サーティース・TS20

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サーティース・TS20
SurteesTS20BarryBoor.JPG
ヴィットリオ・ブランビラがドライブするTS20、ブランズ・ハッチ、1978年。
カテゴリー F1
コンストラクター サーティース
デザイナー ジョン・サーティース
ケン・シアーズ
先代 サーティース・TS19
主要諸元
シャシー アルミニウムモノコック
トレッド
前:1,651 mm (65.0 in)
後:1,613 mm (63.5 in)
ホイールベース 2,642 mm (104.0 in)
エンジン フォード-コスワースDFV 2,993 cc (182.6 cu in) V8 自然吸気 ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ヒューランド FGA 400 6速 マニュアル
重量 601 kg (1,325.0 lb)
燃料 FINA
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ベータ チーム・サーティース
デュレックス チーム・サーティース
ドライバー イタリアの旗 ヴィットリオ・ブランビラ
イタリアの旗 ベッペ・ガビアーニ
イギリスの旗 ルパート・キーガン
イタリアの旗 ジマックス
フランスの旗 ルネ・アルヌー
初戦 1978年モナコグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
12 0 0 0
テンプレートを表示

サーティース・TS20 (Surtees TS20) は、サーティース1978年F1世界選手権に投入したフォーミュラ1カージョン・サーティースケン・シアーズによって設計された[1] [2]

レース戦績[編集]

1978年シーズン、チームは序盤の4戦でTS19を使用した後TS20を投入した。第5戦モナコでヴィットリオ・ブランビラにのみTS20が与えられたが、ブランビラは予選を通過することができなかった[3]。続くベルギーでもブランビラのみがTS20をドライブしたが、決勝は13位であった[4]。第7戦スペインではルパート・キーガンにもTS20が与えられた。このスペインGPではブランビラが7位、キーガンが11位で完走している[5]。第8戦スウェーデンではキーガンが予選落ち、ブランビラはアクシデントのためリタイアしている[6]。フランスではブランビラが17位、キーガンはエンジントラブルでリタイアした[7]。イギリスではキーガンが予選落ち、ブランビラは決勝9位となる[8]。ドイツではブランビラが燃料システムのトラブルでリタイア、キーガンは前戦に引き続いて予選落ちした[9]。オーストリアでもキーガンは予選落ちした一方、ブランビラは6位に入りポイントを獲得した[10]。オランダではブランビラがレース開始時にマシンを押したことで失格となり、キーガンは日曜のウォームアップで手を怪我したためスタートしなかった[11]。イタリアグランプリではキーガンに代わってジマックスが起用されたが、予選落ちしている。一方のブランビラはスタート直後の第1コーナーにおける多重事故に巻き込まれリタイアとなった。ブランビラは事故の際に他車の外れた車輪が頭を直撃し重傷を負った[12]。第15戦アメリカでは負傷のブランビラに代わってベッペ・ガビアーニが起用され、ジマックスもルネ・アルヌーと交代した。ガビアーニは予選落ちし、アルヌーは9位で完走した[13]。最終戦カナダではガビアーニが予選落ち、アルヌーはエンジントラブルのためリタイアとなった[14]。チームはその後十分な活動資金を用意できず、79年用のマシンを準備していたにも関わらず、78年を持ってF1から撤退した。チームはその年のブリティッシュオーロラシリーズで短期間活動した後、閉鎖された。


F1における全成績[編集]

(key) (斜体ファステストラップ

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1978年 ベータ チーム・サーティース フォード コスワースDFV
3.0 V8
G ARG
アルゼンチンの旗
BRA
ブラジルの旗
RSA
南アフリカの旗
USW
アメリカ合衆国の旗
MON
モナコの旗
BEL
ベルギーの旗
ESP
スペインの旗
SWE
スウェーデンの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
西ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
NED
オランダの旗
ITA
イタリアの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
CAN
カナダの旗
1 13位
ヴィットリオ・ブランビラ DNQ 13 7 Ret 17 9 Ret 6 DSQ Ret
ベッペ・ガビアーニ DNQ DNQ
デュレックス チーム・サーティース ルパート・キーガン 11 DNQ Ret DNQ DNQ DNQ DNS
ブライアン・ヘントン PO
ジマックス DNQ
ルネ・アルヌー 9 Ret

参照[編集]

  1. ^ Surtees Ford”. Stats F1. 2016年3月20日閲覧。
  2. ^ Surtees TS20”. Jonathan Davies. 2016年3月20日閲覧。
  3. ^ Grand Prix results, Monaco GP 1978”. grandprix.com. 2016年3月20日閲覧。
  4. ^ Grand Prix results, Belgian GP 1978”. grandprix.com. 2016年3月20日閲覧。
  5. ^ Grand Prix results, Spanish GP 1978”. grandprix.com. 2016年3月20日閲覧。
  6. ^ Grand Prix results, Swedish GP 1978”. grandprix.com. 2016年3月20日閲覧。
  7. ^ Grand Prix results, French GP 1978”. grandprix.com. 2016年3月20日閲覧。
  8. ^ Grand Prix results, British GP 1978”. grandprix.com. 2016年3月20日閲覧。
  9. ^ Grand Prix results, German GP 1978”. grandprix.com. 2016年3月20日閲覧。
  10. ^ Grand Prix results, Austrian GP 1978”. grandprix.com. 2016年3月20日閲覧。
  11. ^ Grand Prix results, Dutch GP 1978”. grandprix.com. 2016年3月20日閲覧。
  12. ^ Grand Prix results, Italian GP 1978”. grandprix.com. 2016年3月20日閲覧。
  13. ^ Grand Prix results, United States GP East 1978”. grandprix.com. 2016年3月20日閲覧。
  14. ^ Grand Prix results, Canadian GP 1978”. grandprix.com. 2016年3月20日閲覧。