武藤山治 (実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
武藤 山治
むとう さんじ
Muto Sanji.jpg
肖像写真
生年月日 1867年4月5日
出生地 尾張国海部郡鍋田村
没年月日 (1934-03-10) 1934年3月10日(66歳没)
死没地 神奈川県鎌倉郡大船町
出身校 慶應義塾本科
前職 鐘淵紡績総裁
大日本実業組合連合会会長
南米拓殖会社社長
時事新報社相談役
國民會館会長
大里児童育成会理事長
所属政党実業同志会→)
国民同志会
称号 正五位(1934年)
藍綬褒章(1910年)

選挙区 大阪府第2区
当選回数 3回
在任期間 1924年 - 1932年
テンプレートを表示
岐阜県海津市の生涯学習センター前の銅像。

武藤 山治(むとう さんじ、1867年4月5日慶応3年3月1日) - 1934年昭和9年)3月10日)は、明治大正昭和前期の経営者労務管理思想家言論人衆議院議員(3期)。『博聞雑誌』を創刊した後、三井財閥に聘され、日本の紡績王として34年間会社経営に携わり、「経営家族主義」と「温情主義」を提唱・実践して日本的経営論を考案。

水墨画書道にも知悉し、晩年は政界に進出して、「実業同志会(後に国民同志会)」を結成。『時事新報』の編集者として渋沢栄一の系譜に繫がる「政商」や、徳富蘇峰などの御用新聞記者を攻撃。「政・財・官」の癒着を次々と暴き、連載『番町会を暴く』で「帝人事件」を告発。しかし権力者から付け狙われ、1934年(昭和9年)3月9日福島新吉に北鎌倉の自宅近くで狙撃され、翌10日に亡くなった。

経歴[編集]

誕生から東京遊学[編集]

美濃国安八郡脇田村(当時は尾張藩の領地、現・岐阜県海津市)出身。生誕地は母親(たね)の実家の尾張国海部郡鍋田村(現・愛知県弥富市)で、出生時の姓は佐久間。佐久間家は尾張藩の庄屋豪農を代々務める家系で、その長男として生まれる。山治の名は、学究肌でもあった父親の佐久間国三郎論語から取ったと言われる[1]。米国留学後の1887年に親戚の武藤松右衛門の養子となり、武藤姓となる[1]

幼くして、儒学を学び、頼山陽の『日本外史』を読破して絵画をよくし、国文学の才能をあらわしていた。父に薦められて福澤諭吉の『西洋事情』を読んで崇拝の念を抱き、父から慶應義塾への進学を勧められた。7歳のときに今尾尋常小学校に入学し、明治13年(1880年)に慶應義塾の本科に入学し、明治17年(1884年)に慶應義塾大学本科を卒業[2]

1885年(明治18年)より3年間和田豊治桑原虎治とともにアメリカに留学し、帰国後、佐久間から武藤に改姓。アメリカでは葉巻煙草製造工場の見習職工として、皿洗い庭師日雇い労働者として働いた。

出版業から自由民権運動、三井銀行時代[編集]

帰国後、東京銀座の横町に日本で初めての広告取扱業「新聞広告取扱所」をおこす。雑誌『博聞雑誌』を橘良平と共に発刊し、全国各地で販売された。続いて英字新聞社の『ジャパンガゼット新聞社』に入社し、翻訳記者となる。しかしまもなく、福沢諭吉の紹介で後藤象二郎の知遇を得て秘書となり、「大同団結運動」に参加。「丁亥倶楽部」が結成されると、主筆のターナーと共に『ガゼット』紙で運動を支援した。

民権運動が終結すると、ガゼット社を辞し1888年(明治21年)にドイツ人・イリスの経営するイリス商会に就職し、陸海軍向けの武器商品を取り扱った。岡本貞烋の紹介により、1893年(明治26年)に三井銀行に入社のち神戸支店副支配人となる。三井銀行本店支配人の斎藤専蔵とのちの男爵三井高保中上川彦次郎の下で三井財閥の改革の一翼を担う。中上川の下、朝吹英二津田興ニ村上定野口寅次郎小林一三菊本直次郎西松喬と並んで重用され、中上川の死去後の三井財閥総帥となった益田孝早川千吉郎の下でも側近として活躍することになる。

