apr (自動車事業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社エー・ピー・アール
apr co., ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
神奈川県厚木市岡田3111
北緯35度25分18.7秒 東経139度21分48.4秒 / 北緯35.421861度 東経139.363444度 / 35.421861; 139.363444座標: 北緯35度25分18.7秒 東経139度21分48.4秒 / 北緯35.421861度 東経139.363444度 / 35.421861; 139.363444
設立 2000年5月1日
法人番号 8021001023501
事業内容 レーシングカー設計・製作・開発・メンテナンス
レーシングチーム運営
ほか
代表者 代表取締役 金曽裕人
資本金 1,300万円
外部リンク http://www.apr-racing.com/
テンプレートを表示
apr
TOYOTA PRIUS apr GT(2016年のSUPER GT参戦車両)
TOYOTA PRIUS apr GT(2016年のSUPER GT参戦車両)
国籍 日本の旗 日本
本拠地 神奈川県厚木市
チーム代表 金曽裕人
活動期間 1996年 - 現在
カテゴリ SUPER GTJGTCN1S耐久
チームズ
タイトル
SUPER GT 1(2005
ドライバーズ
タイトル
SUPER GT 2(2005,2007
JGTC 2(1999,2002
公式サイト apr Home
2019年のSUPER GT (GT300)
エントリー名 apr
レーサー 30.日本の旗 永井宏明 日本の旗 織戸学
31.日本の旗 嵯峨宏紀 日本の旗 中山友貴
マシン TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT
タイヤ 30.横浜ゴム
31.ブリヂストン
テンプレートを表示

株式会社エー・ピー・アール: apr co., ltd.)は、神奈川県厚木市に本社を置く日本企業モータースポーツ関連事業を主力とし、自動車用パーツや2輪車用パーツの製造販売も行なっている。

レース活動[編集]

1996年1997年スーパーN1耐久に参戦。1998年から全日本GT選手権・GT300クラス(2005年よりSUPER GT)にコンストラクターとしてMR2(翌年からMR-S)で参戦。2000年以降はトヨタセミワークスとして活動している[1]1999年2002年2005年2007年にチャンピオンを獲得した。

2006~2007年にディズニー映画の「トイ・ストーリー」、2008年には同じく「カーズ」とコラボレーションしたMR-Sを参戦させた。

2001年からARTAのGT300チームのオペレーションも担当。2003年にはガライヤでの参戦に伴い同車のGT300マシンの設計・開発を担当した。2010年シーズン終了を持ってARTAとの契約を終了している。

2012年は、SUPER GT初のハイブリッドカーとなるプリウスアウディR8 LMSウルトラの2台体制で参戦。

2013年は、第3戦までは前年同様プリウスとR8 LMSウルトラの2台体制で参戦していたがボンズレーシングが第2戦で活動休止したことから第4戦からはR8 LMSウルトラの代わりに同チームの参戦車両である日産GT-RニスモGT3を引き継ぎ参戦することとなった。

2016年は市販車の新型プリウス登場に伴い、プリウスを2台体制化。31号車は従来のスーパーキャパシタ、30号車はリチウムイオン電池とバッテリーの仕様を分けている[2]。また同時にトヨタカローラ三重社長の永井宏明がドライバーに就任し、社員メカニックの研修も並行することになった。

全日本GT選手権・SUPER GT[編集]

