高原敬武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高原 敬武
Noritake Takahara
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 同・東京都
生年月日 (1951-06-06) 1951年6月6日(71歳)
F1での経歴
活動時期 1976,1977
所属チーム '76 サーティース
'77 コジマ
出走回数 2
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
最終戦 1977年日本GP
テンプレートを表示

高原 敬武(たかはら のりたけ、1951年6月6日 - )は、日本の元レーシングドライバー。1973年・1975年・1976年の富士グランチャンピオンシリーズ(富士GC)および1974年・1976年の全日本F2000選手権チャンピオン。70年代のレース誌では『ミスターGC』との異名があった[1]

1970年代に日本のトップカテゴリーで活躍し、星野一義が台頭するまで国内レース界で「高原時代」を築いた。また、ノンチャンピオンシップ戦ではあるが、1974年に日本人レーサーとして初めてフォーミュラ1マシンを使用するレースに出走した[2]

人物[編集]

1969年、18歳でレースデビューし、ポルシェ・906ローラ・T212マクラーレン・M12と乗り継ぎ、富士GCシリーズで活躍。1972年にローラ・T280/DFVで3連勝を記録。1973年にデビュー4年目にしてGCグランチャンピオン獲得。GCには47戦連続出場という記録も持ち、6連勝を含み合計9勝を挙げる。1975年・1976年もシリーズを連覇するなど『ミスターGC』と呼ばれた[1]

1974年4月2日に入籍(挙式は同年6月26日[3])した元妻は、元タレント歌手松尾ジーナ[4]。自らチームを組織した「高原レーシング」オーナーでもあった。

フォーミュラでも1973年から全日本F2(F2000)で4年間に6勝を挙げ、1976年・1977年と富士で開催されたF1世界選手権『F1イン・ジャパン』にスポット参戦、9位完走の公式記録を残した[5]

1979年鈴鹿グランプリを最後にF2を降り、「この'79のグランプリが最後のレースだと思ってる」と高原は述べており、レーサーの第一線を退いた。高原は理由を「ハングリーじゃないとレースは勝てない。最近の自分はそのハングリーさが薄れてきたと自覚するようになっていた。ビジネスも忙しくなって、レースに全力を注ぐことが出来なくなった。」と語っている[6]。翌1980年も富士GCシリーズには開幕から参戦したが、第3戦を最後にエントリーを止め、引退状態となった。

以後はブリヂストンスポーツゴルフ用品部が使用するパーシモン材をはじめとする木材原料アメリカから輸入するビジネスに軸足が移り実業家となった[1]

1984年にアルファレーシングの戸谷千代三に誘われ、1984年の全日本耐久選手権に復帰[1]。同シリーズ限定で1986年まで3シーズン参戦した。

略歴[編集]

レース戦績[編集]

FJ1300[編集]

マシン 1 2 3 4 5 6 順位 ポイント
1974年 ESSO UNIFLO ノバ・01 SUZ FSW SUZ
2
SUZ SUZ
Ret
SUZ
Ret
1976年 ビクター ノバ・01 SUZ
7
FSW SUZ SUZ SUZ

全日本F2000選手権/全日本F2選手権[編集]

チーム マシン 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
1973年 カネボウダンディ マーク3 ブラバム・BT36 コスワースBDA SUZ
Ret
SUZ
1
SUZ
2
SUZ
2
3位 34
1974年 タカハラ・レーシング マーチ・742 BMW M12/6 SUZ
3
SUZ
2
SUZ
1
SUZ
1
1位 45
1975年 タカハラ・レーシング マーチ・742 BMW M12/6 FSW
SUZ
FSW
SUZ
SUZ
2位 59
1976年 スタンレー タカハラ ノバ・512 BMW M12/7 FSW
1
SUZ
1
FSW
3
SUZ
7
SUZ
2
1位 66
1977年 スタンレー・ノバ タカハラ ノバ・512 BMW M12/7 SUZ SUZ NIS SUZ FSW
FSW SUZ SUZ 6位 40
1978年 ハラダ・レーシングカンパニー ノバ・512 BMW M12/7 SUZ FSW SUZ SUZ SUZ NIS SUZ 8位 22
マルティニ・Mk22 BMW M12/7 FSW SUZ SUZ SUZ NIS SUZ
マルティニ・Mk22 ルノーCHB1 SUZ NIS SUZ
1979年 マーチ・792 SUZ
3
NIS SUZ
12
FSW
Ret
SUZ
7
SUZ
3
SUZ
Ret
8位 28

フォーミュラ1[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC ポイント
1976年 サーティース TS19 BRA RSA USW ESP BEL MON SWE FRA GBR GER AUT NED ITA CAN USA JPN
9
NC
(28位)
0
1977年 コジマ KE009 ARG BRA RSA USW ESP MON BEL SWE FRA GBR GER AUT NED ITA USA CAN JPN
Ret
NC
(49位)
0

(key)

全日本耐久選手権/全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権[編集]

チーム コ.ドライバー 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 順位 ポイント
1984年 renoma アルファキュービック・レーシング 日本の旗戸谷千代三
日本の旗山本郁二
MCS・グッピー マツダ C2 SUZ
3
TSU SUZ
6
FSW
Ret
1985年 日本の旗戸谷千代三 MCS・グッピー BMW SUZ
Ret
FSW
3
日本の旗戸谷千代三
日本の旗鈴木利男
ポルシェ・956 C1 FSW
5
SUZ
8
FSW
Ret
FSW
3
1986年 日本の旗戸谷千代三
日本の旗都平健二
SUZ
8
FSW
7
FSW
3
SUZ
3
FSW
12
FSW
7

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 人ズームアップ 高原敬武 復活・高原の不安と期待 オートスポーツ 1984年5月1日号 144-145頁 三栄書房
  2. ^ F1世界選手権レースに日本人として初参加したのは1975年の鮒子田寛
  3. ^ 週刊平凡』(1974年5月23日号)
  4. ^ 店長のレーシングヒストリー第9話「ダンディな高原選手とカネボウダンディマークIII」 - ゆらたく屋
  5. ^ 1976Japanese Grand Prix - RACE RESULT Formula1.com
  6. ^ 高原敬武インタビュー オートスポーツ 1980年12月15日号 三栄書房
  7. ^ F1F5000の混走レース。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • AUTO SPORTS YEAR BOOK(三栄書房)
  • AUTO SPORTS(三栄書房)
  • オートテクニック(山海堂)

外部リンク[編集]