBRID LMP1 SEB
SPA
LMN
Ret
SIL
SAO
BHR
FSW
SHA
NC 0
2013年 トヨタ・TS030 HYBRID LMP1 SIL
3
SPA
4
LMN
2
SAO
Ret
COA
2
FSW
27
SHA
Ret
BHR
1
3位 106.25
2014年 トヨタ・TS040 HYBRID LMP1 SIL
1
SPA
1
LMN
3
COA
3
FSW
1
SHA
1
BHR
10
SÃO
2
1位 166
2015年 トヨタ・TS040 HYBRID LMP1 SIL
3
SPA
8
LMN
8
NÜR
5
COA
4
FSW
5
SHA
6
BHR
4
5位 79
2016年 トヨタ・ガズー・レーシング トヨタ・TS050 HYBRID LMP1 SIL
16
SPA
27
LMN
NC
NÜR
5
MEX
Ret
COA
5
FSW
4
SHA
3
BHR
4
8位 60

ル・マン24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー クラス 周回 総合順位 クラス順位
2012年 日本の旗 トヨタ・レーシング イギリスの旗 アンソニー・デビッドソン
フランスの旗 ステファン・サラザン
トヨタ・TS030 HYBRID LMP1 82 DNF DNF
2013年 日本の旗 トヨタ・レーシング イギリスの旗 アンソニー・デビッドソン
フランスの旗 ステファン・サラザン
トヨタ・TS030 HYBRID LMP1 347 2位 2位
2014年 日本の旗 トヨタ・レーシング イギリスの旗 アンソニー・デビッドソン
フランスの旗 ニコラ・ラピエール
トヨタ・TS040 HYBRID LMP1-H 374 3位 3位
2015年 日本の旗 トヨタ・レーシング イギリスの旗 アンソニー・デビッドソン
日本の旗 中嶋一貴
トヨタ・TS040 HYBRID LMP1 386 8位 8位
2016年 日本の旗 トヨタ・ガズー・レーシング イギリスの旗 アンソニー・デビッドソン
日本の旗 中嶋一貴
トヨタ・TS050 HYBRID LMP1 384 NC NC

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Arden target return to form in 2008(autosport.com2008年1月10日記事)
  2. ^ Buemi confirmed as Red Bull reserve(autosport.com2008年1月16日記事)
  3. ^ “フォーミュラE:e.dams、セバスチャン・ブエミとニコラ・プロストを起用”. F1-Gate.com. (2014年7月1日). http://f1-gate.com/formula_e/edams_24229.html 2014年9月14日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]