平川亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平川 亮(ひらかわ りょう、1994年3月7日 - )は、広島県呉市出身のレーシングドライバー

プロフィール[編集]

身長:177cm、体重:66kg、血液型:O型。1994年3月7日広島県呉市に生まれる。父親の影響でレーシング・カートに興味を持ち始め、2007年にカート競技を開始する。

2008年には全日本ジュニアカートに参戦、2009年には全日本カートKF2クラス参戦。同年フォーミュラトヨタレーシングスクール(FTRS)に合格。JAFより限定Aライセンスの発給が認められ[2010年にトヨタ枠よりフォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)に全戦参戦、それと並行してスーパーFJに参戦、フォーミュラ・BMWアジアパシフィックシリーズにスポット参戦をするという形で4輪レースデビューを果たした。FCJでは、シリーズランキングは6位という結果だったが、スーパーFJ富士シリーズ第2戦で優勝して最年少優勝記録(16歳1か月)を達成し、岡山シリーズではシリーズチャンピオンに輝いた。

2011年はトヨタのパックアップにより引き続きフォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)に参戦、初の優勝を記録し、チャンピオン争いを繰り広げたが、シリーズ2位で終了。F4西日本シリーズではチャンピオン・グランドチャンピオン・年間MVP・エンドレス賞・年代賞の各賞を受賞。

2012年は全日本F3にステップアップ。FCJ、カレラカップジャパンの3シリーズに参戦。全日本F3では開幕2連勝で勢いに乗ると第10戦までに1位7回、2位2回、3位1回とポイントランキングをリードし、第11戦はリタイアとなり連続表彰台は逃すものの、第12戦では3位となり第12戦の段階で全日本F3チャンピオンを獲得した。

2013年はスーパーフォーミュラKYGNUS SUNOCO Team LeMansから参戦、テレビアニメ宇宙戦艦ヤマト2199』とコラボレーションしたマシンで戦うことが決定した[1]

2014年は引き続きスーパーフォーミュラに参戦。加えて、SUPER GTWECと日程がバッティングしている中嶋一貴の代役としてスポット参戦。

2015年はスーパーフォーミュラに加え、SUPER GTにもフル参戦。開幕戦ではポールポジションを獲得、決勝では雨のレースを制し初優勝。最終戦も勝利し、2勝をあげた。

2016年はSUPER GTとヨーロピアン・ル・マン・シリーズにTDP支援のもとThiriet by TDS Racingより参戦。ル・マン24時間レースへも参戦するも、リタイアに終わっている。 12月より、レッドブルアスリートとなり、支援を受けることになった。

レース戦績[編集]

  • 2008年 - 全日本ジュニアカート選手権 ジュニアカートクラス(シリーズチャンピオン)
  • 2009年 - 全日本カート選手権 KF2クラス(シリーズ2位)
  • 2010年
    • フォーミュラチャレンジジャパン(#4 Clarion FCJ)(シリーズ6位)
    • フォーミュラBMWパシフィック マカオグランプリ(予選11位/決勝リタイヤ)
    • スーパーFJ 日本一決定戦 (優勝)
    • JAF地方選手権 FJ 岡山シリーズ(シリーズチャンピオン)
  • 2011年
    • フォーミュラ チャレンジ ジャパン (#4 Clarion FCJ) (シリーズ2位)
    • F4 西日本シリーズ (シリーズ チャンピオン)
    • F4 東日本シリーズ (シリーズ 7位)
  • 2012年
    • 全日本F3選手権(RSS#4 広島トヨペットF312/ダラーラF312 1AZ-FE)(シリーズチャンピオン・7勝)
    • フォーミュラチャレンジジャパン(#4 Clarion FCJ)参戦
    • ポルシェカレラカップジャパン チャンピオンクラス(GARMIN Porsche)(シリーズチャンピオン)

