中野信治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中野 信治
Shinji Nakano 2009 Japan.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府高槻市
生年月日 (1971-04-01) 1971年4月1日(48歳)
F1での経歴
活動時期 1997 - 1998
所属チーム '97プロスト
'98ミナルディ
出走回数 33
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 2
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
最終戦 1998年日本GP
テンプレートを表示

中野 信治(なかの しんじ、1971年 4月1日 - )は、日本レーシングドライバー大阪府高槻市出身。

略歴[編集]

カート[編集]

実父の中野常治も家業と兼業しながら全日本F2選手権まで参戦したドライバーだった。父親の引退後、息子の信冶は意志を受け継いで、11歳の頃にカートレースを始める。1987年、香港で行われた国際カートGPで日本人初優勝(大会史上最年少優勝)して、無限のワークスドライバーに選抜された。

イギリス修行[編集]

1989年、18歳で全日本F3選手権に出場。翌年、中嶋企画のマネージメントで単身イギリスに渡り、野田英樹と共に中嶋悟の家に居候しながら、フォーミュラ・ボクスホールで修行した。

F3/F3000[編集]

1992年に帰国すると、全日本F3と全日本F3000にダブルエントリーしたが、結果を残せず中嶋企画を離れる。なお全日本F3では、スーパーノヴァ・レーシングから参戦し、その後同じくF1にステップアップする井上隆智穂をチームメートに戦った。

1993年は、同じスーパーノヴァ・レーシングから全日本F3のみに参戦し、1994年には、再び全日本F3と全日本F3000にダブルエントリーした。1995年よりavexのスポンサーを得て童夢入り。1996年フォーミュラ・ニッポン参戦と平行して、童夢のF1テストカーF105のテストドライブも行った。

F1[編集]

1997年にプロスト・グランプリよりF1にデビューし、日本人5人目のF1レギュラードライバーとなる。成績は6位入賞2回。1998年はミナルディより参戦。1999年はジョーダンのテストドライバーを務めた。

CART[編集]

2000年よりホンダの誘いを受けてアメリカのCARTへ転向。オーバルトラックでのテスト中にクラッシュし、脳内出血により3戦を欠場した[1]。CARTには3シーズン参戦し、2002年には最高4位を記録したが、ホンダの撤退によりレギュラーシートを失う。2003年はIRLにスポット参戦した。

世界三大レース参戦[編集]

2005年よりスポーツカーレースに参戦し、日本人として初めて世界三大レース(F1モナコGPインディ500ル・マン24時間レース)の全てに参戦した。2009年にはアジアン・ル・マン・シリーズで初代シリーズチャンピオンを獲得。2017年にはスーパー耐久にシリーズ参戦するなど、40歳を超えても現役活動を続けている。

現在[編集]

レーシングドライバー以外にも活躍の場を広げており、2009年6月には中日本自動車短期大学の客員教授に就任。その他、環境保護やチャリティー活動に積極的に取り組んでいる。

2016年よりDAZNのF1生配信の日本語での解説をつとめている。

2019年から鈴鹿サーキットレーシングスクールの四輪部門(SRS-Formula・SRS-Kart)のVice Principal(副校長)を務める(Principal(校長)は佐藤琢磨[2][3]。また、無限のスーパーGTスーパーフォーミュラのチーム監督にも就任[4]

F1時代[編集]

1997年[編集]

中野は1996年の日本GP後にリジェのテストに参加し、セッティングや英語力の試験を受けた結果、チェーザレ・フィオリオ監督に認められて1997年のドライバー契約を結んだ。中野はカート時代より無限の支援を受けており、リジェは無限ホンダエンジンを搭載するチームだった。日本人ドライバーとしては中嶋悟ロータスホンダ)に次ぐ良い条件でのF1デビューとなった。

しかし、シーズン開幕前にチームがF1チャンピオンのフランス人ドライバーのアラン・プロスト率いる「プロスト・グランプリ」に移行すると、すでに1998年からプジョーエンジンを搭載することが決まっていたため、中野の立場は微妙なものになった。

