ティモ・ベルンハルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ティモ・ベルンハルト
Timo Bernhard Driver of Porsche Team's Porsche 919 Hybrid.jpg
ポルシェチームポルシェ・919ハイブリッドを駆るティモ・ベルンハルト
個人情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生誕 (1981-02-24) 1981年2月24日(37歳)
ザールラント州ホンブルク
スポーツ
競技 レーシングドライバー

ティモ・ベルンハルトTimo Bernhard1981年2月24日 - )は、ドイツザールラント州ホンブルク出身のドイツ人のレーシングドライバー。スポーツカーレースに出走している。かつてはアメリカペンスキー・レーシングに所属しており、2013年以降はポルシェチームのワークスドライバーとして活動している[1]。2009年から2011年までアウディチームに所属して活躍している。2010年に、スポーツカー三大クラシック耐久レースのデイトナ24時間レース(2003年)・セブリング12時間レース(2008年)・ル・マン24時間レース(2010年)を制して三冠を達成した。

初期のレース経歴(スポーツカーレース転向以前)[編集]

1991年、ベルンハルトは10歳の時にカートデビューして、モータースポーツレースの世界へ第一歩を踏み出した。1994年にはドイツカートジュニア選手権の王者となり、1995年にCIK-FIAジュニア世界選手権で総合5位に入った。1996年にドイツカート選手権で総合6位、1997年に総合3位に入った。1998年にはフォーミュラカーレースの世界に移り、フォーミュラ・フォードのユーロカップとドイツシリーズの両方で総合6位に入っている。1999年のドイツシリーズで総合3位の成績を残したシーズンを最後にして、ベルンハルトのフォーミュラカーレースでのレース活動は終了した。

スポーツカーレースでのレース経歴[編集]

2000年、ベルンハルトはUPS・ポルシェ・ジュニア・チームのドライバーとしてポルシェ・スーパーカップに出場し、総合3位に入った。2001年、ベルンハルトはアレックス・ジョブ・レーシングに加入してランディ・ポブストクリスティアン・メンツェルでチームを組んでアメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)に参戦し、シリーズのデビューレースとなるセブリング12時間レースに出場してGTクラスの2位に入賞した。

2002年[編集]

2000年シーズンの開幕となるデイトナ24時間レースでは「ザ・レーサーズ・グループ」のチームに所属して参戦し、クラス優勝で開幕戦を飾った。「アルツェン・モータースポーツ」のチームに所属して参戦したニュルブルクリンク24時間レースでは総合2位に入っている。この年のベルンハルトのベストレースとして挙げられるのはル・マン24時間レースでの活躍であり、ケヴィン・バックラールーカス・ルーアとチームを組んでGTクラスで参戦してクラス優勝を果たした。カレラ・カップでは3位となり、イェルク・ベルクマイスターと組んで臨んだALMSの開幕レースで優勝して選手権で4位の成績を残している。

2003年[編集]

ベルンハルトはバックラー、ミハエル・シュロム、ベルクマイスターらとポルシェ・911 GT3-RSに乗り、シーズン開幕戦デイトナ24時間レースで優勝した。ベルンハルトとベルクマイスターはプチ・ル・マンを含むALMSの3戦で優勝して選手権で2位となった。ベルンハルトはニュルブルクリンク24時間レースで3位に入った。

2004年[編集]

2004年、ベルンハルトはベルクマイスターと再びパートナーを組むこととなった。このコンビでGTクラスを9戦して6勝を挙げ選手権を獲得した。その6勝に含まれるセブリングとプチ・ル・マンのレースは、サシャ・マーセンとトリオを組んで勝利している。ベルンハルトはまたスパ・フランコルシャン24時間レースで総合順位4位クラス順位2位で走っている。ニュルブルクリンク24時間レースで3位となり、3年連続で表彰台を獲得し、マンタイ・レーシング・ポルシェチームで選手権3位に入った。

2005年[編集]

2005年、ベルンハルトはロマン・デュマと組んでALMSに参戦した。このコンビで4つのクラス優勝を挙げ、ベルンハルトは4つのポールポジションを獲得しているが、選手権2位で終わった。ベルクマイスターとパトリック・ロングと組んで臨んだル・マン24時間レースでは、GT2クラスでクラス2位に入っている。

2006年[編集]

2006年、ベルンハルトはロジャー・ペンスキーがチームオーナーの「DHLペンスキー・レーシング」に移籍して新しいポルシェ・RSスパイダーに乗り換え、パートナーは前年に引き続きデュマと組みながら、ALMSのLMP2クラスに参戦した。

