1978年の全日本F2選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1978年の全日本F2選手権
前年: 1977 翌年: 1979

1978年の全日本F2選手権は、1978年(昭和53年)3月4日 - 5日鈴鹿サーキットで開幕し、同年11月4日 - 5日に鈴鹿サーキットで閉幕した全日本F2選手権の全7戦によるシリーズである。

エントリーリスト[編集]

Car-No. ドライバー 車名
(シャシー/エンジン)
タイヤ エントラント
1 イギリスの旗 ブライアン・ヘントン(第1戦) シェブロンB40
(シェブロンB40/BMW M12/7)
B シェブロンカーズ
イタリアの旗 ランベルト・レオーニ(第2戦) シェブロンB40
(シェブロンB40/BMW M12/7)
B シェブロンカーズ
イタリアの旗 ピエルカルロ・ギンザーニ(第3戦) シェブロンB-40P
(シェブロンB40/BMW M12/7)
B
スイスの旗 マルク・スレール(第4戦) マーチ782
(マーチ782/BMW M12/7)
B
フランスの旗 パトリック・ガイヤール(第5戦) アエロフロートシェブロン
(シェブロンB40/BMW M12/7)
B
日本の旗 見崎清志(第6戦) クワハラノバ
(ノバ512/トヨタ2T-G
D クワハラ自動車
イタリアの旗 ブルーノ・ジャコメリ(第7戦) レーシングメイト782
(マーチ782/BMW M12/7)
B マーチレーシングリミテッド
2 イタリアの旗 ジャンフランコ・ブランカテッリ(第1戦) カウーゼンルノー
(カウーゼン/ルノーCHB1)
D
オーストラリアの旗 ラリー・パーキンス(第2戦) シェブロンB42
(シェブロンB42/BMW M12/7)
B
イタリアの旗 ベッペ・ガッビアーニ(第3戦) シェブロンB-40P
(シェブロンB40/BMW M12/7)
B
フランスの旗 ミシェル・ルクレール(第4戦) ラルトRT1
(ラルトRT1/BMW M12/7)
B
日本の旗 高原敬武(第5戦) スタンレーノバ
(ノバ512/BMW M12/7)
B ハラダレーシングカンパニー
イタリアの旗 リカルド・パトレーゼ(第7戦) レーシングメイトB-48
(シェブロンB48/ハート420R)
B シェブロンカーズ
3 日本の旗 高原敬武(第1 - 3戦) エルフノバ → マルティニエルフ
(ノバ512 → マルティニMK22/BMW M12/7 → ルノーCHB1)
B ハラダレーシングカンパニー
日本の旗 ニコ・ニコル(第4戦) ポールポジション東映ルノー
(カウーゼン/ルノーCHB1)
D チームニコルレーシングジャパン
フランスの旗 ルネ・アルヌー(第5戦) マルティニエルフ
(マルティニMK22/ルノーCHB1)
B ハラダレーシングカンパニー
5 日本の旗 星野一義(第1 - 5・7戦) UNI-PEX532P → PENTAX532P&522
(ノバ532P&522/BMW M12/7)
B ヒーローズレーシングコーポレーション
6 日本の旗 中嶋悟(第1 - 5・7戦) UNI-PEX532P → PENTAX532P,マルティニエルフ
(ノバ532P,マルティニMK22/BMW M12/7,ルノーCHB1)
B ヒーローズレーシングコーポレーション
7 日本の旗 ニコ・ニコル(第2戦) タイヤカラールノー
(カウーゼン/ルノーCHB1)
D チームニコルレーシングジャパン
日本の旗 佐々木秀六(第4戦) パタンタマーチ
(マーチ742/BMW M12/7)
D
フランスの旗 ディディエ・ピローニ(第7戦) スピードスターフォーカスKE008-3
(コジマKE008/BMW M12/7)
B ビクトリーサークルクラブ
8 日本の旗 松本恵二 ダイヤトーンシェブロン
(シェブロンB35/BMW M12/7)
D マツモトレーシングユニオン
9 日本の旗 藤田直広(第4戦) シェブロンB40
(シェブロンB40/BMW M12/7)
D
イギリスの旗 デレック・ワーウィック(第7戦) ダイヤトーンマーチ782
(マーチ782/BMW M12/7)
D ビクトリーサークルクラブ
10 フランスの旗 ルネ・アルヌー(第7戦) マルティニエルフ
(マルティニMK22/ルノーCHB1)
B ハラダレーシングカンパニー
11 日本の旗 長谷見昌弘 トミカシェブロン
(シェブロンB42/BMW M12/7)
B トミカレーシングチーム
12 日本の旗 佐々木秀六(第7戦) ニップンSPL-SE
(SE235/BMW M12/7)
D チームオスカー
14 日本の旗 佐々木秀六(第1戦)
日本の旗 並川泰啓(第5戦)
コーヒーショップソロマーチ
(マーチ742/BMW M12/7)
D 並川レーシング
15 日本の旗 佐藤文康(第5・6戦) マーチ782
(マーチ782/BMW M12/7)
D
17 日本の旗 三橋久善(第1 - 5戦) マーチ762 → 782
(マーチ762 → 782/BMW M12/7)
B レーシングチームコンバット
18 アメリカ合衆国の旗 リチャード・トーマス・ゲック(第4・5・7戦) ラエルブルックマーチ → ダイエーラエルブルックマーチ
(マーチ752/BMW M12/7)
D K・Kダイエー
20 日本の旗 高橋国光(第1 - 5・7戦) スピードスターKE008
(コジマKE008/BMW M12/7)
D スピードスターホイールレーシングチーム
日本の旗 小笹哲嗣(第6戦) ジェフィマーチ
(マーチ752/BMW M12/7)
D
21 日本の旗 瀬川雅雄 スピードスターフォーカスマーチ → スピードスターフォーカスKE008 → ダイヤトーンシェブロン
(マーチ742改 → コジマKE008 → シェブロンB40/BMW M12/7)
D スピードスターホイールレーシングチーム
23 日本の旗 ニコ・ニコル(第7戦) アマオールシェブロン
(シェブロンB40/BMW M12/7)
D チームニコルレーシングジャパン
24 日本の旗 高橋健二(第1 - 4・6・7戦) 村上商会RSワタナベ東名マーチ
(マーチ742改/BMW M12/7)
D 東名自動車株式会社
25 日本の旗 和田孝夫(第5戦) 村上商会東名ラルト
(ラルトRT1/BMW M12/7)
D
30 日本の旗 北野元(第2戦) テクニカノバ
(ノバ512B/BMW M12/7)
D チーム北野
37 日本の旗 生沢徹(第2戦) シェブロンB40
(シェブロンB40/BMW M12/7)
B Tetsu International
66 日本の旗 桑島正美(第1・2・4・5・7戦) ワールドモーターSPLラルトRT1 → シェブロンB40 → ノバ532P
(ラルトRT1 → シェブロンB40 → ノバ532P/BMW M12/7)
B 酒井レーシング

