リチャード・ライアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リチャード・ライアン
Richard Lyons
個人情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
生誕 1979年8月8日(36歳)
イギリスの旗 イギリス
北アイルランドの旗 北アイルランドダウン州ヒルズボロ
身長 183 cm (6 ft 0 in)
体重 76 kg (168 lb)
ウェブサイト Richard Lyons Official Web Site
スポーツ
競技 レーシングドライバー
種目 カートレーシング
プロ転向 1996年
成績・タイトル
国内大会決勝 フォーミュラ・ボグゾールjr・ウインターシリーズ(シリーズチャンピオン、1996年)
全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(DoCoMo TEAM DANDELION RACING #40/ローラB351 MF308)(シリーズチャンピオン・2勝、2004年)
全日本GT選手権・GT500クラス(NISMO #1 ザナヴィ ニスモ Z/日産 フェアレディZ Z33 VQ30DETT)(シリーズチャンピオン・2勝、2004年)

リチャード・ライアン英語: Richard Lyons1979年8月8日 - )は、北アイルランドレーシングドライバー

プロフィール[編集]

  • 身長:183cm
  • 体重:76kg
  • 血液型:RH+A

経歴[編集]

父親の趣味がレーシングカートであったため、幼少の頃からカートには親しんでいた。

9歳でカートレースにデビュー。1996年フォーミュラ・フォードで4輪レースに初参戦し、その年にはフォーミュラ・ボグゾールjr(ウィンターシリーズ)のシリーズチャンピオンに輝く。1998年にもフォーミュラ・ボグゾールjrに参戦しシリーズ2位。また、元F1ドライバーのジョナサン・パーマーが主宰するフォーミュラ・パーマー・アウディに参戦し、1999年にはシリーズ2位となるなど、ヨーロッパジュニア・フォーミュラではその名を轟かせた。2000年はスポーツレーシングワールドカップ、フォーミュラ・ルノーに共にスポット参戦している。

ヨーロッパのジュニア・フォーミュラで活躍していたリチャード・ライアンであったが、F3000などの上位クラスにステップアップするチャンスに恵まれず、方針を転換し、戦場を日本に求めて2001年に初訪日。全日本選手権フォーミュラ・ニッポンに参戦を開始した。2002年は一旦シートを喪失したが、第3戦美祢ラウンドよりDANDELION RACINGから復帰し、その後2005年までの間チームの主力として活躍した。その間2003年には、第5戦鈴鹿ラウンドにて初勝利を飾り、2004年は、優勝者が6人も輩出するなど戦国シリーズとなっていたが、第2戦菅生ラウンド及び第4戦鈴鹿ラウンドで勝利を挙げ、2位アンドレ・ロッテラーとは全くの同ポイントながら、有効完走着順が上位のため、リチャード・ライアンが年間チャンピオンとなった。

一方、2002年からは全日本GT選手権・GT500クラスにも無限×童夢プロジェクトのNSXで参戦を開始し、NSXが得意とする第6戦もてぎラウンドで初勝利を達成する。2003年はNISMOに移籍し、スカイラインGT-Rを操って第2戦富士ラウンドで勝利しシリーズ3位と躍進した。2004年は、日産陣営のエースである本山哲のパートナーとなって、日産の主力チームである1号車のフェアレディZをドライブすることになった。優勝こそ第6戦のオートポリスラウンドの1勝のみであったが、シーズンを通じて安定した成績を収め、シリーズチャンピオンを獲得し、日産の2連覇に貢献した。また前述の通り、フォーミュラ・ニッポンでもチャンピオンに輝き2冠を達成しており、彼のドライバー人生において最良のシーズンとなった。翌2005年も、チーム・パートナーとも体制を継続してSUPER GTに参戦し、第3戦セパンラウンドで優勝するなど善戦したが、シリーズ3位に終わり日産3連覇の夢は達成できなかった。

2005年で一旦日本を離れ、チャンプカーF1へ挑戦することを目指したがシートを得ることが出来ず、2006年のSUPER GT第4戦セパンラウンドからF1に進出した山本左近に代わって参戦し、復帰戦で2位表彰台を獲得している。2007年は再び本山哲とコンビを結成しシリーズチャンピオンを狙うが、全9戦中6戦もリタイヤに見舞われ、第3戦富士ラウンドで勝利するもシリーズ8位と成績は低迷した。

