2016年のSUPER GT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2016年のSUPER GT
前年: 2015 翌年: 2017

2016年SUPER GTは、2016年4月9日10日岡山国際サーキットで開幕し、同年11月13日ツインリンクもてぎで閉幕した全8戦のシリーズである。

前年からの主な変更点[編集]

レース日程[編集]

全8戦は前年と同じだが、開催順が大きく変更され、ほぼ2014年と同じスケジュールが予定された。タイラウンドが10月開催に戻り、それと入れ替わる形でオートポリスが5月、スポーツランドSUGOが7月の開催となる。ところが4月の熊本地震で震源地から近いオートポリスもコース・施設にダメージを受け、周辺道路が寸断されるなどアクセスにも問題を抱えたことから、同地での開催を延期[1]、後に中止となった[2][注釈 1]。この中止に伴い、ツインリンクもてぎで行われる最終戦で2レース開催し、そのうち代替レースを予選日であった11月12日に予選と決勝を1日で、最終戦を本来の決勝日である同月13日に予選と決勝を1日で、それぞれ実施することとなった[3]

レギュレーション[編集]

セーフティカー先導中のピットインが禁止される[4]

GT500クラス[編集]

燃料流量リストリクターのサイズが、これまでの100kg/hから95kg/hへと変更となる[5]。また、ウェイトハンデについては、前年までは50kgを超えた場合50kg相当分は燃料流量リストリクターを絞って対応していたが、本年は2013年以前の実際のウェイトを搭載する形に戻される[6]。空力パーツの適用においても、高速サーキット向けのローダウンフォース仕様は富士スピードウェイの2開催のみ使用可、と明文化された[5]

GT300クラス[編集]

FIA GT3車両はMY2016、MY2015のみ参戦が可能となり、MY2014は移行期間対象車としシーズン中のマシン変更が求められる事になった[4]

予選方式[編集]

ポールポジションを獲得したドライバー組にポイント1点が授与されるほか、GT300においてはQ2進出台数が13台から14台へと1台増やされた[4]

マシン[編集]

GT500クラス[編集]

  • ホンダ陣営は前年同様NSX CONCEPT-GTで参戦するが、今季はハイブリッドシステム非搭載仕様に変更する[7]

GT300クラス[編集]

大阪オートメッセ2016で展示されたStudie BMW M6 GT3
  • BMW Sports Trophy Team StudieはBMW・Z4 GT3からM6 GT3へと変更する[20]
  • Excellence Porsche Team KTRは997型911GT3Rから新型の991型911GT3Rへと変更する[21]

エントラント[編集]

GT500クラス[編集]

GT300クラス[編集]

年間エントリー台数はGT500クラスが15台、GT300クラスが30台、計45台となっている[9]。これに対してコースごとに設定されている決勝の最大出走台数はスポーツランドSUGOが43台、チャーン・インターナショナル・サーキットが39台(現地特別参加を含む予定)、他が全て45台に設定されており、SUGOとチャーンではエントリーされている全台数が出走した場合予選落ちが発生する[30]

その他[編集]

エントリーリスト[編集]

GT500クラス[編集]