チームの力はエースドライバーのオリビエ・パニスに集中し、中野はテストの機会やセッティングの権限を与えられなかった。チームミーティングはフランス語で行われ、パニスは「シンジにも彼が走りやすい環境を作ってやってほしい」と同情したほどだった。負傷欠場したパニスの代役として出場したヤルノ・トゥルーリの活躍の陰にも隠れてしまったが、後半戦はテストも行えるようになり、ハンガリーGPではフェラーリエディ・アーバインとの激しいバトルを制して6位入賞した。(他にカナダGPでも6位)

1998年[編集]

スペインGP

翌1998年はリジェから離脱し、開幕前まで所属チームが決まらなかったが、引退した片山右京の後任としてミナルディへ加入した。この時はイタリアでの契約交渉が不調に終わり、帰国前日にミラノでショッピングをしていたところ、当時ミナルディのオーナーだったガブリエレ・ルミとモンテナポレオーネ通りで偶然対面し契約に至らなかった理由を尋ねた所、中野の代理人が提示した条件が事実と異なっていた事が判った。そこで改めてその場で話し合いを持ち契約にこぎつけたというエピソードがある[5]

チームの財政難と競争力の低いマシンの為に苦しいシーズンとなったが、シングルフィニッシュ4回[6] と見せ場を作った。また、日本人初の6戦連続完走を果たしている[7]。チームオーナーからも高評価を受けたが、チームには残れずシートを失った。

1999年[編集]

1999年にはジョーダン・無限ホンダのテストドライバーに就任。デイモン・ヒルがシーズン途中に引退を示唆した際にはレギュラー昇格の可能性があったが、ヒルが最終戦まで現役続行したためチャンスは潰えた。

年表[編集]

アジアン・ル・マン・シリーズに参戦する中野(2009年)
  • 2009年 アジアンルマンシリーズ参戦(ソラ・レーシング) 岡山国際サーキット 総合優勝
  • 2011年 ル・マン24時間レース参戦(OAK ペスカロロ #49 BMW) 総合14位
  • 2012年
    • ル・マン24時間レース参戦(Boutsen Ginion Racing #45 オレカ・03ニッサン) 総合24位
    • FIA 世界耐久選手権 第7戦富士スポット参戦 (ADRデルタ #25 オレカ03・ニッサン) LMP2クラス優勝・総合8位
  • 2013年
    • ル・マン24時間レース参戦(デルタ-ADR #25 オレカ・03ニッサン) リタイア
    • FIA 世界耐久選手権 第6戦富士スポット参戦 (ADRデルタ #25 オレカ03・ニッサン) LMP2クラス5位・総合8位
  • 2014年 ル・マン24時間レース参戦(Team Taisan #70 Ferrari・458)LM GTE AMクラス8位・総合28位
  • 2015年
    • アジアンルマンシリーズ 第1~2戦スポット参戦 (レース・パフォーマンス #8 オレカ・03R)LMP2クラス優勝・総合優勝
    • マセラティ トロフェオグランツーリスモMCワールドシリーズ 第5戦鈴鹿スポット参戦 レース1・3位入賞
  • 2016年
    • ル・マン24時間レース参戦(レース・パフォーマンス #34 オレカ・03R)LMP2クラス18位・総合44位
    • ヨーロピアンルマンシリーズ 第2戦スポット参戦 (レース・パフォーマンス #34 オレカ・03R)総合9位
    • FIA 世界耐久選手権 第7戦富士スポット参戦 (マノー #45 オレカ・05)LMP2クラス11位・総合29位
    • SUPER GT 第6戦鈴鹿1000kmスポット参戦 (Team TAISAN SARD #26 Audi R8 LMS)GT300クラス20位
  • 2017年 スーパー耐久参戦(Modulo Racing Project #97 ホンダ・シビックタイプR)ST-TCRクラス シリーズ2位・2勝

レース戦績[編集]

フォーミュラ[編集]

