フレディ・スペンサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フレディ・スペンサー
Fredspencer.jpg
フレディ・スペンサー(ブランズ・ハッチ
グランプリでの経歴
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1980 - 1993
チーム ホンダヤマハ
レース数 72
チャンピオン 500cc - 1983, 1985
250cc - 1985
優勝回数 27
表彰台回数 39
通算獲得ポイント 610.5
ポールポジション回数 33
ファステストラップ回数 24
初グランプリ 1980 500cc ベルギー
初勝利 1982 500cc ベルギー
最終勝利 1985 500cc スウェーデン
最終グランプリ 1993 500cc イタリア
テンプレートを表示

フレデリック・"フレディ"・バーデッド・スペンサーFrederick "Freddie" Burdette Spencer, 1961年12月20日 - )は、アメリカ合衆国ルイジアナ州出身の元モーターサイクル・レーシングライダー。1983年にはロードレース世界選手権(WGP)500ccクラスで、史上最年少チャンピオン、1985年には同じくWGPの500cc、250cc両クラスでシリーズチャンピオンを獲得した。

略歴[編集]

デビューから世界グランプリ登場まで[編集]

幼年期からダートトラックレースなどに親しみ、1978年に本格的に二輪ロードレースへの参戦を開始。モトグッツィヤマハカワサキなどのライダーを経て1980年にUSホンダと契約。アメリカ国内のレースで大活躍した。この年には鈴鹿8時間耐久ロードレースにもホンダのワークスマシンで出場している。同じ年、ベルギーGPにてオートバイレースの最高峰、世界グランプリ500ccクラスにスポット参戦しグランプリデビューも果たす(この時のみマシンはヤマハのTZ500)。

1981年にはホンダNR500でイギリスGPにスポット参戦。予選10位、決勝でも果敢な走りで5位まで上がってリタイヤと鮮烈な印象を残し、NR500の世界GPにおける最高成績を記録した。

世界グランプリ・フル参戦[編集]

1985年にダブルタイトルを獲得した時のマシン。NSR500(手前)とRS250RW(奥)。

1982年ホンダワークスから世界GPへのフル参戦を開始。同年からホンダはNR500(4ストロークエンジン)に代え、2ストローク3気筒エンジン搭載の新型マシンNS500を実戦投入しており、スペンサーはこの車両を駆って同年のスペインGPで初のPPを獲得[1]し、ベルギーGPで世界グランプリ初勝利を遂げる[1]。その後も1勝を挙げ、ランキング3位を獲得する。

1983年にはヤマハケニー・ロバーツと、年間12戦のうち6勝ずつ分け合う激しい戦いを展開。最終第12戦サンマリノGPではケニーが優勝して対戦成績を五分に戻したが、獲得ポイントはスペンサーが2ポイント上回っており、500ccクラスのチャンピオンを獲得することになった。この時点でスペンサーは21歳8ヶ月であり、2013年マルク・マルケスに破られるまでロードレース世界選手権の最高峰クラスにおけるシーズン制覇の最年少記録であった[2]

1984年からホンダはV型4気筒エンジン搭載のNSR500を投入したが、数々の新素材導入にあたりトラブルも多く、スペンサーはシーズン5勝をあげるもランキングは4位にとどまり、エディ・ローソン(ヤマハ)にシーズンタイトルを奪われた。ちなみにスペンサーはこの年、NSR500とNS500をコースによって使い分けていた。

1985年シーズンは前年の成績を挽回すべく、WGP500cc、250ccの両クラスにダブルエントリー。500ccクラスでは全12戦中11戦に出走し7勝をマーク。250ccクラスでは全12戦中10戦に出走しやはり7勝を収め、両クラスとも最終戦を待たずして年間チャンピオンを確定。'70年代以前には同一年に複数のタイトルを獲得する例も多く見られたが、世界GPにおける「Wタイトル」はこの年のスペンサーが現在までのところ最後の記録である。また、500ccと250ccのWタイトルは世界GP史上スペンサーのみである。なお90年代後半にダブルエントリーが認められなくなったため、この記録を破ることは現在不可能。

右手首故障[編集]

シーズンオフには肉体改造を試み翌1986年の開幕戦・スペインGPに登場。予選ではポールポジションを獲得し、決勝レースもスタートからトップを独走した。しかしスペンサーはレース中に右腕に故障を発症してピットインし、そのままリタイア[3]。以後のレースでもリタイアが多く、スペンサーはシーズン途中で戦線を離脱し、結局1986年は獲得ポイントなしであった。

1987年、復活をかけたデイトナスーパーバイクレースにおいてVFR750を駆り予選最速タイムを叩きだすが、前走車の転倒に乗り上げてしまい転倒骨折、本戦には進めなかった。[4]世界GPの開幕戦・鈴鹿(日本GP)では予選初日の第1回目セッションを5周しただけで手首の状態が良くない事を理由にエントリーを取り消し。スペンサーがレースに戻ったのはシーズン中盤戦以降であった。ポイント獲得はスウェーデンGPでの7位完走・4ポイント獲得の1回のみであり、ランキングは500ccクラス20位であった。

