松田秀士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松田 秀士(まつだ ひでし 1954年12月22日 - )は、日本高知県生まれで大阪府育ちのレーシングドライバー、自動車評論家。ビートたけしの義弟(たけしの妻、北野幹子は実姉)である。僧侶の資格を所有している変り種のドライバーである。

略歴[編集]

龍谷大学文学部仏教学科在学中にカートレース活動を開始。大学卒業後、地元の大阪で一般企業に勤めるも、26歳の時に東京に行き義兄であるビートたけしの運転手兼付き人となる。1983年、クルマ好きのたけしの援助を受けてレース活動を再開。1980年代後半から1990年代初めにかけて数々のカテゴリのレースにおいて好成績を収めて、たけしの援助から離れてプロのレーシングドライバーとして一本立ちを果たす。1996年には世界3大レースのインディ500で8位という好成績を残す。現在では全日本GT選手権(現SUPER GT)など日本最高峰のレースに参戦している。また、自動車評論家としても活動していて、毎月何冊もの自動車雑誌に登場しているほか、著作も多数ある。 日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員[1]であり、世界・カー・オブ・ザ・イヤー日本代表審査員のひとりでもある。また、GAORAのインディカー中継では解説を務めており、村田晴郎との名コンビぶりは日本のインディファンに好評である。

松田のインディ参戦では日本人ドライバーとしての事績以外にも、SAFERバリア英語版の開発への貢献が挙げられる。20世紀後半、インディカーは際限の無い性能向上により平均周回速度が400km/hに迫る状況となっており、幾つかの死亡事故と、少なからぬドライバーを引退や活動縮小に追い込む多数の負傷事故が発生していた。こうした状況を受け、インディ・レーシング・リーグは1998年よりPEDSバリアと呼ばれる衝撃吸収壁を試作していたが、松田は2000年のインディ500英語版予選にて改良型のPEDS-2バリアに時速320km/hで激突、松田の体には160Gの加速度が掛かり、手首と膝を複雑骨折するも生還した。この際にPEDS-2バリアの隠れた欠陥が複数明らかとなり、松田の車両の事故時のテレメトリーデータ等も参考とされて再設計が行われ、2002年にSAFERバリアとして完成したものとなった。

レース戦績[編集]

全日本GT選手権,SUPER GT[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
1994年 牧口エンジニアリング BMW・M3 GT2 FSW SEN FSW SUG
2
12位 15
TEAM TAISAN フェラーリ・F40 GT1 MIN
8
21位 3
1995年 ポルシェ・911 GT2 GT1 SUZ
Ret
FSW
1
SEN
8
FSW
5
SUG
6
MIN
1
4位 57
1996年 GT500 SUZ
9
FSW
9
SEN
Ret
FSW
12
SUG
12
MIN
6
15位 10
1997 TEAM TAISAN with ADVAN ダッジ・バイパー GTS-R GT500 SUZ FSW SEN
10
FSW
Ret
MIN
14
SUG
8
23位 6
1998年 GT500 SUZ
14
FSW
C
SEN FSW
14
TRM MIN SUG
10
21位 1
1999年 TEAM TAISAN GT500 SUZ
9
FSW
13
SUG MIN
13
23位 2
TEAM TAISAN Jr. with ADVAN ポルシェ・911 GT3 GT300 FSW
1
TAI
Ret
TRM
1
8位 40
2000年 ポルシェ・911 GT3R GT300 TRM
1
FSW
1
SUG FSW
7
TAI
7
MIN
1
SUZ
2
2位 83
2001年 TEAM TAISAN ADVAN GT300 TAI
11
FSW
4
SUG
5
FSW
7
TRM
3
SUZ
Ret
MIN
2
5位 49
2002年 910 RACING GT300 TAI
8
FSW
4
SUG
Ret
SEP
4
FSW
6
TRM
8
MIN
2
SUZ
5
6位 55
2003年 TEAM GAINER フェラーリ・360モデナ GT300 TAI
13
FSW
4
SUG
Ret
FSW
2
FSW
20
TRM
Ret
AUT
2
SUZ
12
8位 46
2004年 GT300 TAI
10
SUG
3
SEP
9
TOK
8
TRM
20
AUT
7
SUZ
14
8位 26
2005年 JIM GAINER GT300 OKA
13
FSW SEP
Ret
SUG
10
TRM
5
FSW AUT
19
SUZ
5
11位 13
2006年 ARKTECH MOTORSPORTS ポルシェ・ボクスター GT300 SUZ
3
OKA
3
FSW
8
SEP
9
SUG
6
SUZ
10
TRM
17
AUT
4
FSW
Ret
9位 49
2007年 JIM GAINER フェラーリ・360モデナ GT300 SUZ
22
OKA
16
FSW
15
SUZ
DSQ
TRM
AUT
FSW
26位 2
JLOC ランボルギーニ・ムルシエラゴ RG-1 SEP
12
SUG
9
2008年 ランボルギーニ・ガヤルド RG-3 GT300 SUZ
DSQ
OKA
16
FSW
16
SEP
16
SUG
19
SUZ
12
TRM
Ret
AUT
19
FSW
14
NC 0
2009年 GT300 OKA
Ret
SUZ
13
FSW
19
SEP
Ret
SUG
12
SUZ
10
FSW
10
AUT
12
TRM
11
25位 2
2010年 A speed アストンマーティン・ヴァンテージ GT2 GT300 SUZ
DSQ
OKA
15
FSW
3
SEP
12
SUG
11
SUZ
Ret
FSW
C
TRM
23
14位 11
2011年 Team TAISAN CINECITTA ポルシェ・911 GT3RS GT300 OKA
11
FSW
12
SEP
13
SUG SUZ FSW
15
AUT TRM
10
26位 1
2012年 JLOC ランボルギーニ・ガヤルド RG-3 GT300 OKA
Ret
FSW
14
SEP
DNS
SUG
15
SUZ
Ret
FSW AUT
15
TRM NC 0

全日本ツーリングカー選手権[編集]

チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1998年 シムスレーシング スバル・インプレッサ FSW1
9
FSW2
9
TRM SUG1 SUG2 SUZ1 SUZ2 MIN1 MIN2 TAI FSW 11位 5

脚注[編集]

  1. ^ 日本カー・オブ・ザ・イヤー2009-2010 選考委員

外部リンク[編集]