全日本F3000選手権/フォーミュラ・ニッポン[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1992年 NAKAJIMA PLANNING SUZ
DNQ
FSW
12
MIN
Ret
SUZ
DNQ
AUT
Ret
SUG
12
FSW
13
FSW
14
SUZ
16
FSW
17
FSW
9
NC 0
1994年 acom RACING TEAM NOVA SUZ FSW MIN SUZ SUG FSW SUZ
Ret
FSW FSW NC 0
NAKAJIMA PLANNING SUZ
Ret
1995年 TEAM avex 童夢 with 無限 SUZ
Ret
FSW
C
MIN
7
SUZ
Ret
SUG
3
FSW
Ret
TOK
5
FSW
9
SUZ
8
11位 6
1996年 SUZ
2
MIN
13
FSW
Ret
TOK
9
SUZ
6
SUG
7
FSW
3
MIN
2
SUZ
9
FSW
4
6位 20

フォーミュラ1[編集]

チーム シャーシ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC ポイント
1997年 プロスト JS45 AUS
7
BRA
14
ARG
Ret
SMR
Ret
MON
Ret
ESP
Ret
CAN
6
FRA
Ret
GBR
11
GER
7
HUN
6
BEL
Ret
ITA
11
AUT
Ret
LUX
Ret
JPN
Ret
EUR
10
18位 2
1998年 ミナルディ M198 AUS
Ret
BRA
Ret
ARG
13
SMR
Ret
ESP
14
MON
9
CAN
7
FRA
17
GBR
8
AUT
11
GER
Ret
HUN
15
BEL
8
ITA
Ret
LUX
15
JPN
Ret
NC 0

(key)

アメリカン・オープンホイール[編集]

CART[編集]

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 順位 ポイント
2000年 ウォーカー・レーシング レイナード・2Ki ホンダ MIA
8
LBH
RIO
MOT
14
NZR
Wth
MIL
Ret
DET
15
POR
11
CLE
Ret
TOR
Ret
MIS
Ret
CHI
Ret
MDO
Ret
ROA
Ret
VAN
Ret
LGA
Ret
STL
Ret
HOU
8
SRF
Ret
FON
Ret
24位 12
2001年 フェルナンデス・レーシング レイナード・01i MTY
18
LBH
12
TXS
NH
NZR
15
MOT
8
MIL
16
DET
13
POR
Ret
CLE
Ret
TOR
9
MIS
Ret
CHI
16
MDO
18
ROA
15
VAN
14
LAU
Ret
ROC
17
HOU
15
LGA
Ret
SRF
12
FON
Ret
26位 11
2002年 ローラ・B02/00 MTY
15
LBH
12
MOT
10
MIL
18
LGA
14
POR
11
CHI
5
TOR
4
CLE
10
VAN
11
MDO
9
ROA
11
MTL
9
DEN
16
ROC
16
MIA
14
SRF
13
FON
15
MXC
14
17位 43

(key)

インディカー・シリーズ[編集]

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 順位 ポイント
2003年 ベック・モータースポーツ ダラーラ シボレー HMS PHX MOT
11
INDY
14
TXS PPIR RIR KAN NSH MIS STL KTY NZR CHI FON TXS 29位 35

(key)

グランドツーリングカー[編集]

全日本GT選手権/SUPER GT[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
2004年 チーム国光 with MOON CRAFT ホンダ・NSX GT500 TAI
Ret
SUG
8
SEP
15
TOK
10
TRM
9
AUT
10
SUZ
9
13位 9
2016年 Team TAISAN SARD アウディ・R8 LMS ウルトラ GT300 OKA FSW SUG FSW SUZ
20
CHA TRM
TRM
NC 0
2018年 Team TAISAN GT300 OKA
FSW
15
SUZ
CHA
FSW
Ret
SUG
AUT
TRM
NC 0

(key)

スポーツカー[編集]

ル・マン・シリーズ[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 順位 ポイント
2006年 クラージュ・コンペティション クラージュ・LC70 LMP1 IST
Ret
SPA
Ret
NÜR
Ret
DON
NC
JAR
5
26位 4
2007年 クリエーション・オートスポルティフ クリエーション・CA07 LMP1 MON
VAL
NÜR
5
SPA
SIL
SAO
28位 4
2008年 エプシロン・ユースカディ エプシロン・ユースカディ・EE1 LMP1 CAT
MON
SPA
NÜR
Ret
SIL
12
NC 0
2009年 オーク・レーシング ペスカロロ・01 LMP1 CAT
SPA
DNS
ALG
NÜR
SIL
NC 0

