カネボウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カネボウ株式会社(旧東京綿商社、旧鐘淵紡績、旧鐘紡)は、かつて存在した日本の企業。2004年以降の会社再建に伴い、事業譲渡などが行われ、最終的にトリニティ・インベストメント株式会社へ合併された。詳細は下記の各項目を参照のこと。

旧カネボウの法人格[編集]

  • 海岸ベルマネジメント株式会社 - カネボウ株式会社が、解散決議後の2007年7月以降、清算法人として使用した商号。2008年11月に、親会社となっていたトリニティ・インベストメント株式会社に清算目的で吸収合併され、法人格も消滅した。
  • トリニティ・インベストメント株式会社 - カネボウ株式会社の法人格を承継した会社。2006年に株式取得でカネボウの親会社となり、2008年11月に海岸ベルマネジメント株式会社を清算目的で吸収合併した。

カネボウから事業を引き継いだ企業[編集]

  • 株式会社カネボウ化粧品 - 化粧品事業と「カネボウ」の商標権(ブランド)を引き継いだ会社。花王株式会社の子会社
  • クラシエホールディングス株式会社 - 化粧品以外の事業を引き継いだ持株会社ホーユー株式会社の子会社。旧・カネボウ・トリニティ・ホールディングス。
    • クラシエホームプロダクツ株式会社 - トイレタリー部門を引き継いだ会社。旧・カネボウホームプロダクツ。
    • クラシエフーズ株式会社 - 食品部門を引き継いだ会社。旧・カネボウフーズ。
      • 森永甲府フーズ株式会社 - 旧・カネボウフーズの一部門がクラシエフーズへ移行の際に分社化。森永製菓が子会社化。旧・甲府ベルフーズ。
    • クラシエ製薬株式会社 - 製薬部門を引き継いだ会社。旧・カネボウ製薬。
      • クラシエ薬品株式会社 - 薬品の販売部門を引き継いだ会社。旧・カネボウ薬品。
  • KBセーレン株式会社 - カネボウの創業からの事業である繊維事業を、カネボウ繊維株式会社・カネボウ合繊株式会社から、2005年7月1日に営業譲渡により引き継いだ会社。セーレン株式会社の完全子会社
  • KBフクスケ株式会社 - 福助が2006年に株式を取得し子会社化。旧・カネボウストッキング。
  • 株式会社ベルポリエステルプロダクツ - カネボウ合繊株式会社から受け継いだ会社。大和製罐株式会社の関連会社。

カネボウ関連団体など[編集]

  • カネボウ陸上競技部 - カネボウが運営していた陸上競技部。現在は、分離したカネボウ化粧品が運営。
  • カネボウメイクアップインスティテュート - カネボウが運営していたメイクスクール。現在は、分離したカネボウ化粧品が運営。
  • カネボウ木曜劇場 - カネボウがスポンサーをしていたテレビ番組。放送期間の2002年4月から2003年3月まで30秒バージョンのサウンドロゴを廃止していた。
  • 鐘淵紡績洲本工場 - カネボウの歴史の中で洲本工場は、綿紡織事業を手掛けてきた工場として最長(87年)の歴史をもつ。
  • 鐘淵紡績練馬工場 - 鐘淵紡績の工場の1つ
  • 鐘紡記念病院 - カネボウの株式会社立病院(非医療法人)。2006年7月に医療法人化してカネボウから独立し、「医療法人社団鐘紡記念病院」を経て「医療法人社団顕鐘会 神戸百年記念病院」となっている。 → 神戸百年記念病院を参照のこと。

鐘淵紡績から分離した企業[編集]