1992年のスポーツカー世界選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1992年のスポーツカー世界選手権
前年: 1991 翌年: 無し

1992年のスポーツカー世界選手権は、FIAスポーツカー世界選手権40年目、そして最後のシーズン。グループC車両がC1とFIAカップの2クラスでタイトルを争う。1992年4月26日イタリアモンツァで開幕し、10月18日フランスマニクールで閉幕するまで、全6戦で争われた。ル・マン24時間鈴鹿1000km以外全て500kmレースで開催された。このシーズンをもって40年の歴史を持つスポーツカーの世界選手権は一旦終了することとなった。再開されるのはこの20年後、世界耐久選手権として2012年からである。

シーズン前[編集]

トヨタ・チーム・トムストヨタ・TS010を投入、2位に入った。

1992年シーズンの開催は当初から疑問符が付いていた。FIAはエントラントの減少から選手権の中止を計画していたが、多額の費用をつぎ込み、それを1年限りのシーズンで無駄にすることを望まなかったプジョーはFIAに対して圧力をかけ、選手権を開催するに値するエントリーが十分あると納得させた。これによってFIAは1992年シーズンの開催に舵を取った。

FIAはスポーツカー世界選手権において前年度に3500cc自然吸気エンジンを導入したが、これはF1のものと等しく、最終的には統一規定による運営を考えていた。エンジン均等化の規定はシリーズにおいて引き継がれ、それまでに使用されていた3.5リッターエンジン以外のエンジンを排除することとなった。従って、ほとんどの車が同様のエンジンを搭載するようになり、新たなサブカテゴリー「FIAカップ」が生まれることとなった。C1クラスは10もしくは12気筒エンジンを搭載し、大半のチームがファクトリーサポートを受けた。こちらは主にプライベーターチームが参加し、多くがフォードコスワース・DFR V8を搭載した。

C2クラスが排除されたことで、マツダポルシェは完全新設計のエンジンが必要となった。エンジン寸法は大きく変化し、また新型シャシーの開発も必要になった。ポルシェはフットワークに供給した3512エンジンを既に保有していたが、エンジン設計には大きく欠けるものがあることが判明した。ポルシェは当時予算面で苦しみ、3512の改良だけで無く962シャシーの置き換えももはや価値が無いと決定し、シリーズには戻らないこととした。

マツダは1991年にロータリーエンジンでル・マン24時間レースを制覇するという目標を達成したが、1992年シーズンはロータリーエンジンの使用が規定総合的で禁止されることとなった。マツダはスポーツカーレースにロータリーエンジンの開発を目的として参戦していたが、以後はなブランドイメージ向上のために参加し、それほど意欲的では無いプログラムとなった。マツダスピードはカスタマーバージョンのジャガー・XJR-14を購入、僅かな改良を施しマツダ・MX-R01とした。エンジンはジャッド・GV10を改良したマツダ・MV10が搭載された。この努力でマツダはスポーツカーレースに干与する間、多額の費用を節約するのに貢献した。

1991年シーズンで既に3.5リッターエンジン搭載車を投入したチームは、1992年シーズンへの参戦体勢はそれぞれ異なった。

メルセデス・ベンツはパートナーのザウバーと共に1992年シーズンのための車両開発プログラムを推し進めた。ニューマシンC292の開発は、新たな水平対向12気筒エンジンと共に進行中であった。しかしながら、1991年のエンジンには様々な構造的欠点があり、計画の推進は多額の費用の浪費に繋がり、1992年シーズンからの撤退を余儀なくされた。

ジャガーは1984年からXJRプログラムを推進し、1991年シーズンはXJR-14の性能に満足しているわけでは無かったが、既にシリーズからの撤退を発表していた。カスタマー仕様のXJR-14は1992年シーズン、新規参入するRMRとジー・ピー・カーズに供給させることが約束されていた。

