FRISK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
FRISK(ペパーミント味)のタブレット。

FRISKフリスク) はオランダのペルフェティ・ファン・メレ社が世界展開するミント風味のシュガーレス清涼菓子ブランド。

1986年ベルギーの薬局で錠菓として販売されたのが最初である。日本ではクラシエフーズ株式会社(旧・カネボウフーズ株式会社)が1994年から本格的に輸入販売を開始、その後、世界的に、特に日本で人気が急拡大した。

キャッチコピーは「SHARPENS YOU UP」である。訳すと「あなたを鋭くする(物)」で、意訳すれば「あなたを冴えさせる(物)」となる。なお「frisk」はデンマーク語スウェーデン語で「新鮮な」を意味する。英fresh・独frischと同語源である。

強いミントの刺激と持続する清涼感が特徴で、タブレット菓子の代表的存在ともいえる。眠気覚ましや気分転換に用いる人もいる。

商品ラインアップ[編集]

FRISKは各風味ごとにイメージカラーが設定されている。本項ではイメージカラーが分かり易いように名称の前に掲載している。なお、色名やカラーコードは公表されていないため、正確な色ではない。販売開始当初、容器は白で統一されており、ロゴタイプの色でフレーバーを区別していたが、「エクストラミント」や「ブラックミント」以降に発売されたフレーバー(ハーブミントを除く)は容器ごとに色を変えることでより区別しやすくなっている。

同年7月にミントタブレット「フリスク」の既存フレーバーのパッケージデザインをリニューアルした。正面のロゴを変更し、フレーバー名が左上からロゴの真下に、数量(50 MINTS)が右下から左上にそれぞれ移動し、「SHARPENS YOU UP」の表記がなくなった。☆印は日本国内で現在発売されているフレーバー。

  • ミントタブレット (50粒入り)
    • ペパーミント☆ - 1992年12月発売。
    • スペアミント☆ - 1996年9月発売。
    • ユーカリミント
    • ライムミント - 2004年発売。2011年に販売を終了したが、2015年11月に期間限定で復活発売した。その為、パッケージ正面左上に「REVIVAL(復活)」のマークがある。
    • ベリーミント☆ - 2004年5月発売。日本国内限定。2014年3月にリニューアルし、フレーバーのイメージカラーが発売当時の仕様に戻された。
    • エクストラミント - 沖縄県を除く九州地方と北海道で地域限定発売。他のエリアでもプラザ(旧ソニープラザ)限定で販売。
    • ブラックミント☆ - 2008年5月発売。前述の「エクストラミント」の後継で、日本国内限定と推測される。
    • バイオレット - 日本未発売
    • ホワイト - 日本未発売
    • スウィートミント - 日本未発売
    • オレンジミント - 2010年2月発売
    • ピンクグレープフルーツ - 2010年8月発売
    • マスカットミント - 2011年2月発売
    • グリーンライムミント - 2011年6月発売、「ライムミント」の後継製品。
    • レモンミント☆ - 2011年9月発売
    • スパークリングワインミント - 2012年11月発売、日本上陸20年目を記念した期間限定フレーバー。
    • ハーブミント - 2013年9月発売
    • スイートオレンジミント - 2014年3月発売、以前発売されていた「オレンジミント」から苦みを取り除き、風味を改良したフレーバー。
    • ローズミックスミント - 2014年9月発売、ローズ系フレーバー。当社製品「ふわりんかソフトキャンディ」と同じ香料を使用。
    • チルドミント - 2015年2月発売
    • エナジーミント☆ - 2015年8月発売。本品は「FRISK」ロゴの色が黒~赤系のグラデーションカラーとなっている。
    • コーラミント☆ - 2016年3月発売。本品は基本デザインは踏襲するものの「FRISK」ロゴの色が白、ケースが黒、ラベルが赤基調と、複数のカラーを採用している。
  • フリスク ネオ(50粒入り)
    • ペパーミント☆ - フリスク ネオ シリーズ、以下2つのフレーバーとともに2012年3月発売。
    • ピエモンテミント - 「ピエモンテ」とは、ミント料理で有名なイタリア北西部の州(ピエモンテ州)のこと。
    • ストロベリーミント - 2013年3月発売
    • レモンミント☆ - 2014年5月発売
    • フライトニングミント - 2015年3月発売。唐辛子成分配合のフレーバー。村上隆とのコラボレーション製品で、ケースデザインが異なるほか、タブレットがドクロの形となる。数量限定。発売当初はコンビニエンスストアに限定していたが、同年6月よりスーパーマーケットやドラッグストアにも販路を拡大した。
    • ブルーミングチェリー - 2015年3月発売。チェリー風味のフレーバー。村上隆とのコラボレーション製品で、ケースデザインが異なるほか、タブレットが花形となる。数量限定。発売当初はコンビニエンスストアに限定していたが、同年6月よりスーパーマーケットやドラッグストアにも販路を拡大した。
    • ミックスフルーツ - 2015年6月発売。シトラスをベースにフルーツをブレンドしたフレーバー。村上隆とのコラボレーション製品で、象徴的なモチーフである目の形の「めめめ」をテーマに白を基調としたケースデザインを採用しており、タブレットが目玉形状となる。コンビニエンスストア限定・数量限定。
    • フレッシュアセロラ☆ - 2015年9月発売
    • グレープ☆ - 2016年3月発売
  • ガム (15粒入り)
    • ペパーミント
    • ライムミント
    • ピンクグレープフルーツ
  • ガム(38g缶ケース/104gボトル)
    • ペパーミント - 2014年2月に缶ケース入り仕様として再発売。背面に捨て紙がセットされている。CVS・駅売店で先行発売し、翌月からスーパーマーケットやドラッグストアにも販路を拡大。2015年3月にはプラスチックボトル入りの大容量104g入りを追加発売。
    • スペアミント - 2014年8月発売
  • リキッドタブレット (28粒入り)
    • ペパーミント - 静岡県・関東地方・北海道で地域限定発売。