No. マシン ドライバー エントラント タイヤ
1 MOTUL AUTECH GT-R 日本の旗 松田次生
イタリアの旗 ロニー・クインタレッリ
NISMO M
6 WAKO'S 4CR RC F 日本の旗 大嶋和也
イタリアの旗 アンドレア・カルダレッリ
LEXUS TEAM LeMans WAKO'S B
8 ARTA NSX CONCEPT-GT 日本の旗 松浦孝亮
日本の旗 野尻智紀
AUTOBACS RACING TEAM AGURI B
12 カルソニック IMPUL GT-R 日本の旗 安田裕信
ブラジルの旗 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
TEAM IMPUL B
15 ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GT 日本の旗 武藤英紀
イギリスの旗 オリバー・ターベイ(Rd.1,2,4-6)
日本の旗 牧野任祐(Rd.7-8)
Drago Modulo Honda Racing B
17 KEIHIN NSX CONCEPT-GT 日本の旗 塚越広大
日本の旗 小暮卓史
KEIHIN REAL RACING B
19 WedsSport ADVAN RC F 日本の旗 関口雄飛
日本の旗 国本雄資
LEXUS TEAM WedsSport BANDOH Y
24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R 日本の旗 佐々木大樹
日本の旗 柳田真孝
KONDO RACING Y
36 au TOM'S RC F 日本の旗 伊藤大輔
ニュージーランドの旗 ニック・キャシディ
LEXUS TEAM TOM'S B
37 KeePer TOM'S RC F イギリスの旗 ジェームズ・ロシター
日本の旗 平川亮
LEXUS TEAM TOM'S B
38 ZENT CERUMO RC F 日本の旗 立川祐路
日本の旗 石浦宏明
LEXUS TEAM ZENT CERUMO B
39 DENSO KOBELCO SARD RC F フィンランドの旗 ヘイキ・コバライネン
日本の旗 平手晃平
LEXUS TEAM SARD B
46 S Road CRAFTSPORTS GT-R 日本の旗 本山哲
日本の旗 千代勝正(Rd.1-5,7-8)
日本の旗 高星明誠(Rd.6)
MOLA M
64 Epson NSX CONCEPT-GT 日本の旗 中嶋大祐
ベルギーの旗 ベルトラン・バゲット
NAKAJIMA RACING D
100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT 日本の旗 山本尚貴
日本の旗 伊沢拓也
TEAM KUNIMITSU B

GT300クラス[編集]

