ノバ・エンジニアリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ノバ・エンジニアリング株式会社
NOVA ENGINEERING CO.,LTD.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
410-1308
静岡県駿東郡小山町大御神220-1
設立 1973年4月
業種 製造業
事業内容 自動車開発事業
モータースポーツ事業
コンポジット開発事業
特殊計測事業
代表者 中村誠(代表取締役)
資本金 25,000,000円
売上高 682,000,000円(平成15年度)
従業員数 20名(平成26年1月現在)
外部リンク http://www.nova-eng.co.jp/
テンプレートを表示

ノバ・エンジニアリング株式会社NOVA ENGINIEERING CO.,LTD.)は、静岡県小山町に本社を置く、モータースポーツ事業を基幹業務とする自動車関連会社(レーシングカーコンストラクター)。

概要[編集]

前身はホンダ・S800ベースの「コニリオ」や軽フォーミュラ「アウグスタ」を製作したコンストラクター「レーシング・クォータリー (RQ) 」。 1973年4月にRQ主宰者の山梨信輔風戸裕が、風戸裕のマシンをメンテナンスすることを目的にノバエンジニアリングを設立した。社名はイラストレーター池田BOWによって考案され、「新星」を意味する「nova」が由来となっている。

1979年に猪瀬良一が代表取締役に就任、それに合わせて森脇基恭(2009年現在 同社取締役技術部長)などが入社。一方でそれと相前後して山梨ら創業メンバーが同社を退社した。このため、レース専門誌等では「社名は同じでも実質的には別の会社である」との考え方から、山梨ら創業メンバーの時代を「第1期」、猪瀬・森脇らの入社後を「第2期」として区別する場合がある。 その後、ノバレーシングチーム監督であった鬼木秀和が猪瀬から株式を買い取り社長に就任するが、直後、取締役会動議により突然解任され、2010年6月に猪瀬良一の息子、信也が代表取締役に就任した。その信也も2014年上期、自己都合により社長職を退任、現在は猪瀬家の親戚でもあり、長年に渡り海外取引等の経験が深い中村が代表に就任した。

全日本F2000選手権全日本F2選手権全日本F3000選手権フォーミュラ・ニッポンなどの国内トップフォーミュラや富士グランチャンピオンレース(富士GC)などでの活躍が有名。全日本F2000と全日本F2ではBMW・M12/7エンジンを搭載するノバ製マシンのユーザーが、1976年〜1978年にかけて3年連続チャンピオンを獲得している。全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権ではポルシェ・956962Cのメンテナンスで知られ、ADVANポルシェやFromAポルシェの活躍を支えた。

1980年代前半までは完全自社開発のマシンを数多く製作していたが、近年は他社が製作したマシンのメンテナンスやチューンアップ、レーシングチームの運営といった業務がメインとなっている。

近年は、モータースポーツで培ったカーボン・コンポジット技術を利用して、東京大学宇宙線研究所を中心に日豪協力で建設された、通称「カンガルー望遠鏡」というガンマ線観測天体望遠鏡のガンマ線球面鏡の開発・製造も手がけるなど異分野への参入やメーカー委託による市販用車両の開発も行っていたが、現在は工場長以下専門職人達の退社により事実上形骸化している。

日産・GT-Rの開発実験に携わり、開発ドライバーとして鈴木利男と契約、2011年には全国に3か所しかない「GT-R特約サービス工場」に指定、工場内にはGT-R専用の整備環境も整っていたが、開発能力低下により、日産との契約は終了している。また2013年までは、全日本F3選手権・F3Nクラスに参戦する「NDDP RACING」の運営も受託していたが[1]、同チームの運営も2014年からはB-MAX RACING TEAMに移行した。

現在は、アウディスポーツカスタマーレーシング日本代理店として、Audi R8 LMS Ultraを取り扱っている。

在籍したドライバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現在のレース活動 - ノバ・エンジニアリング

外部リンク[編集]