鐘紡時代[編集]

1894年(明治27年)に三井銀行の命により、鐘淵紡績兵庫分工場支配人に就任。前身の「東京綿商社」の業績悪化を改善するために、農商務省の技師・谷口直貞を顧問技師に雇い、取締役・奥田小三郎と共にイギリスに派遣して設備の購入にあたらせた。武藤は対中国輸出を推進し、日清戦争期による急速な膨張と発展を担うことになる。「紡績連合会」は戦後に綿花輸入税撤廃を政府に働きかけるなど、紡績業は飛躍的に発展しようとしていた。北清事変後の不況期においても殿様経営をせずに、質素倹約をモットーとする大阪商人の精神を学ぶ。職工優遇を最善の投資と考え、「温情主義」を実践。『紡績大合同論』を主張して、1899年(明治32年)に中国の上海紡績を傘下に収めたのに次いで、国内の紡績業界会社を次々に吸収合併。鐘紡は、一躍国内トップクラスの企業へと進化していった。

更に1904年(明治37年)には兵庫工場に綿布の試験工場を設け、福原八郎を主任として各種織機の比較研究を行う。この研究所の中には豊田佐吉が出入りし、日本最初の力織機に改良を加えて豊田の自動織機を据え付けて発明を援助し続けた[3]

日露戦争後の好況期には多角化に乗り出し、ガス糸・絹糸などに進出。井上馨の手回しにより、1906年(明治39年)に一時、鈴木久五郎による鐘紡株買占めにより、一時鐘紡を辞職。鈴木が経営失敗に陥ると、安田銀行に株が移り、1908年(明治41年)にはすぐさま専務取締役に復帰。大正8年(1919年)にはワシントンで開催された「第一回国際労働会議」に資本家代表として出席。ドイツのクルップなどで、武藤の経営手法が模倣されていった。日本初となる『社内報』の発行のほか、鐘紡共済組合を設置し、中小業者と結んで営業税の廃止を求める営業税反対運動にも参加。1919年(大正8年)「大日本実業組合連合会」を組織し会長。

1930年(昭和5年)鐘紡社長を正式に辞任。

政界進出[編集]

法学者の江木衷が序文を担当して『政治一新論』を著し、日本銀行の独立、鉄道・電話・煙草の民営化、総理大臣公選などを論じた。1923年大正12年)、政界浄化による階級闘争防止と経済的自由主義に基づく“安価な政府”実現を目指すべく「実業同志会」(後の「国民同志会」)を結成、会長となる。

1924年(大正13年)第15回衆議院議員総選挙にて、武藤を含む11名が実業同志会から当選。「軍事救護法」の成立に尽力し、1925年(大正14年)には雑誌『公民講座』を創刊。1928年(昭和3年)第16回衆議院議員総選挙では武藤と千葉三郎河崎助太郎松井文太郎の4名が当選。立憲政友会立憲民政党に次ぐ第3党として、議会でキャスティングボートを握った。1930年(昭和5年)4月21日には衆議院において金解禁について井上準之助蔵相に鋭い質問を行った。第17回衆議院議員総選挙では国民同志会として6名が当選。

1928年(昭和3年)には、ブラジル移民推進のために南米拓殖会社を創立。1932年(昭和7年)、政界を引退。国民の政治教育のために私財を投じ、国民會舘(現・公益社団法人國民會館)を設立。時事新報社の「経営担当者」となる。

時事新報社入社[編集]

1932年(昭和7年)に時事新報社に入社する。関東大震災後に経営赤字に陥っていた同社で「思ふまま」及び「月曜論説」の執筆を担当して、経営黒字に乗せることに成功した。金子直吉藤田謙一らの帝人株のインサイダー取引に着眼し、鳩山一郎中島久万吉三土忠造ら政界関係者と「番町会」(郷誠之助正力松太郎小林中河合良成長崎英造長野護)の暗躍を次々とスクープする。