No. マシン ドライバー エントラント タイヤ
0 GAINER TANAX GT-R マカオの旗 アンドレ・クート
日本の旗 富田竜一郎
GAINER D
2 シンティアムアップルロータス 日本の旗 高橋一穂
日本の旗 加藤寛規
日本の旗 牧野任祐(Rd.6)
Cars Tokai Dream28 Y
3 B-MAX NDDP GT-R 日本の旗 星野一樹
イギリスの旗 ヤン・マーデンボロー
NDDP RACING Y
4 グッドスマイル 初音ミク AMG 日本の旗 谷口信輝
日本の旗 片岡龍也
GOODSMILE RACING & TeamUKYO Y
5 マッハ車検 MC86(Rd.1,2,4-6,3,8) 日本の旗 玉中哲二(Rd.1,2,6,3,8)
日本の旗 山下潤一郎(Rd.1,4-6)
日本の旗 影山正美(Rd.2,4-6,3,8)
TEAM MACH Y
7 Studie BMW M6 ドイツの旗 ヨルグ・ミューラー
日本の旗 荒聖治
ブラジルの旗 アウグスト・ファルフス(Rd.6)
BMW Team Studie Y
9 GULF NAC PORSCHE911 日本の旗 阪口良平
日本の旗 吉田広樹
ベルギーの旗 ディラン・ダーダエル(Rd.2)
Gulf Racing with PACIFIC Y
11 GAINER TANAX AMG GT3 日本の旗 平中克幸
スウェーデンの旗 ビヨン・ビルドハイム
GAINER D
18 UPGARAGE BANDOH 86 日本の旗 中山友貴
日本の旗 山田真之亮
TEAM UPGARAGE with BANDOH Y
21 Hitotsuyama Audi R8 LMS 北アイルランドの旗 リチャード・ライアン
日本の旗 藤井誠暢
Audi Team Hitotsuyama D
22 アールキューズ SLS AMG GT3 日本の旗 和田久
日本の旗 城内政樹
R'Qs MOTOR SPORTS Y
25 VivaC 86 MC 日本の旗 土屋武士
日本の旗 松井孝允
日本の旗 山下健太(Rd.6)
VivaC team TSUCHIYA Y
26 AUDI R8 LMS(Rd.1,2)
→TAISAN SARD FJ AUDI R8(Rd.4-6,3,8)
日本の旗 密山祥吾(Rd.1,2,4-6)
日本の旗 近藤翼(Rd.3,8)
日本の旗 元嶋佑弥
日本の旗 中野信治(Rd.6)
Team TAISAN SARD Y
28 Vattana BMW M6 GT3(Rd.7) オーストラリアの旗 モルガン・ハーバー
タイ王国の旗 チョンサワット・アサワヘム
VATTANA MOTORSPORT M
30 TOYOTA PRIUS apr GT 日本の旗 永井宏明
日本の旗 佐々木孝太
apr Y
31 TOYOTA PRIUS apr GT 日本の旗 嵯峨宏紀
日本の旗 中山雄一
apr B
33 Excellence Porsche 日本の旗 山野直也
ドイツの旗 ヨルグ・ベルグマイスター(Rd.1,2,7-8)
ドイツの旗 ティム・ベルグマイスター(Rd.4,5)
日本の旗 坂本祐也(Rd.6)
Excellence Porsche Team KTR Y
35 Arto 86 MC(Rd.7) タイ王国の旗 ナタウッド・チャルンスカワタナ
タイ王国の旗 ピッティ・ビロムパクディ
TOYOTA TEAM THAILAND Y
48 DIJON Racing GT-R(Rd.1,2,4-6,3,8) 日本の旗 高森博士(Rd.1,2,4,6)
日本の旗 高星明誠(Rd.5,3,8)
日本の旗 田中勝輝(Rd.1,2,6)
日本の旗 青木孝行(Rd.2,4-6,3,8)
DIJON Racing Y
50 ODYSSEY SLS 日本の旗 安岡秀徒
日本の旗 久保凜太郎
日本の旗 加納政樹(Rd.2,6)
Arnage Racing Y
51 JMS LMcorsa 488 GT3 日本の旗 都筑晶裕
日本の旗 新田守男
日本の旗 脇阪薫一(Rd.2,6)
LM corsa Y
55 ARTA BMW M6 GT3 日本の旗 高木真一
日本の旗 小林崇志
AUTOBACS RACING TEAM AGURI B
60 SYNTIUM LM corsa RC F 日本の旗 飯田章
日本の旗 吉本大樹
ドイツの旗 ドミニク・ファーンバッハー(Rd.6)
LM corsa Y
61 SUBARU BRZ R&D SPORT 日本の旗 井口卓人
日本の旗 山内英輝
R&D SPORT D
63 DIRECTION 108 HURACAN 南アフリカ共和国の旗 エイドリアン・ザウグ
日本の旗 横溝直輝
LAMBORGHINI Team DIRECTION Y
65 LEON CVSTOS AMG-GT 日本の旗 黒澤治樹
日本の旗 蒲生尚弥
K2 R&D LEON RACING Y
86 braille Audi R8 LMS 日本の旗 加藤正将
ドイツの旗 ピエール・カッファー
Audi Team Braille Y
87 triple a ランボルギーニ GT3 日本の旗 細川慎弥
日本の旗 佐藤公哉
日本の旗 飯田太陽(Rd.2,6)
JLOC Y
88 マネパ ランボルギーニ GT3 日本の旗 織戸学
日本の旗 平峰一貴
JLOC Y
108 DIRECTION 108 HURACAN(Rd.1,2,6,3,8) 日本の旗 峰尾恭輔
イタリアの旗 ケイ・コッツォリーノ(Rd.1,2)
ニュージーランドの旗 ジョノ・レスター(Rd.6)
日本の旗 竹内浩典(Rd.6,3,8)
LAMBORGHINI Team DIRECTION Shift Y
111 エヴァRT初号機 Rn-s AMG GT 日本の旗 植田正幸
日本の旗 鶴田和弥
日本の旗 石川京侍(Rd.6)
Rn-sports Y
360 RUNUP Group&DOES GT-R(Rd.1-6,3,8) 日本の旗 柴田優作
日本の旗 田中篤(Rd.1,2,5,6,3,8)
日本の旗 清原章太(Rd.2,4,6)
TOMEI SPORTS Y

タイヤ=BブリヂストンYヨコハマDダンロップMミシュラン

スケジュール及び勝者[編集]