プライベーターチームは、ブルン・モータースポーツの手による開発不足のブルン・C91を選択するか、ポルシェ・962を選択するしか無く、彼らのほとんどもシリーズ参戦をあきらめざるを得なかった。962を使用し、参戦をあきらめたチームの中にはクレマー・レーシングやチーム・サラミン・プリマガスも含まれた。クラージュ・コンペティションは自社製シャシーの開発費が不足し、ル・マン24時間レースのみへの参戦を決定した。コンラート・モータースポーツコンラート・KM-011も1991年は不調であったが、1992年はランボルギーニの支援を受けて開発を進める予定であった。ユーロレーシングは古くなったスパイス製シャシーを新たなローラ・T92/10と、ジャッド製エンジンに取り替えるための資金を確保し、1992年シーズンへの参戦をすぐさま確約した。チェンバレン・エンジニアリングもスパイスのファクトリーサポートを受けての参戦を計画していた。

プジョー905トヨタTS010は、基本的なシャシーとエンジンは変わらなかったが、1992年に備えて改良が行われた。

また、BRMの名が、自社製シャシーのP351およびV型12気筒エンジンと共に1992年シーズンに復活すると発表された。しかしBRMの参戦があっても、1991年シーズンに比べると1992年シーズンのグリッドは、多くのプライベイターおよび2大マニファクチャラーの撤退によりエントラント数不足なのは明らかであった。

開催スケジュール[編集]

1992年シーズンのスケジュールは1991年12月に臨時に承認され、FIAはル・マン24時間レースと同様に1000kmと500kmのレースで構成された全10戦のカレンダーを発表した。

当初案[編集]

ラウンド レース サーキット 開催日
1 日本の旗 オートポリス500km オートポリス 4月5日
2 イタリアの旗 モンツァ1000km モンツァ・サーキット 4月26日
3 イギリスの旗 シルバーストン500km シルバーストン・サーキット 5月10日
4 スペインの旗 ハラマ500km ハラマ・サーキット 5月26日
5 フランスの旗 ル・マン24時間レース サルト・サーキット 6月20日
6月21日
6 イギリスの旗 ドニントン1000km ドニントン・パーク 7月19日
7 ドイツの旗 ニュルブルクリンク1000km ニュルブルクリンク 8月2日
8 日本の旗 鈴鹿1000km 鈴鹿サーキット 8月30日
9 メキシコの旗 メキシコシティ1000km エルマノス・ロドリゲス・サーキット 9月13日
10 スペインの旗 ヘレス1000km ヘレス・サーキット 10月4日

1992年1月までにFIAはカレンダーを全8戦に縮小し、モンツァとドニントンも500kmに短縮された。カットされた数戦の代替としてマニクールでのイベントが設定された。

ヘレス戦は最終カレンダーに残っていたが、サーキットがFIA規格に改修されなかったためシーズン中旬にキャンセルされた。

最終スケジュール[編集]

ラウンド レース サーキット 開催日
1 イタリアの旗 トロフェオ・F・カラッチョーロ (500km) モンツァ・サーキット 4月26日
2 イギリスの旗 BRDCエンパイア・トロフィー (500km) シルバーストン・サーキット 5月10日
3 フランスの旗 ル・マン24時間レース サルト・サーキット 6月20日
6月21日
4 イギリスの旗 トライトン・シャワーズ・トロフィー (500km) ドニントン・パーク 7月19日
5 日本の旗 鈴鹿1000km 鈴鹿サーキット 8月30日
6 フランスの旗 シャンピオナ・デュ・モンド・ド・ヴォワチューレ・ド・スポール (500km) マニクール・サーキット 10月18日

シルバーストン500kmの前にレースオーガナイザーはチケットの売り上げを高めるため、レース距離を約250kmに短縮するようチームに対して説得するよう試みた。しかしながらトヨタはこの提案を拒否し、レースは元の距離で行われることとなった。

シーズン結果[編集]

ポイントはいくつかの例外と共に、トップ10完走者に対して20-15-12-10-8-6-4-3-2-1ポイントが与えられた。

  • レースにおいてある程度の割合をドライブしなかったドライバーに対してはポイントが与えられなかった。
  • チームポイントはチームで最上位の車のみに与えられた。それ以外の車に対しては与えられなかったが、ドライバーズポイントは与えられた。
  • 優勝車両の走行距離の85%以上を完走しなかった場合、ドライバーズポイントもチームポイントも与えられなかった。