1988年にはスペンサーに対するロスマンズのスポンサードが復活し世界GPにフル参戦する予定だったが、オーストラリアでの開幕前テスト走行でやはり右手首の腱鞘炎の痛みが消えていない事が確認され、3月16日に現役引退を発表。開幕戦・日本GPの会場である鈴鹿サーキットを、ゼッケン19をつけたロスマンズカラーの最新型NSR500で1周ゆっくりと手を振りながら引退記念走行を行った。

カムバック[編集]

1989年日本GP

約1年後、スペンサーは手首の手術を行った結果、状態はほぼ万全に近くなったとして引退を撤回。1989年にはジャコモ・アゴスチーニ率いるマールボロ・ヤマハチームに加入し、YZR500で世界GPに参戦した。しかし思わしい結果は出なかったため、シーズン途中でチームを去ることになった。帰国後には背中の手術もしている。1992年当時、フレディの腕の不調の原因は白蝋病、と言われていた[5]

1990年のデイトナではRC30でスポット参戦。翌1991年1992年AMAスーパーバイク全戦に参戦し1991年に1勝、1992年に1勝を挙げた。1992年のホンダの勝利は彼だけだった。

1992年鈴鹿8耐

1992年には日本の鈴鹿8耐ミスタードーナツホンダRVFで参戦。最新ワークスマシンではなかったにもかかわらず予選3位と驚異的なタイムを記録、決勝は転倒を喫しながらも4位で完走した。その後、かつてのパートナーだったアーヴ・カネモトの協力で、南アフリカGPの数日後にキャラミでNSRをテストする機会を与えられ、ここでも好タイムをマークした。

1993年にはヤマハ・モーターフランスチームから世界GP500ccに参戦するも、やはり好結果を残すことは出来ず、同年をもって世界GPからは完全に引退した。

1995年AMAスーパーバイクレースドゥカティから参戦し、ラグナセカで優勝。1996年に二度目の引退を発表し、以降はレースへの参戦は無い。

近況では、アメリカのラスベガスでバイクのライディングスクールを経営していたが、世界不況の煽りを受け現在は休業している。2008年には鈴鹿8時間耐久レースの特別イベントとして、かつて1985年にWGPチャンピオンを取ったマシンNSR500でデモラン走行を行い8耐に来た観衆を大いに沸かせた。

フレディー・スペシャル[編集]

スペンサーが直接開発に携わった1984年~1986年型NSR500は、当初ワークス系チーム内でもスペンサーにのみ与えられており、"フレディー・スペシャル"と呼ばれた。

なお、1986年シーズンはチームメイトのワイン・ガードナーもNSR500でレースに出走。以後はNSR500がワークスライダーとサテライトチームに供給されている。


特徴[編集]

バイクを長い手足(身長178cm)の下で自在に操り、コーナー終盤の立ち上がり加速を重視するライディング・スタイルが特徴とされる。ファーストラップから驚異的なタイムでライバルを引き離し、2位以下に大差をつけての独走優勝というレース展開が多かった。アメリカ国内で走っていた時代には既に、第1周回から圧倒的なラップタイムで他を引き離す走りで知られており、“ファスト(速い)・フレディー(Fast Freddie)”と呼ばれた。

スペンサーの走法は、キャンバーアングル(バンク角)の変化によるマシンの向き変えが異様に鋭く、ダートトラックレースの走法であるパワースライドを用いて両輪差を駆使し、定常円旋回している時間が極端に短いのが特徴だった。また他のライダーに比して高回転域まで使用することでも知られた。

1983年のフレディをのことを片山敬済と片山のチーフ・メカニック杉原真一は次のように語っている。「フレディの膝の動きはバランサーだ。別に路面がデコボコしているわけじゃないのによく動く、バランサーだな」(片山敬済)[6]。「フレディはわりとすべっても平気だよ。よく関知できないっていうか。エッ!!  すべってたの、ってカンジだ」(杉原真一)[7]。また、片山は、フレディが自己流なライディングをしていると言われていることに対して、「フレディは、タイヤがすべっていることはよくわかっているよ。ちゃんとコントロールしているんだよね」(片山敬済)と話している[8]

アメリカ時代から日本のアライヘルメットを愛用しているのは有名で、レプリカカラーのヘルメットがファンの人気を集めた。

宗教上の理由から飲酒喫煙はせず、カフェインの摂取も忌避していたが、ドクターペッパーを愛飲していた[9]。全盛期である1985年シーズンには、ヨーロッパ各国を巡る世界GPに美しい婚約者サリ-・ジョベ-ル(1985年ミス・インターナショナルの準ミス)がずっと帯同していた。(のち婚約解消)

人物[編集]

フレディは敬虔なキリスト教徒である。1983年シーズン半ばにある雑誌のインタビューに次のように語っている。

「僕の走り自体は神にすべてコントロールされている。僕は神に守られているのだ。そこには恐怖心など何もない。ただ、ひたすら神を信じて走ればいいだけのことなのだ」(フレディ・スペンサー)[10]