開催日 開催サーキット レース距離 GT500優勝者 GT300優勝者
第1戦 4月9日・10日 岡山国際サーキット 300km 日本の旗 松田次生
イタリアの旗 ロニー・クインタレッリ
MOTUL AUTECH GT-R
日本の旗 黒澤治樹
日本の旗 蒲生尚弥
LEON CVSTOS AMG-GT
第2戦 5月3日・4日 富士スピードウェイ 500km 日本の旗 松田次生
イタリアの旗 ロニー・クインタレッリ
MOTUL AUTECH GT-R
日本の旗 星野一樹
イギリスの旗 ヤン・マーデンボロー
B-MAX NDDP GT-R
第3戦 5月21日・22日 オートポリス 300km 該当者なし
(熊本地震の影響により延期[1]→開催中止[2])
第4戦 7月23日・24日 スポーツランドSUGO 300km 日本の旗 佐々木大樹
日本の旗 柳田真孝
フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R
日本の旗 嵯峨宏紀
日本の旗 中山雄一
TOYOTA PRIUS apr GT)
第5戦 8月6日・7日 富士スピードウェイ 300km 日本の旗 安田裕信
ブラジルの旗 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
カルソニック IMPUL GT-R
日本の旗 高木真一
日本の旗 小林崇志
ARTA BMW M6 GT3
第6戦 8月27日・28日 鈴鹿サーキット 1000km 日本の旗 立川祐路
日本の旗 石浦宏明
ZENT CERUMO RC F
日本の旗 井口卓人
日本の旗 山内英輝
SUBARU BRZ R&D SPORT
第7戦 10月8日・9日 チャーン・インターナショナル・サーキット 300km 日本の旗 関口雄飛
日本の旗 国本雄資
WedsSport ADVAN RC F
日本の旗 土屋武士
日本の旗 松井孝允
(VivaC 86 MC
第3戦代替戦
(12日)[3][32]
11月11日-13日[3][32] ツインリンクもてぎ 250km 日本の旗 佐々木大樹
日本の旗 柳田真孝
フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R
北アイルランドの旗 リチャード・ライアン
日本の旗 藤井誠暢
Hitotsuyama Audi R8 LMS
第8戦
(13日)
250km フィンランドの旗 ヘイキ・コバライネン
日本の旗 平手晃平
DENSO KOBELCO SARD RC F
日本の旗 土屋武士
日本の旗 松井孝允
(VivaC 86 MC

ポイントランキング[編集]

ドライバー部門[編集]

ポイントシステム
順位 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 PP
700km未満のレース 20 15 11 8 6 5 4 3 2 1 1
700km以上のレース 25 18 13 10 8 6 5 4 3 2 1

GT500クラス[編集]

順位 No ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd3代替 Rd8 ポイント
1 39 ヘイキ・コバライネン
平手晃平
7 2 C 2 8 8 7 2 1 82
2 6 大嶋和也
アンドレア・カルダレッリ
4 5 4 9 4 3 4 2 69
3 1 松田次生
ロニー・クインタレッリ
1 1 9 4 6 14 9 7 62
4 19 関口雄飛
国本雄資
9 8 5 10 5 1 5 3 58
5 36 伊藤大輔
ニック・キャシディ
8 4 11 5 2 11 3 4 54
6 38 立川祐路
石浦宏明
6 14 3 7 1 15 6 9 52
7 24 佐々木大樹
柳田真孝
13 9 1 14Ret 12 13 1 10 43
8 12 安田裕信
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
5 11 15Ret 1 15Ret 4 7 8 43
9 37 ジェームス・ロシター
平川亮
2 3 8 12 13Ret 9 14Ret 5 38
10 46 本山哲 3 7 13 13Ret 3 12 8 6 36
11 17 塚越広大
小暮卓史
11 12 6 2 10 6 15Ret 11 27
12 46 千代勝正 3 7 13 13Ret 30WD 12 8 6 23
13 15 武藤英紀 12 13 7 15Ret 14Ret 2 12 15 20
14 100 山本尚貴
伊沢拓也
10 15Ret 10 3 7 10 10 12 20
15 8 松浦孝亮
野尻智紀
15Ret 6 14 6 9 8 11 13 16
16 15 牧野任祐 30WD 30WD 30WD 30WD 30WD 2 12 15 15
17 46 高星明誠 19WD 19WD 19WD 19WD 3 19WD 19WD 19WD 13
18 64 中嶋大祐
ベルトラン・バゲット
14 10 12 11 11 5 13 14 7
19 15 オリバー・ターベイ 12 13 7 15Ret 14Ret 19WD 19WD 19WD 5
順位 No ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd3代替 Rd8 ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