FIAカップ車両は総合ランキングに含まれると共に、カップのランキングポイントも与えられた。

ラウンド サーキット C1優勝チーム FIAカップ優勝チーム ポールポジション レポート
C1優勝ドライバー FIAカップ優勝ドライバー
1 モンツァ 日本の旗 トヨタ チーム・トムス イギリスの旗 チェンバレン・エンジニアリング
1分26秒019 /プジョー・905
詳細
イギリスの旗 ジェフ・リース
日本の旗 小河等
87周 / トヨタ・TS010
スイスの旗 ベルナール・サンダー
フランスの旗 フェルディナン・ド・レセップス
2 シルバーストン フランスの旗 プジョー・タルボ・スポール イギリスの旗 チェンバレン・エンジニアリング
1分24秒421 / プジョー・905
詳細
イギリスの旗 デレック・ワーウィック
フランスの旗 ヤニック・ダルマス
96周 / プジョー・905
フランスの旗 フェルディナン・ド・レセップス
イギリスの旗 ウィル・ホイ
3 ル・サルト フランスの旗 プジョー・タルボ・スポール イギリスの旗 チェンバレン・エンジニアリング マウロ・バルディ

3分21秒209 / プジョー・905
詳細
イギリスの旗 デレック・ワーウィック
フランスの旗 ヤニック・ダルマス
イギリスの旗 マーク・ブランデル
352周 / プジョー・905
フランスの旗 フェルディナン・ド・レセップス
イギリスの旗 リチャード・パイパー
フランスの旗 オリンド・ラコベリ
4 ドニントン フランスの旗 プジョー・タルボ・スポール イギリスの旗 チェンバレン・エンジニアリング
1分15秒285 / プジョー・905
詳細
イタリアの旗 マウロ・バルディ
フランスの旗 フィリップ・アリオー
125周 / プジョー・905
フランスの旗 フェルディナン・ド・レセップス
イギリスの旗 ウィル・ホイ
5 鈴鹿 フランスの旗 プジョー・タルボ・スポール イギリスの旗 チェンバレン・エンジニアリング
1分43秒957 / プジョー・905
詳細
イギリスの旗 デレック・ワーウィック
フランスの旗 ヤニック・ダルマス
171周 / プジョー・905
フランスの旗 フェルディナン・ド・レセップス
イギリスの旗 ニック・アダムス
日本の旗 木本正広
6 マニクール フランスの旗 プジョー・タルボ・スポール イギリスの旗 チェンバレン・エンジニアリング
1分16秒415 / プジョー・905
詳細
イタリアの旗 マウロ・バルディ
フランスの旗 フィリップ・アリオー
118周 / プジョー・905
フランスの旗 フェルディナン・ド・レセップス
イギリスの旗 ニック・アダムス

ランキング[編集]

チーム総合[編集]

順位 チーム シャシー エンジン Rd 1 Rd 2 Rd 3 Rd 4 Rd 5 Rd 6 ポイント
1 フランスの旗 プジョー・タルボ・スポール プジョー・905 Evo 1B プジョー SA35 3.5L V10 15 20 20 20 20 20 115
2 日本の旗 トヨタ チーム・トムス トヨタ・TS010 トヨタ RV10 3.5L V10 20 15 12 15 12 74
3 日本の旗 マツダスピード マツダ・MXR-01 マツダ (ジャッド) MV10 3.5L V10 15 10 8 6 39
4 イギリスの旗 チェンバレン・エンジニアリング スパイス SE89C フォード コスワース・DFZ 3.5L V8 12 4 6 8 4 34
5 オランダの旗 ユーロレーシング ローラ・T92/10 ジャッド GV10 3.5L V10 6 10 10 26
6 イタリアの旗 チーム S.C.I. スパイス SE90C
ティガ GC288
フォード コスワース・DFZ 3.5L V8
フォード コスワース・DFL 3.3L V8
10

4

3

17

FIAカップ[編集]