主な戦績[編集]

ロードレース世界選手権[編集]

  • 凡例
  • ボールド体のレースはポールポジション、イタリック体のレースはファステストラップを記録。
クラス チーム マシン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ポイント 順位 勝利数
1980 500cc ヤマハ YZR500 ITA
-
SPA
-
FRA
-
NED
-
BEL
NC
FIN
-
GBR
-
GER
-
0 - 0
1981 500cc ホンダ NR500 AUT
-
GER
-
ITA
-
FRA
-
YUG
-
NED
-
BEL
-
RSM
-
GBR
DNF
FIN
-
SWE
-
0 - 0
1982 500cc ホンダ NS500 ARG
3
AUT
NC
FRA
-
SPA
NC
ITA
2
NED
DNF
BEL
1
YUG
4
GBR
2
SWE
NC
RSM
1
GER
DNF
73 3位 2
1983 500cc ホンダ NS500 RSA
1
FRA
1
ITA
1
GER
4
SPA
1
AUT
NC
YUG
1
NED
3
BEL
2
GBR
2
SWE
1
RSM
2
144 1位 6
1984 500cc ホンダ NSR500 RSA
DNS
ITA
1
SPA
-
AUT
2
FRA
1
YUG
1
NED
NC
87 4位 5
NS500 GER
1
BEL
1
GBR
-
SWE
-
RSM
-
1985 250cc ロスマンズ・ホンダ RS250RW RSA
1
SPA
9
GER
2
ITA
1
AUT
1
YUG
1
NED
1
BEL
1
FRA
1
GBR
4
SWE
-
RSM
-
127 1位 7
500cc ロスマンズ・ホンダ NSR500 RSA
2
SPA
1
GER
2
ITA
1
AUT
1
YUG
2
NED
NC
BEL
1
FRA
1
GBR
1
SWE
1
RSM
-
141 1位 7
1986 500cc ロスマンズ・ホンダ NSR500 SPA
NC
ITA
-
GER
-
AUT
NC
YUG
-
NED
-
BEL
-
FRA
-
GBR
-
SWE
-
RSM
-
0 - 0
1987 500cc ロスマンズ・ホンダ NSR500 JPN
-
SPA
-
GER
-
ITA
-
AUT
-
YUG
-
NED
-
FRA
-
GBR
NC
SWE
7
CZE
11
RSM
NC
POR
-
BRA
-
ARG
-
4 20位 0
1989 500cc マールボロヤマハ YZR500 JPN
14
AUS
NC
USA
DNF
SPA
5
ITA
DNS
GER
9
AUT
9
YUG
27
NED
13
BEL
9
FRA
DNF
GBR
-
SWE
-
CZE
-
BRA
-
33.5 16位 0
1993 500cc ヤマハ・モーターフランス YZR500 AUS
DNF
MAL
-
JPN
-
SPA
-
AUT
-
GER
-
NED
-
EUR
-
RSM
-
GBR
-
CZE
DNF
ITA
14
USA
-
FIM
-
2 37位 0

鈴鹿8時間耐久ロードレース[編集]

車番 ペアライダー チーム マシン 予選順位 決勝順位 周回数
1980 8 バージニオ・フェラーリ アメリカ・ホンダ ホンダ・RS1000 11 Ret 3
1992 33 鶴田竜二 ミスタードーナツオクムラホンダ ホンダ・RVF750 3 4 204

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 20歳5ケ月での初PPと20歳7ヶ月での初勝利は当時の最年少記録。2013年マルク・マルケスが両記録とも20歳3ヶ月で達成し更新。
  2. ^ それまでの最年少記録はマイク・ヘイルウッドの22歳(1962年シーズンに達成)で、2007年シーズンにはケーシー・ストーナーが21歳11ヶ月で達成している。
  3. ^ 前年の雨中のダッチTT(オランダGP)でオープニングラップに後続から来たクリスチャン・サロンの無理な突っ込みによる転倒に巻き込まれ、受け身を取れず右手首を転倒したマシン(ソノート・ゴロワーズ・ヤマハYZR500)に挟まれるという不遇に遭ったことが、後々の腱鞘炎に発展したとの説がある[誰によって?]
  4. ^ その予選タイムは翌年のケビン・シュワンツよりも速かった。
  5. ^ 『グランプリ・ライダー』(p239)より。
  6. ^ 『片山敬済の戦い - オランダGPの16ラップ』(p129, p130)より。
  7. ^ 『片山敬済の戦い - オランダGPの16ラップ』(p121)より。
  8. ^ 『片山敬済の戦い - オランダGPの16ラップ』(p163, p164)より。
  9. ^ 1983年当時、冷蔵庫にはドクターペッパーがぎっしり入っていた —『グランプリ・サーカス』〈ちくま文庫〉(p245)より。
  10. ^ 『天駆ける』(p134)より。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]