ウェザーテック・レースウェイ・ラグナ・セカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラグナ・セカ
Laguna Seca.svg
所在地 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 モントレー
標準時 UTC-8 (UTC-7 DST)
所有者 Monterey County Parks Department
運営者 Sports Car Racing Association of the Monterey Peninsula
オープン 1957年
建設費 $150万USD
主なイベント

MotoGP
アメリカGP

アメリカン・ル・マン・シリーズ
Monterey Sports Car Championships

アトランティック・チャンピオンシップ

Monterey Festival of Speed
路面 舗装
コース長 3.602 km (2.238 mi)
コーナー数 11
レコードタイム 1:05.880 (セバスチャン・ボーデ, ニューマン・ハース・ラニガン・レーシング, 2007年, チャンプカー)
サーキット名物の"コークスクリュー"

ラグナ・セカWeatherTech Raceway Laguna Seca, ウェザーテック・レースウェイ・ラグナ・セカ)はアメリカ合衆国カリフォルニア州モントレーにあるサーキット。ラグナ・セカとは『乾いた内海』の意。

概要[編集]

1957年に造られ、15m近くの高低差を下るS字シケイン「コークスクリュー」で知られる(図の7・8・8Aにかけての区間)。1987年に現在のコースレイアウトに改修された。高低差が大きくテクニカルコーナーの多い低速サーキットである。MotoGP開催サーキットにおいては最高峰クラスで平均速度が160km/hほどであり、ドイツのザクセンリンクと並ぶ低速サーキットである。近年はA1グランプリMotoGPアメリカン・ル・マン・シリーズなどの開催地となっている。

マツダ2001年から2018年3月まで命名権を保持し、「マツダ・レースウェイ・ラグナ・セカ」としても知られていた。2018年4月からは自動車用品メーカーでUSCC(ユナイテッド・スポーツカー選手権)のタイトルスポンサーも務めるウェザーテックが命名権を得ている[1]。また同年レクサスとパートナーシップを結び、オフィシャルカーにGS Fが指定された[2]

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

Mazda Raceway Laguna Seca(英語版)

座標: 北緯36度35分05秒 西経121度45分10秒 / 北緯36.58472度 西経121.75278度 / 36.58472; -121.75278