太字 - ポールポジション
斜体 - ファステストラップ

GT300クラス[編集]

順位 No ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd3代替 Rd8 ポイント
1 25 土屋武士
松井孝允
6 3 C 2 13 22 1 7 1 78
2 31 嵯峨宏紀
中山雄一
12 20 1 25 2 5 24 2 60
3 21 リチャード・ライアン
藤井誠暢
7 7 26Ret 2 6 22 1 4 57
4 3 星野一樹
ヤン・マーデンボロー
10 1 5 6 10 2 13 6 54
5 55 高木真一
小林崇志
11 2 27Ret 1 14 3 28Ret 29DNQ 48
6 61 井口卓人
山内英輝
23 11 3 3 1 23Ret 23 13 47
7 4 谷口信輝
片岡龍也
2 18 7 5 5 8 18 3 47
8 0 アンドレ・クート
富田竜一郎
8 5 11 9 3 4 5 15 38
9 11 平中克幸
ビヨン・ビルドハイム
4 26Ret 4 7 27Ret 9 4 10 32
10 33 山野直也 22 23 14 24 7 7 2 5 30
11 88 織戸学
平峰一貴
9 25 6 4 9 10 3 25Ret 30
12 65 黒澤治樹
蒲生尚弥
1 27Ret 16 23 8 11 9 24 26
13 33 ヨルグ・ベルグマイスター 22 23 30WD 30WD 30WD 7 2 5 25
14 18 中山友貴
山田真之亮
15 4 8 10 4 20 12 9 25
15 7 ヨルグ・ミューラー
荒聖治
3 24 10 20 29DNS 6 15 12 17
16 51 都筑晶裕
新田守男
5 6 9 11 11 12 11 26Ret 13
17 26 元嶋佑弥 20 15 19 8 20 30WD 6 7 12
18 26 近藤翼 30WD 30WD 30WD 30WD 30WD 30WD 6 7 9
19 87 細川慎弥
佐藤公哉
13 8 22 19 17 19 8 11 6
20 51 脇阪薫一 30WD 6 30WD 30WD 11 30WD 30WD 30WD 5
21 33 坂本祐也 30WD 30WD 30WD 24 7 30WD 30WD 30WD 5
22 26 密山祥吾 20 15 19 8 20 30WD 30WD 30WD 3
23 9 阪口良平
吉田広樹
29DNQ 29Ret 13 21 13 17 22 8 3
24 30 永井宏明
佐々木孝太
14 9 18 15 24 14 16 17 2
25 48 青木孝行 30WD 10 17 12 21 30WD 10 14 2
26 48 高森博士 27 10 17 30WD 21 30WD 30WD 30WD 1
27 48 高星明誠 30WD 30WD 30WD 12 30WD 30WD 10 14 1
87 飯田太陽 30WD 8NC 30WD 30WD 17NC 30WD 30WD 30WD
108 峰尾恭輔 16 17 30WD 30WD 19 30WD 27 18
108 ケイ・コッツォリーノ 16 17 30WD 30WD 19 30WD 30WD 30WD
2 高橋一穂
加藤寛規
17 13 23 26Ret 26Ret 26DNS 19 28Ret
50 安岡秀徒
久保凛太郎
18 12 25Ret 16 16 15 26 19
50 加納政樹 30WD 12 30WD 30WD 16 30WD 30WD 30WD
22 和田久
城内政樹
19 28Ret 20 27Ret 23 18 21 21
63 エイドリアン・ザウグ
横溝直輝
21 19 15 18 25 13 14 16
33 ティム・ベルグマイスター 30WD 30WD 14 30WD 30WD 30WD 30WD 30WD
111 植田正幸
鶴田和弥
24 14 21 22 15 16 17 20
60 飯田章
吉本大樹
25 21 24Ret 17 18 21 20 27Ret
360 柴田優作 26 16 12 28Ret 12 30WD 25 22
360 田中篤 26 16NC 30WD 28Ret 12NC 30WD 25 22
360 清原章太 30WD 16 12 30WD 12 30WD 30WD 30WD
48 田中勝輝 27 10NC 30WD 30WD 21 30WD 30WD 30WD
5 玉中哲二 28DNS 22 30WD 30WD 28Ret 30WD 29Ret 23
5 山下潤一郎 28DNS 22NC 28Ret 14 28Ret 30WD 30WD 30WD
5 影山正美 30WD 22 28Ret 14 28Ret 30WD 29Ret 23
9 ディラン・ダーダエル 30WD 29Ret 30WD 30WD 30WD 30WD 30WD 30WD
111 石川京侍 30WD 30WD 30WD 30WD 15 30WD 30WD 30WD
60 ドミニク・ファーンバッハー 30WD 30WD 30WD 30WD 18 30WD 30WD 30WD
108 竹内浩典 30WD 30WD 30WD 30WD 19NC 30WD 27 18
26 中野信治 30WD 30WD 30WD 30WD 20 30WD 30WD 30WD
25 山下健太 30WD 30WD 30WD 30WD 22 30WD 30WD 30WD
22 東徹次郎 30WD 30WD 30WD 30WD 23NC 30WD 30WD 30WD
2 牧野任祐 30WD 30WD 30WD 30WD 26Ret 30WD 30WD 30WD
7 アウグスト・ファルフス 30WD 30WD 30WD 30WD 29DNS 30WD 30WD 30WD
86 加藤正将
ピエール・カッファー
30WD 30WD 30WD 30WD 30WD 30WD 30WD 30WD
順位 No ドライバー Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd3代替 Rd8 ポイント
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 除外
出場停止処分 (EX)