※ポルシェカレラカップジャパンへは「PCCJ若手ドライバー育成プログラム」の選出で参戦。

  • 2013年
    • 全日本選手権スーパーフォーミュラ(Team KYGNUS SUNOCO)(シリーズ11位)
    • インタープロトシリーズ(RSS広島トヨペットIPS)(シリーズチャンピオン・2勝)
  • 2014年
    • 全日本選手権スーパーフォーミュラ(KYGNUS SUNOCO Team LeMans #7/ダラーラ・SF14 RI4A)(シリーズ8位)
    • SUPER GT GT500クラススポット参戦 (Rd.2/Rd.3 #36 LEXUS TEAM PETRONAS TOM'S)
    • インタープロトシリーズ(RSS広島トヨペットIPS)(シリーズチャンピオン・3勝)
    • スーパー耐久 ST-1クラス(TOMEI SPORTS)(シリーズチャンピオン・3勝)
  • 2015年
    • 全日本選手権スーパーフォーミュラ(KYGNUS SUNOCO Team LeMans #7/ダラーラ・SF14 RI4A)(シリーズ8位)
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM KeePer TOM'S #37 KeePer TOM'S RC F/LEXUS RC F RI4AG)(シリーズ5位・2勝)
  • 2016年
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM TOM'S #37 KeePer TOM'S RC F/LEXUS RC F RI4AG)(シリーズ9位)
    • ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ・LMP2クラス(Thiriet by TDS Racing #46/オレカ・05 - ニッサン)(シリーズ5位・2勝)
  • 2017年
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM KeePer TOM'S #37 KeePer TOM'S LC500/LEXUS LC500 RI4AG)
    • ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ・LMP2クラス(G-Drive Racing #22/オレカ・07 - ギブソン)


全日本フォーミュラ3選手権[編集]

チーム エンジン クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 順位 ポイント
2012年 PETRONAS TEAM TOM'S トヨタ SUZ1
1
SUZ2
1
TRM1
2
TRM1
2
FSW1
1
FSW2
1
TRM1
1
TRM2
1
OKA1
1
OKA2
2
SUG1
Ret
SUG2
3
SUG3
Ret
FSW1
3
FSW2
3
1位 118

スーパーフォーミュラ[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 順位 ポイント
2013年 KYGNUS SUNOCO Team LeMans SUZ
8
AUT
7
FSW
11
TRM
7
INJ
C
SUG
Ret
SUZ1
6
SUZ2
4
11位 9
2014年 SUZ
4
FSW1
Ret
FSW2
8
FSW
2
TRM
10
AUT
13
SUG
8
SUZ1
16
SUZ2
5
8位 16.5
2015年 SUZ
12
OKA
9
FSW
6
TRM
7
AUT
4
SUG
8
SUZ1
10
SUZ2
5
8位 13

SUPER GT[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
2014年 LEXUS TEAM PETRONAS TOM'S レクサス・RC F GT500 OKA
FSW
9
AUT
5
SUG FSW SUZ CHA TRM 20位 8
2015年 LEXUS TEAM KeePer TOM'S GT500 OKA
1
FSW
6
CHA
6
FSW
12
SUZ
8
SUG
9
AUT
12
TRM
1
5位 56
2016年 LEXUS TEAM TOM'S GT500 OKA
2
FSW
3
SUG
8
FSW
12
SUZ
Ret
CHA
9
TRM
Ret
TRM
5
9位 38
2017年 LEXUS TEAM KeePer TOM'S レクサス・LC500 GT500 OKA
1
FSW
3
AUT
6
SUG
10
FSW
6
SUZ
6
CHA
1
TRM
1位* 69*

ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 順位 ポイント
2016年 ティリエ・バイ・ TDSレーシング オレカ・05 LMP2 SIL
Ret
IMO
1
SPL
1
CAS
SPA
3
EST
7
5位 70
2017年 G-ドライブ・レーシング オレカ・07 LMP2 SIL
2
MON
1
SPL
CAS
SPA
EST
1位* 43*

ル・マン24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー クラス 周回 総合順位 クラス順位
2016年 フランスの旗 ティリエ・バイ・ TDSレーシング フランスの旗 ピエール・ティリエ
スイスの旗 マティアス・ベシェ
オレカ・05-日産 LMP2 241 DNF DNF
2017年 ロシアの旗 G-ドライブ・レーシング メキシコの旗 メモ・ロハス
メキシコの旗 ホセ・グティエレス
オレカ・07-ギブソン LMP2 327 39位 17位

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]