2008年からはトヨタ陣営TOYOTA TEAM CERUMOに移籍し、トヨタ陣営のエースの一人である立川祐路とコンビを組んで参戦している。第3戦 富士500kmで優勝。これでライアンはホンダ、日産、トヨタ 3メーカーで優勝を経験したことになる。

2009年からはDANDELION RACINGに復帰し、フォーミュラ・ニッポンに参戦する。

また冬季開催の国別対抗戦であるA1グランプリに2006年冬から2007年春にかけてアイルランド代表として出場、最高位5位、総合19位に終わる。

レース戦績[編集]

  • 1996年
    • フォーミュラ・フォード
    • フォーミュラ・ボグゾールjr・ウインターシリーズ(シリーズチャンピオン)
  • 1998年
    • フォーミュラ・ボグゾールjr(シリーズ2位)
    • フォーミュラ・パーマー・アウディシリーズ
  • 1999年 - フォーミュラ・パーマー・アウディシリーズ(シリーズ2位)
  • 2000年
    • スポーツレーシングワールドカップ<スポット参戦>
    • フォーミュラ・ルノー<スポット参戦>
  • 2001年
  • 2002年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン<Rd.3から参戦>(DoCoMo TEAM DANDELION RACING #68/レイナード2KL MF308)(シリーズ10位)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(無限×童夢プロジェクト #18 TAKATA童夢 NSX/HONDA NSX NA2 C32B)(シリーズ9位・1勝)
    • 第31回インターナショナルPokka1000km・GT500クラス(無限×童夢プロジェクト #18 Regain童夢 NSX/HONDA NSX NA2 C32B)(決勝DNF)
  • 2003年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(DoCoMo TEAM DANDELION RACING #40/ローラB351 MF308)(シリーズ6位・1勝)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(NISMO #22 モチュールピットワークGT-R/日産 SKYLINE GT-R BNR34 VQ30DETT)(シリーズ3位・1勝)
  • 2004年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(DoCoMo TEAM DANDELION RACING #40/ローラB351 MF308)(シリーズチャンピオン・2勝)
    • 全日本GT選手権・GT500クラス(NISMO #1 ザナヴィ ニスモ Z/日産 フェアレディZ Z33 VQ30DETT)(シリーズチャンピオン・2勝)
  • 2005年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(DoCoMo TEAM DANDELION RACING #1/ローラB351 MF308)(シリーズ3位・1勝)
    • SUPER GT・GT500クラス(NISMO #1 ザナヴィ ニスモ Z/日産 フェアレディZ Z33 VQ30DETT)(シリーズ3位・1勝)
  • 2006年
    • SUPER GT・GT500クラス<Rd.4から参戦>(NISMO #22 MOTUL NISMO Z/日産 フェアレディZ Z33 VQ30DETT→VK45DE)(シリーズ10位)
    • 2006~2007年 - A1グランプリ(アイルランド代表)(綜合19位)
  • 2007年 - SUPER GT・GT500クラス(NISMO #23 XANAVI NISMO Z/日産 フェアレディZ Z33 VK45DE)(シリーズ8位・1勝)
  • 2008年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン<Rd.7スポット参戦>(TP Checker TEAM IMPUL #20/ローラB06/51 RV8J)
    • SUPER GT・GT500クラス(TOYOTA TEAM CERUMO #38 ZENT CERUMO SC430/LEXUS SC430 UZZ40 3UZ-FE)(シリーズ2位・1勝)
  • 2009年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(DoCoMo TEAM DANDELION RACING #40/スウィフト017.n HR09E)(シリーズ10位)
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM ZENT CERUMO #38 ZENT CERUMO SC430/LEXUS SC430 UZZ40 RV8KG)(シリーズ10位・1勝)
  • 2010年 - SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM ZENT CERUMO #38 ZENT CERUMO SC430/LEXUS SC430 UZZ40 RV8KG)(シリーズ9位)
  • 2012年 - SUPER GT・GT300クラス(Hitotsuyama Racing #21 ZENT Audi R8 LMS/Audi R8-LMS CJJ)(シリーズ20位)

フォーミュラ・ニッポン[編集]