第3戦ミッドオハイオでは本来上位クラスのLMP1クラスに出走するべきLMP1カーの新モデルとなる最速車のアウディ・R10がル・マン24時間レースに専念する為にALMSでは開幕戦セブリングを初参戦初優勝後は第5戦ユタ・グランプリまで欠場が続いている最中であったという幸運もあり、当時モデル末期のLMP1カーであったアウディ・R8を相手に戦い総合優勝を果たすという快挙を成し遂げた。(*ちなみにアウディ・R10が投入初年度となる2006年の前半の時点において、アウディがR10をALMSを始めとするレースへの参戦数を重ねて戦力強化することよりテストに時間を割いて開発熟成に取り組んでいたという実態は、英語版WikipediaのAudi R10 TDIの記事やCategory:2006 in the American Le Mans Seriesに登録されている2006年のALMSの各レースの記事の記述によって確認できる。)

この快挙は、LMP2カー初の総合優勝でかつ、2003年以来の(最上位クラスではない)下位クラスのレースカーによる総合優勝という記録から成るものであった。ベルンハルトはプチ・ル・マンのLMP2クラスにも(サシャ・マーセン、エマニュエル・コラールと共に)優勝し、ALMSで4つのクラス優勝を挙げて選手権3位となっている。ニュルブルクリンク24時間レースでもルーカス・ルーア、マルセル・ティーマンマイク・ロッケンフェラーと組んで出場し優勝した。

2009年[編集]

ベルンハルトとデュマはヨースト・レーシングに移籍し、新しいアウディ・R15 TDIをドライブした。アレクサンドル・プレマをメンバーに加えて挑んだル・マン24時間レースでは、カーナンバー3号車に乗って総合順位17位に入っている。

2010年[編集]

デュマとロッケンフェラと組んで前年に引き続きR15 TDI(カーナンバーは9号車)に乗って臨んだル・マン24時間レースで総合優勝を果たす。ベルンハルトを含む優勝ドライバー3人にとって初のル・マン総合優勝であった。決勝レースでは、1971年の走行距離記録5,335.313 km (3,315.210マイル) を39年振りに上回る5,410.713 km (3,362.061マイル) (397ラップ) を記録している[2]。ル・マンの制覇により、ベルンハルトはスポーツカー三大クラシック耐久レース三冠を達成した。

主なレース実績[編集]

2009年のル・マン24時間レースでのベルンハルトがドライブする アウディ・R15 TDI

レース戦績[編集]

アメリカン・ル・マン・シリーズ[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
2001年 ピーターセン・モータースポーツ ポルシェ・911 GT3-RS GT TEX
SEB
2
DON
JAR
SON
6
POR
6
MOS
Ret
MON
MIA
5
PET
16位 79
2002年 アレックス・ジョブ・レーシング ポルシェ・911 GT3-RS GT SEB
Ret
SON
3
MID
2
AME
1
WAS
3
TRO
2
MOS
3
MON
7
MIA
2
PET
Ret
5位 185
2003年 ポルシェ・911 GT3-RS GT SEB
5
ATL
1
SON
2
TRO
Ret
MOS
1
AME
NC
MON
9
MIA
Ret
PET
1
3位 104
2004年 ポルシェ・911 GT3-RSR GT SEB
1
MID
2
LIM
10
SON
1
POR
4
MOS
1
AME
1
PET
1
MON
2
1位 158
2005年 ポルシェ・911 GT3-RSR GT2 SEB
Ret
ATL
2
MID
1
LIM
1
SON
1
POR
1
AME
2
MOS
6
PET
4
MON
5
2位 145
2006年 ペンスキー・レーシング ポルシェ・RSスパイダー LMP2 SEB
Ret
TEX
Ret
MID
1
LIM
1
UTA
2
POR
2
AME
1
MOS
2
PET
1
MON
2
5位 155
2007年 ポルシェ・RSスパイダー LMP2 SEB
3
STP
2
LNB
1
TEX
1
UTA
2
LIM
2
MID
1
AME
1
MOS
1
DET
1
PET
1
MON
1
1位 239
2008年 ポルシェ・RSスパイダー Evo LMP2 SEB
1
STP
1
LNB
2
UTA
1
LIM
2
MID
1
AME
2
MOS
Ret
DET
4
PET
2
MON
3
1位 203
2010年 マッスル・ミルク・チーム・サイトスポーツ ポルシェ・RSスパイダー Evo LMP SEB
LNB
MON
UTA
LIM
MID
AME
2
MOS
PET
20位 20
2011年 アウディ・スポーツチーム・ヨースト アウディ・R15 TDIプラス LMP1 SEB
5
LNB
LIM
MOS
MID
AME
BAL
MON
NC 0
アウディ・R18 TDI PET
Ret