フリスクリキッドタブレットは過去、日本公式サイト内で掲載されていたが、販売終了により現在は掲載されていない。なお、上記ラインナップ以外の商品も海外では販売されている。

原産国[編集]

以前は原産国がベルギーだったが、2006年ごろから日本で販売されているものはオランダに変わっている。理由は当時のカネボウフーズによれば、FRISK社が工場をベルギーからオランダに移転したため、とのこと。

パッケージ[編集]

白を基調としシンプルにデザインされたパッケージは多くの人に支持されている。その色彩と直線的なその形状は、後に発売されたデジタルオーディオプレーヤーiPod shuffle(初代)と似た印象を与える。なお、逆にiPod shuffleを意識してか、FRISKと同一デザインのデジタルオーディオプレーヤーが製作され、『フリスク デジ・プレ キャンペーン』という懸賞の景品になった。付加機能としてFMラジオ受信機能とボイスレコーダ機能を有する。

メディアへの登場[編集]

  • 漫画「クレヨンしんちゃん」の作品中に「フリスクゴツブハオオスギル」という呪文が登場したことがある。
  • 漫画「ピューと吹く!ジャガー」第370笛は「マスクしたままフリスク食うと目がスースーして危険」というタイトルだった。
  • テレビ番組「雨上がり決死隊のトーク番組アメトーク!」(テレビ朝日)でフリスクが好きなお笑い芸人がフリスクに関するトークをする『フリスク芸人』という企画が放送された。
  • 漫画「SKET DANCE」の作品中に、「フリスケ(FRISKE)」という名の清涼菓子が登場している(パッケージ、タブレット共にFRISKと類似している)。

FRISK LABEL[編集]

2011年9月12日、クラシエフーズがフリスク新フレーバー「レモンミント」の発売を記念して、自社音楽レーベルFRISK LABEL』を立ち上げることが発表され、10月3日から10月30日までの期間限定で特設サイトがオープンした。

電子工作とFRISK[編集]

コンビニエンスストアなどで安価に入手でき、小ぶりで薄いプラスチックケースとしてFRISKのケースが利用されることがあり、FRISKケース利用を前提として設計された基板も存在する。そのため2016年9月の20%増量でケースの幅が広くなった際には、基板の再設計を余儀なくされる電子工作マニアのTwitter投稿が相次いだ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]