(key)

FIA 世界耐久選手権[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2012年 ADR-デルタ オレカ・03 LMP2 SEB SPA LMN SIL SAO BHR FSW
1
SHA 47位 4
2013年 LMP2 SIL SPA LMN
Ret
SAO COA FSW
5
SHA BHR 26位 6
2016年 マノー オレカ・05 LMP2 SIL SPA LMN NÜR MEX COA FSW
11
SHA BHR 32位 0.5

(key)

ル・マン24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー 車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
2005年 フランスの旗 クラージュ・コンペティション フランスの旗 ジョナサン・コシェ
フランスの旗 ブルース・ジュアニ
クラージュ・C60H-ジャッド LMP1 52 DNF DNF
2006年 フランスの旗 クラージュ・コンペティション フランスの旗 ジャン=マルク・グーノン
日本の旗 黒澤治樹
クラージュ・LC70-無限 LMP1 35 DNF DNF
2007年 イギリスの旗 クリエーション・オートスポルティフ イギリスの旗 ジェイミー・キャンベル=ウォルター
スイスの旗 フェリペ・オルティス
クリエーション・CA07-ジャッド LMP1 35 DNF DNF
2008年 スペインの旗 エプシロン・ユースカディ フランスの旗 ジャン=マルク・グーノン
スウェーデンの旗 ステファン・ヨハンソン
エプシロン・ユースカディ EE1-ジャッド LMP2 158 DNF DNF
2011年 フランスの旗 オーク・レーシング ベルギーの旗 ニコラ・ド・クレム
チェコの旗 ヤン・チャロウズ
オーク・ペスカロロ・01 Evo-ジャッド LMP2 313 14位 5位
2012年 ベルギーの旗 ブーツェン・ジニオン・レーシング フランスの旗 バスティン・ブリエール
ドイツの旗 ジェンス・ペターゼン
オレカ・03-日産 LMP2 325 24位 10位
2013年 イギリスの旗 デルタ-ADR タイ王国の旗 トア・グレイヴ
イギリスの旗 アーチー・ハミルトン
オレカ・03-日産 LMP2 101 DNF DNF
2014年 日本の旗 チーム・タイサン イギリスの旗 マーティン・リッチ
ドイツの旗 ピエール・エーレット
フェラーリ・458イタリア・GT2 GTE
Am
327 28位 8位
2016年 スイスの旗 レース・パフォーマンス スイスの旗 ニコラ・ロイトヴィラー
イギリスの旗 ジェイムズ・ウィンズロー
オレカ・03R-ジャッド LMP2 289 44位 17位

脚注[編集]

  1. ^ "中野信治選手、ドクターストップによりやむなく3戦を欠場". HONDA.(2000年4月7日)2013年4月25日閲覧。
  2. ^ 鈴鹿サーキットのドライバー育成機関「SRS-Kart」「SRS-Formula」、中嶋悟校長が勇退して佐藤琢磨氏がPrincipalに - car watch
  3. ^ 鈴鹿サーキットの若手レーサー育成機関「SRS-Kart/Formula」新体制発表会。Principalに佐藤琢磨選手が就任 - Car Watch
  4. ^ 無限が2019年モータースポーツ活動概要を発表。中野信治がスーパーGT、スーパーフォーミュラで監督に - auto sport web・2019年1月12日
  5. ^ "藤本裕子スペシャル対談 レーシングドライバー 中野信冶さん". トランタンネットワーク新聞社.(2005年2月号)2013年4月25日閲覧。
  6. ^ 2010年からの10位入賞基準なら4度の入賞。
  7. ^ これ以前は1988年の中嶋悟及び1996年の片山右京の4戦連続完走が最高で、この記録が破られるのは2008年の中嶋一貴の11戦連続完走まで待つこととなる(ただし、完走扱いも含めれば2007年の佐藤琢磨が7戦連続完走の時点で更新されたとも解釈できる)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]