出し抜かれた鈴木商店の金子がからくりを『時事新報』に口外し始め、「番町会を暴く」の連載を開始した。「シーメンス事件」以来の大型社会問題へと発展していき、「帝人事件」がついに明るみに出ることになった[4]。しかし、この事件の主任検事である黒田越朗が公判中に殉職するなど、複雑怪奇な事件として官僚の暗部が浮き彫りとなった。

だが、帝人事件の疑惑報道の直後の3月9日に鎌倉(当時大船町山ノ内)の別邸を出たところで福岡県出身の元外交員で失業者の福島新吉に銃撃され、翌日死去した[5]。武藤をかばった書生の青木茂が凶弾2発を受けて絶命し、武藤も5発を浴びて翌日に息を引き取った。一説には、福島が番町会系の人物や弁護士と接触していたことからバックに番町会がいたとか、火葬場はすべて公営とすべきという福島の意見に同感し新聞に掲載したことの和解金をめぐるいざこざがあったと言われるが、福島がその場で自殺したため動機は未だ不明となっている。また福島は他殺という疑惑も存在した[6]

著書[編集]

国立国会図書館近代デジタルライブラリー
その他
  • 『博聞雑誌』博聞雑誌社、1887年
  • 『醒めたる力』実業同志会、1924年
  • 『普選のススメ』日本評論社、1926年
  • 『絵入小学読本』実業同志会政治教育部、1928年
  • 『経済小言』ダイヤモンド社、1929年
  • 『井上蔵相の錯覚』東洋経済新報社、1930年
  • 『続経済小言』改造社、1931年
  • 『金輸出再禁止』千倉書房、1931年
  • 『我財界の緊急対策』千倉書房、1932年
  • 『武藤山治百話』大日本雄弁会講談社、1933年
  • 『思うまゝ』ダイヤモンド社、1934年
  • 『私の身の上話』武藤家、1934年
  • 『通俗実経済の話』時事新報社、1934年

武藤山治全集刊行会『武藤山治全集 第一~八巻・増補』新樹社、1963年~1968年

人物・逸話[編集]

  • 明治35年(1902年)には紡績所内に乳児保育所や女学校を設けて女工を尊重し、福利厚生に努めた。
  • マルクス経済学者の河上肇が『社会問題研究』において武藤に論争を仕掛けたが、最終的に河上が非を認めて論争は打ち切られた[7]
  • 経済学者の福田徳三とは知己の仲であり、福田は終始武藤の政策ブレーンとなった。
  • 蕪村画集』を発行するなど、書や絵画に造詣が深かった。
  • 貴族院勅選議員を辞退して終始在野にあることを信条とした。
  • 米国パシフィック大学には「武藤ルーム」が設けられている。

栄典[編集]

家族[編集]

  • 父 佐久間国三郎 - 弘化2年(1845)、美濃国海津郡海西村蛇池の豪農の子として生まれ、漢学を学んだのち農業の傍ら独学に励み、明治12年(1879)に村会議員、明治15年(1882)に岐阜県会議員となり、明治26年(1893)に県会議員議長を1年務めたのち、明治31年(1898)に岐阜県三区選出の衆議院議員となった[8][9][1]
  • 母 たね
  • 義父 武藤松右衛門 - 1887年に養子縁組。
  • 妻 福原チセ - 父は福原節介。祖父は長州萩藩士で神官の福原周峰[10]。京都府立京都第一女学校(現・京都府立鴨沂高等学校)卒。
  • 長女 武藤蝶 - 夫は山治の三井時代の上司で終生後ろ盾となった中上川彦次郎の三男・中上川三郎治。京都第一女学校卒。
  • 長男 武藤金太 - 美術史家[11]。慶応卒。
  • 次女 武藤二三子 - 夫の八木幸吉は鐘紡の糸を一手に扱った繊維商社八木商会創業者・八木与三郎の次男で二三子とは幼馴染、鐘紡兵庫工場長から山治の秘書となり衆参議員となった[12][13]。兵庫県立神戸高等女学校(現・兵庫県立神戸高等学校)卒。
  • 次男 武藤絲治 - 鐘紡社長。慶応卒。
  • 三女 武藤勝子 - 夫は外交官の吉沢清次郎聖心女子学院卒。