太字 - ポールポジション
斜体 - ファステストラップ

チーム部門[編集]

ポイントシステム
順位 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
700km未満のレース 20 15 11 8 6 5 4 3 2 1
700km以上のレース 25 18 13 10 8 6 5 4 3 2
完走ポイント トップ 同一周回 1周遅れ 2周以上遅れ
GT500 3 3 2 1
GT300 3 3 1

GT500クラス[編集]

順位 No チーム名 Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd3代替 Rd8 ポイント
1 39 LEXUS TEAM SARD 7 2 C 2 8 8 7 2 1 103
2 6 LEXUS TEAM LEMANS WAKO'S 4 5 4 9 4 3 4 2 92
3 1 NISMO 1 1 9 4 6 14 9 7 83
4 19 LEXUS TEAM WedsSport BANDOH 9 8 5 10 5 1 5 3 79
5 36 LEXUS TEAM TOM'S 8 4 11 5 2 11 3 4 78
6 38 LEXUS TEAM ZENT CERUMO 6 14 3 7 1 15 6 9 72
7 24 KONDO RACING 13 9 1 14Ret 12 13 1 10 57
8 12 TEAM IMPUL 5 11 15Ret 1 15Ret 4 7 8 57
9 46 MOLA 3 7 13 13Ret 3 12 8 6 54
10 37 LEXUS TEAM TOM'S 2 3 8 12 13Ret 9 14Ret 5 53
11 17 KEIHIN REAL RACING 11 12 6 2 10 6 15Ret 11 43
12 100 TEAM KUNIMITSU 10 15Ret 10 3 7 10 10 12 39
13 8 AUTOBACS RACING TEAM AGURI 15Ret 6 14 6 9 8 11 13 33
14 15 Drago Modulo Honda Racing 12 13 7 15Ret 14Ret 2 12 15 32
15 64 NAKAJIMA RACING 14 10 12 11 11 5 13 14 22
順位 No チーム名 Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd3代替 Rd8 ポイント
結果
金色 優勝
トップと同一周回で完走
緑青 1周遅れで完走
青緑 2周以上遅れで完走
青灰色 周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