順位 チーム シャシー エンジン Rd 1 Rd 2 Rd 3 Rd 4 Rd 5 Rd 6 ポイント
1 イギリスの旗 チェンバレン・エンジニアリング スパイス SE89C フォード コスワース・DFZ 3.5L V8 20 20 20 20 20 100
2 イタリアの旗 チーム S.C.I. スパイス SE90C
ティガ GC288
フォード コスワース・DFZ 3.5L V8
フォード コスワース・DFL 3.3L V8
15

15

15

45
3 ドイツの旗 G.S.R. GmbH ゲプハルト C91 フォード コスワース・DFR 3.5L V8 15 15

† - 第5戦ではチェンバレン・エンジニアリング以外のエントラントがいなかったため、ポイントは与えられなかった。

ドライバー総合[編集]

順位 ドライバー チーム Rd 1 Rd 2 Rd 3 Rd 4 Rd 5 Rd 6 ポイント
1= フランスの旗 ヤニック・ダルマス フランスの旗 プジョー・タルボ・スポール 15 20 20 15 20 8 98
1= イギリスの旗 デレック・ワーウィック フランスの旗 プジョー・タルボ・スポール 15 20 20 15 20 8 98
3= フランスの旗 フィリップ・アリオー フランスの旗 プジョー・タルボ・スポール 12 20 12 20 64
3= イタリアの旗 マウロ・バルディ フランスの旗 プジョー・タルボ・スポール 12 20 12 20 64
5 イギリスの旗 ジェフ・リース 日本の旗 トヨタ チーム・トムス 20 12 15 12 59
6 オランダの旗 ヤン・ラマース 日本の旗 トヨタ チーム・トムス 8 15 12 35
7 フランスの旗 フェルディナン・ド・レセップス イギリスの旗 チェンバレン・エンジニアリング 12 4 6 8 4 34
8 ブラジルの旗 マウリツィオ・サンドロ・サーラ 日本の旗 マツダスピード 15 8 6 29
9 イギリスの旗 ジョニー・ハーバート 日本の旗 マツダスピード 15 10 25
10 オーストラリアの旗 デヴィッド・ブラバム 日本の旗 トヨタ チーム・トムス 12 10 22
11 日本の旗 小河等 日本の旗 トヨタ チーム・トムス 20 20
12= イギリスの旗 ウィル・ホイ イギリスの旗 チェンバレン・エンジニアリング 12 6 18
12= イギリスの旗 アンディ・ウォレス 日本の旗 トヨタ チーム・トムス 8 10 18
14= イタリアの旗 ステファノ・セバスティアーニ イタリアの旗 チーム S.C.I. 10 4 3 17
14= イタリアの旗 ラニエリ・ランダッキオ イタリアの旗 チーム S.C.I. 10 4 3 17
16 ドイツの旗 ハインツ=ハラルド・フレンツェン オランダの旗 ユーロレーシング 6 10 16
17= フランスの旗 エリック・エラリー フランスの旗 プジョー・タルボ・スポール 15 15
17= フランスの旗 クリストフ・ブシュー フランスの旗 プジョー・タルボ・スポール 15 15
17= フランスの旗 ピエール=アンリ・ラファネル 日本の旗 トヨタ チーム・トムス 15 15
17= イギリスの旗 ケニー・アチソン 日本の旗 トヨタ チーム・トムス 15 15
21 イタリアの旗 アレックス・カフィ 日本の旗 マツダスピード 8 6 14
22 イギリスの旗 ニック・アダムス イギリスの旗 チェンバレン・エンジニアリング 8 4 12
23= 日本の旗 松田秀士 オランダの旗 ユーロレーシング 10 10
23= イギリスの旗 フィル・アンドリューズ オランダの旗 ユーロレーシング 10 10
23= ドイツの旗 フォルカー・ヴァイドラー 日本の旗 マツダスピード 10 10
23= スペインの旗 ヘスス・パレハ オランダの旗 ユーロレーシング 10 10
27 イタリアの旗 テオ・ファビ 日本の旗 トヨタ チーム・トムス 8 8
28= イギリスの旗 ディビナ・ガリカ イギリスの旗 チェンバレン・エンジニアリング 6 6
28= 日本の旗 原田淳 イギリスの旗 チェンバレン・エンジニアリング 6 6
30= イギリスの旗 リチャード・パイパー イギリスの旗 チェンバレン・エンジニアリング 4 4
30= フランスの旗 オリンド・ラコベリ イギリスの旗 チェンバレン・エンジニアリング 4 4

