由良拓也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ムーンクラフトから転送)
移動先: 案内検索

由良 拓也(ゆら たくや、1951年8月21日 - )は東京都出身のレーシングカーデザイナー、レーシングカーコンストラクターであるムーンクラフト代表。

経歴・人物[編集]

父親は工業デザイナー由良玲吉。父・玲吉の日本大学での教え子の中には、日本レース界のスター生沢徹や、本田宗一郎の長男である本田博俊などがおり、生沢も本田も恩師の息子である由良と深く関わるようになる。

育英高専時代からレーシングカーの制作に携わるようになり、1972年フリーでレーシングカーのデザインを始める。1975年にレーシングカーデザイン会社としてムーンクラフトを設立。国内外様々なレーシングカーのデザイン・制作を手がける。

「彼には空気が見える」と言われるほど空力設計とデザインのバランスが取れた流麗なそのフォルムは国内外から評価が高く、1977年に世に送り出した富士グランチャンピオンレース(GC)用マシン「紫電77」は、その洗練されたデザインによりレース界に衝撃を与えた。同じくGC用として製作したMCS(ムーン・クラフト・スペシャル)カウルは、GCレースが単座席化した1980年代初頭に圧倒的な強さを誇った。

また、1983年にデザインした「マツダ717-C」は、ル・マン24時間レースで日本車初のクラス優勝を獲得するなど、数多くの実績を上げている。1986年からは自らレーシングチームを率いてレースに参戦する。

なお、レーシングチームの監督やカーデザインのみならず、自動車用パーツや船舶腕時計ラジコン(タミヤのビッグウィッグ)[1]文房具家具などといった車以外のインダストリアルデザインも手がける。由良のデザインしたヘルメットがアイルトン・セナなど数多くのF1ドライバーに使用された事でも知られている。また1980年代後半には、「ネスカフェゴールドブレンド」テレビCM「違いが分かる男」シリーズに出演した。

その後もフォーミュラニッポンやル・マン24時間レースなどのトップカテゴリーのレースにチーム監督として参戦する他、複数のレーシングカーのデザイン、開発を手掛けるなど、日本のモータースポーツの最前線で活躍している。また、各種自動車・モータースポーツ雑誌にコラムを多数執筆する他、レース解説などテレビ出演も積極的に行っている。また、車以外にも、ボート、釣り、料理など多才な趣味を持つ。

CM[編集]

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]