旧武藤邸[編集]

旧武藤山治邸は、1907年(明治40年)に神戸市舞子浜に建てられた、木造2階建コロニアル様式の洋風建築である。設計は、当時横河工務所に在籍していた大熊喜邦[注 1] が担当した。もとは、西洋館と和館が並立しており、特に西洋館は、隣に並んで建つ移情閣とともに地域のランドマークとして親しまれていた。

武藤山治の没後、1937年(昭和12年)に武藤家から鐘紡に寄贈され、社員の厚生施設「鐘紡舞子倶楽部」として利用されていた。しかし、明石海峡大橋建設に伴う国道2号の拡幅工事のため、1995年(平成7年)に西洋館のみが現在の狩口台7丁目に移築された。

2007年(平成19年)3月に、兵庫県は、建物とともに家具・絵画及び蔵書等調度品についてカネボウより寄贈を受けた。建物は、外観は移築時に一部新材にて再現されているものの、内部の仕上げ材や家具調度品は往時のまま保存されており、明治期の西洋館の住宅形式や生活様式を窺うことができる貴重な建物である。

2008年(平成20年)から舞子公園内に移築工事が行われ、2010年(平成22年)11月工事は完了し、2011年(平成22年)に国の登録有形文化財に登録された。

同じ公園内には移情閣(国の重要文化財)や旧木下家住宅(国の登録有形文化財)、近隣に舞子ホテル(旧日下部邸)などの歴史的建造物が集中している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 後に帝国議会議事堂を始めとする多くの官庁建築を主導。

出典[編集]

  1. ^ a b c 武藤山治69紡績王から政治家、新聞人に転身したリベラリスト武藤むとう山さん治じ(1867-1934)鐘淵紡績神奈川県庁
  2. ^ 『慶応義塾塾員名簿 昭和4年10月刊』慶應義塾塾監局、1929年、p.467
  3. ^ 入交(1987年)p.106
  4. ^ 入交(1987年)p.224
  5. ^ 武藤山治に殉じた青木 茂Report from Kamakura
  6. ^ #高松宮日記2巻263-264頁『六月九日(略)東京での話で、武藤氏の暗殺は刺客をまたその場で殺した人があるのださうだ。刺客の頭の弾丸ハ「ピストル」が異る弾丸ださうだ。その黒幕はまだ不明とか。ほんとに世の中がメンドウになる。そしたらハルピンの伊藤侯の殺されたのも、安重根ではなく、その時は弾丸とピストルを比べなかつたから、どうも近くの二階窓から打つたらしいと云ふ(その時ゐた人の話で疑つてゐるとのこと)。』
  7. ^ 入交(1987年)p.149
  8. ^ 佐久間国三郎君『衆議院議員列伝』明34.3
  9. ^ 歴代議長・副議長岐阜県議会
  10. ^ 福原周峰 ふくはら しゅうほうコトバンク
  11. ^ 出版事業「武藤山治評伝「父、その日、その夢」」武藤金太著公益社団法人 國民會館
  12. ^ 八木 幸吉 ヤギ コウキチコトバンク
  13. ^ “相場師”呉錦堂『海鳴りやまず ―神戸近代史の主役たち』神戸新聞 (神戸新聞出版センター、1977年)

参考文献[編集]

  • 入交好脩・日本歴史学会編 『武藤山治』 吉川弘文館、1987年1月ISBN 464205068X 
  • 高松宮宣仁親王著、嶋中鵬二発行人 『高松宮日記 第二巻 昭和八年一月一日~昭和十二年九月二十六日』 中央公論社、1995年6月。ISBN 4-12-403392-3
  • 山本長次 『武藤山治 日本的経営の祖』 日本経済評論社〈評伝・日本の経済思想〉、2013年8月26日ISBN 4818822825 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]