FIAカップ[編集]

順位 ドライバー チーム Rd 1 Rd 2 Rd 3 Rd 4 Rd 5 Rd 6 ポイント
1 フランスの旗 フェルディナン・ド・レセップス イギリスの旗 チェンバレン・エンジニアリング 20 20 20 20 20 100
2 イタリアの旗 ラニエリ・ランダッキオ イタリアの旗 チーム S.C.I. 15 15 15 45
3= イギリスの旗 ウィル・ホイ イギリスの旗 チェンバレン・エンジニアリング 20 20 40
3= イギリスの旗 ニック・アダムス イギリスの旗 チェンバレン・エンジニアリング 20 20 40
5 イタリアの旗 ステファノ・セバスティアーニ イタリアの旗 チーム S.C.I. 15 15 30
6= スイスの旗 ベルナール・サンダー イギリスの旗 チェンバレン・エンジニアリング 20 20
6= フランスの旗 オリンド・ラコベリ イギリスの旗 チェンバレン・エンジニアリング 20 20
6= イギリスの旗 リチャード・パイパー イギリスの旗 チェンバレン・エンジニアリング 20 20
9= ドイツの旗 フランク・クレマー ドイツの旗 G.S.R. GmbH 15 15
9= イタリアの旗 アルモ・コッペリ ドイツの旗 G.S.R. GmbH 15 15

シーズン後[編集]

1992年シーズンの準備期間に、シリーズが将来も継続していく可能性がいくつか示された。特にプジョーからの約束は大きな物であったが、これは単に誤った望みに過ぎなかった。カスタマー仕様のジャガーは、シーズン途中も参戦継続を約束していたが、決して目立たなかった。ランボルギーニ製エンジンを積んだコンラートのシャシーも開発継続を約束したものの、レースに参戦することは無かった。BRMはル・マンのみに参戦し、20ラップだけでリタイヤした。ル・マンの後彼らは開発を停止した。結局1992年シーズンは905プロジェクトに大金を投じたプジョーによる、905を披露するためだけのシーズンとなった。

1993年シーズンの開催の望みは僅かなものであった。プジョーの参戦継続の約束以外には、日産P35による参戦の意思を示しており、FIAは暫定的に1993年シーズンの開催を発表した。しかしながら、日産は経済的理由でP35での参戦の取りやめを発表、これによってエントラント不足は決定的なものとなり、FIAは1993年シーズンのキャンセルを発表した。これは40年続いたスポーツカー世界選手権の終焉を意味することとなった。

スポーツカーレースは統一された世界選手権が存在せず、世界各地により小さく分離したシリーズとして残されることとなった。日本では全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権が開催されていたが、これもエントラント数減少により1992年限りで中止となった。北米大陸で行われるIMSA GT選手権もエントラント数の不足に苦しみ、1999年にアメリカン・ル・マン・シリーズに取って代わられた。FIAは1999年にヨーロッパ・スポーツカー・レーシング・ワールド・カップに代わってFIA スポーツカー選手権の創設を試みたが失敗し、2003年までに終焉を迎えた。

スポーツカーレースにとっては受難の年が続いたが、2004年にフランス西部自動車クラブ (ACO) による2つのシリーズ、ヨーロピアン・ル・マン・シリーズおよびアメリカン・ル・マン・シリーズが確立し、日本では2006年に全日本スポーツカー耐久選手権が創設された。しかしながら全日本スポーツカー耐久選手権は2007年シーズン限りで終了した。2009年、ACOはアジアン・ル・マン・シリーズを創設した。最終的に、ACOは2010年にインターコンチネンタル・ル・マン・カップを創設、これは2012年にFIA 世界耐久選手権に改称され、ようやくスポーツカーによる世界選手権が復活することとなった。

参照[編集]

外部リンク[編集]