※タイヤ:BブリヂストンDダンロップ

スケジュール及び勝者[編集]

開催日 開催場所 イベント名 優勝者
第1戦 3月4日 - 5日 鈴鹿サーキット '78 鈴鹿F2チャンピオンシリーズ第1戦 全日本BIG2&4レース 星野一義
第2戦 5月2日 - 3日 富士スピードウェイ '78 JAF富士グランプリレース大会 星野一義
第3戦 5月20日 - 21日 鈴鹿サーキット '78 鈴鹿F2チャンピオンシリーズ第2戦 フォーミュラジャパンレース 中嶋悟
第4戦 7月1日 - 2日 鈴鹿サーキット '78 鈴鹿F2チャンピオンシリーズ第3戦 ルビートロフィレース マルク・ズラー
第5戦 9月23日 - 24日 鈴鹿サーキット '78 F2チャンピオンレース第4戦 鈴鹿グレート20ドライバーズレース 星野一義
第6戦 10月21日 - 22日 西日本サーキット '78 全日本F-2選手権レース 長谷見昌弘
第7戦 11月4日 - 5日 鈴鹿サーキット '78 JAF鈴鹿グランプリ自動車レース 高橋国光

シリーズポイントランキング[編集]

順位 ドライバー 第1戦 第2戦 第3戦 第4戦 第5戦 第6戦 第7戦 合計 有効得点
1 星野一義 20 20 12 0 20 - 4 76 76
2 長谷見昌弘 15 12 10 0 15 15 15 82 72
3 中嶋悟 12 15 20 20 × - × 67 67
4 高橋健二 3 0 15 15 - 10 12 55 55
5 松本恵二 8 10 8 12 4 12 6 60 50
6 高橋国光 0 8 0 0 12 - 20 40 40
7 瀬川雅雄 4 0 0 8 6 8 0 26 26
8 高原敬武 10 2 0 - 10 - - 22 22
9 リチャード・トーマス・ゲック - - - 6 3 - 8 17 17
10 三橋久善 2 4 6 0 1 - - 13 13
11 桑島正美 0 3 - 0 8 - 0 11 11
12 藤田直広 - - - 10 - - - 10 10
12 ニコ・ニコル - 0 - 0 - - 10 10 10
14 佐々木秀六 6 - - 0 - - NS 6 6
14 北野元 - 6 - - - - - 6 6
14 佐藤文康 - - - - 0 6 - 6 6
17 並川泰啓 - - - - 2 - - 2 2

※各戦の1 - 10位に20・15・12・10・8・6・4・3・2・1の各点(出走7 - 10台の場合、1 - 6位に15・12・10・8・6・4の各点)
※ベスト5戦による有効ポイント制
※NS=スタートせず
※外国ライセンスドライバーは得点対象外(中嶋悟の第5戦と第7戦はこれに該当)