ケネス・アチソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケネス・アチソン
基本情報
フルネーム ケネス・ヘンリー・アチソン
国籍 イギリスの旗 イギリス
出身地 北アイルランドクックスタウン
生年月日 (1957-11-24) 1957年11月24日(62歳)
F1での経歴
活動時期 1983, 1985
過去の所属チーム RAM
出走回数 10 (3スタート)
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1983年イギリスGP
最終戦 1985年イタリアGP
テンプレートを表示

ケネス・アチソンkenneth henry Acheson1957年11月24日 - )は、イギリスの元レーシングドライバー。北アイルランドのクックスタウン出身。日本ではケニー・アチソンと表記されることもある。

経歴[編集]

1976年から地元のフォーミュラ・フォードに参戦し、翌年はこのレースの1600クラスのタイトルを獲得した。

フォーミュラ・フォードのタイトルを獲得後は、イギリスのF3選手権に参戦し、1981年からは、ヨーロッパF2選手権に3年間参戦。優勝こそ果たせなかったが、1982年には2位に入賞を記録し、シリーズ7位となった。翌年も引き続きアチソンはヨーロッパF3に参戦していたが、シーズン途中にRAMからF1に参戦することになった為、このレースの後半戦を欠場することになったが、この年も2位入賞を果たしており、シリーズ10位となった。

RAMからF1に途中参戦したアチソンだったが、マシンの戦闘力不足に悩み、エントリーを開始した第9戦イギリスグランプリから6連続予選落ちを喫してしまう。南アフリカのキャラミで行われた、最終戦南アフリカグランプリでようやく予選突破し、12位で完走した。このレースがアチソンのF1キャリア唯一の完走となった。85年もRAMから3レースにエントリーし、うち2レースで予選通過を果たしたものの、いずれもリタイアに終わり、アチソンは以降F1に参戦することはなかった。

1987年からは、活躍の拠点を日本に移して、全日本F3000選手権全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権にエントリーし活躍。後者のレースではこの年のシリーズチャンピオンを獲得した[1]

1988年からはル・マン24時間レースにも参戦。総合2位を獲得した。またこの年からは全年に参戦を開始した2カテゴリーに加え、全日本ツーリングカー選手権のクラス2にもBMW・M3で参戦し、柳田春人/ウィル・ホイ組に及ばなかったものの、クラス2位となり、総合でもシリーズランキング5位に入る成績だった。

その後は再びヨーロッパに戻り、スポーツカー世界選手権で活躍し、日産、ジャガー、トヨタのワークスドライバーとして活躍した。またル・マンにも引き続き参戦し、トムスから参戦した、1992年には、関谷正徳ピエール=アンリ・ラファネルと共に再び総合2位を獲得している。

以降もル・マンやスポーツカー世界選手権で活躍したが、1996年のル・マン出場を最後に現役を引退した。

脚注[編集]

  1. ^ Kenny Acheson | Racing career profile | Driver Database”. www.driverdb.com. 2020年3月8日閲覧。