所属チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
2001 Team Morinaga NOVA SUZ
8
MOT
8
MIN
Ret
FUJ
9
SUZ
11
SUG
12
FUJ
Ret
MIN
Ret
MOT
13
SUZ
12
NC 0
2002 DoCoMo TEAM DANDELION RACING SUZ
FUJ
MIN
7
SUZ
8
MOT
11
SUG
2
FUJ
7
MIN
Ret
MOT
7
SUZ
Ret
10位 6
2003 DoCoMo TEAM DANDELION RACING SUZ
9
FUJ
Ret
MIN
Ret
MOT
3
SUZ
1
SUG
5
FUJ
Ret
MIN
Ret
MOT
3
SUZ
9
6位 20
2004 DoCoMo TEAM DANDELION RACING SUZ
8
SUG
1
MOT
8
SUZ
1
SUG
4
MIN
8
SEP
9
MOT
2
SUZ
3
1位 33
2005 DoCoMo TEAM DANDELION RACING MOT
1
SUZ
5
SUG
2
FUJ
4
SUZ
3
MIN
Ret
FUJ
4
MOT
13
SUZ
5
3位 30
2008 TP Checker TEAM IMPUL FUJ
SUZ
MOT
OKA
SUZ1
SUZ2
MOT1
MOT2
FUJ1
13
FUJ2
13
SUG
NC 0
2009 DOCOMO TEAM DANDELION RACING FUJ
Ret
SUZ
6
MOT
7
FUJ
3
SUZ
13
MOT
Ret
AUT
10
SUG
13
10位 11

JGTC,SUPER GT[編集]

色の意味はこちらを参照→key

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2002 無限×童夢 プロジェクト ホンダ・NSX GT500 TAI
2
FUJ
15
SUG
16
SEP
13
FUJ
6
MOT
1
MIN
12
SUZ
14
9位 47
2003 NISMO 日産・スカイラインGT-R GT500 TAI
8
FUJ
1
SUG
5
FUJ
2
FUJ
11
MOT
13
AUT
6
SUZ
4
3位 65
2004 NISMO 日産・フェアレディZ GT500 TAI
1
SUG
Ret
SEP
3
TOK
Ret
MOT
3
AUT
1
SUZ
7
1位 73
2005 NISMO 日産・フェアレディZ GT500 OKA
Ret
FUJ
4
SEP
1
SUG
8
MOT
6
FUJ
10
AUT
6
SUZ
2
3位 60
2006 NISMO 日産・フェアレディZ GT500 SUZ
OKA
FUJ
SEP
2
SUG
3
SUZ
2
MOT
10
AUT
6
FUJ
6
10位 62
2007 NISMO 日産・フェアレディZ GT500 SUZ
2
OKA
Ret
FUJ
1
SEP
14
SUG
Ret
SUZ
3
MOT
13
AUT
12
FUJ
14
8位 48
2008 ZENT TOYOTA TEAM CERUMO レクサス・SC430 GT500 SUZ
4
OKA
7
FUJ
1
SEP
Ret
SUG
3
SUZ
9
MOT
9
AUT
4
FUJ
2
2位 72
2009 LEXUS TEAM ZENT CERUMO レクサス・SC430 GT500 OKA
6
SUZ
1
FUJ
9
SEP
10
SUG
10
SUZ
3
FUJ
10
AUT
11
MOT
12
10位 41
2010 LEXUS TEAM ZENT CERUMO レクサス・SC430 GT500 SUZ
9
OKA
2
FUJ
4
SEP
6
SUG
9
SUZ
6
FUJ
C
MOT
Ret
9位 37
2012 LEXUS TEAM PETRONAS TOM'S レクサス・SC430 GT500 OKA
FUJ
4
SEP
SUG
17位 8
Hitotsuyama Racing アウディ・R8 LMS GT300 SUZ
14
FUJ
Ret
AUT
6
MOT
9
20位 7
2013 Hitotsuyama Racing アウディ・R8 LMS ウルトラ GT300 SUZ
15
FUJ
Ret
SEP
14
SUG
8
SUZ
11
FUJ
13
AUT
21
MOT
21
26位 3
2014 Audi Team Hitotsuyama アウディ・R8 LMS ウルトラ GT300 OKA
8
FSW
AUT
18
SUG
3
FSW
23
SUZ
Ret
BUR
Ret
TRM
4
15位 22