世界耐久選手権[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2013年 ポルシェAG チーム・マンタイ ポルシェ・911 RSR LMGTE Pro SIL
7
SPA
Ret
LMN
2
SÃO
COA
FSW
SHA
BHR
12位 42
2014年 ポルシェ・チーム ポルシェ・919ハイブリッド LMP1 SIL
3
SPA
12
LMN
NC
COA
5
FSW
3
SHA
6
BHR
3
SÃO
Ret
9位 64.5
2015年 LMP1 SIL
Ret
SPA
3
LMN
2
NÜR
1
COA
1
FSW
1
SHA
1
BHR
5
1位 166
2016年 LMP1 SIL
Ret
SPA
26
LMN
10
NÜR
1
MEX
1
COA
1
FSW
3
SHA
1
BHR
3
4位 134.5
2017年 LMP1 SIL
2
SPA
3
LMN
1
NÜR
1
MEX
1
COA
1
FSW
4
SHA
2
BHR
2
1位 208

ル・マン24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー クラス 周回 総合順位 クラス順位
2002年 アメリカ合衆国の旗 ザ・レーサーズ・グループ アメリカ合衆国の旗 ケヴィン・バックラー
ドイツの旗 ルーカス・ルーア
ポルシェ・911 GT3-RS GT 322 16位 1位
2003年 アメリカ合衆国の旗 ザ・レーサーズ・グループ アメリカ合衆国の旗 ケヴィン・バックラー
ドイツの旗 イェルク・ベルクマイスター
ポルシェ・911 GT3-RS GT 304 20位 5位
2005年 アメリカ合衆国の旗 ピーターセン・モータースポーツ
アメリカ合衆国の旗 ホワイト・ライトニング・レーシング
ドイツの旗 イェルク・ベルクマイスター
アメリカ合衆国の旗 パトリック・ロング
ポルシェ・911 GT3-RSR GT2 331 11位 2位
2009年 ドイツの旗 アウディスポーツチームヨースト フランスの旗 ロマン・デュマ
フランスの旗 アレクサンドル・プレマ
アウディ・R15 TDI LMP1 333 17位 13位
2010年 ドイツの旗 アウディスポーツノースアメリカ フランスの旗 ロマン・デュマ
ドイツの旗 マイク・ロッケンフェラー
アウディ・R15 TDI plus LMP1 397 1位 1位
2011年 ドイツの旗 アウディスポーツ・チームヨースト フランスの旗 ロマン・デュマ
ドイツの旗 マイク・ロッケンフェラー
アウディ・R18 TDI LMP1 116 DNF DNF
2013年 ドイツの旗 ポルシェAG チーム・マンタイ フランスの旗 パトリック・ピレ
ドイツの旗 イェルク・ベルクマイスター
ポルシェ・911 RSR GTE
Pro
315 16位 2位
2014年 ドイツの旗 ポルシェ・チーム ニュージーランドの旗 ブレンドン・ハートリー
オーストラリアの旗 マーク・ウェバー
ポルシェ・919ハイブリッド LMP1-H 346 NC NC
2015年 ドイツの旗 ポルシェ・チーム ニュージーランドの旗 ブレンドン・ハートリー
オーストラリアの旗 マーク・ウェバー
ポルシェ・919ハイブリッド LMP1 394 2位 2位
2016年 ドイツの旗 ポルシェ・チーム ニュージーランドの旗 ブレンドン・ハートリー
オーストラリアの旗 マーク・ウェバー
ポルシェ・919ハイブリッド LMP1 346 13位 5位
2017年 ドイツの旗 ポルシェ・チーム ニュージーランドの旗 ブレンドン・ハートリー
ニュージーランドの旗 アール・バンバー
ポルシェ・919ハイブリッド LMP1 367 1位 1位

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

タイトル
先代:
マルク・ジェネ
アレクサンダー・ヴルツ
デビッド・ブラバム
ル・マン24時間優勝者
2010 with:
ロマン・デュマ
マイク・ロッケンフェラー
次代:
マルセル・フェスラー
アンドレ・ロッテラー
ブノワ・トレルイエ
先代:
ニール・ジャニ
ロマン・デュマ
マルク・リープ
ル・マン24時間優勝者
2017 with:
ブレンドン・ハートレイ
アール・バンバー
次代:
-
-
-