年度 マシン ドライバー 最終成績
1998年 No.44 アペックスDLモモコルセMR2 新田守男
ピーター・ダンブレック
3位
(新田のみ)
1999年 No.25 モモコルセ・アペックスMR2 新田守男
高木真一
チャンピオン
2000年 No.31 スーパーオートバックスアペックスMR-S 新田守男
高木真一
7位
2001年 No.31 ARTAアペックスMR-S 新田守男
高木真一
7位
No.71 シグマMR-S Guts城内
田嶋栄一
14位
No.360 ダンテール・フェラーリ360GT 佐々木孝太
西澤誠剛
23位
2002年 No.31 ARTAアペックスMR-S 新田守男
高木真一
チャンピオン
No.360 ダンテール・フェラーリ 西澤誠剛
佐々木孝太
― 
2003年 No.31 RECKLESS MR-S 佐々木孝太
後藤聡
5位
No.34 DENTAIRE MR-S 西澤誠剛
松田晃司
22位
No.43 ARTA Garaiya 新田守男
高木真一
7位
2004年 No.30 RECKLESS MR-S 佐々木孝太
後藤聡
8位
NO.31 A'PEXi-mobisessMR-S 田中実
松田晃司
15位
No.43 ARTA Garaiya 新田守男
高木真一
2位
2005年 No.30 RECKLESS MR-S 佐々木孝太
山野哲也
チャンピオン
No.31 APEXERA MR-S(第1〜3戦)
吉兆宝山MR-S(第4〜8戦)
田中実
中嶋一貴
8位
No.43 ARTA Garaiya 新田守男
髙木真一
3位
2006年 No.101 TOYSTORY Racing MR-S 新田守男
髙木真一
5位
No.777 梁山泊apr MR-S 田中実
大嶋和也
15位
2007年 No.31 apr MR-S(第1〜4戦)
DOUBLEHEAD apr MR-S(第5〜9戦)
峰尾恭輔
坂本雄也
18位
No.43 ARTA Garaiya 新田守男
高木真一
4位
No.101 TOYSTORY apr MR-S 大嶋和也
石浦宏明
チャンピオン
2008年 No.31 DOUBLEHEAD avex apr MR-S 峰尾恭輔
坂本雄也
10位
No.43 ARTA Garaiya 新田守男
高木真一
2位
No.95 ライトニングマックイーン apr MR-S 平手晃平
国本京佑
9位
2009年 No.31 avex apr COROLLA Axio 坂本雄也
山内英輝
11位
No.43 ARTA Garaiya 新田守男
高木真一
5位
No.74 COROLLA Axio apr GT 井口卓人
国本雄資
10位
2010年 No.31 apr COROLLA Axio(第1,2戦)
エヴァンゲリオンRT初号機カローラ(第3戦〜)
嵯峨宏紀
松浦孝亮
10位
No.43 ARTA Garaiya 新田守男
高木真一
2位
No.74 COROLLA Axio apr GT 井口卓人
国本雄資
4位
2011年 No.31 ハセプロ MA イワサキ apr カローラ 嵯峨宏紀
岩崎祐貴
16位
No.74 COROLLA Axio apr GT 新田守男
国本雄資
7位
2012年 No.30 IWASAKI MODA クロコ apr R8 岩崎祐貴
坂本雄也
19位
No.31 apr HASEPRO PRIUS GT 新田守男
嵯峨宏紀
10位
2013年 No.30 IWASAKI apr R8(第1~3戦)
IWASAKI OGT Racing GT-R(第4戦~)
岩崎祐貴
ファイルーズ・ファウジー(第1,2戦)
イゴール・スシュコ(第3戦~)
小林賢二(第2,5戦)
18位
No.31 Panasonic apr PRIUS GT 新田守男
嵯峨宏紀
中山雄一(第5戦)
8位
2014年 No.30 IWASAKI apr GT-R 岩崎祐貴
影山正美
30位
No.31 OGT Panasonic PRIUS 新田守男
嵯峨宏紀
8位
2015年 No.30 NetMove GT-R 小泉洋史
岩崎祐貴
No.31 TOYOTA PRIUS apr GT 嵯峨宏紀
中山雄一
3位
2016年 No.30 TOYOTA PRIUS apr GT 永井宏明
佐々木孝太
24位
No.31 TOYOTA PRIUS apr GT 嵯峨宏紀
中山雄一
2位
2017年 No.30 TOYOTA PRIUS apr GT 永井宏明
佐々木孝太
NC
No.31 TOYOTA PRIUS apr GT 嵯峨宏紀
久保凜太郎
15位
2018年 No.30 TOYOTA PRIUS apr GT 永井宏明
佐々木孝太(Rd.1-5)
織戸学(Rd.5-8)
NC
No.31 TOYOTA PRIUS apr GT 嵯峨宏紀
平手晃平
3位

スーパーN1耐久[編集]

1996年と1997年にスカイラインGT-Rで参戦。1996年は第6戦からの参戦でシリーズ6位の成績を収めた。デビュー戦でいきなり3位を獲得し最終戦で2位を獲得するなどデビューイヤーながらなかなかの活躍を見せた。1997年はフル参戦をしシリーズ5位を獲得した。翌年からの全日本GT選手権への参戦によりスーパーN1耐久への参戦は終了となった。

社名の由来[編集]

元々自動車チューニングパーツメーカーであるアペックスのレース部門(現在は完全分社化)であったことから、アペックスレーシングを略して「apr」となった。

分社化以降は、ポールポジション(pole position)の“p”とレーシング(racing)の“r”に電話帳の英字検索で最初のほうにくるようにと頭文字に“a”が添付された、と説明されている(ちなみに考案者は新田守男)。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]