太字 - ポールポジション
斜体 - ファステストラップ

GT300クラス[編集]

順位 No チーム名 Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd3代替 Rd8 ポイント
1 25 VivaC team TSUCHIYA 6 3 C 2 13 22 1 7 1 97
2 31 apr 12 20 1 25 2 5 24 2 77
3 21 Audi Team Hitotsuyama 7 7 26Ret 2 6 22 1 4 76
4 3 NDDP RACING 10 1 5 6 10 2 13 6 76
5 4 GOODSMILE RACING & TeamUKYO 2 18 7 5 5 8 18 3 69
6 61 R&D SPORT 23 11 3 3 1 23Ret 23 13 62
7 0 GAINER 8 5 11 9 3 4 5 15 62
8 55 AUTOBACS RACING TEAM AGURI 11 2 27Ret 1 14 3 28Ret 29DNQ 59
9 11 GAINER 4 26Ret 4 7 27Ret 9 4 10 49
10 33 Excellence Porsche Team KTR 22 23 14 24 7 7 2 5 48
11 88 JLOC 9 25 6 4 9 10 3 26Ret 47
12 18 TEAM UPGARAGE with BANDOH 15 4 8 10 4 20 12 9 46
13 65 K2 R&D LEON RACING 1 27Ret 16 23 8 11 9 24 43
14 7 BMW Team Studie 3 24 10 20 29DNS 6 15 12 34
15 51 LM corsa 5 6 9 11 11 12 11 26Ret 32
16 26 Team TAISAN SARD 20 15 19 8 20 29WD 6 7 27
17 87 JLOC 13 8 22 19 17 19 8 11 22
18 30 apr 14 9 18 15 24 14 16 17 22
19 63 LAMBORGHINI Team DIRECTION 21 19 15 18 25 13 14 16 20
20 48 DIJON Racing 27 10 17 12 21 29WD 10 14 17
21 9 Gulf Racing with PACIFIC 29DNQ 29Ret 13 21 13 17 22 8 15
22 50 Arnage Racing 18 12 25Ret 16 16 15 26 19 15
23 111 Rn-sports 24 14 21 22 15 16 17 20 14
24 22 R'Qs MOTOR SPORTS 19 28Ret 20 27Ret 23 18 21 21 12
25 360 TOMEI SPORTS 26 16 12 28Ret 12 29WD 25 22 10
26 60 LM corsa 25 21 24Ret 17 18 21 20 27Ret 10
27 108 LAMBORGHINI Team DIRECTION Shift 16 17 29WD 29DNS 19 29WD 27 18 9
28 2 Cars Tokai Dream28 17 13 23 26Ret 26Ret 24DNS 19 28Ret 8
29 5 TEAM MACH 28DNS 22 28Ret 14 28Ret 29WD 29Ret 23 5
86 Audi Team Braille 30WD 30WD 30WD 30WD 30WD 30WD 30WD 30WD
順位 No チーム名 Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Rd3代替 Rd8 ポイント
結果
金色 優勝
トップと同一周回か1周遅れで完走
青緑 2周以上遅れで完走
青灰色 周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
除外 (EX)

太字 - ポールポジション
斜体 - ファステストラップ

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ オートポリスでSUPER GTレースが開催されなかったのは2010年以来、6年ぶりであった。

出典[編集]

