チャーン・インターナショナル・サーキット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
タイ王国の旗チャーン・インターナショナルサーキット
概要
Buriram circuit map.svg
所在地 タイブリーラム県
オーナー ネウィン・チドチョブ(Newin Chidchob)
営業期間 2014年9月 -
主なイベント SUPER GTなど
コース設計者 ヘルマン・ティルケ
コース長 4.554km
コーナー数 12
テンプレートを表示

チャーン・インターナショナルサーキット英語: Chang International Circuit)は、タイブリーラム県にあるサーキットタイ・ビバレッジ命名権を取得しており、同社のビール"ビア・チャーン"の名称がサーキット名になっている。当初の名称はブリーラム・ユナイテッド・インターナショナルサーキット英語: Buriram United International Circuit)であった。 2014年9月オープン[1]

概要[編集]

同地に所在するサッカークラブであるブリーラム・ユナイテッドFCの系列に連なるサーキットで、当初のサーキット名称もチーム名に由来している。オーナーも同じネウィン・チドチョブ(Newin Chidchob)が務めるほか、立地も同チームのホームスタジアムであるニュー・アイモバイル・スタジアム(サンダーキャッスル・スタジアム)の裏手にある[1]。サーキットの設計はヘルマン・ティルケが行い、建設費は約20億バーツ(約62億円)[2]

コース長は4.554kmで、国際自動車連盟(FIA)グレード1Tを取得している[3][4]。またコースの分割も可能[3]。グレード1Tの取得によりF1のテスト走行での利用も可能になる。当初はF1の開催は「想定していない」としていたが[2]、サーキットの運営会社では2014年に入りF1関連のコンサルタントと相次いで契約しており[5]、F1開催の可能性も視野に入れつつある。

ピットエリアがメインスタンドの真下にあるため、全体的に高低差無いコースの全景がグランドスタンドから見ることができる反面、ピットワークを視ることができない。ちなみにオープン当初はピット自体の数が不足しており、2014年のSUPER GT開催時には3台のマシンで2ピットを共有する状態だったが、2015年に1コーナー寄りにピットを増設している[6]

敷地内には他にドラッグレース用の直線走路や、モトクロス用のダートトラックも設けられる[3]

レース開催[編集]

2013年8月にSUPER GTを主催するGTアソシエイション(GTA)とサーキット側でSUPER GTシリーズ戦として2年間の開催契約が結ばれた[1]。2014年10月4日~5日にこけら落しとしてSUPER GT第7戦が行われ、地元のチームもスポット参戦した。(2014年のSUPER GTも参照) また同年は珠海国際サーキットに代わってアジアン・ル・マン・シリーズも開催された[7]。SUPER GTについては2016年以降も継続して開催されている。

2015年11月には世界ツーリングカー選手権(WTCC)が1度開催された[6]。2016年も開催予定があったが、主催者と現地オーガナイザーの交渉が不調に終わり開催は中止されている。

二輪は2015年からスーパーバイク世界選手権(SBK)が開催されており、2018年からロードレース世界選手権(MotoGP)も開催される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 14年のスーパーGT開催に向け、タイで調印式開催 - オートスポーツ・2013年8月12日
  2. ^ a b Newin now constructing Buriram Circuit - THE NATION・2013年5月8日
  3. ^ a b c TRACK - BRIC
  4. ^ http://supergt.net/news/single/1290
  5. ^ BRIC joins F1 consulting company - BRIC・2014年4月11日
  6. ^ a b GTタイ戦「ピットの問題は解消される」と坂東代表 - オートスポーツ・2015年5月8日
  7. ^ BRIC to host 2014 Asian LMS - BRIC・2014年6月4日

外部リンク[編集]