  1. ^ a b スーパーGT第3戦オートポリスの開催延期が決定 - オートスポーツ・2016年4月21日
  2. ^ a b スーパーGTオートポリス戦は中止が決定。代替はいずれかのラウンドで2レース制か - オートスポーツ・2016年5月4日
  3. ^ a b c 2016 AUTOBACS SUPER GT オートポリス大会の代替イベントに関して,SUPER GT公式サイト,2016年5月20日
  4. ^ a b c SGTの16年SpR変更点は? SC中の作業禁止も,オートスポーツ,2016年2月15日
  5. ^ a b 知っておきたい2016年のSUPER GTレギュレーション vol.03【予選とSC運用、車両】,SUPER GT OFFICIAL WEBSITE,2016年3月11日
  6. ^ 知っておきたい2016年のSUPER GTレギュレーション vol.02【ポイントとウェイトハンディ】,SUPER GT OFFICIAL WEBSITE,2016年3月8日
  7. ^ a b ホンダ、GT500参戦体制発表。ハイブリッド非搭載に,オートスポーツ,2016年2月12日
  8. ^ ホンダCR-Z GT、ファンに見守られラストラン - オートスポーツ・2015年12月6日
  9. ^ a b スーパーGTの年間エントリー発表! 45台がそろう,オートスポーツ,2016年3月2日
  10. ^ 2016年度、SUPER GT 参戦体制のお知らせ”. グッドスマイルレーシング (2015年12月23日). 2015年12月29日閲覧。
  11. ^ GAINER、今季体制を発表。11号車にAMG GT3使用,AUTOSPORT,2016年2月2日
  12. ^ LEON RACINGが今季体制発表。AMG GTを投入,AUTOSPORT,2016年2月25日
  13. ^ SGT岡山公式テストのエントリー発表。43台が参加,オートスポーツ,2016年3月3日
  14. ^ apr、今季限りで現行プリウスでのSGT参戦を終了 - オートスポーツ・2015年11月18日
  15. ^ apr、今季は新型プリウス投入へ。TASで体制発表 - オートスポーツ・2016年1月8日
  16. ^ a b 「apr史上最強」新型プリウスGT、2台体制を発表,AUTOSPORT,2016年1月15日
  17. ^ ランボルギーニ、2016年のSUPER GT 300に4台の「ウラカンGT3」投入!! 2015年11月23日
  18. ^ a b 2016年2月8日配信 NewsRelease 『2016年レース参戦体制について』,PACIFIC RACING TEAM 広報ブログ,2016年2月8日
  19. ^ a b LM Corsa、51号車は新車フェラーリ488 GT3投入 2016年2月12日
  20. ^ BMW Team Studie、新車M6 GT3をシェイクダウン,オートスポーツ,2016年2月22日
  21. ^ a b Excellence KTR、『過去最高』のSGT参戦体制発表 2016年2月24日
  22. ^ トヨタ自動車、2016年のTOYOTA GAZOO Racing活動計画を発表,トヨタ自動車,2016年2月4日
  23. ^ レクサスGT500は4台シャッフル。チーム名も変化,オートスポーツ,2016年2月4日
  24. ^ 脇阪寿一、GT500退きチームルマン監督に就任,オートスポーツ,2016年2月4日
  25. ^ ZENT RC Fはラインアップ継続。浜島氏加入,オートスポーツ,2016年2月4日
  26. ^ ニッサン、2016年SGT参戦体制を発表。千代が500に,オートスポーツ,2016年2月26日
  27. ^ ヒトツヤマ、DLにスイッチ。今季SGT体制を発表 2016年2月24日
  28. ^ マルデンボロがGT300参戦。NDDPで星野とコンビ,オートスポーツ,2016年2月26日
  29. ^ エヴァンゲリオンレーシングを応援していただいている皆様へ大切なお知らせ,エヴァンゲリオン レーシングのブログ,2016年3月9日
  30. ^ スーパーGTの今季決勝出走台数は45台が最大,オートスポーツ,2016年2月23日
  31. ^ “この1年で最も活躍…レースクイーン・オブ・ザ・イヤー15-16 写真特集”. 時事ドットコム (時事通信社). (2016年11月15日). http://www.jiji.com/jc/d4?p=rqy005&d=d4_companion 2016年12月9日閲覧。 
  32. ^ a b “11月12日(土)・13日(日) 2016 AUTOBACS SUPER GT Round 8 MOTEGI GT GRAND FINAL 開催概要のご案内” (PDF) (プレスリリース), モビリティランド, (2016年7月1日), http://www.mobilityland.co.jp/pressroom/motegi/2016/07/0701_supergt.pdf 2016年7月10日閲覧。 

外部リンク[編集]